大和証券株式会社。 ダイワ年金クラブ

大和証券 Summer Intern College|規約同意画面

大和証券株式会社

1961年10月2日上場 略称 大和証券グループ、大和証G 本社所在地 〒100-6751 一丁目9番1号 設立 (18年) (大和證券株式会社) DAREJPJT 事業内容 国内及び海外の子会社と関連会社の支配、管理 代表者 兼() 取締役兼代表執行役() 資本金 2,473億9,700万円 (2018年3月31日現在) 発行済株式総数 16億9,937万8,772株 (2018年6月28日現在) 売上高 連結:7,126億100万円 単独:1,355億6,800万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:1,350億5,800万円 単独:1,045億5,500万円 (2018年3月期) 経常利益 連結:1,556億7,600万円 単独:1,090億4,000万円 (2018年3月期) 純利益 連結:1,105億7,900万円 単独:1,131億5,100万円 (2018年3月期) 純資産 連結:1兆3,705万2,000万円 単独:9,218億9,800万円 (2018年3月期) 総資産 連結:21兆1,417億4,300万円 単独:2兆5,028億8,900万円 (2018年3月期) 従業員数 連結:14,791[946]名 単独:3[619]名 (2018年3月31日現在) 決算期 毎年 会計監査人 主要株主 (2. 自己株式、信託口は主要株主から除外。 概要 [ ] 傘下に・・・などを持つ、日本ではについで業界2位の証券グループのである。 短資部門を中心に証券業を営んでいた (藤本ビルブローカー)と(大証)の機関銀行だった (戦後存在していた同社名のとは別)がに合併して、(初代)旧「大和證券」が成立した。 4月、ホールセール(法人向け)証券業務を大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(後の大和証券キャピタル・マーケッツ)へ譲渡、同社営業開始。 リテール(個人向け)証券業務を(2代目)大和証券へ譲渡、同社営業開始。 (初代)大和證券はグループ会社の支配・管理を目的とするとなり、 大和証券グループ本社へと商号変更。 持株会社解禁後、では初の純粋持株会社となった(なお、旧法人は 「證券」、現法人は 「証券」である。 2007年12月、大和証券グループ本社の本社、(2代目)大和証券の本店、大和証券SMBC(当時)の本店を、口の ノースタワーに移転した。 には、設立構想を打ち出し、には、完全子会社の分割準備会社・株式会社を設立した。 銀行免許取得後、以降をめどに開業を目指しているとしていた。 その後、付で、金融庁による予備審査が通過したことに伴い、株式会社の商号を株式会社に改称した。 大和ネクスト銀行は2011年4月12日にから銀行営業免許を取得 し、同年付で開業。 その後同年5月13日より、実質的な同行のサービスを開始した。 、リテール証券業務を担当していた子会社の大和証券(2代目)が、同じく傘下のホールセール証券業務担当であった大和証券キャピタル・マーケッツを吸収合併し、リテール・ホールセールを一本化。 の前身行の一つであるとは一切の関連を持たない。 そのために当時の大和證券が信託銀行の子会社を設立した際には、大和銀行グループとの混同を避けるため商号を「大和インターナショナル信託銀行」とした。 なお、大和インターナショナル信託銀行は4月に(現・)に全株式が売却され、同年8月に同行に吸収合併されており現存しない。 沿革 [ ]• (35年) - 藤本ビルブローカー開業。 (明治39年)- 株式会社藤本ビルブローカーに改組。 (明治40年)- 株式会社藤本ビルブローカー銀行に商号変更。 (8年)- 藤本ビルブローカー証券株式会社に商号変更。 (昭和17年)- 藤本証券株式会社に商号変更。 (昭和18年) - 藤本証券と日本信託銀行が合併し、大和證券株式会社を設立。 (昭和36年) - 東京、大阪、名古屋証券取引所市場第二部に上場。 (昭和45年)- 東京、大阪、名古屋証券取引所市場第一部に上場。 (11年) - 商号を大和証券グループ本社に変更して持株会社に移行。 ホールセール業務を 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツに、リテール証券業務を、新設した(2代目)大和証券に営業譲渡。 (平成13年) - 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツが、さくら証券の営業を譲り受け、 大和証券エスエムビーシーに商号変更。 (平成18年) - によりを化(92. (平成24年) - リテール証券業務を担当していた(2代目)大和証券が、大和証券キャピタル・マーケッツを吸収合併。 行政との関係 [ ] 2018年現在、外局の()が所管するの委員3名のうち、1名は大和証券SMBC事業調査部長で専務理事のである(2016年10月25日承認)。 また、同委員会の監視対象の一つである業内自主規制団体の会長は、の元代表取締役 で現在は会長・執行役のである(2017年7月1日、同協会理事会の推薦と総会選挙により就任 )。 なお2017年には、の前任委員のが問題視されている。 関連会社 [ ] 主要子会社 [ ]• なお、大和SMBCキャピタルは大和企業投資とSMBC系のSMBCベンチャーキャピタル(SMBCC)に分割されている)• 2015年7月、旧大和企業投資から会社分割で継承)• 大和証券キャピタル・マーケッツアメリカ 主要持分法適用関連会社 [ ]• (99. 大和インターナショナル信託銀行(100%保有) 前述の通り、2000年4月28日付で住友信託銀行に全株式を売却、同年8月1日付で同行に吸収合併。 提供番組 [ ] 2020年 令和2年 1月現在 [ ] 主に30秒• (系列)• (フジテレビ系列)• (系列) 特番• (制作・系列、協賛及び大筆頭スポンサー・2010年度より)• (MBS・共同制作・TBS系列、2007年度より) 過去 [ ]• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列、隔日)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (・共同制作)• (テレビ東京系列)• (テレビ東京系列) など多数。 注釈 [ ]• EDINET 2018年6月28日. 2019年5月24日閲覧。 :2011年4月12日• 大和証券グループ本社:2011年4月4日• マイコミジャーナル(2011年4月25日)• 2017年1月30日. 大和証券グループ本社. 2017年3月14日. 日本証券業協会. 関連項目 [ ]• (現:)• 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

大和証券グループ本社

大和証券株式会社

SASのAIテクノロジーの活用により営業提案力を強化、 商品購入率の2. 7倍向上を実現 証券EBMのさらなる高度化へ 大和証券株式会社(以下、大和証券)は、AIなどのテクノロジーを活用した提案力の強化と業務効率向上を図るためにAI推進室を設置。 SASを活用し、顧客分析の結果にもとづいた最適なアクションを営業員に配信する仕組みを実現した。 これにより顧客一人ひとりのニーズに最適な商品提案が可能となり、商品購入率2. 7倍、離脱率半減など大きな成果をあげている。 短期間での成果には、株式会社大和総研(以下、大和総研)のデータサイエンスチームによる業務知識に基づいた的確な支援と、SASの豊富な実績に基づくコンサルティング・サービスも貢献している。 高い操作性と豊富な分析機能、そして豊富な実績 大和証券は、日本を代表する総合証券会社だ。 店舗やコンタクトセンター、インターネットでの営業員によるきめ細かい顧客サポートを提供しており、「Passion for the Best」をスローガンに、顧客に寄り添う金融機関として、圧倒的なクオリティナンバーワンの確立を目指している。 そのためにはより深い顧客理解にもとづいた提案力の強化が不可欠であり、高度な顧客分析が行える環境が必要だった。 同社は2015年4月、営業企画部にAI推進室を設置し取り組みを開始した。 AI推進室長 長谷川 理氏は、「以前はMicrosoft Accessなどで分析を行っていましたが、処理時間やファイルサイズの点で限界が来ていました。 顧客分析を行うために統計解析ツールを導入したこともありましたが、使い勝手の問題でユーザーが増えず、本格的に活用するには至りませんでした」と当時を振り返る。 導入に際してはSASを含む4製品で検討し、SASが機械学習をはじめ豊富で高度な分析手法を提供していることや、専門知識がないビジネスユーザーでも簡単に操作できるユーザーインターフェースでETL作業を実行できること、そして大量データを高速に取り扱えるハイパフォーマンスな処理エンジンを兼ね備えている点などが評価され、SASの導入が決定した。 さらにこうした製品の特長以外にも大きな判断要因があった。 AI推進室 次長 大堀 崇志氏は、「SASは国内外の銀行・証券をはじめとする金融機関で豊富な実績があり、専門性の高いコンサルティング・サービスも提供しています。 手探り状態からスタートする私たちにとって頼りがいのあるパートナーでした」と話す。 現場の満足度84%を獲得した仕組み SASの活用を始めたのは、2015年9月。 大和証券AI推進室の4名に加え、SASのコンサルタント、さらに2016年1月には、新たに発足した大和総研フロンティアテクノロジー本部からもメンバーとして加わった。 長谷川氏は、「私自身は入社以来、企画部門や新規事業の立ち上げを担当してきました。 大堀はITの専門家。 他のメンバーもさまざまな部署での業務を経験しています。 大和総研のデータサイエンスの専門家とSASのコンサルタントにサポートしてもらいながら、それぞれのバックグラウンドに基づく視点を通してデータから浮かび上がる事象を判断しています」と話す。 データ整備と並行して進めたのが、SASのAIテクノロジーを活用した営業員のサポートシステムの構築だ。 顧客ごとの状態変化を分析・予測し、その結果にもとづいた最適なアクションを全国の営業員に配信する仕組みである。 これにより商品別購買予測に基づく顧客ニーズにあった商品提案や、顧客離脱予測に基づくタイムリーな顧客フォローなど、顧客一人ひとりに最適な商品提案と情報提供が可能となった。 例えば担当営業員のCRMシステム画面には、保有商品に重要な値動きがあった顧客や、運用報告書の初回郵送タイミングが近づいている顧客など、今、対応が必要な顧客リストと内容が表示される。 さらに顧客からの受電時や来店時には、分析結果に基づき、その顧客に提案すべき商品や情報も一覧で表示されるのだ。 「郵送される運用報告書をあまり読んでいないお客様もいらっしゃいます。 そうしたお客様に初回送付の前に適切にアドバイスをすることで、満足度も大きく向上します。 継続保有いただいたり、買い換えていただいたり、といった意思決定もより効果的にサポートできます」(同氏) この仕組みは、現場からも好意的に受け止められた。 営業員の満足度は84%と高い。 収益面からの成果も見られた。 購入率は2. 7倍に増加し、離脱率は半減した。 「表示されるアドバイスの表現や言い回し、お勧めすべき商品の粒度には注意を払っています。 分析結果に基づいて詳細な商品名までを表示するよりも、お勧めする商品についてはある程度、現場の判断に任せた方が高い効果が出たケースもあります。 」(同氏) 大和総研フロンティアテクノロジー第一部 次長 原田 辰彦氏は、次のように話している。 SASの導入によって、ほぼ全ての金融商品が予測対象として網羅され、顧客の特性や取引状況に応じて、ピンポイントで最適な商品提案を行えるようになった。 今後は、上場企業の有価証券取引書や適宜開示情報といった社外の公開データの活用も検討している。 また、さらなる顧客理解を進めるとともに、対面営業とデジタルチャネルの融合やカスタマージャーニーの最適化、証券EBMのさらなる高度化なども視野に入れている。 「我々の強みは、やはり、経験豊かな営業員の存在です。 そのためには、AIをはじめとするテクノロジーを活用した顧客理解と効率化は不可欠です」(長谷川氏) 事実、データサイエンスへのニーズとテクノロジー活用の必要性は高まるばかりだ。 大和総研 フロンティアテクノロジー第一部 上席課長代理 森岡 嗣人氏は、「現在はグループ内の支援を中心に行っていますが、今後はグループ外へのサービス提供も積極化していく予定です」と話している。

次の

大和証券株式会社/株式会社大和総研

大和証券株式会社

SASのAIテクノロジーの活用により営業提案力を強化、 商品購入率の2. 7倍向上を実現 証券EBMのさらなる高度化へ 大和証券株式会社(以下、大和証券)は、AIなどのテクノロジーを活用した提案力の強化と業務効率向上を図るためにAI推進室を設置。 SASを活用し、顧客分析の結果にもとづいた最適なアクションを営業員に配信する仕組みを実現した。 これにより顧客一人ひとりのニーズに最適な商品提案が可能となり、商品購入率2. 7倍、離脱率半減など大きな成果をあげている。 短期間での成果には、株式会社大和総研(以下、大和総研)のデータサイエンスチームによる業務知識に基づいた的確な支援と、SASの豊富な実績に基づくコンサルティング・サービスも貢献している。 高い操作性と豊富な分析機能、そして豊富な実績 大和証券は、日本を代表する総合証券会社だ。 店舗やコンタクトセンター、インターネットでの営業員によるきめ細かい顧客サポートを提供しており、「Passion for the Best」をスローガンに、顧客に寄り添う金融機関として、圧倒的なクオリティナンバーワンの確立を目指している。 そのためにはより深い顧客理解にもとづいた提案力の強化が不可欠であり、高度な顧客分析が行える環境が必要だった。 同社は2015年4月、営業企画部にAI推進室を設置し取り組みを開始した。 AI推進室長 長谷川 理氏は、「以前はMicrosoft Accessなどで分析を行っていましたが、処理時間やファイルサイズの点で限界が来ていました。 顧客分析を行うために統計解析ツールを導入したこともありましたが、使い勝手の問題でユーザーが増えず、本格的に活用するには至りませんでした」と当時を振り返る。 導入に際してはSASを含む4製品で検討し、SASが機械学習をはじめ豊富で高度な分析手法を提供していることや、専門知識がないビジネスユーザーでも簡単に操作できるユーザーインターフェースでETL作業を実行できること、そして大量データを高速に取り扱えるハイパフォーマンスな処理エンジンを兼ね備えている点などが評価され、SASの導入が決定した。 さらにこうした製品の特長以外にも大きな判断要因があった。 AI推進室 次長 大堀 崇志氏は、「SASは国内外の銀行・証券をはじめとする金融機関で豊富な実績があり、専門性の高いコンサルティング・サービスも提供しています。 手探り状態からスタートする私たちにとって頼りがいのあるパートナーでした」と話す。 現場の満足度84%を獲得した仕組み SASの活用を始めたのは、2015年9月。 大和証券AI推進室の4名に加え、SASのコンサルタント、さらに2016年1月には、新たに発足した大和総研フロンティアテクノロジー本部からもメンバーとして加わった。 長谷川氏は、「私自身は入社以来、企画部門や新規事業の立ち上げを担当してきました。 大堀はITの専門家。 他のメンバーもさまざまな部署での業務を経験しています。 大和総研のデータサイエンスの専門家とSASのコンサルタントにサポートしてもらいながら、それぞれのバックグラウンドに基づく視点を通してデータから浮かび上がる事象を判断しています」と話す。 データ整備と並行して進めたのが、SASのAIテクノロジーを活用した営業員のサポートシステムの構築だ。 顧客ごとの状態変化を分析・予測し、その結果にもとづいた最適なアクションを全国の営業員に配信する仕組みである。 これにより商品別購買予測に基づく顧客ニーズにあった商品提案や、顧客離脱予測に基づくタイムリーな顧客フォローなど、顧客一人ひとりに最適な商品提案と情報提供が可能となった。 例えば担当営業員のCRMシステム画面には、保有商品に重要な値動きがあった顧客や、運用報告書の初回郵送タイミングが近づいている顧客など、今、対応が必要な顧客リストと内容が表示される。 さらに顧客からの受電時や来店時には、分析結果に基づき、その顧客に提案すべき商品や情報も一覧で表示されるのだ。 「郵送される運用報告書をあまり読んでいないお客様もいらっしゃいます。 そうしたお客様に初回送付の前に適切にアドバイスをすることで、満足度も大きく向上します。 継続保有いただいたり、買い換えていただいたり、といった意思決定もより効果的にサポートできます」(同氏) この仕組みは、現場からも好意的に受け止められた。 営業員の満足度は84%と高い。 収益面からの成果も見られた。 購入率は2. 7倍に増加し、離脱率は半減した。 「表示されるアドバイスの表現や言い回し、お勧めすべき商品の粒度には注意を払っています。 分析結果に基づいて詳細な商品名までを表示するよりも、お勧めする商品についてはある程度、現場の判断に任せた方が高い効果が出たケースもあります。 」(同氏) 大和総研フロンティアテクノロジー第一部 次長 原田 辰彦氏は、次のように話している。 SASの導入によって、ほぼ全ての金融商品が予測対象として網羅され、顧客の特性や取引状況に応じて、ピンポイントで最適な商品提案を行えるようになった。 今後は、上場企業の有価証券取引書や適宜開示情報といった社外の公開データの活用も検討している。 また、さらなる顧客理解を進めるとともに、対面営業とデジタルチャネルの融合やカスタマージャーニーの最適化、証券EBMのさらなる高度化なども視野に入れている。 「我々の強みは、やはり、経験豊かな営業員の存在です。 そのためには、AIをはじめとするテクノロジーを活用した顧客理解と効率化は不可欠です」(長谷川氏) 事実、データサイエンスへのニーズとテクノロジー活用の必要性は高まるばかりだ。 大和総研 フロンティアテクノロジー第一部 上席課長代理 森岡 嗣人氏は、「現在はグループ内の支援を中心に行っていますが、今後はグループ外へのサービス提供も積極化していく予定です」と話している。

次の