オットー ワーグナー。 オットー・ワーグナーの駅舎建築

オットー・クレンペラー/ワーグナー管弦楽曲集<タワーレコード限定>

オットー ワーグナー

概要 [ ] のウィーンで展示会場を持っていたのはクンストラーハウス(kunstlerhaus)という芸術家団体であった。 ウィーンの美術界は印象派の影響もほとんど見られず保守的であったが、その中でも、、らの七人クラブ(Siebenerklub、主にの弟子)のように若手芸術家グループが生まれていた。 1897年、クンストラーハウスの保守性に不満を持つ若手芸術家らはを中心に造形美術協会を結成した。 クンストラーハウスがこれを認めなかったため、クリムトらはクンストラーハウスを脱退した。 こうして生まれたウィーン分離派には絵画、彫刻、工芸、建築などの芸術家が参加した。 1898年、月刊誌「ヴェール・サクルム」(、の意味のラテン語)を刊行し、作家らが執筆した。 同年、第1回分離派展を開催。 さらにウィーン市の土地を借り、実業家(哲学者の父)らの支援を受けて、専用の展示施設、(分離派会館)を建設した。 会員の建築家オルブリッヒの設計によるもので、入口上部には"DER ZEIT IHRE KUNST,DER KUNST IHRE FREIHEIT"(時代には芸術を、芸術には自由を)のモットーが掲げられた。 1898年-1905年(クリムト脱退まで)の期間に23回の展覧会を開催した。 総合芸術を志向した分離派は、工芸品の展示も行い(クンストラーハウスは絵画・彫刻のみで、工芸等の展示は行わなかった)、会場のデザインをホフマンが手掛けた。 1903年、ホフマンとモーザーは、実業家フリッツ・ヴェルンドルファーの支援を受け、の活動を始めたが、こうした総合芸術志向に対して、画家ヨーゼフ・エンゲルハルト()ら純粋芸術を志向する会員たちは不満を抱いていた。 1905年、画家()がミートケ画廊()の顧問となり、展覧会を企画したことを直接のきっかけとして、をめぐる論争が起こった。 投票が行われた結果、モルをはじめ、クリムト、、ホフマン、オルブリッヒら24名は脱退した。 クリムトらは後にオーストリア芸術家連盟を結成した。 エンゲルハルトら残ったメンバーは胴体分離派と皮肉られた。 その後も分離派の活動は続くが、美術史上に残るのは主として1897年-1905年の活動である。 主な展覧会 [ ]• 第1回(1898年):造園協会で開催。 会員のほか、ロダン、シャヴァンヌ、シュトゥックら国外の作品も出展。 皇帝が会場を訪れた。 第2回(1898年):セセッション館で開催。 第6回(1900年):が収集した浮世絵・工芸品などの日本美術を出展。 第7回(1900年):クリムトの「哲学」(ウィーン大学天井画のために制作)を出展。 第8回(1900年):工芸を中心にした展覧会で、スコットランドの建築家らを招待。 第10回(1901年):クリムトの「医学」(ウィーン大学天井画)を出展。 第14回(1902年):マックス・クリンガーのベートーヴェン像(彫刻)の完成を祝して開催。 クリムトは壁画「ベートーヴェン・フリーズ」を制作。 第18回(1903年):クリムトの回顧展示。 関連する人物 [ ] 初期分離派 [ ]• 周辺 [ ]• :「ヴェール・サクルム」に寄稿。 :分離派展への出展はクリムト脱退後の1913年、1918年。 注釈 [ ].

次の

【作家紹介】オットー・ヴァーグナー

オットー ワーグナー

1912年築ってマジか! ……と、ハプスブルク家の都として知られる優美な古都ウィーンで叫ぶには適切ではない雑な言葉が思わず出てしまった、旧市街にある名建築。 郊外にあるアム・シュタインホーフ教会と並んで、ウィーン建築会の巨匠、オットー・ワーグナーの代表作とされることも多い「郵便貯金局」だ。 鉄やガラス、アルミニウムなどを使ったインテリアは、現代のSF映画のセットと言われてもたぶん疑わないであろう未来感。 こちらは同じ建築家による駅舎。 こんなにガーリーでロマンティックな駅舎を手がけているのに、同じ頭でこれほどクールなデザインができるなんて、天才か! あ、天才だった。 丸いアルミの鋲がぽんぽんと打たれた外壁や、 ネジの形の柱もあって、まるで鉄で作られた機械のよう。 ガラスと鉄の建築が珍しくない現代を幻視していたかのような先見性で、こんな想像力が100年以上も前に具現化されていた歴史に驚くしかない。 すごく現代的な建築なのに、どこかクラシックで優美に見えるのは、シンプルで無機質なものと、アール・ヌーヴォーならではの美が共存しているから。 たとえば、すっきりシャープな建物の天井に添えられた二対の天使像など、そこかしこに、ロマンティック担当がいたりする。 一緒に訪れた旅ライターの方と二人揃って、「ひゃー、かっこいい!」「うわー、かっこいい」と、完全に語彙力を失いながらただ感嘆するのみだったウィーン屈指の名建築。 2018年、没後100年を迎えたメモリアルイヤーにウィーンを旅するなら絶対訪れてほしいおすすめスポットですよ。 (みきP <関連記事> ・ ・.

次の

オットー・ヴァーグナー 『近代建築』

オットー ワーグナー

渋谷は昨日の暴風雨が嘘のように、とってもいいお天気です! 東北、北海道方面の皆様、お気を付け下さいね。 車の場合は約30分、公共機関で約45分ほどです。 1904年から1907年にかけて建設されたシュタインホーフ教会は、 建築家オットー・ワーグナーの代表作であり、 ヨーロッパにおけるモダンな教会建築の先駆けとなりました。 (聖レオポルト教会、礼拝堂とも呼ばれています) ワーグナーの建築の特徴は外壁に鋲 びょう が使用されいていること。 シュタインホーフ教会の外壁にも使われています。 外観だけでなく、照明、ベンチ、祭壇など内装の大半も設計しました。 設計に当たっては、建物の内外ともに機能性と美学の融合を図り、 中央祭壇を見られる人数、建物の清掃法などが配慮されました。 精神病院敷地内奥の小高い所に建っており、この教会には多くの患者が訪れます。 そのためワーグナーは他の教会とは違う工夫をいくつも取り入れました。 ヴァーグナー、ワグナーとも表記される。 新しい造形をめざしたウィーン分離派の中心人物の1人。 「芸術は必要にのみ従う」(Artis sola domina necessitas)と主張し、 機能性・合理性を重視する近代建築の理念を表現しました。 建築作品のほとんどはウィーンにあります。 この日に見学したワーグナーの代表作品は ・カールスプラッツ駅 ・郵便貯金会館 ・シュタインホーフ教会 見学していませんが、代表的建築作品 ・集合住宅「マジョリカハウス」 ウィーン観光には欠かせないスポット、ぜひご訪問ください。 フィンランド 冬はオーロラ!夏はムーミン!教育水準世界一を誇るフィンランドの旅はアリスツアーにお気軽にお問い合わせ下さい。 バルト三国 おとぎ話から抜け出したような中世の面影を残すバルト三国。 バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアの3つの国をさします。 それぞれの首都の旧市街がユネスコの世界遺産に認定されており、タリン歴史地区・リーガ歴史地区・ヴィリニュス歴史地区等の見所に溢れています。 ブータン 世界一幸福と呼ばれるブータン。 ヒマラヤに覆われた大自然だけでなくここにはあたたかで素朴な人々います。 本当の幸せを求めてブータンを巡ってみませんか?• フランス フランスと言えばパリ!そんな方にも満足出来るパリ以外の小さな田舎町滞在のフランス旅行をプロデュース致します。 本当のフランスの良さを実感してみませんか?• バリ バリ島旅行専門セクションでは皆様のバリ旅行をオーダーメイドにご提案致します。 ホームステイや自然農法体験等の他とはちょっと違うバリ旅行をお楽しみ頂けます。

次の