雇用保険 追加給付 詐欺。 厚労省から通知「詐欺?」 雇用保険追加給付、記者にも届く

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い 2通目

雇用保険 追加給付 詐欺

・雇用保険の追加給付関する回答票と払渡希望金融機関届 ・雇用保険の追加給付関する回答票と払渡希望金融機関届(記入例) ・雇用保険制度の各種給付の概要(リーフレット) ・返信用封筒 リーフレットによると 毎月勤労統計調査の影響により、平成16年8月以降、雇用保険の各種給付を受けていた方の給付額が低く計算されている可能性があり、追加給付の手続きを進めています。 とのことです。 つまり「 ここ最近16年の間に雇用保険を受給した人は、給付不足があったかもしれない。 調べて不足がある人には追加給付しますよ」というお知らせのようです。 念のため厚生労働省のHPを確認しました。 ひとまず詐欺ではなさそうです。 給付対象と給付額 追加給付されるかどうかはわかりませんが、給付されるとしたらいくらもらえるのでしょうか。 給付額は保険の種類に応じて変わります。 【雇用保険】1つの受給期間に1人当たり平均1,400円 延べ1,900万人が対象、給付費約280億円 【労災保険】 年金給付(特別支給金を含む):1人当たり平均約9万円、 延べ27万人、給付費約240億円 休業補償(休業特別支給金を含む):1人1ヶ月当たり平均約300円、 延べ約45万人、給付費約1. もらえる額はわずかだし、10年前の給付のことをわざわざとも思いましたが、 調べてみたらかなり大規模な調査になりそうです! 書類を提出することにしました。 送付書類と記入事項 送付書類 提出する書類は同封された「 雇用保険の追加給付関する回答票(表面)と払渡希望金融機関届(裏面)」の1枚だけです。 表裏に必要事項を記入し、返信用封筒に入れて提出するだけです。 ほかに同封する書類は必要ありませんでした。 記入事項 「 雇用保険の追加給付関する回答票(表面)と払渡希望金融機関届(裏面)」に記入します。 表面「雇用保険の追加給付関する回答票」の記入 まずは表面の記入事項について説明します。 表面に記入する項目は4つです。 人によっては10年以上前の書類なので、すでに持っていない人も多いのではないでしょうか。 古い通帳はすでに処分していました。 法人名・企業名は正確に書きましょう。 裏面「払渡希望金融機関届」の記入 裏面は 「氏名」「住所」「電話番号」「振込口座」を記入します。 最後に 署名欄があります。 押印(認印も可)を忘れないようにしましょう。 提出期限 書類には「 返送期限」が書いていないので調べてみました。 Q24 「払渡希望金融機関指定・変更届」(「回答票(ご本人確認)」)の返送はいつまでにしなければいけないのですか。 A24 「払渡希望金融機関指定・変更届」、「回答票(ご本人確認)」の返送期限は特段設けておりませんが、今回の追加のお支払いは、本来、当初からお支払いすべきであったものですので、お手数をおかけして大変申し訳ありませんが、なるべく早めにご返送いただきますようお願いします。 まとめ 今回はわが家に届いた「 雇用保険の追加給付に関する郵便物」の話でした。 ニュースでこの話題を聞いたことがなかったため詐欺かと思いましたが、みなさんはご存知でしょうか? 私が知らないだけでしたら、お恥ずかしい限りです 笑 何はともあれ、十年以上前からさかのぼって給付した人を調べるのは大変な作業です。 追加給付されるかはわかりませんが、対象者かどうか気長に待とうと思います。 ランキングに参加しています。 よかったら応援お願いします。 kawarun.

次の

10年前にもらった雇用保険についてのお便りが届いた話

雇用保険 追加給付 詐欺

「 お詫び」? 「 毎月勤労統計調査」? あー、なるほど。 景気変動を探る経済指標となる賃金・労働雇用状況を明らかにし、GDPの計算や保険の算出にも用いられる「 」という統計データがあります。 厚生労働省が実施しているのですが、• ルールとして全数調査すべき調査を、 サンプル調査に勝手に切り替えた。 サンプル調査の場合に必要となる 補正作業をしなかった(忘れた)。 すべてのデータを訂正せずに、 2018年からの訂正にとどめた。 この一連の内容を 公表しなかった。 というが発覚し、昨年末から今年にかけて連日大きく報道されたので、憶えていらっしゃる方も多いと思います。 (私は忘れていましたが…w) この影響によって「 平均賃金が低く算出され、 雇用保険や 労災保険などで 約2000万人に対して支払い不足があった」という報道もあったわけですが、今回の郵便は、 「 あなたに給付した雇用保険(失業手当)にも支払い不足がありました。 ついては不足分を振り込むから、口座情報を教えてね」 という内容だったのです。 繰り返します。 1,400円程度です。 10年以上にわたって不正な統計調査が行われていたため、雇用保険や労災保険への影響は「対象者は延べ 約2000万人」で、総額は 500億円とも 600億円とも言われていますが、1人あたりにすれば1,400円ぐらいになっちゃうんですね。 とはいえ、私に送られてきた封書内には返信用封筒などを含め、 合計5点の資料が同封されていましたし、「払渡希望金融機関指定(変更)届」の返送後には「最終的な支払い額の精査を経てから、 はがき形式の『支給決定通知書』が送られてくる」そうなので、今回の追加給付に関する 事務コストって膨大な額になってるんじゃないでしょうか。 そう思ってネットを漁ってみたら、「 事務費として国は 195億円を予算計上した」という報道が見つかりました。 追加給付の500億円(ないし600億円)は「本来は既に支払われていたはずのお金」なので勘定に含めないとしても、この事務費195億円は完全に「想定外のコスト=税金の浪費」ということになります。 ちなみに、のインタビューにおいて、 厚生労働省の元統計担当者は、 保険の給付の額にはねる(影響する)というのは、実際、報道を見て初めて知ったので、そこまではねる(影響する)ようなものだと正直思っていなかった。 軽視はしていないけど、経済を左右するものだっていうことで自負を持って慎重にやっていましたけど、あそこまで政策にはねる(影響する)ものだとは正直思わなかったので、びっくり。 と発言していたようです。 この「うっかり、びっくり」のおかげで税金が195億円も吹っ飛ぶのですから、官僚の仕事って、生半可な精神力では務まらないと思います。 この程度の胆力しかないので、私は全くもって官僚には向かないわけです。 検索 カテゴリー• 268• 145• 19 最近の投稿• 2020年7月14日• 2020年7月7日• 2020年7月6日• 2020年7月1日• 2020年6月25日 アーカイブ• 11 タグ.

次の

雇用保険、労災保険等の追加給付について

雇用保険 追加給付 詐欺

毎月勤労統計調査は統計法第2条に定められる基幹統計です。 2004年以降、公表された調査手法と異なる形で調査が行われ、また、統計的処理として復元すべきところを復元していなかったという不適切な取扱いが分かりました。 とのことです。 本来おこなわれるべき調査方法とは異なる形で雇用保険受給決定の計算が行われたため、修正と追加給付がある場合はそれを支払うための調査を行っているとのことです。 対象者は1,800万人にも上るそうで、順次案内を発送しているとはいえ通知時期にはかなりの差があるようです。 人によっては今年の2月に届いている人もいれば、筆者のように6月に届く人もいます。 今後も通知される人はまだまだいるのかもしれません。 詐欺グループはこういった状況をチャンスととらえ巧妙に仕掛けてきます。 封書が本当に厚生労働省から届いたものか充分に見極めましょう。 詐欺かどうかの判断するポイントは• 送り主や回答票の送付先が厚生労働省と判断できるか• 雇用保険の受給期間は該当期間(平成16年8月以降)であったか• 書類に記載されている自身の個人情報に誤りはないか などです。 一概に「こうであれば詐欺!」「こうでなければ詐欺じゃない!」と言えませんが(それほどまでに詐欺は巧妙化しています)、最低限の確認は行うようにしてください。 書類の内容は? 書類の内容は2種類に分けられるそうです。 本人を特定できている場合• お知らせとお願い(口座確認)• 口座確認の送付用・返信用封筒• 払渡金融機関変更届• 払渡金融機関届記入例• リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 本人を特定できていない場合• お知らせとお願い(ご本人確認)• 本人確認の送付用・返信用封筒• 回答票及び払渡金融機関届(表裏)• 回答票記入例及び払渡金融機関届記入例(表裏)• リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 筆者は青い封筒だったので以下の通りでした。 ・お知らせとお願い(ご本人確認) ・本人確認の送付用・返信用封筒 ・回答票及び払渡金融機関届(表裏) ・回答票記入例及び払渡金融機関届記入例(表裏) ・リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 記入例があるので、回答票に必要事項を記入例に沿って記入して、返信用封筒で送ればいいだけです。 記入内容は多くないので5分もあれば完了します。 いくら追加給付されるの? 追加給付の金額は確認でき次第、通知が別途届くらしいです。 現時点では追加給付の金額はわかりませんでした。 (詳しい方なら計算で割り出せるのかもしれませんが…すみません、筆者はそこまでわからず・・・) 調査の結果追加給付がない場合もあるようですね。 その場合は今回提出した書類が返送されるとのこと。 追加給付結果 追加給付の結果が出たらまた更新します。 2020年7月2日に回答票を発送しました。 まとめ 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いが届いた場合、基本的には詐欺ではないですが、詐欺の可能性もゼロではないため記載されている内容は充分注意してください。 筆者自身も7年前のことですし、人によってはもっと前ということもあるのでしょう。 すっかり忘れ去ったことを今更と少し警戒してしまいますが、きちんとした調査に基づくものですので回答を忘れずに行ってくださいね。

次の