ハニー レモン ソーダ 50 話 ネタバレ。 ハニーレモンソーダ最新話55話ネタバレ!ラインのトップ画は誰?界の答えを聞いて羽花きょとん

ハニーレモンソーダ 52話~55話 ネタバレ注意 画バレ注意

ハニー レモン ソーダ 50 話 ネタバレ

親睦会 石森ちゃんがクラスの親睦会に参加することになりました。 1年生の頃の友達はみんな予定があって、一人で新しいクラスの輪に飛び込むことに。 自分の力でクラスの子たちと仲良くなれました。 吹き出して三浦くんも「ごめん いじわるだったわ」と言いつつ歩きだします。 新キャラ登場 ある日転んで三浦くんに倒れ込んできた女の子が現れました。 ドジっ子な感じで可愛らしい印象。 周りから石森ちゃんに似てると言われ始めます。 そしてその女の子が石森ちゃんとも出会います。 三浦くんのファンかと思いきや 「私 石森さんのことが好きです!!」と。 似たような境遇の中、どんどん変わっていく石森ちゃんに憧れていたとのこと。 二人は友達になりました。 名前は 奈乃ちゃんです。 これまた素敵なキスシーン 石森ちゃんが美術室にいると、三浦くんが入ってきました。 最近石森ちゃんが一人でいろんなことを乗り越えていく姿に、三浦くん少し寂しさを感じているのかな?なんとなくそんな雰囲気が読みとれます。 微笑ましい会話をしていると、ふいに三浦くんが石森ちゃんを抱き寄せました。 そして 「石森 こっち向け」 キスするかと思いきや 寸止め!!! C 2018 村田真優「ハニーレモンソーダ9巻」より ぎゃあああああああああああ!!!!!! 「する?」ってずるくないですか?!?!?! その後素直に「うん」と答えた石森ちゃんも可愛いし。 だんだん石森ちゃんもモヤモヤしてきていまいます。 そんな中石森ちゃんが貧血で倒れてしまい、高嶺くんが石森ちゃんをお姫様抱っこして保健室へ。 その時かけつけた 三浦くんと高嶺くんの視線が謎。 C 2018 村田真優「ハニーレモンソーダ9巻」より なんだろう・・? 前にも二人こんなことがあったんだよね。 確か高嶺くんが石森ちゃんを引き寄せるのを三浦くんに見せつけるようにしたシーンがあったな。 石森ちゃん、奈乃ちゃんには三浦くんが必要といらん気を遣ってしまいました。 三浦くんと奈乃ちゃんが二人になったときの三浦くんの一言。 「やっぱ まんまコピーしてんな」 おおお!!三浦くんやっぱ察しがいい。 誰よりも早く気づいていたのかもしれない。 奈乃ちゃんやっぱり本性は全然違うよう。 奈乃ちゃんと別れ、一人で帰ってる石森ちゃんを三浦くんが追いかけます。 電話もしますが石森ちゃんは大丈夫と電話を切ってしまいました。 奈乃ちゃんに対して焦っていること、三浦くんを独占したい気持ちが生まれてしまっていること、そんな感情に自分自身戸惑ってるようです。 石森ちゃんの感情が爆発 次の日学校へ行くと、友達から「奈乃ちゃんって子おかしいいよ!」と言われます。 石森ちゃんは思い過ごしだと自分に言い聞かせます。 しかしいろいろありモヤモヤが募りに募っていきます。 そんな中三浦くんからナイスタイミングで「いつものとこ」とラインがきました。 屋上へ向かおうとすると、その入り口に立っていたのは奈乃ちゃん。 (これちょっとホラーだと思うw) 奈乃ちゃん石森ちゃんの前で素になります。 「三浦くんにはどうやって取り入ったの? 教えてよ」 と、すごい真顔でした。 (わーこれはやっぱり三浦くん狙いだったのか・・・?) そこに三浦くんが現れ奈乃ちゃんはどこか行ってしまいました。 そして石森ちゃん感情が大爆発します。 「不安と嫉妬で 変になりそう 三浦くんは 私のだもん」 と泣きだします。 三浦くんが石森ちゃんを抱きしめて、9巻は終了です!! 石森ちゃんの 「三浦くんは私のだもん」にキュン死してしまった・・。 可愛すぎて、私まで込み上げてしまったw 可愛すぎないか。 独り占めにしたいって感情を言葉に変換すると「三浦くんは私のだもん」になる石森ちゃん可愛すぎる。 三浦くんこういうところにやられたんだろうな。 私もやられた。 まあでも三浦くんやっぱ頭がいいから、 変なライバルとか出てきても流されないところがいいよね。 言葉少なくて読みとれないところあるけど、一言一言無駄がなくていいね。 (何の分析) まだ解決してないけど、この二人は大丈夫だという謎の安心感があります。 次巻どうなるか楽しみです!.

次の

ハニーレモンソーダ 44話~48話~51話 ネタバレ注意 画バレ注意

ハニー レモン ソーダ 50 話 ネタバレ

ハニーレモンソーダ54話ネタバレ 高校生最後の1年。 羽花のクラスメイトたちが最悪だーと文句を言いながら廊下を歩いています。 新しい机ががたがたするという話を聞き、いつも壁側に追いやられていた経験がある羽花は、壁にギュッとつけると平気になることがあると笑い白い目で見られてしまいました。 するとあゆみが、羽花のことを心配して声をかけてくれます。 友達はできた?先生とはうまくやってる?と心配するあゆみに、笑顔で大丈夫!と答える羽花。 とはいえ現実は初日から先生に怒られたり、クラスメイトに声をかけても戸惑われたり前途多難なのでした。 しかし、何かあったら言ってねとやさしいあゆみたちに囲まれながら羽花はA組の教室に入ろうとします。 隣のクラスでは、界がもう来ているようです。 せっかく界と隣のクラスなのだから、暗い顔はせずに3年生は楽しいよと報告しようと思っている羽花。 明るく挨拶をしながら教室へ入ろうとしますが… すでに担任がきていました。 「座れ」と言われてしまい、急に教室内がざわつきます。 雑誌を没収されると二度と返ってこない、スマホも鳴らさないようにしようとバタバタするクラスメイト達。 すると、担任はクラスで宿題などを提出していない人間も把握しているようでした。 しかし生活指導は厳しそうですが、言っていることはまともです。 羽花はまっすぐ見つめながら話を聞いていました。 すると、羽花の前の子のスマホが鳴り始めてしまいます。 その子は焦りますが、羽花はその音に驚いてプリントやノートをバサバサと落としてしまいました。 その間にスマホの音は止まり、何事もなかったかのように先生は教室を出ていきます。 羽花がいなかったらどうなっていたか、とクラスメイトはみんな羽花に感謝していました。 初日は先生に思いっきり怒られていた羽花ですが、自分が回りの人には嫌われていないことに気が付きます。 結局、グループにも入れなかった羽花ですがそれを話すと、自分たちのところに入ってくれたらよかったのに!と慌てられてしまいました。 そこで思い切って、次は一緒にやりたいと話しかけることができた羽花。 周りの子はきょとんとしていましたが、すぐに良い返事をくれました。 そんな中、騒がしいねと隣のクラスから界たちがやってきます。 彼女が心配で見に来たのかと聞かれ、全然と答えた界は、A組の梓の彼氏の付き添いできたと言います。 梓の彼氏は梓をあーたんと呼び、彼女大好きな感じです。 そんな姿を眺める羽花に、界はすっと手を小さく上げて挨拶しました。 何それ?と周りに言われる中、高嶺が「いつものあいさつだよね」とやってきました。 もっと付き合っている感じにしたら?という高嶺に、自分たちはあるよと梓の彼氏はノリノリです。 界たちはこんなのはどう?と頭の上でレモンの形を手で作る挨拶を考えた様子。 それを見て、羽花も界も茫然としてしまいました。 無言で見つめあう羽花と界。 すると界はどんどん歩いて行ってしまいます。 振り返ると高嶺に話しかけ、クラスの女子たちは高嶺と界の距離感を不思議に感じていました。 やけに距離が近い二人。 しかもイケメンなので眼福です。 すると、羽花は、界とどうやってつきあったのかと周りの女子たちに聞かれます。 そんな中、恋バナもいいけれど…とやってきたのは英語のプリントを提出していなかった女の子。 担任の青木の話も出ながら、羽花が思っていたよりもずっと良い子たちでした。 羽花は梓たちとラインの交換を始めます。 しかし初期設定のままの羽花。 界とおそろいにしないのかと聞かれ、おそろいという言葉にキラキラしています。 羽花が思っていたよりも高校3年生の1年間は夢も希望もあふれています。 体育は隣のクラスと合同のため、界の姿も簡単に見れてしまうことに嬉しそうな羽花ですが、自分も同じように界に見られてしまうことに気付くと絶対に変なことはできないと思ってしまいました。 うまくやらねば、と思っても、羽花は跳び箱に思いっきりぶつかってしまいます。 やらかして血まで出してしまった羽花に近づき、ジャージで鼻を押さえてくれたのは界でした。 そのまま抑えててと言いながら羽花をお姫様抱っこして保健室へ連れていこうとした界。 見ていた女子たちが、彼女にはあんなことをするのかと盛り上がりました。 そんな中、また告白されるんじゃないかと界が言われているのを聞いてしまう羽花。 「また」?と疑問になった羽花ですが、実は界は同じクラスの子に告白されていたようなのです。 心配しそうな羽花に、気にするなと界は言うだけ。 もしかして今までもこういうことがあったのではないかと急に気になるようになってしまいました。 隣のクラスになって困ってしまうこともあるんだなと思いながら、羽花は界のラインのトップ画の女性が気になってたまりません。 そのトップ画の女性は高校生のようでした。 誰なのだろう?気にしなくていいのかな?と思いながらも、隣のクラスだからすぐに聞きに行けるという距離感にも悩みます。 一方で、界はちゃんと構っての合図は使っているかと梓の彼氏に言われてしまいました。 もうあきらめろ、と周りに言われていましたが、ふと教室の入り口を見ると羽花がレモンのポーズをしていました。 そのまま恥ずかしそうに逃げる羽花を急いで界は追いかけました。 後ろから羽花を捕まえ、抱きしめるような形になった二人。 すると羽花は、トップ画の女性は誰かと聞いてみました。 「は?」とトップ画の女性は羽花だよと話す界。 羽花の横顔を雰囲気が出るように加工していたものでした。 そんな話をしていると、目の前を担任の青木が通り過ぎます。 界をじっと見つめると、黙って行ってしまった担任を見て、界は「悪い人ではないけれど自分のことを嫌いなのは間違いない」と言います。 そんなことないよと言おうとする羽花でしたが、目を見ればわかるという界。 何かあったらすぐに言ってと言ってくれます。 すると羽花は「大丈夫」と界に笑顔を見せるのでした。 二人きりになった界と羽花を探すクラスメイトの声が聞こえます。 戻らなきゃ、と思って移動しようとする羽花を、界はぐっと引き寄せてキスをします。 みんなが呼んでると言いたそうな羽花の口をまたふさぐように、まだちゃんと構ってないと言いながら再びキスをするのでした。 3年生楽しい! 界に向かってとびっきりの笑顔を見せることができた羽花。 そんな二人のラインのトップ画は変わり、みんなが見ています。 最後の1年はまだ自分が知らない界に会いたいと思う羽花。 二人のライントップ画像とアイコンはペアになっていたのでした。 >>「ハニーレモンソーダ」56話ネタバレに続く ハニーレモンソーダを無料で読む方法 「ハニーレモンソーダ」は、連載されているSho-Comiを購入して読むか、マイクロ版で1話ずつ読んでいくか、好きな方で楽しむことができます。 以下に「ハニーレモンソーダ」を無料&お得に読めるサービスをまとめました。 無料トライアル登録時に 600円分(継続利用で1200円分)のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 ダウンロード無料。 毎日回復するチケットやボーナスコインで「ハニーレモンソーダ」も待てば無料で読める。 集英社運営のアプリで安全。 今すぐ読むならおすすめ! 30日お試し無料登録時に 600円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 今すぐ無料で読むことができる。 2週間無料トライアルで 最大900円分のポイントがもらえる。 ポイントを使えば「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」が 無料で読める。 会員登録無料。 半額クーポンがもらえなくもらえて「ハニーレモンソーダ」「りぼん電子版」がお得に読める。 じっくり試し読み3000作品以上。 動画配信サービスではもらったポイントを電子書籍の購入に充てられるので、 最新刊であっても0円で読むことができるんです! 最新刊も完全に無料で読みたい場合は、U-NEXTがおすすめです。 ハニーレモンソーダ56話感想 二人のラインのトップ画がすごくよかったです! 界は羽花が横を向いている写真をトップ画にしていて、雰囲気が出るように加工していました。 羽花も同じように界が横向きの雰囲気ある写真をトップ画に、アイコンは遊園地でお揃いで買っていたキーホルダーになってました。 高校生でお揃いって青春という感じでいいですよね。 青木も厳しいですが悪い先生ではなさそうです。 界は自分が嫌われているから羽花にも何か影響があるのかもとは思っているのかもしれませんね。 A組はクラスメイトもみんな良い子みたいです。 羽花もだいぶ自信が持ててきたようなので、高校最後の1年間たくさん思い出を作ってほしいですね。 「ハニーレモンソーダ」55話のネタバレを紹介しました。 ネタバレより漫画の方が数倍楽しめます!ぜひ漫画の方で読んでみてくださいね。 ダウンロード無料!登録不要で漫画が読める >>ハニーレモンソーダ最新話ネタバレ.

次の

ハニーレモンソーダ【第55話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハニー レモン ソーダ 50 話 ネタバレ

親睦会 石森ちゃんがクラスの親睦会に参加することになりました。 1年生の頃の友達はみんな予定があって、一人で新しいクラスの輪に飛び込むことに。 自分の力でクラスの子たちと仲良くなれました。 吹き出して三浦くんも「ごめん いじわるだったわ」と言いつつ歩きだします。 新キャラ登場 ある日転んで三浦くんに倒れ込んできた女の子が現れました。 ドジっ子な感じで可愛らしい印象。 周りから石森ちゃんに似てると言われ始めます。 そしてその女の子が石森ちゃんとも出会います。 三浦くんのファンかと思いきや 「私 石森さんのことが好きです!!」と。 似たような境遇の中、どんどん変わっていく石森ちゃんに憧れていたとのこと。 二人は友達になりました。 名前は 奈乃ちゃんです。 これまた素敵なキスシーン 石森ちゃんが美術室にいると、三浦くんが入ってきました。 最近石森ちゃんが一人でいろんなことを乗り越えていく姿に、三浦くん少し寂しさを感じているのかな?なんとなくそんな雰囲気が読みとれます。 微笑ましい会話をしていると、ふいに三浦くんが石森ちゃんを抱き寄せました。 そして 「石森 こっち向け」 キスするかと思いきや 寸止め!!! C 2018 村田真優「ハニーレモンソーダ9巻」より ぎゃあああああああああああ!!!!!! 「する?」ってずるくないですか?!?!?! その後素直に「うん」と答えた石森ちゃんも可愛いし。 だんだん石森ちゃんもモヤモヤしてきていまいます。 そんな中石森ちゃんが貧血で倒れてしまい、高嶺くんが石森ちゃんをお姫様抱っこして保健室へ。 その時かけつけた 三浦くんと高嶺くんの視線が謎。 C 2018 村田真優「ハニーレモンソーダ9巻」より なんだろう・・? 前にも二人こんなことがあったんだよね。 確か高嶺くんが石森ちゃんを引き寄せるのを三浦くんに見せつけるようにしたシーンがあったな。 石森ちゃん、奈乃ちゃんには三浦くんが必要といらん気を遣ってしまいました。 三浦くんと奈乃ちゃんが二人になったときの三浦くんの一言。 「やっぱ まんまコピーしてんな」 おおお!!三浦くんやっぱ察しがいい。 誰よりも早く気づいていたのかもしれない。 奈乃ちゃんやっぱり本性は全然違うよう。 奈乃ちゃんと別れ、一人で帰ってる石森ちゃんを三浦くんが追いかけます。 電話もしますが石森ちゃんは大丈夫と電話を切ってしまいました。 奈乃ちゃんに対して焦っていること、三浦くんを独占したい気持ちが生まれてしまっていること、そんな感情に自分自身戸惑ってるようです。 石森ちゃんの感情が爆発 次の日学校へ行くと、友達から「奈乃ちゃんって子おかしいいよ!」と言われます。 石森ちゃんは思い過ごしだと自分に言い聞かせます。 しかしいろいろありモヤモヤが募りに募っていきます。 そんな中三浦くんからナイスタイミングで「いつものとこ」とラインがきました。 屋上へ向かおうとすると、その入り口に立っていたのは奈乃ちゃん。 (これちょっとホラーだと思うw) 奈乃ちゃん石森ちゃんの前で素になります。 「三浦くんにはどうやって取り入ったの? 教えてよ」 と、すごい真顔でした。 (わーこれはやっぱり三浦くん狙いだったのか・・・?) そこに三浦くんが現れ奈乃ちゃんはどこか行ってしまいました。 そして石森ちゃん感情が大爆発します。 「不安と嫉妬で 変になりそう 三浦くんは 私のだもん」 と泣きだします。 三浦くんが石森ちゃんを抱きしめて、9巻は終了です!! 石森ちゃんの 「三浦くんは私のだもん」にキュン死してしまった・・。 可愛すぎて、私まで込み上げてしまったw 可愛すぎないか。 独り占めにしたいって感情を言葉に変換すると「三浦くんは私のだもん」になる石森ちゃん可愛すぎる。 三浦くんこういうところにやられたんだろうな。 私もやられた。 まあでも三浦くんやっぱ頭がいいから、 変なライバルとか出てきても流されないところがいいよね。 言葉少なくて読みとれないところあるけど、一言一言無駄がなくていいね。 (何の分析) まだ解決してないけど、この二人は大丈夫だという謎の安心感があります。 次巻どうなるか楽しみです!.

次の