ホノ イカヅチ ノ カミ。 日本の神様 一覧|古事記

Q.大山津見神(オオヤマツミ)とは?|大山祇・オオヤマヅミ

ホノ イカヅチ ノ カミ

雷の脅威と恩恵を持ち合わせる神 ホノイカヅチ神は文字通り「雷神」です。 雷の恐怖と脅威は、落雷によって毎年犠牲者がでていることで理解できます。 科学的に理解されていない古代の人々にとっては、現代の私達以上にはるかに恐れられていたでしょう。 しかし、雷は大量の雨を降らせて地上を潤し、農作物を育む恩恵を持ち合わせます。 ホノイカヅチ神はこういった脅威と恩恵を併せ持つ性格の神とされます。 また、民間信仰の雷神は鳴神(なるかみ)雷電(らいでん)様とも呼ばれ、特に落雷が多発する地域でよく祀られているそうです。 落雷から身を守ってくれる神であると同時に、稲作の守護神として信仰されています。 別称「八の雷神」とは 『古事記』によると、黄泉の国(死者の国)の女王となったイザナミ神の身体から生じた神々です。 イザナミ神の変わり果てた姿に恐れ逃げ出したイザナギ神を追跡するために、黄泉の国の軍勢を従えて追跡したとされます。 頭:大雷神(強烈な雷の威力)• 胸:火雷神(落雷が起こす炎)• 腹:黒雷神(天地を暗くする力)• 陰部:咲(裂)雷神(雷が物を引き裂く姿)• 左手:若雷神(雷雨の後の清々しい様)• 右手:土雷神(雷が土に戻る姿)• 左足:鳴雷神(鳴り響く雷鳴)• 右足:伏雷神(雲に伏して雷光を走らせる姿) 火雷神を祀る神社.

次の

賀茂別雷神

ホノ イカヅチ ノ カミ

概要 [ ] 古事記之記載 [ ] 根據《古事記》上卷之記錄,砍殺燒死的後,因為非常思念祂,遂追往。 在黃泉國大殿門前,伊邪那美命由殿內開門迎接,伊邪那岐命對祂說:「我的愛妻呀,我和妳創造的國土尚未完成,請跟我回去吧!」伊邪那美命答:「真是可惜呀!你不早點來,我已經吃了黃泉國的飯食。 既然你特意前來找我,我也願意回去呀。 且讓我跟黃泉神商量,在這期間不要偷看我。 」伊邪那美命邊說邊走入殿內。 伊邪那美命久而未返,伊邪那岐命等得不耐煩,於是取下左髮髻插著的髮梳,折下一齒作燭火,走入殿中。 但祂所看見的卻是伊邪那美命腐爛的身軀上佈滿了蛆,且發現頭部被 大雷盤據、胸部被 火雷盤據、腹部被 黑雷盤據、下陰被 拆雷盤據、左手被 若雷盤據、右手被 土雷盤據、左足被 鳴雷盤據、右足被 伏雷盤據,共有 八雷神繞纏其屍身。 伊邪那岐命嚇得拔腿就跑,伊邪那美命怒斥:「你這樣簡直是汙辱我!」立馬派遣追捕。 伊邪那岐命丟出黑御鬘變成山,趁豫母都志許賣撿食之際逃跑,卻仍被追上。 再丟出右髮髻插著的髮梳,折下一齒變成,又趁豫母都志許賣撿食之際逃逸。 後來伊邪那美命遣 八雷神率領一千五百黃泉大軍追趕,嚇得伊邪那岐命抽出一邊揮舞一邊逃走。 日本書紀之記載 [ ] 據《日本書紀》卷第一神代上第九種說法之記載,欲見其妹,乃到殯殮之處。 本來伊奘冉尊出來迎接祂,都如同在世般無異狀。 接著後者說:「我的夫君,請勿看我。 」語畢突然消失且四周陷入一片黑暗,伊弉諾尊舉起火把視之,伊奘冉尊的屍身腫脹,上有 八色雷公。 受到驚嚇的伊弉諾尊急忙走避,八色雷公追趕之。 伊弉諾尊躲進路邊的桃樹下,並以果實擊退眾雷,這就是能驅的源由。 伊奘諾尊乃投其杖曰:「自此之後,雷不敢來。 」便是所謂的,也是來名戶之祖神。 而所謂的「八雷」,在首曰 大雷、在胸曰 火雷、在腹曰 土雷、在背曰 稚雷、在尻曰 黑雷、在手曰 山雷、在足上曰 野雷、在陰上曰 裂雷。 解說 [ ] 此八位神祇之神名解釋如下 :• 大雷( オオイカヅチ):「大」表示其威力,「雷( (日文)ヅチ)」即為神靈之意。 火雷( ホノイカヅチ):意表伴隨著雷的火光。 黑雷( クロイカヅチ):雷鳴時天色昏暗之意。 拆雷( サクイカヅチ):落雷劈開物體之樣貌,其中「拆( (日文)サク)」本義為裂開,代表裂縫。 若雷( ワカイカヅチ):「若」在裡表示年輕,故代表年輕旺盛之力。 土雷( ツチイカヅチ):落雷落至大地之樣貌。 鳴雷( ナルイカヅチ):表示雷鳴聲。 伏雷( フスイカヅチ):表示雷潛伏在雲層間之樣貌。 信仰 [ ] 在日本主祭八雷神的除了各地的雷電神社外,另計有下述:• 葛木坐火雷神社(新庄町) 內部連結 [ ]• 參考資料 [ ]• 《八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール》,戶部民夫著,新紀元社,1997年12月,。

次の

八雷神

ホノ イカヅチ ノ カミ

mukoujin 【御 祭 神】 (ムカ ヒノ カミ) 向 日 神 ホノ イカヅチ ノカミ) 火 雷 神 ( タマ ヨリ ヒメノ ミコト) 玉 依 姫 命 (ジン ム テン ノウ) 神 武 天 皇 延喜式神明帳に記載された、式内社であり、神名式においては 山城国乙訓郡向神社と称され、後に同式の乙訓坐火雷神社を併祭して 今日に至っている。 この両社は、同じ向日山に鎮座されたので、向神社を 上の社、火雷神社は下の社と呼ばれていた。 向神社の創立は大歳神の御子、御歳神がこの峰に登られた時、これを 向日山と称され、此処に長く鎮座されたので、向日神と申すようになりました。 火雷神社は、神武天皇が大和国橿原より山城国に還り住まわれた時、 向日山麓に社を建て火雷大神を祭られてのが創立である。 養老二年(718)社殿を改築し、神殿還座の祭、玉依姫命を、又創立の縁で 神武天皇を併祭された。 その後、建治元年(1275)社殿荒廃の為、上の社に 併祭し、上記四柱をお祭りし、向日神社として今日に至っています。 【祭 禮】 現在は5月の第二日曜日(母の日)を祭禮日と定めている 三日前に御神体を本社から鶏冠井御旅所を経て上植野御旅所へ移す神幸祭に 始まり、上植野から各地区を巡幸し本社に御神体が御帰りになる還幸祭に至る。 この間の4月2日は桜祭りをされておられました。 【宝 物】• 日本書紀 神代巻の下巻〔重要文化財〕 延喜4年藤原清貫筆と奥書に印されている。 飾 太刀 天狗久光作の銘あり• 額 小野通風の筆による[正一位向日大明神]の額• 棟 札 応永25年本殿棟札一枚 慶長二年[1597]棟札一枚• 古 印 [向日神社政印]の銅印• 朱 印 状 豊臣秀吉および徳川歴代将軍の御朱印状 】.

次の