パソコン工房 pcケース。 【フォートナイトPC移行】パソコン工房評判とfps毎おすすめ機種

PCケースのエアフローを図解、パソコンを効率良く冷やすために

パソコン工房 pcケース

デスクトップ型パソコンの場合、HDDの取り換え作業や増設がやり易く、内部に溜まったホコリの掃除などでケースパネルを開閉する機会もあると思います。 パソコントラブルだけでなく、メンテナンスやカスタマイズの基本であるケースパネルの安全な開閉方法を紹介します。 ただし、モニター一体型のパソコンや、ノート型パソコンの分解は難易度が高く、分解後に元通りに出来なくなってしまう恐れがあるので極力避けた方が良いと思います。 ケースパネルの開閉メニュー 【ケースパネルの開閉】• ケースパネルの開閉 安全なケースパネルの開閉 パソコンは静電気に弱い電子部品や、衝撃に弱いハードディスクなど繊細なパーツが詰まっています。 パソコンケースを外す時は、静電気で電子部品を壊してしまう危険性や、衝撃によってハードディスクを破損させてしまう危険性を十分に理解して作業する事が大切です。 以下、安全にパソコンケースを取り外す注意事項をまとめました。 ・パソコンの電源を落とす 安全にパソコンケースを開閉する為には、必ずパソコンの電源を落としてから作業する事が鉄則です。 通電状態のパソコン部品に不用意に触れてしまうと電気ショートして簡単に故障してしまします。 さらに、ハードディスクは駆動中が最も衝撃に弱く、パソコンケースを開く時のちょっとした衝撃で故障してしまう事があります。 また、ケースファンやCPUファンはかなりの回転速度で回っているので、不用意に触れると大変危険です。 ・コンセントを抜く 次に、出来るだけ、コンセントから電源プラグを抜く事をお勧めします。 これは、パソコンが起動していなくても、待機電力として一部の回路には電力が供給されている状態です。 電気ショートの危険性もありますし、誤って電源ボタンなどを押してしまい、不意に起動してしまう事も考えられます。 ・内部の待機電力を抜く パソコンはコンセントを抜いてもコンデンサ等に電荷が蓄電された状態です。 これを解消する為にはコンセントを抜いた状態で、電源ボタンを数回押すと効果的です。 タワー型パソコンのケースパネルの外し方 タワー型パソコンケースは最もオーソドックスで、メンテナンス性も良好です。 ケースの取り外し方は、ケースの後ろにあるパネルの固定ビスを外します。 タワー型のケースは、後ろから向かって右側のパネルを開きます。 下の写真の赤丸で示した上下2か所のビスを外しましょう。 sponsored link ドライバーを使ってネジを外します。 サイドパネルの開き方はケースによって様々ですが、大抵の場合写真の矢印の方向に引くと取り外せます。 小型特殊ケースの外し方 タワー型以外のパソコンはケースの形状がさまざまです。 なので、全てを説明する事は出来ませんが、大きく分けて上記のタワー型の様に後ろのネジを外して、ケースを開くタイプと、パソコンの底(下側)にあるネジを外すタイプに分かれるかと思います。 下の写真はケースの底側にネジがあるタイプの小型パソコンの例です。 ケースの底のラバーをめくると下にネジが見えます。 四隅のネジをそれぞれ外していきます。 ケースの上の蓋を外すように開きます。 無事にケースを開く事が出来ました。 この様な特殊タイプのパソコンケースは、外すのは簡単でも元に戻すのが難しかったりします。 ケースパネルを外す時は、元に戻す時の事も考えながら(場合によっては写真にとりながら)作業すると良いでしょう。 以上の様に、パソコンケースを開いて中を確認する事は意外と簡単です。 ただし、小型パソコンや特殊形状のパソコンは作りが複雑なので、少しでも不安があれば止めておきましょう。 デスクトップ型のパソコンの場合、ケースパネルの開閉はちょっとしたパソコンのトラブルやメンテナンスの基本です HDDの換装や、内部に溜まったホコリを除去するにはケースを開かなければメンテナンス出来ません。 いくら簡単とは言っても、中身は電子部品の集まりなので、くれぐれも静電気には注意し安全に作業しましょう。

次の

フルタワー/ミドルタワー(ATX)|PCケース|PCパーツ|パソコン通販のドスパラ【公式】

パソコン工房 pcケース

パソコンに日本のエッセンスを? 元ネタはこちら。 ギャラリーより、デカい写真を拝借。 フットライトのようなLEDが内蔵されているのは分かったけれど、鎧張りが良く解らなかったので検索すると、古い和風建築で良く有る外壁のこちらと判明。 source: パソコン工房やiiyamaの中の人が考えたならセンスを疑うけれど、中国や台湾のPCケースメーカーが日本を勘違いした風に作ったと予想。 見た目に特徴が有るわけで、仕様はどうでも良いので省略。 しかし、ケースが主役な割に内部の写真が無いのは戴けない。 推測で判る程度なら、写真中央のサイドパネルのメッシュ部分がやたらと大きい為、フロントからの吸気は無い前提と思われ、HDDを搭載し温度を気にする人には厳しいかも知れない。 ちなみに私はHDDの温度は全然気にしない派。 これ以上詳細が無い為、やる事が無くなってしまったけれど、パソコン工房は無駄にやる気を出しているので、そちらへ適当に突っ込み。 表現が大げさ過ぎヒツジ先輩ドン引き トップページの概要部分より。 日本の建築デザインとしても 伝統的な工法を取り入れながらも、 ユニークなシルエットを確立。 さらに、こだわりはデザインのみにとどまらず、各所に 日本の古き良き伝統を思わせるギミックをご用意しました。 ご用意してくれなくて良いと思うのは気のせいか。 斬新かつスタイリッシュに昇華した モダン・ジャパネスクを、どうぞ 堪能して下さい。 中の人、絶対笑いながら書いていると思う。 鎧張りは上で書いたのでスルーし、LEDは行灯(あんどん)をイメージ。 このLEDが凄い。 フロントパネルのLEDランプは、マイクロプロセッサを内蔵した専用LEDコントローラー「MIYABI LED Controller」を使う事で光の色・明るさ・点滅パターンを変更する事が可能。 やばい。 ちょっと欲しくなって来た。 点滅までするとは高機能過ぎる。 しかし、変色や点滅のどこが和とか雅なのか問い詰めたい。 青バージョンを発見。 source: 「もうそれ和関係無いだろう」と思ったなら私も同感。 鎧張り、行灯以外にもイメージしたのが襖(ふすま)らしい。 吹いた焼酎を返して欲しい。 InWinの代理店の営業が持って来た変なケースを見てしまい、これをどうやって提案するか試行錯誤の末で後付したような説明、と想像すると納得。 雅ケースは有りだと思う理由(まとめ) 長時間写真を眺めていると何か格好良い気がして来たとか、LEDがコントロール出来るのは魅力的などとそういう理由では無く、普通のモデルと比較すると。 見た目は違えど仕様は同じ。 雅PCのスリムケースは57,980円なので、ケース代の差額は千円しか違わないという。 ダサいケースが妙なデザインになる違いに千円の価値が有ると思うなら、雅PCは有りでしょう。 問題はエアフローで、スリムやミニタワーならサイドパネルからの吸気のみでも性能的に問題無いとしても、ミドルタワーでハイスペックに仕上げた場合、前面からの吸気が無い設計は不安な人も居られましょう。 前面にファンが付いているなら和では無く、LEDでホコリを照らし汚れを演出する羽目になると思うのでご注意有れ。 パネルを掃除する習慣付けになると思えば有りかも知れないけれど。 パソコン工房はマジでやっているのか?(おまけ1) パソコン工房はInWinのケースを採用する事が多い為、InWin製品ならダメ元でやっているか遊んでいるか。 オリジナルならば本気なはずで、独自仕様のケースの場合は数百万円の金型から製造する事になり、数千単位で発注しなければ通常のケースとの差額が千円では厳しい。 大手PCメーカーなら、余計なソフトを満載し使わない機能を特盛りする事で宣伝出来るけれど、BTOパソコンの場合は中身が他社も同じなので、ケースのデザインで強引に宣伝しているのでしょう。 君は木下美術工房を知っているか?(おまけ2) もちろん知らないと思うのでこちら。 html こちらがどうしたかはこれ。 これが何なのかは実はノートパソコン。 天板のデザイン例で、蒔絵を描いてくれるという商売。 価格は2. 5万円から、オリジナルデザインは1色1万円からという凄まじい道楽。 ノートを分解して送るならキーボード周辺も塗ってくれるらしいほどの柔軟な対応。 本物の和を目指すなら問合せてみましょう。 目指す必要はもちろん無いと思うけれど。 メール パソコン工房より雅PC発売「Miyabi Project」始動 - BTOパソコン. html リンクタグ パソコン工房より雅PC発売「Miyabi Project」始動 - BTOパソコン. fuzita. どこがw >LEDでホコリを照らし汚れを演出する羽目になる 汚れているかどうか一発でわかっていいじゃないかw >天板のデザイン例で、蒔絵を描いてくれるという商売。 どうせ和を目指すならこんな妙なケースより漆塗りや金箔のほうが有りだと思うw マウスコンピューターやドスパラ辺りが、対抗して「Akira Project」とか始めると面白いのですがね。 PCケースは丸太に見立てた円筒形のコレで。 Amazon. amazon. >鎧張り どうせなら桐箪笥の様な外見にすれば良かったものを。 鎧張りなんぞマイナーな分野を持って来た理由が不明。 >日本の古き良き伝統を思わせるギミック ・ファンの代わりに団扇もしくは扇子 ・キーボードとマウスは竹製 ・USBポートの搭載数は「4」と「9」を避ける ・納品の際に使う緩衝材は藁 ・お祓い済みで納品 昨今の風潮なら、少なくともこのくらいはやらないと面白くなさそう。 >変色や点滅のどこが和とか雅なのか問い詰めたい 和製ヒーロー、ウルトラマンのカラータイマーが再現できますから和なのでは。 >前面からの吸気が無い設計は不安 掃除が面倒なため、私のPCは14cmの低速(確か1,000rpm程度)ケースファンが背面に1つしかありませんけれど、Core i3 2100TとGTX 750Ti程度なら現状はこれで充分ですね。 ただケース上面は斜めのブラインド、前面はオールメッシュでスカスカなPCケースですから、密閉率が高まるにつれて低スペックでも不安が強まるのは確かですが。

次の

【2020年版】パソコン工房の評価と評判

パソコン工房 pcケース

この記事の目次• なぜ「エアフロー」を考えるか、パソコンを冷やす目的 エアフロー設計を行い、PCケース内部の空気の流れを良くする目的について。 基本的には大きく分けて2つある。 パソコンの 寿命を伸ばすため• より 高い水準のオーバークロックを行うため… 最近のパソコンパーツはかなり堅牢性に優れているので不良品でもない限り、そうそう簡単には壊れません。 それでもPCケース内のエアフローを疎かにしていい理由にはならない。 熱は確実にPCパーツの部品や基板にストレスを掛け続けるため、熱いまま使っているとそれだけPCパーツの寿命が縮んでしまう。 そのため「普通にパソコンを使うだけだよー。 」というライトユーザーでも、最低限のエアフローは気にしたほうが良い。 そして後者のオーバークロックの場合は、言われずとも冷却にこだわるはずなのでエアフローも問題なく設計するだろう。 エアフロー設計に必要なモノ エアフローを作り出すには「風」がなければいけない。 つまり CPUクーラーとケースファンが必ず必要になる。 CPUクーラーの選び方 CPUクーラーを選ぶ基準は色々とあって…• CPUクーラーの大きさ:大きいクーラーほど1度の回転で送り出せる空気の量が多いので、少ない回転数で高い冷却性能を期待できる• ファンの回転数:1000~1100rpmくらいなら気にならないが、1200~1300rpmあたりを超えてくると音が聞こえるように つまり、小さいCPUファンは冷却しようとするとファンを高速回転させないと冷えないのでうるさい傾向。 逆に大きいファンは低速回転でも意外と冷やせるため静音性に優れる傾向にある。 もちろん大きいファンは、メモリーとの干渉を気にする必要があるし、そもそも使えるPCケースが必然的に大きくなるのでコストもかさみやすい。 小型ファンは安く済みやすいものの、ファンが上を向いているのでエアフロー設計に少しだけ難がある。 もともと発熱しづらい低性能なCPUを使うなら、これでも全然問題はないですけど。 「Core i7」を使ってオーバークロックを施すとか、多少は予算がかかってもいいからエアフローを重視したいなら、やっぱりファンの向きがこうなっているCPUクーラーが良い。 安価な小型ファンは静かに冷やせる範囲が狭い(低予算PC向け)• やや高価な大型ファンは静かに冷やせる範囲が広い(ゲーミング、OC向け) ケースファンの選び方 PCケースに最初から付属している場合もあるけれど、すべてのケースファンが付属されていることは少ない。 で、ケースファンにも色々とあって、 最大静圧が高いタイプと、 送風量が多いタイプに分かれている。 「静圧」は密閉された空間にどれだけの空気を詰め込むことが出来るかを示していて、ケーブルが入り組んでいたり、グラボを2枚・3枚刺しなどして空間が限られている場所には静圧が高いケースファンの方が有利。 逆にPCケースの前面部分は開けた空間になりやすいから(拡張性の高いPCケースだと、だいたい空いているはず)、静圧重視ではなく送風量の多いケースファンの方が相性は良い。 あとは電源が3ピン仕様か4ピン仕様かどうか。 個人的には4ピン仕様のケースファンの方が好み。 BIOSから数値で回転数やプロファイルを指定できるから直感的に扱いやすいんだよね。 「うるさいなぁ…」と思ったら、BIOSから「うるさいから最大1000rpmまで!! 」という感じで制限できるので。 最大静圧が高いかどうか• 送風量は多いかどうか• エアフロー設計の基本 エアフローを考える時の基本はとてもシンプルで「 冷たい空気をケース内に取り込み、 温かい空気は外へ排出する」ということ。 パソコンパーツはケース内の気温にダイレクトな影響を受けているので、 ケース内の気温を下げるだけでも冷却効果に一定の期待ができるんです。 ではエアフロー設計の基本について、簡単に解説していくね。 冷却効果が落ちるパソコンの置き方 意外とやっている人も多いと思うが、 床に直接置くのは良くない。 理由は単純で「埃」をモロに吸い込んでケース内に埃が充満してしまうから。 対応ファクター 横幅 奥行き 備考 ATX 60cm以上 30cm以上 コンパクトモデル(キューブ型)だと奥行きが広くなりやすいので、使うケースの寸法に注意してください。 MicroATX 50cm以上 25cm以上 MiniITX 45cm以上 25cm以上 エアフローは「前から後ろへ、下から上へ」 温かい空気は上の方に行きやすく、冷たい空気は下に落ちやすい。 だからエアフローもそれを考慮して作っていくことになる。 ケースによって取り付けられるケースファンの数や位置はバラバラだが、基本的にはこの画像のような感じで設計すると問題ない。 底面と前面ファンから吸気して、背面や上面ファンから排気を行う。 CPUファンも風向に気をつけて設置しておくこと。 底面と前面から「冷たい空気」を入れる• その場合は上面ファンで排気することになります。 前面ファンから埃の侵入、上面ファンは埃を被りやすい ケース内の空気圧、「正圧」と「負圧」の違い ケースファンのおかげで常に空気の入れ替えが行われるため、PCケースの外と内では空気圧が常にズレている。 このズレ具合も、エアフローに影響を与えているので一応知識として紹介。 2つのファンで吸気を行って、3つのファンで排気を行う場合は、入ってくる空気よりも出ていく空気の方が多いため、ケース内の空気圧は外よりも低い 「負圧」という状態に。 気圧が低い方に空気は入っていくため、エアフローの都合上は「負圧」の方が有利と言われている。 逆に言えば排気する時にケース側へ引っ張られる力が強いので、暖かい空気が出づらい。 だからこそ排気ファン3つと、CPUファンの方向を合わせて、外へ外へと排気しようと頑張るわけですけど。 次は吸気ファンを3つ、排気ファンを2つ使用する場合。 出ていく空気が少ないので、ケース内側の空気圧は外側よりも高い状態 「正圧」に。 吸気しづらいが、排気はしやすい。 そのため埃が内側に入りづらいというメリットを持つ。 と…言いつつも、正直なところどっちもどっちという感じがある。 「負圧」の方が新しい空気を吸気しやすいですから、エアフローの冷却性を重視するなら排気ファンを多めで吸気ファンは少なめの「負圧」で良い。 「負圧」:冷却性はやや高い、埃は入りやすい(フィルターで防ぐ)• 色々と書いたけれど、結局のところは 「入口(吸気ファン)と、出口(排気ファン)を用意する」というだけのことなんですよね。 何もしなければケース内の温度は一定の水準まで簡単に上がってしまうから、吸気ファンでケース外の空気を取り入れ、排気ファンでその冷えた空気を引っ張って、温かい空気を外へ追い出す…ということ。 エアフローによって、 ケース内部の温度が下がる• 温度が下がることで、 パーツの寿命が伸びる• 空気の流れとファンフィルターのおかげで、 埃対策にも エアフローの効果はおおむね以上の通りです。 ケースファンを買ったり、設置したりするのが面倒くさい。 という人は小型の扇風機などを買って、ケースのフタをあけて直接扇風機の風をあてればいいです。 何もしないより遥かに換気できるので、割りと冷えてくれます。 欠点はケースが開けっ放しなので埃は入りやすい、扇風機を置く場所が必要ということ。 実例をちょっと紹介 中古パーツを使って格安で自作したパソコン。 低予算が目的なので特にこだわっていない。 CPUファンの排気を、すぐ横にあるケースファンで外へ。 グラボの排気も下段のケースファンへ追い出す。 前面ファンは使っていないので最低限のエアフローと言える。 これは 3年くらい前に知り合いに作ってあげたマビノギ専用マシン。 久々にケースを開けてみると、やっぱり当時のぼくの自作知識って相当に少ないなぁ…と痛感させられた。 CPUファンで暖かい空気を飛ばしているが、上面ファンは1個もついていない。 さて…エアフローの方向はいずこへ…。 グラボもファンから排気をしているが、下段にケースファンが無いのでそちらも空気がこもってしまっている。

次の