尊い意味。 「尊い」の意味とは?例文や類語・対義語もわかりやすく解説

「尊い」と「貴い」の違いはなんですか?

尊い意味

「高貴・立派」の意味なら noble noble は日本語の「尊い」「貴い」のニュアンスによく対応する表現です。 根本的な語義は「高貴な家柄」といったところですが、形容される語の種類によって幅広い意味に転じます。 誤解を恐れずにいえば、尊い(とうとい)よりは、尊い(たっとい)という語感に近いかもしれません。 ただし noble はやや形式張った語であり、普段の会話に用いるには少々硬い表現です。 日常会話で見聞きする頻度は低めです。 「貴人」「貴族」「名門」の意味も取る 人・血筋・出生を noble と形容する場合、「貴族」「高貴な家柄」「良家」という意味合いになります。 noble man 良家の人• noble birth 名門の出 「高潔」「高尚」「崇高」の意味も取る 性格・精神・思考などを noble と形容する場合、「高潔」「気高い」「崇高な」というニュアンスが中心的です。 I really think that he has noble mind. 彼は気高い心の持ち主だ、心からそう思う 「立派」「壮観」「素晴らしい」の意味も取る 建物や景観、あるいは仕事などを noble と形容する場合は「見事な」「立派な」「堂々たる」といった意味合いを取ります。 noble work すばらしい出来映え• noble building 荘厳な建築 卑金属に対する「貴金属」の意味も取る metal(金属)を形容する noble metal の語は、特に日本語の「 貴金属」に対応する語として用いられます。 ただし、この貴金属は「卑金属」の対義語としての貴金属、つまり「耐腐食性があり大気中で酸化しにくい(錆びにくい)」性質のある金属を指す語です。 「産出量が低くて宝飾的価値のある、高価な金属」という意味の「貴金属」は、 precious metal と呼ばれます。 とはいえ、noble metal の意味でも precious metal の意味でも、代表例は金・銀・プラチナ等でありおおむね共通です。 「貴重・大切」の意味なら precious precious は基本的に「希少で価値のあるもの」「貴重なもの」「高価なもの」を表現する語です。 ジュエリーとしての価値を持つ「貴金属」は precious metal、宝石は precious stone と表現できます。 稀覯本は貴重な(価値ある)本という意味で precious book と表現できます。 単に貴重な本という意味で rare book とも表現できるでしょう。 「尊い命」「愛の尊さ」という場合の「尊い」 precious は、金銭的価値では計れない種類の「 何物にも代えがたく大切なもの」を表現する語としても用いられます。 単に「貴重であり価値が高い」と表現する意味では valuable とも表現できますが、valuable は金銭的価値あるいは「使えるか否か」という観点を含みます。 precious は、損得勘定の尺度を度外視した大切さのニュアンスを表現できます。 「 尊い命」「 尊い犠牲」「 家族愛の尊さ」といった種類の「尊さ」は、precious で形容すると上手くニュアンスが伝わるでしょう。 ネットスラングとしての「尊い」 2017年半ば現在、インターネットスラングとして「尊い」という表現が用いられることが微妙に割とよくあります。 主に《萌》や《腐》の字に関係する界隈で使われています。 ネットスラングの用法における「尊い」の意味を厳密に定義することは中々容易ではありませんが、おおむね、「ケチのつけようがない程すばらしい」「ただただ見守っていきたい」といった感情の表現という風に言えそうです。 この「尊い・・」を敢えて英語で表現するなら、最もニュアンスの近い表現はやはり precious ではないでしょうか。 precious の含む「とても大切」、「すこぶる貴重」、「私にとっての宝物」といったニュアンス、そして、 my precious (私の大切な 人)という風にも表現できる感覚は、中々にぴったり来るように思われます。 That pairing is my precious. あのカプがもう尊い 趣旨に応じて言い換えましょう まず日本語を思いついて、それを英語に言い換える、という場合、必ずしも日本語に基づいて辞書的・教科書的な訳語を探す方法が理想的とは限りません。 むしろ、訳語の対応関係に囚われず、本当に伝えたい趣旨に近い英語表現・言い換え表現を模索した方が、本当に言いたい趣旨を上手く表現できます。 ネットスラングの「尊い」にしても、もちろん通常の文脈における「尊い」にしても、同様です。 「尊敬すべき」と言いたい場合 もし、ネットスラング的「尊い」を「心から敬意を表したい」というニュアンスを込めて述べるなら、 respect (尊敬)の語で表現してもよいでしょう。 「マジで素晴らしすぎる」と言いたい場合 既存の語彙では表現しきれないくらい素晴らし過ぎる、という(最高度の評価を表現する)意味合いを込める場合は、 awesome と表現してもよさそうです。 awesome は「最高にすげぇ」という意味で用いられるスラング表現。 もともとは「畏敬の念をもよおさせる」というような格式張った意味用法の語である、という点で、図らずも「尊い」に共通する要素のある言い方です。 「これは神」と言いたい場合 昨今の日本の若者言葉には、「非常に素晴らしい」という意味で「神」と形容する言い方があります。 実は英語にも、「神の」「神性の」という意味合いの語である divine を「神々しい」「非凡な」あるいは「すばらしい」という意味で用いる言い方があります。 divine を「すばらしい」という意味で用いる用法は、基本的に口語表現であり、もっぱら女性が用いる言い方とされています。 もしかしたら腐女子の面々にはうってつけの表現といえるのかもしれません。

次の

「尊い」の意味とは?例文や類語・対義語もわかりやすく解説

尊い意味

「尊い」の読み方と意味とは? 現在の読み方は「とうとい」、口語では「たっとい」とも 「尊い」は口語で「たっとい」と読まれていたこともありましたが、 現在では「とうとい」と読まれています。 「たっとい」は古語「たふとし」という言葉が変化した発音です。 この「たふとし」を現代仮名遣いに直したものが「とうとい」になります。 現代の言葉では「尊い」を「とうとい」と読むほうが無難でしょう。 「尊い」の意味は「崇高である」「神々しい」 「 尊い」とは、立派で時には美しく近寄りがたい状態のことで、「崇高である(=気高く偉大なこと)」「神々しい」といった言葉で置き換えられます。 また「尊い」は「きわめて価値が高い」または「大事な」という意味もあります。 この「きわめて価値が高い」という意味から派生して、「高価である」や「地位が高い」といった意味でも使われます。 オタクが使う「尊い」の意味は「素晴らしい」 オタクと呼ばれるポップカルチャー愛好者の間では、「尊い」を「素晴らしい」という意味で使う場合があります。 「好き」よりもさらに好感度が高い状態を指す表現で、アニメや漫画、ゲームなどの二次元と呼ばれる作品に登場するキャラクター、または俳優やアイドルに対して幅広く使います。 たとえば「推しが尊い」という表現は、「推し(=応援しているキャラクターや人物)」の存在が素晴らしいことを称賛する言い方です。 もともとの「崇高である」の意味から派生した使い方だと考えてよいでしょう。 「尊い」の使い方と例文 尊敬する人に対して「崇高な」の意味で使う 「尊い」は「崇高な」という意味で使います。 たとえば尊敬する人が語ったことや説話、説法など、普段の生活から離れた貴重で偉大ささえ感じられるような出来事を表します。 「私のお師匠さんは、尊い精神の持ち主だ」• 「尊い話を聞くことをできて心から感謝している」• 「私にとって尊ぶべき存在とは命あるすべてのものである」 「大事な」「価値のあるもの」だと伝える場合にも 「尊い」は「大事な」という意味でも使われます。 「貴重な」や「価値のあるもの」という意味合いが含まれていて、非常に大切なものだということを伝えたい時の使い方です。 「尊い命が失われた」• 「私たちの先祖が残した尊い遺産を大切に守っていく」 「身分が高い」ことを指して使う場合もある 「尊い」は「身分が高い」という意味でも使われています。 その身分とは、部族やグループの中でも一番高い地位の人のことを指し尊敬される立場になります。 「この方は尊い身分の方である」• 「彼はこの部族の中でもとくに尊い方である」 ことわざ「尊い寺は門から見ゆる」は立派なお寺のこと 「尊い」を使ったことわざ、「尊い寺は門から見ゆる」とは、「門を見ただけでそのてらの立派さ、ありがたさがすぐにわかる」という意味です。 対象は寺だけでなく、あらゆるものの外観をとらえて立派だと言い表すことができます。 「尊い」の類語 「貴い(たっとい)」は物を対象にした類語 「尊い」の類語に「貴い」(たっとい)がありますが、どちらも本来は同じ意味の言葉です。 しかし「尊い」と「貴い」を区別したときに、 「尊い」はものだけでなく人に対しても使われるのに対して、 「貴い」は主にものを対象として使われます。 また主観的な意味合いが強い時には「尊い」を、客観的に見て価値があると言う場合に「貴い」が使われることが多いです。 どちらにしても使い分けが難しいのですが、「貴い」とは客観的に判断して「価値あるもの」や「高価なもの」という意味で使われることが多いと覚えておくのがいいでしょう。 「気高い」「高潔」「偉大」も類語 「尊い」の類語には「気高い」「高潔」「偉大」「神聖」などの語もあります。 「気高い」は「品格があり、上品な様子」という意味で、「尊い」よりもより客観的に物や人の質を表現するときに使われます。 「高潔」は「精神的な気高さや潔さ」を意味している言葉で、「尊さ」とほぼ同じ意味になります。 「偉大」とは「優れていて立派なこと」という意味ですから、「尊い」よりもより漠然と対象を讃えるときに使います。 一方、「神聖」は「尊さ」をさらに極めた状態に使われる言葉で、「尊くて侵しがたく、汚れのない様子」を指します。 「尊い」の対義語は? 「尊い」の対義語は「卑しい」 「尊い」の対義語は「卑しい(いやしい)」が挙げられます。 「卑しい」とは「地位や身分が低い」という意味から「貧しい」や「みすぼらしい」といった意味もあります。 「卑しい身分の者とは話せないと高貴な身分であるその人は言った」• 「卑しい身なりの人だったが、心は優しかった」 「尊い」の英語表現 「尊い」は英語で「precious」 「尊い」を英語では「貴重な」や「大切な」という意味の「precious」が使われます。 また金銭的な意味から価値があるといった表現なら「valuable」も使えるでしょう。 「身分が高い」という意味なら「noble」があり、「noble」は「貴族の」という意味もある言葉です。 「尊い」を使った英語例文• 「とうとい」と現代では読まれることが多く、情緒的な文章や表現の中で使われることが多い言葉です。

次の

尊い (とうとい)とは【ピクシブ百科事典】

尊い意味

「とうとい」とは「身分が高い、きわめて価値があること」を意味します。 「尊い」は「 両手で酒樽を持って、神に捧げる 」という意味から転じて 「すぐれた価値がある対象を敬う」「相手に尊敬の念がある」際に使用します。 (例:尊い犠牲) 一方の「貴い」には、「貴」に古代では宝物や貨幣として使用されていた「貝」という文字が含まれていることから推察される通り、「値段や価値が高い」際に使用します。 (例:貴い経験) 「尊い」は自分自身が対象に関して「とうとぶべき」という感情がある場合、「貴い」は対象が社会的に価値・身分が高い場合に用いられます。 近年では「尊い」は人物に対し使用し、「貴い」は物、事柄に使用する傾向が強くなってきています。 インターネット上での「尊い」という用語はキャラクターや作品、作品の展開などに対して「ありがたい」「素晴らしい」「最高である」「クオリティが高い」「(対象が好きすぎて、あるいは展開があまりに好ましいため)胸が苦しい」といった、強い興奮や高揚した感情を抱いている状況を表すときに使われます。 漫画、アニメ、ゲームなど「二次元」と呼ばれるサブカルチャー分野の コンテンツに向けて使われていましたが、現在ではジャニーズなどのアイドルや「三次元」の人物に対しても使われます。 2007年ごろ登場したと言われていますが、2013年に女性の「オタク」と呼ばれる人々により広まりをみせ、2014年にはかなり一般的に使用されるようになってきました。 キャラクターや作品、人物の名前などとあわせて「〇〇尊い」などと使用されています。 「尊い」のほかにも「尊み」「尊き」「尊さ」なども同様に使われています。 (例:「はぁ…尊い」「今日も推しちゃんが尊い」「尊みがすごい」) サブカルチャー分野においては「尊い」より以前に「萌え」という言葉が登場しています。 「萌え」はいわゆるオタクと呼ばれる層の人々の間では 1980 年後半から 1990 年代初頭にはすでに用いられていましたが、 2000 年ごろにマスコミに大々的に取り上げられ、 2005 年にユーキャン流行語大賞を受賞したことにより本来の意味であった「萌え」(「(草木などの)芽が出る」「(物事が)始まる兆し」)よりも広く一般的に認識されるようになりました。 この「萌え」という言葉は漫画、アニメ、ゲームなどに登場する人物やキャラクターに対する「好き」では表現しきれない深い感情(主に恋愛愛情)を表す言葉です。 「 (思いが)燃え上がる」が転じたものではないかという推察もなされています。 当初は少女性の強いキャラクターに対しての庇護欲などを表す言葉として用いられていましたが、最近では幅広い分野での好意や嗜好を表す表現となっています。 (例:「好きすぎて萌え死ぬ」「工場萌え」「電車萌え」) 「萌え」という表現では足りないほどの、対象に対する信仰心ともいえる強い感情を表す言葉として「尊い」(他には「しんどい」「沼」など)が登場したとされています。

次の