不倫 強い 弁護士。 【保存版】不倫の慰謝料請求に強い弁護士の基準を現役弁護士が解説

浮気・不倫の慰謝料請求など不倫に強い弁護士の探し方を紹介

不倫 強い 弁護士

不貞行為とは、一般的には 「 浮気」 や「 不倫」 と呼ばれる行為のことです。 離婚申し立ての動機としては、性格の不一致に次ぐ2番目の動機であり、非常に多い割合を占めます。 この不貞行為は、不法行為(他人の権利ないし利益を違法に侵害する行為。 加害者は、被害者に対して損害を賠償する責任を負います)となります。 民法において、不貞行為とは 「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」 と定義されています。 つまり、裁判上認められる不貞行為には、肉体関係を伴わない食事やドライブなどのデートは含まれません。 それぞれの個別の事情(不倫関係を持った経緯、不倫の期間、不貞行為を持った回数、持った場所、配偶者との関係、証拠の有無など)により、解決の方法や慰謝料の額も変わってきます。 したがって、不倫慰謝料を請求する場合も、請求される場合も、「裁判例に基づいた賠償額の算定」、「説得的な法的交渉」など、専門的な対応が必要となってきます。 不倫慰謝料を請求したい方々へ 被害者側にとって、不倫・浮気問題への慰謝料の請求は、単に慰謝料を払ってもらえればいいといった性質の問題ではありません。 謝罪して欲しい、相手にもこの辛さを味あわせたい、という感情面が重視されます。 また、法律的な問題以上に、相手方との交渉は難しい問題です。 不倫相手との直接交渉自体が、精神的に大きな苦痛を伴います。 慰謝料請求問題は、当事者間で解決することも不可能ではありませんが、現実には大変難しいのです。 独りよがりの手段で対応しようとすれば、かえって事態を悪い方向に進めることにもなりかねません。 慰謝料請求問題の痛手を最小限に食い止めるには、何より最初のアプローチが肝心です。 複雑な交渉は、想像以上の ストレスとなります。 慰謝料請求は、 離婚・男女問題に精通する弁護士にご相談ください。 慰謝料請求問題を担当するにあたり、弁護士は、依頼者さまのご意向を受けて、法律の専門家としての判断で相手方との交渉を進め、また、裁判に出廷し、訴状や準備書面を作成し、示談や和解を取りまとめることができます。 こうした代理権は、弁護士と、一部の司法書士だけに認められているものです。 司法書士の取り扱う案件は、請求額140万円未満ですので、不倫の慰謝料請求において対応できるケースはかなり限定されます。 行政書士は、依頼者の名前で手紙を代書することはできても、慰謝料請求問題に関して自ら相手と交渉したり、裁判への出廷を代理することができません。 結局、お客様ご自身が自ら解決のために、忙しい中、時間を割いて動かなければなりません。 不倫の慰謝料請求問題には、より適正な内容・ストレスの少ない形での早期解決が望ましいのです。 離婚・男女問題分野の専門知識と豊富な経験、そして信頼できる専門の弁護士に依頼をされることが、慰謝料請求問題に関して、ご希望に沿った解決への近道です。 慰謝料を請求するためのポイントは・・・ 離婚・男女問題専門チームのご案内 配偶者の不倫や慰謝料請求などにより、依頼者さまは、心理的・精神的に不安定な状態が続きます。 法律面だけでなく、精神面からもサポートすることは、弁護士にとって大きな課題です。 そこで、当事務所の出した結論は、 「離婚・男女問題専門チーム」の創設です。 当事務所では、離婚・男女問題事件を解決するための高度な専門性を弁護士が身につけるため、 離婚・男女問題分野と、それに隣接する分野を、集中的に扱い特化する体制をとっております。 重要なのは、 弁護士としての経験年数よりも、その分野での経験値なのです。 この専門チーム体制により、弊所弁護士は、離婚・男女問題分野でのスペシャリストとして活躍できる人材に成長しています。 弊所では、弁護士とともに、税理士・司法書士が連携し、離婚・男女問題に関するあらゆる問題を的確にアドバイスをするチーム体制が整っています。 名古屋総合法律事務所「離婚・男女問題専門チーム」は、現在、日本でトップクラスの離婚・男女問題法律事務所となっております。 以下のメンバーによる離婚・男女問題専門チームが、離婚問題に長年注力してきた私、浅野の指揮のもと、全力で早期の事件解決を目指します! 【名古屋・丸の内事務所】 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル) 【金山駅前事務所】 〒456-0002 名古屋市熱田区金山町一丁目7番8号 電波学園金山第2ビル5階 【本山駅前事務所】 〒464-0807 名古屋市千種区東山通1丁目33番地 エイブル本山1階 【岡崎事務所】 〒444-0813 愛知県岡崎市羽根町字貴登野32-1 丸五ビル1階 相談時間 平日9:00~18:30 夜間相談(毎週火・水曜日) 17:30~21:00 土曜相談(毎週土曜日) 9:30~17:00 予約受付時間 平日・土日祝 6:00~22:00 より良いサービスのご提供のため、離婚相談の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。

次の

不倫慰謝料請求に強い名古屋市の弁護士に相談

不倫 強い 弁護士

「離婚の条件で損をしたくない」「公正な形で離婚したい」、このようなお悩みをお持ちでありませんか? そのような場合は弁護士にお任せください。 弊所では 500件以上の離婚相談実績のある弁護士がご相談に対応。 男女関わらず様々な離婚問題を扱ってきた経験を活かし、適切な解決策をご案内します。 さて、離婚問題は紛争問題でもありますが「勝った負けた」という単純な話ではありません。 お子さんも含め総合的に有益な解決案を模索することや、新しい生活を見据えた解決案を探ることも重要です。 もちろん経済的な利益を得ることが上記に繋がりやすい面はあるのですが、 ひとりひとりの状況に応じた最善案を模索することも重要なのであります。 特に離婚問題は当事者にかかる精神的ストレスは大きく、権利関係も多く絡むことから、弁護士のような専門家のサポートが重要になると考えています。 条件面、進め方でわからないことがあったり、交渉そのものを手伝って欲しい、そのようなご要望があれば迷わず当事務所にご相談ください。 これまで培ったノウハウをフルに活かし、ご満足いただける結果に導けるよう尽力したいと思います。 当事務所の5つの強み 弁護士に依頼するメリットのひとつは 《適切な解決》が図れることでしょう。 当事者どうしで条件を決めてしまうと、法的観点の見落とし等からどちらか一方が損をしてしまうケースが数多くあります。 それは本人だけでなくお子様にも影響を及ぼす可能性もありますから、 公正公平な解決を図ることは極めて重要です。 また、お互いの権利を主張し合う場面も出てくると思いますが、経験ある弁護士は《押し引き》使い分けながら、丁度良い落とし所で権利を確保してくれます。 当事務所でも、皆様が何を望んでいるのかご要望を見極めた上で、とるべきどころとそうでないところの優先度をはっきりさせ、ご納得いただける解決ができるよう努めています。 離婚後のトラブルを予防できます 関係性がうまくいってない相手とお金や子供といったデリケートな話をするのはとてもエネルギーのいるものです。 そこに法律という難しい話も絡んでくるので、人によっては多大なストレスを感じていらっしゃるでしょう。 弁護士に任せることで、 相手との交渉もすべて任せていただくことができますし、 法律的なことに関してもプロの観点からアドバイスをもらえるので、 これまで感じていたストレスに悩むこともなくなります。 また当事者間で話し合うよりスムーズに解決するケースも多く、結果的に離婚問題に悩まされる時間も短くなる可能性もございます。 離婚問題の解決については原則弁護士に任せていただき、ご依頼者様にはできるだけ日常生活に専念していただければと思っております。 よくある離婚トラブル 離婚を切り出しても相手が承諾してくれない場合は、裁判所での手続きで離婚を争っていくことになります。 離婚は本来相手の同意がなければ成立させられませんが、婚姻関係(夫婦)を継続できない理由があると裁判所に認められた場合、相手の同意がなくても裁判所の決定(判決)をもって離婚を成立させられます。 テレビドラマなどで見かける裁判をイメージされる方も多いですが、仰々しい裁判を申し立てなくても調停という手続きで離婚を成立させることもできるため、必ずしも裁判をしないといけないわけではありません。 ただし離婚を裁判所に認めてもらうには、離婚が相当と認められる理由や証拠を用意しておかなければいけませんから、離婚に向けた準備をスタートするのがよろしいでしょう。 たとえば相手の不倫、家庭内暴力などがあげられるほか、別居をして夫婦関係が破綻していることも離婚が相当と認められる理由にあげられます。 不倫で慰謝料を請求したい場合は、不倫現場の写真や不倫相手との連絡履歴をおさえるとよいでしょう。 もっとも効果的なのはやはり行為中の写真や映像をおさえるのがよいのですが、現場の写真をおさえるのは極めて困難であり一般人であればなおさらです。 現場の写真や映像でなくても不倫をしていたと認められる間接的な証拠があれば不倫の慰謝料を認められる余地があり、連絡の履歴などは不倫関係を証明しやすい証拠ですから携帯電話の画面を写真に撮るといいでしょう。 注意していただきたいのは写真であってもスマートフォンなどのデジタル機器で撮影した場合で、デジタル画像はいくらでも編集ができるため裁判所の判断によっては証拠として認めない場合があります。 編集が難しいフィルムカメラで撮影をすれば一般人では編集がほぼ困難ですから、不倫の証拠集めにはフィルムカメラをひとつ購入しておくとよいでしょう。 養育費の取り損ねを防止するには、離婚を成立させる前に公正証書を作成しておくとよいでしょう。 公正証書とは公証人という公務員に作成してもらう契約書のようなもので、公正証書に記載した条項(内容)に違反した場合は裁判をしなくても相手に差し押さえをすることができます。 離婚のケースではあなたと配偶者がともに公証人のもとに訪れ離婚条件を公正証書に起こしますが、その中に養育費を盛り込んで将来不払いが起きれば公正証書をもとに裁判よりも簡単に差し押さえが実現できるのです。 公正証書の作成には夫婦がともに出向かなければならず、関係が冷え切って仲も悪い状態であれば公正証書の作成自体に応じない人もいらっしゃいますから、ハードルは低いとは言えません。 公正証書がなくても裁判で勝訴すれば差し押さえはできますが、不払いに対して都度裁判を起こすのは身体的な負担になりますので、公正証書の作成に応じてもらえるよう相手を説得するようにしましょう。 親権を裁判所で判断してもらう場合は、およそ10の基準によって判断されます。 裁判所で特に重視されるものに、『今まで誰が子供の世話をしてきたか』という基準があげられます。 裁判所は離婚が成立した後も子供の世話をきちんとできるものに託したいと考えるのは当然ですが、今後もきちんと世話ができるものを当事者の実績をみて判断するのです。 たとえば専業主婦(主夫)であれば家にいる時間も多く、子供の世話をする時間も必然的に多くなるので主婦(主夫)側に親権を認めようとします。 反対をいえば家にいる時間も短く残業の多い仕事をしていれば、子供と接する時間も少ないので子供の世話をする意欲があったとしても子供の将来を考えると親権の獲得は難しいのです。 近年では共働きという家庭も多いですが、この場合は当事者の収入、当事者以外で面倒を見てくれる人の存在、子供の意思を考慮されるので争いはより深くなる傾向にあります。 いわゆる家庭内暴力、精神的暴力を立証するには被害を受けている映像や音声をおさえる必要があります。 家庭内暴力の場合は物理的な力があなたに振るわれ、暴力の強度が強ければ体にあざや怪我がおきるので、医師に診てもらったうえで診断書をもらえれば家庭内暴力の証拠に利用できます。 モラハラの場合は怪我を伴わないので裁判所に訴え出たとしても認めてもらうのが難しいのですが、罵倒されている時の音声や映像を積み重ねて主張し常習性が認められればモラハラの事実を認定される可能性はあります。 たとえば「お前はなんで家事の一つもできないんだ」や「誰の金で飯を食わせてるんだ」、「あんたとなんか結婚しなければよかった」などの発言はモラハラとして認められる余地のある発言です。 その他には手書きの日記や精神科へ通院し診断書をもらうなどの証拠もあげられますが、いずれかひとつ揃えればモラハラは認められるという訳ではありませんので満遍なく証拠を集めておくようにしましょう。 住宅ローンが残っている場合、お住まいの住宅が現在どのくらいの価値があるかによって分かれます。 住宅の価値がローンよりも高い場合、いわば売ってもお釣りがくるような場合は売却金額でローンを支払い残ったお金を二人で分割することになります。 問題は住宅の価値がローンよりも低い場合で、売却してもローンが残ってしまっているので離婚してもどちらかが支払いを続けなければいけません。 加えて財産分与においてはローン(負債)は対象にならないので、わざわざ負債を分割しようとする稀有な人はいませんから、後悔しないためにも財産分与の交渉はしっかりしないといけないのです。 たとえばおふたりの間に子供がいて、親権を諦める代わりに相手への財産分与額を少なくしたり、車などの不動産があれば相手に諦めてもらうなどの工夫があげられるでしょう。 いずれにしても住宅ローンの話し合いはこじれる恐れが大きいので、弁護士に同席してもらい話し合いを進めたほうが心身にかかるストレスも軽減できるでしょうから、専門家に依頼しておくほうが賢明です。 離婚成立までの流れ.

次の

不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉|泉総合法律事務所

不倫 強い 弁護士

多額の慰謝料を獲得できたケース 不倫の慰謝料の相場は、「」でも解説している通り、 離婚していなければ50~100万円、不倫が原因で離婚したとしても100万円~300万円程度です。 しかし私の知っているケースでは、妻と離婚していないのに妻の不倫相手から 不倫慰謝料500万円を獲得したというものがあります。 離婚していないわけですから不倫の慰謝料の相場は高くても100万円ほどです。 それが相場の5倍もの500万円も獲得できた、ということが現実にあるのです。 ではどうしてそのようなことが起こるのか、お教えしたいと思います。 多額の慰謝料を獲得できる請求方法 弁護士が不倫の慰謝料を請求する方法にも様々あります。 一番オーソドックスなのが、慰謝料を請求する相手に郵便を送ることです。 内容証明郵便にするかどうかは別として「」で説明しているようなことが書かれてあります。 しかしこの方法では、相場よりも多額の慰謝料が獲得できた、という話はあまり聞きません。 私の知っているケースで多額の不倫慰謝料を獲得できたものは、 弁護士が電話で慰謝料請求した場合です。 なぜ電話での請求なのか では、どうして電話で請求した方が多額の不倫慰謝料を獲得できるのかを説明します。 離婚していない場合、不倫の慰謝料は多くて100万円、相手に弁護士が付いてしまうとせいぜい50万円ほどです。 しかし、相手が学校の校長、議員、医者、イメージを大事にする芸能人、高所得者で家庭を壊したくないなど、不倫の事実を知られたくないと思っているならどうでしょう。 相手が払えない額ならばどうしようもないですが、相手がだせる額ならばそれが相場よりも高くても意外と払ってくれるケースがあるのです。 そのためには、秘密裏に不倫の慰謝料請求の交渉を進めなければなりません。 内容証明郵便など家に郵送したら、妻に不倫の事実がバレる可能性が高くなります。 職場への電話も職場内で不倫を知られてしまう可能性が高くなります。 ですから、秘密裏に不倫の慰謝料請求の交渉を進めなければならない弁護士は、 直接相手の携帯に電話をかけて慰謝料を請求する方法をとります。 脅迫にならないか 不倫の慰謝料請求は、アメリカやヨーロッパでは認められていない州や国が多いですが、 日本の法律では認められている行為です。 ですから、配偶者の不倫相手に慰謝料は請求できるのですが、一般の方が請求するとやりすぎて脅迫罪で逮捕された。 ということもあります。 電話での請求もそうです。 電話での請求だと手紙と違い証拠が残らないだろうとヒートアップして「お前の家に乗り込んでもいいんだぞ」などと脅迫めいたことを口走ってしまいます。 弁護士なら慎重にことを運びます。 もちろん電話の内容は録音してあとで揉めないようにします。 弁護士費用はかかってしまいますが、不倫の慰謝料請求に強い弁護士に依頼することをおススメします。 相手の携帯番号がわからない場合 配偶者の不倫相手の勤め先はわかるが、 住所や携帯番号はわからないということも多くあります。 ただし不倫をしている配偶者は不倫相手と連絡をとっているわけですので、ラインやメールで相手に連絡をとる方法を選択します。 どうしてもわからない場合には、職場に連絡することになりますが、その場合も周りに気付かれないように慎重に進めます。 これが不倫の慰謝料請求に強い弁護士が多額の慰謝料を獲得する方法です。 もっともこの方法は、不倫相手が家庭や職場に知られたくないと思っている場合に有効で、職場や家庭に知られてもよいと思っている場合には効果はありません。 ですから弁護士は、相手が職場や家庭に知られてもよいと開き直らないように、職場や家庭に知られた場合のデメリットを強く相手に意識させるような交渉の進め方をします。 以上が「不倫の慰謝料請求に強い弁護士」に関する解説です。 この情報が不倫の慰謝料請求で弁護士を探しているあなたの参考に少しでもなれば幸いです。 PV数ランキング• 弁護士費用. comでは、弁護士費用の相場や弁護士費用の計算方法をわかりやすく解説しています。 離婚は50万円、刑事事件は60~70万円、民事、交通事故など。 弁護士... 民事事件の弁護士費用を解説したページです。 民事訴訟の弁護士費用は、いくら相手に請求するか、相手からいくら請求されているか、という額によって変わるのが普通です。 離婚の弁護士費用を解説したページです。 離婚の弁護士費用は協議離婚、調停、裁判などで異なります。 また離婚の弁護士費用は他の分野に比べても複雑です。 弁護士費用の相場... 弁護士費用の着手金を解説したページです。 着手金とは、結果の成功、不成功に関係なくに、弁護士にその案件に対応してもらうために支払う弁護士費用の一部です。 弁護士費用... 弁護士費用の報酬金(成功報酬)を解説したページです。 報酬金は、結果の成功の程度に応じて支払う弁護士費用の一部です。 弁護士費用の相場ってどれぐらいでは、弁護士費用... 相続・遺産分割の弁護士費用の相場を解説したページです。 相続問題の弁護士費用の計算は、相続する財産の額に基づいて計算されます。 弁護士費用の相場ってどれぐらいでは、... 刑事事件の弁護士費用の相場を解説したページです。 刑事事件の弁護士費用は着手金30~40万円、報酬金30~40万円の合計60~80万円になります。 弁護士費用の相場... 交通事故の弁護士費用の相場を解説したページです。 弁護士費用の相場って... 法律相談で気をつける点を解説したページです。 弁護士に依頼する前には法律相談で自分に合う弁護士かどうかしっかり確認しましょう。 弁護士費用の相場ってどれぐらいでは、... 不倫の弁護士費用の相場を解説したページです。 不倫の弁護士費用は、請求する慰謝料の請求額によって変化します。 請求する慰謝料が高くなれば、弁護士費用も高くなります。...

次の