煽り運転 投稿サイト。 「迷惑車ナンバー共有サイト」はあおり運転の抑止になるのか? サイト運営者に“展望”を聞いた

煽り運転された場合の対処法|交通事故 弁護士相談ドットコム|弁護士事務所検索サイト

煽り運転 投稿サイト

「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」 社会問題化するあおり運転をはじめ、信号無視や無断駐車など車やバイクの迷惑行為をデータベース化した2つのサイト「number」「Number Data」が、脚光を浴びている。 前者は19年1月、後者は19年3月に開設され、8月10日に起きた常磐道でのあおり運転暴行事件の後にSNSでの言及が急増した。 numberは「テスト運用中」とあり投稿数は少ないが、Number Dataは1万件(2019年8月15日時点)にのぼる。 例えば、「クラクションを鳴らされ車間をつめられて急な割り込みをされ、急ブレーキをかけられました怖かったです」「氷結を飲みながらの運転」「常習犯? 火の付いたタバコを捨てる。 迷惑極まる」などと書き込まれており、トラブル時の画像や動画も投稿されている。 Number Dataはデータの蓄積を主眼にするが、numberは警察や国土交通省など関係機関への情報提供も代行するという。 ツイッター上では、「皆様まず自分の車が掲載されていないか検索しましょう。 無意識のうちに煽ってるかもしれません」「警察にはこのサイトを常にチェックしてほしい」と評価する声が目立つ。 弁護士の見解は? その反面、プライバシーの面や虚偽投稿を懸念する声も少なくない。 車両ナンバーの公開は問題ないのか。 IT法務に強い深澤諭史弁護士は取材に対し、「ナンバープレートだけでは個人情報ではありません。 個人情報は個人を特定出来る情報か、あるいは、他の情報と容易に照合して個人を特定出来るものをいいます。 ナンバープレートは、数字等の組み合わせなので、それだけからは個人を特定出来ません。 また、登録を調べれば特定はできますが、容易に照合できるとまではいえないからです」との見解を示す。 しかし、「個人情報に該当しなくても、個人情報ではない情報の公開で、第三者に違法に損害を与えれば、責任を問われる可能性があります。 これはよくある勘違いですが、個人情報でなければ問題ない、ということではありません」と留意すべき点があるという。 「同サイトは、直ちに罪に問われる可能性は低いです。 もっとも、デマの投稿を(暗にであっても)知りながら放置するとか、管理責任を全うしない場合は、民事上の賠償責任を負担する可能性が高いでしょう。 また、デマを投稿した場合、投稿者の責任も問われる可能性があります」(深澤弁護士) サイト運営者の対策は... Number Dataは、これまで投稿後に問題がないかチェックし、削除依頼にも応じていたというが、担当者は取材に「8月15日から事前確認のシステムが完成しましたので、サイトに実装いたしました。 今後はスタッフによる確認後にサイト内に反映される仕組みになるので、投稿内容が明らかないたずらであったり、投稿内容に不自然な点がある場合、特定の相手に対しての執拗(しつよう)な投稿などは掲載されなくなりました」とさらなる対策を講じたと明かす。 現状は本業のかたわらとして4人が運営に関わっており、「デリケートな趣旨のサイトであるため、速やかに対応できる体制を整え、弁護士を交えて法律面でも整備されたサイトを目指していけたらと思います」(担当者) 一方、numberでの対策は、投稿後のチェックと削除対応のみにとどまっている。 代表である40代男性は取材に「個人的な趣味の延長で運営しており、かけられる費用と人材をサイト開設前に検討した結果、悪意を持って利用する人間に対する未然の防止対策をすることは現実的ではないと判断しました」と答える。 ただし、目視で確認できない数の投稿が集まった場合は、AI(人工知能)などに対応したプログラムを実装予定だとした。 (J-CASTニュース編集部 谷本陵).

次の

「迷惑車ナンバー共有サイト」はあおり運転の抑止になるのか? サイト運営者に“展望”を聞いた

煽り運転 投稿サイト

こんちゃ!サラリーマン・伊勢山です。 危険だし、もし煽られたら怖いですよねぇ。 お正月にも東北道で煽り運転を撮影した動画がツイッターに投稿され話題となりました。 そして、その煽り運転をしたドライバーはのちに器物損壊の疑いで逮捕。 ツイッターに投稿された動画が、煽り運転をもしていたという証明となったようです。 【 東北道で煽り運転した男逮捕 】 東北道で乗用車(アクア)が煽り運転をしたうえ軽自動車のヘッドライトを蹴るなどしたとして、器物損壊の疑いで50代男が逮捕されました。 Twitterに煽り運転をする当時の動画が投稿されると瞬く間に拡散され話題となっていました。 煽り運転と判断される基準は?• 煽り運転の被害にあったらどう対処すべき? 普段車を運転する方はもちろん、家族がよく車を運転するんだよねって方にも 煽り運転の実態と対策について理解を深めていただけますよ! もはや煽り運転の域を超えてますね・・・ 後半は映画のような進路妨害の応酬です。 周りの車も大迷惑ですし、何より危険です。 たとえ運転の腕に覚えがあっても危険運転は絶対にしてはいけませんし、見かけても絶対に関わってはいけません。 煽り運転の基準とは? 普段車を運転する方なら、 「どこまで車間距離を詰めたら煽り運転になるの!?」って疑問ですよね。 自分では適正な車間距離だと思って走行していても、いきなり取締まりに捕まったりしたら目も当てられません。 車間距離というのは道路の交通量や走行中の加減速で頻繁に変わりますから、やはり明確な基準を設けるのは難しいのでしょうね。 一般的な車間距離の目安 教習所の教本には、車間距離の目安が以下のように記載されています。 ここでは、 車1台分の長さを4. 7m 一般的なセダンタイプの全長 をと仮定して図示してみました。 時速60kmで走行中の場合 まずは一般道やバイパスなどでの制限速度である 時速60kmの場合を見ていきましょう。 57 つまり、 車9. 5台分が適正な車間距離と言えますね。 図示すると以下のようになります。 いかがですか? 「想像以上に車間距離を取らないといけないんだ!」という感想の方が多いんじゃないでしょうか? 時速100kmで走行中の場合 続いて高速道路の制限速度である、 時速100kmの場合を見ていきましょう。 適正な車間距離は100m です。 27 つまり、 車21台分が適正な車間距離と言えます! これを図示すると以下のようになります。 ・・・ せ、せやかて工藤!! 21台て!! もはや前の車見えへんやろ! 煽り運転の被害にあったら? 危険な煽り運転の被害にあったら、 どのように対処すべきなのでしょうか。 まずは 自分の身の安全を確保することが最優先です。 まずは車のドアをロック! 煽り運転をしてくるドライバーの中には、ガラのよろしくない輩もいます。 煽り運転をしてきた車に追い越された後、相手ドライバーが車を停車させてこちらの進路をふさぐことも起こりえます。 車を停車させた後で、 逆上した相手ドライバーが車から降りてきて恫喝をしたり、明らかに危害を加えようとドアを開けようとしてくる場合があります。 もし少しでも身の危険を感じたら、まずは慌てずドアをロックしましょう。 絶対に車から降りない! もし煽り運転をしてきた車に追い抜かれ前方の進路を妨害されたとしても、 絶対に車から降りてはいけません。 車から降りてしまうと、煽り運転をしてきたドライバーと暴力を振るわれる危険があります。 さらに最悪の場合、後続車のドライバーが車外にいるあなたに気づかず、後続車に轢かれて命を落としてしまうかもしれません。 また、いくらあなたがカッとなって 「おっしゃ! 拳で語ろうやこの煽りイカ野郎!」 などどいった気分になっても 絶対に車外に降りてはいけません。 なぜなら、モラルのない煽り運転ドライバーと喧嘩をするあなたも 『同類』になってしまうからです。 そういうこと。 お互いの非を当事者間で責め合うよりも、 「ヒィ、私は被害者ですぅ・・・」と怯えた子犬のような態度で大人しくする忍耐が、のちのちあなたの身を助けてくれます。 ドラレコがなくてもスマホで撮影しよう! 煽り運転を撮影するのも有効です。 同乗者がいる場合は、露骨にリアガラスにスマホを向けて後続車を撮影しましょう。 また、もし進路を妨害されて停車せざるを得なくなり、相手が車から降りてきた場合は スマホのカメラを相手に向けましょう。 動画に残っていれば 証拠としても有効ですし、もし焦ってしまって録画が間に合わなくても スマホのカメラを向けるだけで 暴行に対する抑止力になります。 【動画あり】危険な『煽り運転』の基準はどこから?被害にあった際はどう対処すべき? まとめ もし煽り運転の被害にあったら、 どうかあなたは冷静に対処してください。 あなたが冷静さを失って煽り返したりしてしまうと、 煽り運転をしてきた車と同罪になってしまいます。 加えて交通事故を起こす危険や、暴力事件への発展、 最悪の場合命を落とす危険すらあります。 また、煽り運転の被害にあったら ツイッターなどで拡散するのも有効かもしれません。 拡散希望 京都800か1636 高速道路で幅寄せ目の前で蛇行急ブレーキなどをやられて事故寸前になりました、絶対に許せません。 この車知ってる人いましたら情報をください — おな6 tyottomateya 安全運転を心がけ、ドライブを楽しいものにしましょう! あわせて読みたい!.

次の

煽り運転された場合の対処法|交通事故 弁護士相談ドットコム|弁護士事務所検索サイト

煽り運転 投稿サイト

悪質なあおり運転が社会問題となっている中、SNS上で注目を集めているサイトがある。 それが、迷惑運転した車両のナンバーを投稿できる 「Number Data(ナンバーデータ)」だ。 迷惑運転抑止を目的に、「迷惑車両のナンバー」「発生日・場所」「被害状況」などを投稿し、共有するサイトで、投稿数は1万3千件を超えているという。 つい先日からは、情報の信憑性を高めるため動画ありの投稿のみを受け付けている。 車両のナンバーを公開することについては、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされているが、弁護士をまじえて法律面で整備されたサイトを目指しているという。 それでは、ナンバーデータはどれほど迷惑運転抑止につながっているのか? 今後の展開なども含めて、ナンバーデータの運営者のAさんに詳しく話を聞いてみた。 アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンする状況になりました。 これまで、1日の投稿数が20~30件だったのですが、あの事件以降、毎日500件ほど送られてきます。 現在は、投稿は動画ありのものだけに絞ったため、そこまで多くはありませんが。 1日20件の投稿でも十分紹介できる量かと思います。 また、先週、500件ほど投稿がありましたが、イタズラや交通に関係ないもの、特定の相手に対する執拗な投稿などが多く、掲載できるのはその中の1割程度でした。 信憑性の高い情報をいかに紹介できるかがサイトの運営者として求められていると思います。 情報として1か所に集める投稿の場所ができないかと思い、このサイトを作りました。 決して、特定の車をさらしあげるためにやろうとは思っていません。 迷惑運転したドライバーからの削除依頼は常に受け付けています。 迷惑運転がそのドライバーに伝わり、ドライバーから削除依頼が出されれば、すぐに投稿は削除されます。 すべてのドライバーが反省しているわけではありませんが、一部のドライバーにとっては安全運転のきっかけにはなっているかと思います。 新たに「あおり運転罪」が検討される動きがあるなど迷惑運転の防止に向けてさまざまな対策が練られる中、このサイトもその取り組みの1つではあるが、このデータをどう活用するかが今後の課題と言えそうだ。 「急増する交通トラブル あなたもいつ当事者に…」特集をすべて見る!.

次の