快気祝い相場。 身内への快気祝い 金額とマナー

快気祝い》品物/金額相場/お返し/礼状/挨拶状/のし/職場/上司/快気祝いとは

快気祝い相場

一般的に快気祝いを贈る時期は、退院後早くて10日、遅くて1ヶ月程度とされています。 病院を退院してから10日ごろというのは、自宅に帰ってようやく少し落ち着きを取り戻し始める時期です。 せっかく退院した体に負担をかけないよう、無理をせず生活が落ち着いてから用意しましょう。 一般的にお返しをする場合は早めの方がいいのですが、快気祝いに関しては、早い方がいいとは限りません。 というのも、病気によっては慢性化してしまって、通院や自宅でのリハビリなどの関係でなかなか全快したという報告が出来ない場合があります。 せっかく快気祝いを贈っても、また体調が悪くなってしまったら相手にまた心配をかけてしまいます。 極端に先延ばしするのはおすすめ出来ませんが、しっかりとご自分の体調と相談し、お渡しする日程を調整することも大切です。 大体1ヶ月以内に贈るのが一般的とされていますので、目安にしてみて下さい。 また、ケガなど完治してから再入院の心配がない場合は退院後早めにお返ししても問題ありません。 仕事に復帰する場合は、復帰のタイミングに合わせてお返しするといいでしょう。 本来は元気な顔を見せる事が何よりの快気祝いの贈り物なのですが、どれくらいの予算で品物を選べばいいか、悩んでしまう方も多いかと思います。 お見舞いに品物を頂いた時は、おおよその金額を目安にしてお返しすればいいでしょう。 高くても半額で、もちろん高ければ良いというものではありません。 職場の同僚や会社の部署などからまとめて頂いた場合は、どうすればいいのでしょう。 まとめてお返しするべきか、個別にお返しするべきか悩んでしまいますよね。 結論を言うと、まとめてでも個別でも問題はありません。 頂いた金額で決めるのも一つの方法です。 お返しの金額が小さい場合は、個別にお返しすると、相手の気持ちの負担になることもあります。 皆さんに配りやすく小分けして包装されているお菓子なども快気祝いの贈り物として人気がありますよ。 また、1人1,000円前後のお返しになるようなら個別にお返しする方が多いですので、参考にしてみて下さい。 病気やケガで入院した時にまずお見舞いに駆けつけてくれるのは、親や兄弟という場合が多いのではないでしょうか。 親や兄弟からのお見舞いであれば、高額な現金をいただくこともあるかと思います。 ただ、このような場合に快気祝いを相場通りの半額~3分の1にしてお返しするのも少し他人行儀な気がしますよね。 相手も高額なお見舞いに見合ったお返しを期待しているのではなく、入院費の足しにして欲しい、とにかく早く良くなって欲しいと願っているのではないでしょうか。 このような場合はあまり相場にはこだわる必要はないでしょう。 まずはしっかりと元気になってからお礼の言葉とともに食事をごちそうする、誕生日などの記念日に少し奮発してみる、などの形で感謝の気持ちを伝えてみるのも一つの方法です。 義理の親や兄弟からお見舞いを頂いた場合は、やはり相場を参考にして快気祝いを贈り、きちんとお返しをしておいた方が良いでしょう。 親戚と言っても日ごろのお付き合いの仕方や距離間は様々で一括りにするのは難しいと思いますが、今後も親族としての関係が続いていく以上は「マナーを知らない非常識な人」だと思われるのは避けておきたいところです。 昔からの習慣を大切にする年配の方などの場合は、「お返しは半返しが当たり前」と考えていらっしゃることも少なくありません。 普段それほど親しいわけではない親族の方からお見舞いを頂いたのであれば、失礼のないように半返しにしておくのが無難と言えるでしょう。 やはり大切なのは、両親など親戚間のルールや習慣を良く知る方に事前に確認をしておくことです。 ただし、自分よりも年配の方に頂いた金額の半額以上をお返しするのは失礼に当たりますので気を付けてくださいね。

次の

快気祝いの相場はいくら?渡す時期や金額感、基本的なマナーまで

快気祝い相場

快気祝いの時期は「退院後10日~1カ月後」が目安 退院前後の落ち着かない時期を過ぎてからでOK 入院中はもちろん、退院直後も自宅で療養したり、通院したりして様子を見ることは多いもの。 体調の落ち着かない時期に無理して贈り物の用意をするのでは、せっかくの「元気になりました」というご報告が、逆に体に障りかねません。 あまり遅いのも考えものですが、退院後(自宅療養の場合は起きられるようになってから)10日~1カ月程度を目安に、体調と相談しながら贈るようにしましょう。 すっかり元気になっているなら早めでも 負担の軽い手術やケガなど、退院後すぐにご本人が動ける、元気な状態であれば、あえて快気祝いの用意を待つ必要はありません。 ご心配をかけた方には早いうちに「元気になりました」というご報告をして、安心していただきましょう。 快気祝いの相場は「いただいた額の2分の1~3分の1」 高額になる場合は組み合わせて贈っても お見舞いは「病気・ケガの治療に役立ててほしい」という助け合いの気持ちが込められた贈り物です。 いただいた分の同額以上になるような快気祝いを贈っては、先様のお気持ちを無駄にしてしまいます。 そこで、一般的に快気祝いはいただいた額の2分の1~3分の1程度の額で用意することが多いようです。 連名のお見舞いには小分けにできるものをまとめて 職場などで連名のお見舞いをいただいた場合、おひとりおひとりに快気祝いをお贈りするとなると、予算が数百円に・・・なんてことも珍しくありません。 1個ずつに熨斗をかけるのも大げさになってしまいますから、小分けにできるお菓子のようにまとめて快気祝いを用意するといいでしょう。

次の

快気祝いのプレゼントおすすめ22選。退院や回復時の感謝をこめた贈り物

快気祝い相場

入院していた方の状態がよくなって退院したときのお祝いに「退院祝い」と「快気祝い」があります。 実は、このふたつには大きな違いがあります。 それは、贈り主の立場です。 贈り主の立場によって、「退院祝い」を贈るか、「快気祝い」を贈るかが決まります。 本当は「退院祝い」なのに「快気祝い」ののしをつけて贈ってしまうと、マナー違反となってしまうことも。 今回は、「退院祝い」と「快気祝い」の違いをわかりやすく説明します。 退院祝いとは? 退院祝いは、入院していた方が退院したことをお祝いして、身内や友人、知人などが贈るものです。 退院後に通院したり自宅療養をしたりということもあるかもしれませんが、退院祝いは「退院できて何よりです」という気持ちを込めたもの。 また、タイミングが合わずお見舞いに行けなかった場合、退院祝いを贈るという方法もあります。 ちなみに、お見舞いと退院祝いは、両方をする必要はなく、どちらか一方でかまわないとされています。 入院期間が5日だったのに、お見舞いをして退院祝いも贈るとなると負担になりますし、受け取るほうも気を遣ってしまうでしょう。 ただし、入院が長期に渡った場合、お見舞いに訪れたタイミングによっては、退院したときに退院祝いも贈るケースはあります。 快気祝いとは? 快気祝いは、入院中にお見舞いに来てくれた方や気遣ってくれた方に対して、退院した後に本人の名前で贈るものです。 お礼の気持ちを伝えると同時に、病気やケガが良くなり、「元気になりました」と挨拶をするものだと考えるとわかりやすいでしょう。 退院祝いを贈るときのマナー 次に、退院祝いを贈るときのマナーを確認しておきましょう。 金額の相場は? 金額は、お見舞いと同程度が一般的な相場となっています。 具体的には、次の通りです。 友人や知人の場合…3,000~5,000円• 親戚や兄弟姉妹の場合…5,000~10,000円• 職場関係の場合…3,000~5,000円 のしと表書きは? のしは、紅白の結び切りの水引がついたものを使います。 結び切りは、一度結んでしまうとほどくことができません。 「一回限りで、二度と繰り返してほしくない」ことに使うもの。 退院できたこと自体はおめでたいことですが、入院のきっかけとなった病気やケガは、もう起きてほしくないことです。 花結びの水引は、何回あってもいいとされるお祝いに使うものなので、気をつけましょう。 表書きは、一般的には「祝御退院」「御祝い」「御退院祝」のいずれかを使います。 全快していることがわかっている場合は「祝御全快」としてもいいでしょう。 退院はしたけれど自宅療養を続ける場合は、全快を祈っているという気持ちを込めて「祈御全快」と記すこともできます。 のしの下側には、贈る方の名前を書き添えます。 なお、退院祝いを贈るタイミングは、退院後1週間から、遅くとも1か月を目安にします。 もしも何らかの事情があり、1か月以上経ってしまったときには、のしの表書きを変えて対応するといいでしょう。 すっかり元気になっているのであれば「快復祝い」、自宅での療養や通院を続けているのであれば「お見舞い」が無難です。 退院して時間が経っているのに「祝御退院」ののしで贈って「なぜ今ごろ?」と、いぶかしがられてしまうのも残念なこと。 相手の状況とタイミングに合った表書きにしましょう。 おすすめの品物 基本的には、食べたり使ったりするとなくなるもの、いわゆる「消えモノ」を贈るのがいいとされています。 日用品では、体調不良を「洗い流す」という意味を込めた洗剤や石けんがおすすめ。 食べ物の場合は、のど越しのいいゼリーやプリン、新鮮なフルーツはいかがでしょうか。 入院したきっかけにもよりますが、あまり食欲がないというときにも、これなら喜んでもらえそうです。 お花も人気がありますが、鉢植えは贈らないようにします。 入院のお見舞いでも鉢植えがNGとされているのは、「根づく」=「退院できない」という連想につながるからです。 そのほか、白菊など弔事で定番となっている花、「死」や「苦」を感じさせるシクラメンも避けたほうがいいでしょう。 おすすめは、花びんを用意する手間のいらないフラワーアレンジメントです。 快気祝いを贈るときのマナー 次に快気祝です。 入院していた本人から贈る快気祝いの相場、のしなどはどのようにしたらいいのでしょうか。 お見舞いの金額が5,000円なら2,500円程度、10,000円なら5,000円程度のものを選ぶといいでしょう。 のしと表書きは? のしは、退院祝いと同じ理由で、紅白の結び切りを使います。 表書きは「快気祝」とし、下に名前を記します。 「退院はしたけれど全快というわけではない」という場合は、「御見舞御礼」としてもいいでしょう。 贈るタイミングは、退院してから10日ごろを目安に準備をします。 遅くとも、退院後1か月までには届くように手配をすることがマナーです。 相手も心配してお見舞いを届けてくれたわけですから、その気持ちには早めに応えるようにしましょう。 おすすめの品物は おすすめの品物も「退院祝い」と同じで、「消えてなくなるもの」「洗い流せるもの」が縁起をかつぐ上でもいいとされています。 病気を洗い流すという意味を込めた石けんや洗剤、溶けてなくなってしまう砂糖やお菓子が定番です。 退院祝いで贈る食べ物は相手の体調を気遣いましたが、快気祝に関してはその必要はありません。 もちろん相手の好みの問題はありますが、誰にでも喜ばれる焼き菓子やチョコレートなども選択肢のひとつです。 退院祝いと快気祝いの違い、贈るときのマナーについてお伝えしました。 「退院した」ということは同じでも、退院した方に贈るのか、退院した本人が贈るのかで、のしの表書きも違ってきます。 間違えるとちょっと恥ずかしい思いをすることに……。 相手に気持ちよく贈り物を受け取ってもらうためにも、両者の違いをきちんと把握して手配するようにしましょう。

次の