マスカレード ホテル 明石家 さんま ネタバレ。 マスカレードホテル映画の感想と評価や原作あらすじをネタバレ比較!|vodが大好き

【マスカレードホテル】明石家さんま登場シーンはいつ?どこに出演してるか調査【画像】

マスカレード ホテル 明石家 さんま ネタバレ

リンク あらすじ 東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。 事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。 警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。 数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。 捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。 立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。 そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。 より引用 作品・スタッフ・キャスト 新田浩介: 山岸尚美: 能勢: 稲垣: 友情出演: 感想 とにかくボリュームがすごい! いい意味でも悪い意味でも疲れるほど頭を使う作品でした。 とにかく情報量が多く、考察をしながら観ていたらどんどん変わっていく状況に、 気持ちのいいほど振り回されます! 出演者も豪華でキャスト数もかなり多く、劇中に相関図は出てくるものの、その相関図は実にシンプルで、且つ写真は被害者の物のみで、疑わしい容疑者のわかることは名前のみ…。 犯人にまつわる情報は小出しに出てきますが、それ以上に癖の強い、怪しい豪華キャストのお客様が何人も代わる代わる出てきて、どんどん整理しても追いつかない、 まさに脳内てんてこ舞い状態になります。 笑 推理小説を読み慣れている方なら、こういう考察も馴染みがあるのでしょうが、2時間ドラマなどで甘やかされている脳にはかなり刺激的です! 予告に騙されるな! TVCMや予告では新HEROと謳われていたので、TVドラマHEROのような少しコメディチックな有頂天ホテルのような作品を想像していたのですが…。 原作者を見ていただければわかる通り『 本格ミステリーサスペンス』でした。 原作も読まずTVCMだけをみて映画館に行ったので、ホテルに来るお客様が、全員仮面をつけていて来客されるようなイベントを開催するタイミングで、何らかの事件が起こってしまい、素顔が見えずらい中、刑事達がホテルマンと協力しながら四苦八苦するドタバタコメディミステリー!…などと勝手に思い込んでいたので、終わった後は正直ドッと疲れてしまいました。 笑 ただ、まったくコメディ要素がない訳でもありません! 長澤まさみさん演じる山岸と、木村拓哉さん演じる新田が、お互いの職種によるポリシーの違いでぶつかるシーンの掛け合いは、とてもテンポよく、また癖の強いお客様もキャラが濃くて、誰一人とっても、 面白いお客様ばかりです。 小日向文世さん演じる能勢さんは、とても頭が切れる不思議な雰囲気をまとった方で、木村拓哉さん演じる新田の『元相棒』なのをしつこいほどアピールしてくるので、HEROとは違う局ですが、某刑事ドラマの特命係の方を彷彿と感じさせる役で、私的には一番ツボな方でした。 新HEROとは TVCMや予告で使われているこの比喩は、ドラマHEROの主人公である久利生公平のような型破りで成り上がりの役を、また木村拓哉さんが演じます!…と事ではなく、 全く違う形の救世主、こんな正義の守り方がありますよ!というニュアンスのが近かった気がします。 0 このマスカレード・ホテル…かなりお勧めします! 最初こそ『あれ?仮面かぶってないの?コメディーじゃないの?』と思いましたが、ホテルの表舞台のシーンでよく使われている、挿入曲が最初にかかった瞬間に舞台であるホテルの重厚感や優雅さを感じ、 一気にホテルの雰囲気に引き込まれていきます。 厳かで心地のいいその挿入曲が、ただ私好みだったという事もあるかもしれませんが… 笑 一方で、その挿入曲の流れないホテルの裏側は、お客様のために忙しなく働く従業員がたくさんいて、表は煌びやかな商業施設で働いたことのある方なら、お馴染みの光景が広がっています。 そこからさらに映画の世界に引き込まれて、このホテルで 一緒に働いて捜査しているかような感覚になりました。 ただ、だからこそ!!ゆるーい気持ちで観に行くと痛い目をみます!!!特に脳が!!!! 笑 これからこの映画を観られる方に 1つだけ、『ココ注意して観ておけば安心』というポイントを言いますと、 山岸さんのする言動はすごく大事です。 これは事件においても、山岸と新田との意識違いや性格などにおいても大切なポイントだと思います。 さんまさんが出演している問題のシーンなのですが、事前に知らなければ見つかる訳がないレベルのようです。 どうも、さんまさんは ホテルにチェックインする宿泊客として劇中に出ているらしいのですが、チェックインするお客様なんて、劇中には数えられないほど出てきます。 しかも、あのお笑い怪獣のさんまさんが、ふざける事も、目立つような変な動きをする事もなく出てくるというのです。 尚且つ、 帽子も被っているそうで…。 実は、映画公開する約1年前の2018年1月に放送された、特番『さんタク』の中で、さんまさんが映画の撮影現場に潜入し、友情出演するシーンを撮影する、という様子が放送されたそうです。 なので番組を見ていた方が『番組で撮影してたのはここか!』とそっと楽しめる、おまけぐらいしか出てなかったみたいです。 まあ、友情出演って大体そんなもんですかね…。 やっとここで問題のシーンですが、出てくる場面は、『 事件解決後、新田がお客様としてホテルのラウンジに来た時に、新田の後ろでチェックインしている帽子を被ったお客様』みたいです。 もはや、さんまさんじゃなくてもいいレベルのエキストラですね。 笑 本当に映画の終盤、最後の最後です。 確かそのシーンぐらいからすでに木村拓哉さんや長澤まさみさんのクレジットが出始めていたと思います。 チェックインした後も、そのままエレベーターホールに向かうところまで映っているそうなので、クレジットが出てきたら『 帽子の被ってる人がいないか? 』要チェックしてください!.

次の

【マスカレード・ホテル】感想・レビュー【豪華な出演者たち】(さんまさん友情出演ネタバレあり)

マスカレード ホテル 明石家 さんま ネタバレ

<監督・キャスト> 監督:鈴木雅之 『HERO』シリーズが有名。 なお、本作は初日から3日間の累計ですでに61万人を動員し、興行収入8億円に迫るヒットスタートを切っています(興行通信社調べ) キャスト:主人公=新田に木村拓哉 教育係に任命されるホテルスタッフの山岸尚美として長澤まさみ 刑事役に小日向文世、泉澤祐希、渡部篤郎 ホテルスタッフ役に石川恋、鶴見辰吾、石橋凌、宿泊客にふんした濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子などなど豪華顔ぶれ。 さんまさんの話題が先行してそこまで目立っていないけど、 個人的には 前田敦子と勝地涼くん( リアル夫婦 )のくだりが地味に笑えた笑笑 付き合う前からキャスティングされていたらしく、偶然が生んだにしてはかなりミラクルな出来事だと思う。 <概要> 累計310万部突破の東野圭吾作品屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの 第一作「マスカレード・ホテル」が発売から7年の歳月を経て、待望の実写映画化! 連続殺人事件を解明する為にホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を演じるのは木村拓哉。 検事、総理大臣、天才外科医など様々な職業を演じてきた木村拓哉が、満を持して初の刑事役に挑む。 そして、木村と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。 更に、日本映画界に欠かすことのできない総勢20名の錚々たる豪華キャストが刑事、ホテルマン、 個性豊かな宿泊客として登場する! 次々と現れる素性の知れない宿泊客を、刑事として疑う新田と、ホテルマンとして信じる尚美。 ホテルに潜入する刑事たち。 宿泊客を迎えるホテルマンたち。 誰が宿泊客で誰が犯人なのか!? 究極の騙し合いに、あなたもきっと騙される! (公式サイトから引用) <これから観る方への感想・ネタバレなし> その仮面(マスカレード)を被った連続殺人犯を見破れるか?犯人はこのポスターの中にいます。 長澤まさみ扮するホテルマンのプライドや仕事への向き合い方も、なんか学ぶものがあります。 東野圭吾ミステリーの王道である人間味ある犯人の動機、ホテルで繰り広げられる様々な展開、そして訪れる人々のストーリー、いろいろ絡み合って進んでいくスリリングさをぜひお楽しみください! なお、 原作、東野圭吾さんのコメントでは仕上がりに感動しているとのこと。 本作(マスカレード・ホテル)は映像化の話が来てもすぐにオファーを受けなかった。 それは新参者などに次ぐ新たなシリーズにするために、キャラを確立させたくなかったから。 しかし、 東野さんがイメージしている原作主人公はまさに木村拓哉をイメージして描かれていて、主演キムタクという話に揺れに揺れ映像化を決断。 仕上がりを見て感動したと、公式サイトに書いてあります。 <ネタバレ感想> マスカレード(仮面)を被った犯人は松たか子という。 老婆で出てくるところの伏線ね。 様々な客のストーリーの一つとして解決したように演出し、一度外したようにしておくことで意外性を持たせる手法と。 ストーリー構成は悪くないが、 犯行動機が、ホテルマンに冷たくされて流産したってちょっと無理やり過ぎないか? 笑 、とクエスチョンマークでした。 そんなに大事な子供ならもっとやり方あったろうに。 あそこまで機転が利いて、あたまもいいのに不器用すぎる。 気づく人は気づくが、気が付かないまま進むとあーなるほど。 となるはず。 あと・・・ 手紙の文鎮の伏線張りすぎじゃないか? 笑 個人的には様々な客のストーリーが後からどんどん繋がって回収になれば面白いなと思ったけど、すべてはオムニバスになっていて、そこは少し残念。 明らかに並列で歩くシーンあそこくらいだもんね。 私は身長なんて気にしないけど、やっぱり気になるんだな。 可もなく不可もなく。 撮影場所は? ホテルもキレイでどこのホテルなんだろうかと、これもエンドロールみたら 『ロイヤルパークホテル東京』と意外に都内だった。 ロイヤルパークホテル 今度お茶くらいしに行ってみたい。 いろいろストーリーはあったけど、 菜々緒と宇梶剛士の夫婦は地味に笑った(笑) マスカレードホテルはAmazonプライムビデオで見放題です。 月額500円見放題なので、ぜひ活用して観て下さい。 […] すでに世界に出しても恥ずかしくない良い作品はあると思います。 世界で通じる作品が。 日本人の多くが、その映画に触れることなく生活してしまっているだけ。 というのがミギーの考えです。 日本での興行収入はアニメ(コナンやポケモン、ドラえもん、ワンピースなど)がメインで、2019年のNo. 1興行収入は『天気の子』でした。 実写映画では『キングダム』、『翔んで埼玉』、『マスカレード・ホテル』、『コンフィデンスマンJP』、『劇場版おっさんずラブ』が上位となっておりこれで世界へ・・・というのは心もとないように感じます。 今一度、映画を多くの人が触れる機会をつくり、良作を生み出し外へ出していく機運が必要ではないかと思います。 […].

次の

マスカレードホテル明石家さんま映画出演シーンと時間や場所はどこ?|vodが大好き

マスカレード ホテル 明石家 さんま ネタバレ

もくじ• マスカレードホテル明石家さんま出演シーンはどこ? 「マスカレードホテル」は東野圭吾の人気小説を実写化した映画で 都内で不可解な連続殺人事件が起きる。 事件現場に残された暗号から次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京と判明する。 木村拓哉演じる刑事・新田浩介はホテルマンに扮装し、潜入捜査を行う。 そんな新田の教育係として長澤まさみ演じるフロントクラークの山岸尚美が任命される。 折りが合わない二人だが次第にお互いを認めるようになり、次から次へと怪しげな客が訪れる中、協力して真相を探る。 というミステリーです。 エンドロールには明石家さんまと出ているので、必ずどこかに出演しているはずなのですが、私も答えを聞くまでわかりませんでした。 そこで、どこに出ているのかをこれからご紹介します。 明石家さんまが「マスカレードホテル」に友情出演したシーンはここ! まず、事前に与えられたヒントはこちら ・「大竹」という役名 ・終盤の仮面舞踏会少し前にフロントでチェックインの場面で出演している ・出演した時の衣装はグレーのハットにスーツ姿 ・エキストラ扱いでセリフなし 実はこれらの情報は2018年に放送されたテレビ「さんタク」を見れば得られたそうですが、私は見ていませんでした。 そして、その情報によると明石家さんまは「チェックイン後、キーもらってエレベーターに向かう」というところまでわかっています。 ただし、見切れる程度の出演なのでよっぽど注意して見ないとわかりませんが、ここまでヒントがあれば発見できる方もいるのではないでしょうか。 では、答え合わせです。 実はエンドロールに「明石家さんま(友情出演)」と明記されている最中に後ろでチェックインしているハットの人物が明石家さんまです。 そのシーンがこちらです。 これは、事前情報がなければ気づきませんよね。 事前情報があったとしても見落としてしまうレベルです。 しかも、明石家さんまにピントが合ていないというエキストラ程度の出演になっています。 マスカレードホテルに明石家さんまが出演したきっかけは? きっかけは2018年に放送された「さんタク」という特番です。 「さんタク」の中では、明石家さんまが友情出演するシーンが撮影されていました。 「マスカレード・ホテル」の撮影現場にさんまが押し掛けたところが放送されています。 そこで、明石家さんまの「映画に出たい」という一言で急遽出演が決まったみたいです。 撮影現場にこっそり潜入した明石家さんまは、木村拓哉と共演の長澤まさみにお願いして、エキストラ出演が決定しました。 映画に出たいと言う一言で実現してしまうんですから大御所の力はすごいですよね。 まとめ マスカレードホテルで明石家さんまが、どこの場面で出演したのか考察してきましたが、エキストラ程度の出演になっているので、気が付かない方がほとんどだと思います。 終盤に登場するので最後まで気を抜かないで、注意深く見ると、スーツにハット姿の「大竹様」がいるので、まだ実際に発見されていない方は是非ご自分の目でご確認していただければと思います。

次の