石屋製菓 評判。 [第2弾]石屋製菓の白い恋人BOX(半額)はいつまで?購入者の口コミ評判や値段や中身は?|はぴたいむ

「白い恋人エールBOX」が届いた!購入者の口コミレビューと評判は?お菓子の中身と内容も気になる!|はぴたいむ

石屋製菓 評判

オフィス環境:食堂があって、そこには会社のお菓子が沢山あり、自由に食べてもいいです!期間限定や銀座店限定のお菓子が食べれるときはラッキーです。 そして、食堂の券売機で社員価格でお菓子を購入することが出来ます。 のしを付けることも出来るので、菓子折に購入する従業員も多く居ます。 休憩室には寝るスペースもあり、テーブルもあるのでくつろぐことが出来ます。 休憩時間は、部署にも寄りますが、1日に1時間で、どこのタイミングで休憩をとっても大丈夫です。 事務所にはお客様用のサーバーしかありませんがお水とお湯は使ってもいいので、自分でコーヒーやお茶など作っています。 冷蔵庫もあり、名札も付けて保管しても大丈夫な決まりです。 口コミ投稿日:2019年11月19日 勤務時間・休日休暇:一ヶ月に177時間働けば休みはいつに取っても大丈夫です。 土日祝日が休みにしたい人は休日にしてますし、逆に平日を休みにしている人も多いです。 365日会社は営業しているので、どのタイミングで休みを取るかは、自分の予定に合わせてシフト希望を出します。 有給休暇も消化する様に促されるので、人にも寄りますが、2日出勤して1日休みを繰り返すシフトにする人もいますし、5日連続で休んで毎月の様にリフレッシュ休暇のようにして、趣味の旅行を楽しんでいる人もいます。 一月に177時間のノルマ時間さえ満たせば、午後から出勤する人もいますし、逆に午前のみ仕事をして帰る人も居ます。 口コミ投稿日:2019年11月19日.

次の

石屋製菓 評判

ひとつを切り分けて、 北海道の思い出とともにお召し上がりいただく。 家族や恋人、仲の良い友人など、 より親しい関係の中で愛され、あたたかな コミュニケーションが生まれていくおみやげと、 新製品の開発に 私たちはバウムクーヘンを選びました。 おいしさといっしょに、 人と人とのぬくもりあふれる時間も届けたい。 石屋製菓のそんな想いから生まれた 「白いバウム」です。 発想の原点は、「白い恋人」ファンのみなさまに、 「白さ」に象徴される北海道らしさと、 これまでになかった新しい味わいや食感を お楽しみいただきたいという想いから。 数年前からあたためてきた夢が、 2009年12月、「白いバウム」として実りました。 「白い恋人」のホワイトチョコレートを 生地に練りこむことにはじまり、 絶妙な配合バランス、 従来では難しかった白く焼き上げる製法を 独自に開発して完成した「白いバウム」は、 これまでのバウムクーヘンの常識を覆すような しっとりとしたやわらかさ&風味とコク。 この新感覚・新食感のおいしさで、 北海道の新しい魅力となるようなお菓子を 目指します。 「白い恋人」と「白いバウム」、 真っ白な北海道の思い出とともに ぜひ一緒にお楽しみください。 「やわら濃い」の濃厚さは、 「白い恋人」のホワイトチョコレートの味わい。 試作の段階でいろいろ試してみましたが、 このしっとりとしたやわらかさ&風味とコクは、 「白い恋人」のホワイトチョコレートにしか 出せない味でした。 ミルクの味と香りがたっぷりの、 石屋製菓が誇る「白い恋人」の ホワイトチョコレート。 その豊かな風味を、生地に練り込んで 焼き上げても十分に出せるよう、 バウムクーヘンへの配合バランスでは 限界ともいえる量まで入れています。 本来、バウムクーヘンに バターは欠かせないものですが、 「白いバウム」はバターではなく、 ホワイトチョコレートで風味とコクを出しているのです。 「白いバウム」は、 厳選された原材料と配合のバランス、 温度管理にこだわるのはもちろん、 バウムクーヘンを焼く専門の職人たちが、 つきっきりで見守り、感覚を研ぎ澄まして、 絶妙の焼加減を判断しています。 しっかりと焼き上げながらも、 水分を残した状態に仕上げることで、 「白いバウム」独特の 「しっとりとしたやわらかさ」が、生まれるのです。 その水分は、バウムクーヘンというよりは、 普通のケーキに近いほど。 焼き菓子でここまで水分を残せたのは、 つくり手にとっても驚きでした。 ホワイトチョコレートを できるだけたくさん入れられるバランス。 生地そのものを白くするためのバランス。 焦げ目がつかなくても火が通るバランス。 これらの課題を克服する ベストな配合バランスを見つけるために、 レシピだけでも100種類以上考え、 さらに配分を細かく調整しながら、 綿密な計算と試作が繰り返されました。 「白さ」と「やわら濃さ」を生み出すのは、 経験豊富な職人たちにとっても、 これまでのバウムクーヘンとは まったく違うお菓子をつくるほどの 難しさだったのです。 「やわら濃さ」を堪能するなら、大きめのカットで。 「白いバウム」は大きめに切って、 ガブリと頬張るのがおすすめ。 こうすることで、 しっとりした食感とホワイトチョコレートの風味が よりいっそう味わえます。 「白いバウム」本来のおいしさを味わって頂く為、 常温のままお召し上がりください。 また、「やわら濃さ」の命は、 しっとり感。 乾燥は避けましょう。 開封後はできるだけ早く食べきるのはもちろん、 食べ切れなかった分は、 ラップなどでしっかりとくるんでください。 物産展を開催する百貨店から、 「ISHIYAらしいロールケーキを作ってほしい」 という依頼があり、 ホワイトチョコレートを使った 真っ白なロールケーキ作りに挑戦しました。 出来上がった「白いロールケーキ」は 物産展でも大好評。 これからも、お客さまの声に応えるお菓子作りを 続けていきたいISHIYAです。 白いクリームを白い生地で巻いた、 ISHIYAオリジナルのロールケーキです。 なめらかな白いクリームの中には、 小さな粒状のホワイトチョコレートが。 ふわふわのスポンジといっしょに食べると、 しあわせな食感が広がります。 ていねいに焼きあげた、 手づくりのおいしさをお楽しみください。 ふんわりと雪のように白く、やわらかなスポンジ。 この柔らかさが白いクリームと相まって 噛みしめるたびに 独特の食感とおいしさを作り出して行きます。 このケーキの特徴は、 北海道と石屋製菓のイメージである 「白」と「ホワイトチョコレート」にこだわった事です。 使っている素材は卵白、小麦粉、砂糖と全て白。 スポンジには卵黄を使用せず、 卵白とホワイトチョコレートを組み合わせて、 くどくない甘さの白いスポンジができました。 さらに白くするため、スポンジの焼き色は 薄皮をはがすように取り除くという、 熟練の技が使われています。 生クリームにもホワイトチョコレートを入れて、 白にこだわった絶妙な味に仕上がっています。 スタッフが一つ一つ丁寧に作る 繊細な「白いロールケーキ」をお楽しみください。 石屋製菓といえば、 『白い恋人』でも使用されている、 「ホワイトチョコレート」がお馴染み。 他にも、 『白いバウム』『白いロールケーキ』『美冬』等、 当社商品の多くに ホワイトチョコレートが使用されていますが、 それぞれに最適なホワイトチョコレートが 使用されています。 実は『i・ガトー』にもホワイトチョコレートが 使用されています。 特にミルキーなタイプを厳選しました。 贈る人、贈られる人、 どちらもが笑顔になれるように願いを込めて、 「ありがとう」という感謝の気持ちが伝わる ネーミングを採用しました。 道外からの観光客による土産用途が 主体の『白い恋人』と異なり、 「i・ガトー」は、道内のお客様が 感謝の気持ちを込めたギフトとして 使っていただくことを想定した商品です。 神経質な方や、 必要の無い情報だと、判断された方は、 下記の観覧を、お控え下さい。 石屋製菓 大丸札幌店 関連ランキング:ケーキ 札幌駅(JR)、さっぽろ駅(札幌市営)、北12条駅.

次の

東京限定「サク ラング・ド・シャ」新フレーバーはルビーチョコレート

石屋製菓 評判

ひとつを切り分けて、 北海道の思い出とともにお召し上がりいただく。 家族や恋人、仲の良い友人など、 より親しい関係の中で愛され、あたたかな コミュニケーションが生まれていくおみやげと、 新製品の開発に 私たちはバウムクーヘンを選びました。 おいしさといっしょに、 人と人とのぬくもりあふれる時間も届けたい。 石屋製菓のそんな想いから生まれた 「白いバウム」です。 発想の原点は、「白い恋人」ファンのみなさまに、 「白さ」に象徴される北海道らしさと、 これまでになかった新しい味わいや食感を お楽しみいただきたいという想いから。 数年前からあたためてきた夢が、 2009年12月、「白いバウム」として実りました。 「白い恋人」のホワイトチョコレートを 生地に練りこむことにはじまり、 絶妙な配合バランス、 従来では難しかった白く焼き上げる製法を 独自に開発して完成した「白いバウム」は、 これまでのバウムクーヘンの常識を覆すような しっとりとしたやわらかさ&風味とコク。 この新感覚・新食感のおいしさで、 北海道の新しい魅力となるようなお菓子を 目指します。 「白い恋人」と「白いバウム」、 真っ白な北海道の思い出とともに ぜひ一緒にお楽しみください。 「やわら濃い」の濃厚さは、 「白い恋人」のホワイトチョコレートの味わい。 試作の段階でいろいろ試してみましたが、 このしっとりとしたやわらかさ&風味とコクは、 「白い恋人」のホワイトチョコレートにしか 出せない味でした。 ミルクの味と香りがたっぷりの、 石屋製菓が誇る「白い恋人」の ホワイトチョコレート。 その豊かな風味を、生地に練り込んで 焼き上げても十分に出せるよう、 バウムクーヘンへの配合バランスでは 限界ともいえる量まで入れています。 本来、バウムクーヘンに バターは欠かせないものですが、 「白いバウム」はバターではなく、 ホワイトチョコレートで風味とコクを出しているのです。 「白いバウム」は、 厳選された原材料と配合のバランス、 温度管理にこだわるのはもちろん、 バウムクーヘンを焼く専門の職人たちが、 つきっきりで見守り、感覚を研ぎ澄まして、 絶妙の焼加減を判断しています。 しっかりと焼き上げながらも、 水分を残した状態に仕上げることで、 「白いバウム」独特の 「しっとりとしたやわらかさ」が、生まれるのです。 その水分は、バウムクーヘンというよりは、 普通のケーキに近いほど。 焼き菓子でここまで水分を残せたのは、 つくり手にとっても驚きでした。 ホワイトチョコレートを できるだけたくさん入れられるバランス。 生地そのものを白くするためのバランス。 焦げ目がつかなくても火が通るバランス。 これらの課題を克服する ベストな配合バランスを見つけるために、 レシピだけでも100種類以上考え、 さらに配分を細かく調整しながら、 綿密な計算と試作が繰り返されました。 「白さ」と「やわら濃さ」を生み出すのは、 経験豊富な職人たちにとっても、 これまでのバウムクーヘンとは まったく違うお菓子をつくるほどの 難しさだったのです。 「やわら濃さ」を堪能するなら、大きめのカットで。 「白いバウム」は大きめに切って、 ガブリと頬張るのがおすすめ。 こうすることで、 しっとりした食感とホワイトチョコレートの風味が よりいっそう味わえます。 「白いバウム」本来のおいしさを味わって頂く為、 常温のままお召し上がりください。 また、「やわら濃さ」の命は、 しっとり感。 乾燥は避けましょう。 開封後はできるだけ早く食べきるのはもちろん、 食べ切れなかった分は、 ラップなどでしっかりとくるんでください。 物産展を開催する百貨店から、 「ISHIYAらしいロールケーキを作ってほしい」 という依頼があり、 ホワイトチョコレートを使った 真っ白なロールケーキ作りに挑戦しました。 出来上がった「白いロールケーキ」は 物産展でも大好評。 これからも、お客さまの声に応えるお菓子作りを 続けていきたいISHIYAです。 白いクリームを白い生地で巻いた、 ISHIYAオリジナルのロールケーキです。 なめらかな白いクリームの中には、 小さな粒状のホワイトチョコレートが。 ふわふわのスポンジといっしょに食べると、 しあわせな食感が広がります。 ていねいに焼きあげた、 手づくりのおいしさをお楽しみください。 ふんわりと雪のように白く、やわらかなスポンジ。 この柔らかさが白いクリームと相まって 噛みしめるたびに 独特の食感とおいしさを作り出して行きます。 このケーキの特徴は、 北海道と石屋製菓のイメージである 「白」と「ホワイトチョコレート」にこだわった事です。 使っている素材は卵白、小麦粉、砂糖と全て白。 スポンジには卵黄を使用せず、 卵白とホワイトチョコレートを組み合わせて、 くどくない甘さの白いスポンジができました。 さらに白くするため、スポンジの焼き色は 薄皮をはがすように取り除くという、 熟練の技が使われています。 生クリームにもホワイトチョコレートを入れて、 白にこだわった絶妙な味に仕上がっています。 スタッフが一つ一つ丁寧に作る 繊細な「白いロールケーキ」をお楽しみください。 石屋製菓といえば、 『白い恋人』でも使用されている、 「ホワイトチョコレート」がお馴染み。 他にも、 『白いバウム』『白いロールケーキ』『美冬』等、 当社商品の多くに ホワイトチョコレートが使用されていますが、 それぞれに最適なホワイトチョコレートが 使用されています。 実は『i・ガトー』にもホワイトチョコレートが 使用されています。 特にミルキーなタイプを厳選しました。 贈る人、贈られる人、 どちらもが笑顔になれるように願いを込めて、 「ありがとう」という感謝の気持ちが伝わる ネーミングを採用しました。 道外からの観光客による土産用途が 主体の『白い恋人』と異なり、 「i・ガトー」は、道内のお客様が 感謝の気持ちを込めたギフトとして 使っていただくことを想定した商品です。 神経質な方や、 必要の無い情報だと、判断された方は、 下記の観覧を、お控え下さい。 石屋製菓 大丸札幌店 関連ランキング:ケーキ 札幌駅(JR)、さっぽろ駅(札幌市営)、北12条駅.

次の