五月雨式に失礼いたします。 五月雨式とはどういう意味?よくあるビジネス用語の使い方を解説します!

五月雨とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方は?

五月雨式に失礼いたします

スポンサーリンク 丁寧に言いたい場合 If you don't mind my asking one more question. 差し支えなければ、もう一つ質問よろしいですか? Could I have one more question? もう一つ質問よろしいですか? if you don't mind〜(申し訳ないですが、差し支えなければ…) 丁寧な言い方でよく使われます。 自分に落ち度がある場合 もし自分に落ち度がある場合であれば、Sorryを含む表現がよいかと思います。 Sorry to keep bothering you. 何度も迷惑をかけてすみません。 Sorry to bother you again. 度々すみません。 I'm sorry to bother you over and over. 何度もすみません。 Sorry to keep bothering you. 何度もすみません。 特に2回以上繰り返している場合。 Sorry for taking your precious time. 貴重なお時間を頂戴してすみません。 また、sorryの代わりに使えるのが、こちら。 My apologies for asking again.. 何度も申し訳ございません。 Sorryをよりビジネスライクに言う表現としてよく使います。 同僚など親しい人へカジュアルな表現 同僚など、親しい人とのメールやチャットの場合は、 このくらいカジュアルな表現でもいいかもしれません。 また私です! Just one more thing! なにかと便利です。

次の

五月雨式とはどういう意味?よくあるビジネス用語の使い方を解説します!

五月雨式に失礼いたします

日本語を勉強中の中国人です。 「五月雨ですみません」という日本語についてお伺いいたします。 この言葉はビジネスメールでよく使われるのでしょうか。 ネットでも調べてみたのですが、正確は「五月雨式ですみません」となっているでしょうか。 基本的には目上の方にも使える用語でしょうか。 それとも同輩とそれ以下で使われるのでしょうか。 ある件について目上の方に何度もご連絡した場合、メールの冒頭に置くクッションの言葉としては、「五月雨ですみません」、「度々失礼いたします」、「何度もご連絡して申し訳ありません」などどれが好感を持つ言い方でしょうか。 また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー まだ出ていないところだと「羊」 北海道ではジンギスカンとして有名で、かなり浸透しましたし、国賓の招待時などにも出るような高級羊肉もありますが、慣れていない場合には好まれない場合もあるでしょう。 現地で、豚の丸焼きや北京ダックを出されました。 男子共は食いついていましたが、無理な女子や子供も多いでしょう。 チキンでも丸焼きは敬遠されるかも。 見たこと無い食材もNG 川魚も日本では塩焼きが主ですが(うなぎ系はタレ焼きですが)、日本を除くアジア諸国の川魚料理は味気なくて生臭いです・・・ 香菜系のパクチーも一部で大ファンも居ますが、嫌いな人も多い。 (回答しようとしたらこの人からブロックされています。 どうしてブロックされたか全く心当たりがありません。 仕方なく、質問の形で話に加わります) 形容詞「素晴らしい」に「です」をつける言い方は、一部の人にあり得ないと判断されています。 これは本来、「素晴らしゅうございました」といったものです。 ところが「ございます」を使う人があまりいなくなって、「形容詞」を丁寧形で表現することが出来なくなりました。 そこで登場したのが「素晴らしいです」です。 ところがこれに対する賛成者は<少ないです>。 そして、それに加えて「過去形」までもが加わってきました。 「素晴らしっかったです」「よかったです」「楽しかったです」。 否定的な人々には、一層違和感が加わりました。 ではどう言えばいいのか。 「素晴らしゅうございました」「楽しゅうございました」 いくら何でも、そんな古めかしい言い方に戻れるものかという否定派は今もあります。 ところがここでまた、「素晴らしかったです」「よかったです」を、「素晴らしかったでしょう」「良かったでしょう」と、「う」をつければスラスラ通じてしまいます。 こんな話がこのサイトでも続けられてきました。 さて、今度の質問は「歌わないです」が間違っているという話。 これが、「美しくないです」だったらどうなるのでしょう。 「歌わない」の「ない」は打消の助動詞。 「美しくない」の「ない」は形容詞。 「形容詞」+「です」は間違いという人がいても不思議ではありませんが、「助動詞(ない)」+「です」はあっても、また不思議ではない。 (「ません」が普通ですが) 皆さんのご意見をお伺いしたいと思います。 「歌わないです」について、間違った文だという質問が出ています。 (回答しようとしたらこの人からブロックされています。 どうしてブロックされたか全く心当たりがありません。 仕方なく、質問の形で話に加わります) 形容詞「素晴らしい」に「です」をつける言い方は、一部の人にあり得ないと判断されています。 これは本来、「素晴らしゅうございました」といったものです。 ところが「ございます」を使う人があまりいなくなって、「形容詞」を丁寧形で表現することが出来なくなりました。 そこで登場したの... A ベストアンサー こんにちは。 「形容詞+です」この問題は古くて新しい問題ですね。 私の思うに、はっきりした解決、というか、こうなれば落ち着く、ということの言い難い問題です。 文法の体系性という点で、小さな矛盾を含んでいると思うからです。 「用言+ないです」のほうでは、「ない」が2種、あるいは3種に分けられるということは、異論の少ない(いろいろ言う人はいますが)ところだと思います。 「形容詞」「助動詞」と、「補助形容詞」。 この点については、1311tobiさんが紹介された chiebukuro の解説がわかりやすく、私も勉強になりました。 (私は、意味がほぼ同じで活用などが同じなら、品詞をごちゃごちゃ議論することもないだろう、という怠惰な考えだったので、あまりまじめに考えたことがありませんでした。 要は、同じ語形が「多少」違った使い方をされるだけで、「基本的な」ところは一緒だろう、と思っているのです。 ) 皆さんが触れられていない点で、私が重要だと思うのは、「です」にも2種類ある、という考え方です。 これは、たぶん私の学生時代(ン十年前です)から言語学のほうではそうだったと思うのですが、確証はありません。 私はずっとそう考えてきました。 今回、改めて国語辞書の記述を見、辞書の付録の「助動詞活用表」などを見て、「です」が一つしかない(「丁寧な断定」という用法)ことにちょっと驚いたくらいです。 まあ、国文法の分析が言語学(少し前の「日本語学」)と違うのはよくあることですが。 かんたんに言えば、「名詞/形容動詞+だ/です」の「です 1 」と、「形容詞+です」の「です 2 」は違うものだ、という分析です。 (「形容動詞」を「ナ形容詞」と言い換えるのは、今回はやめておきます。 ) 上に書いたとおり、「です 1 」のほうは、「だ」の丁寧な形、です。 「断定」(この用語は好きではありませんが)の助動詞で、丁寧さによって形が分化します。 学生 だ/です まじめ だ/です それに対して、「です 2 」のほうは、「だ」とは対立しません。 つまり、「断定」の助動詞ではなく、「丁寧」の助動詞です。 (動詞文の「ます」に対応します) また、「です 1 」は活用を持ち、「でした/でしたら」という形になります。 学生でした 紅葉の名所でしたら、例えば、、、 (「でしょう」を活用形とは考えません。 「だろう/でしょう」は一語の助動詞と考えます。 ) それに対して、「です 2 」は活用を持ちません。 私は、「だ」と「なら」は、少なくとも現代語では、別物と考えます。 ) ということで、多少の言い訳を必要としながらも、形容詞文の丁寧体として、「美しいです」は一つの位置を与えられるわけですが、さて、それがなぜ「不自然/不安定」に感じられるのか、1131tobiさんによれば「厳密には誤用」と言われてしまうのか、です。 ちょっと話の流れを変えます。 日本語の文の分析法として、文を「命題+モダリティ」という形で考えるということがあり、かなり一般的になっています。 (国語学では「叙述+陳述」という、似た考え方が昔からあります。 ) これによれば、文の終わりには、話者(書き手)の、その文の内容に対する「断定」や「推量」など、話者の「意志」、あるいは聞き手に対する「命令」や「勧誘」、「確認」「質問」などの、ある種の「態度」が現れる、とされます。 これは、用言のいわゆる「活用形」や助動詞によって表されるわけです。 「ね」や「よ」などの終助詞もモダリティを表すとされます。 ここで問題になるのは、「丁寧さ」というのはモダリティなのか、ということで、どうも文法の中の位置づけが微妙なものです。 前からの呼び方では「文体」の一つの要素なのでしょうが、それは文を文として成り立たせる必須の要素、つまり「文法」の一部なのか。 で、私の考えでは、「形容詞+です」の不安定さは、この、「丁寧さ」が文を終結させるためのモダリティとしては不十分だ、というところにあるのではないか、となります。 「名詞/形容動詞+だ/です」の「です 1 」は、「断定の助動詞」に丁寧さが加わったもので、立派な(文を終結させる「力」を持った)モダリティですが、 学生/まじめ です(断定+丁寧) 「形容詞+です」の「です 2 」のほうは、「丁寧さ」だけの機能しかないので、 美しい(断定?)+です(丁寧) という形が、文の終わり方としてどうも安定しない、と感じられるのではないか。 「美しいです」が不自然だという人も、「美しいですか/ね/よ」などにすると安定するように感じる、というのはなぜか。 これに対するうまい説明は今のところないように思うのですが、どうでしょうか。 (単に私が知らないだけかも) 終助詞「か/ね/よ」が文終結のモダリティとしての機能を持つからだ、と考えるとうまく説明できます。 美しい+です(丁寧)+ね/よ/か(確認/主張/質問など) もちろん、「でしょう」をつけても、「でしょう」の持つ「推量(あるいは確認)」というモダリティによって文として安定します。 (たぶん)美しいでしょう。 (どうですか?)美しいでしょう? これは、世代が違ってもあまり変わらないようで、今の若い人も「形容詞+です」には何らかの不安定さを感じるようですが、どうでしょうか。 「「ね」や「よ」をつければ自然だから、変じゃないよ」というのは、上に述べたように「形容詞+です」の弁護にはなりません。 以上、私の考えをざっと述べてきましたが、ただ、「モダリティ」という概念は、研究者によってかなり幅があって、不用意に使われすぎている感があります。 この概念そのものの検討が必要であり、いろいろ行われているようですが、私は不勉強でよく知りません。 (さらに、「文が終わる」とはどういうことなのか、「文成立の要件」となると、もう、根本的な議論になり、わけがわからなくなります。 「文とは何か」ですから。 ) この「形容詞+です」の不安定さ加減は、話し言葉では語調によって文の自然さが変わってくるので、微妙です。 「どうですか?」「いやあ、なかなかがんばってますねえ。 面白いです!」 などと、ある種の強調を込めた言い方をすると、それなりに自然な文として成り立つように(私には)思われます。 (語調が(文終結の)モダリティの機能を肩代わりする? 語調が文の意味を変えることは、「ある。 」「ある?」など、ごくふつうのことです。 単に「歩く。 」と言うと描写あるいは意志に過ぎませんが、「(さっさと)歩く!」とある語調で言うと「命令」になります。 ) なお、「話しことば」と「書きことば」で、後者のほうが「正式な」ことば、「正しい文法」の基準になるようなものと考えることは、私はしません。 言語学の考え方では、話しことばのほうが言語として自然な形であって、書きことばはそれに何らかの人為的な手が加わっているものだと考えます。 (明治期の「言文一致運動」などを考えればよくわかることだと思います。 ) 言語の音韻や文法は、人間の意図とは別に、それこそ「自然言語」であって、自ずから文法の体系ができあがっていき、また変化をするものだと考えます。 「書きことばの文法」というのは、「規範文法」への傾斜を持ちやすく、「素晴らしい言語文化・言語芸術」がその後ろ盾になります。 そうすると、言語としての本来の自由さ・内発的なエネルギーが失われてしまいます。 それでも、話しことばはそんなことにかまわず、本来、内部にあった動きがどんどん現れてくるのだろうと思います。 それに対して、より以前の文法を持った世代がいろいろ抵抗感を持つことは、当然のことですが、それはまあ、時代の流れということで。 上に述べた私の考えは、「形容詞+です」に関しては、「単に新たな変化の一つで、そちらへ(いやでもおうでも)動いていかざるをえないもの」というのではなくて、文の作り方として少し無理があり、世代が変われば移っていくものとはかんたんに言えない、という見方です。 あと50年もしたら、どうなっているのでしょうか。 あまり変わらず、「ね」や「か」をつけて使われ続けているのでしょうか。 (「動詞+ないです」のほうも、興味深い現象ですが、これはまた別の話だと思います。 ) もう一つ、「国語審議会」が認めた、という話ですが、「これからの敬語」自体が国語審議会の答申の一つ、ということなのではありませんか?(今、「これからの敬語」のアドレスをコピーしようとしたのですが、なんと「メンテナンス中」だそうです!) 長くなりました。 最後まで読んでくださった方に感謝します。 saburoo こんにちは。 「形容詞+です」この問題は古くて新しい問題ですね。 私の思うに、はっきりした解決、というか、こうなれば落ち着く、ということの言い難い問題です。 文法の体系性という点で、小さな矛盾を含んでいると思うからです。 「用言+ないです」のほうでは、「ない」が2種、あるいは3種に分けられるということは、異論の少ない(いろいろ言う人はいますが)ところだと思います。 「形容詞」「助動詞」と、「補助形容詞」。 この点については、1311tobiさんが紹介された chiebukuro の解説がわかりやす... 文法的に間違いとまでは言いませんが、句読点や鍵カッコなどの「記号」を2重で使うことは本当は避けるべきです。 A ベストアンサー この「の」は、名詞と名詞を繋いでいます。 机の上、僕の楽しみ、などと同じです。 「の」の前の語が後の語の説明となっていますが、日本語文法としては連体修飾格を作る格助詞とされます。 説明にあたる名詞と説明される名詞を仲立ちするわけです。 「も」は係助詞に分類することもありますが、単に「強調」を表現するときは副助詞でよいと思います。 kokugobunpou.

次の

五月雨(式)の意味とはッ?適切なメールの使い方を一瞬で習得せよ!

五月雨式に失礼いたします

学生から社会人になると、色々なビジネス用語が会話の中や文章で出てくると思います。 最初は意味がわからないかもしれませんが、社会人ではこういったことにも対応をしていかなければいけませんよね。 学生時代では、ビジネス用語を使ったりする機会はありませんが、仕事をするようになれば意味と使い方というものを正しく理解していかなければいけないことになります。 その理由となるものですが、社会人としての自覚があります。 一般的に使う言葉というものは仕事をする上では覚えておかなければいけません。 それは自分の信用にも関わってきますし、会社の信頼にも多きく影響が出てしまいます。 例えばですが、自分がビジネス用語を知らなかったことで顧客からの信頼を大きく失ってしまうことが出てきます。 こうした場合には自分だけではなく、会社間の問題にもなりかねませんし取引自体などにも関係してくるのです。 ビジネス用語というものは特殊なものでもありますが、自分の仕事先の業界用語なども出てきますよね? このような言葉が大切にされる理由は使いやすいということが一つと、相手に対しての配慮なども出てくることになります。 面倒な言い回しなども出てきますし意味の分かりづらいものもかなり多くなってきますが、こういった言葉を扱っていけるようになれば自分の仕事へも良い影響が出てきて、社会的な信用というものにも繋がっていくのです。 最初はわからなくて当たり前ですが、仕事を覚える時にはよく使われるビジネス用語に対しても意識を向けていくことが大切なのです。 そこで今回お届けするお話しですが「」というビジネス用語があります。 なんとなく聞いたことがある人もいるとは思いますが正しい使い方や意味についてはどうでしょうか? 突然質問をされた場合でもきちんとした回答が言えるでしょうか? 五月雨式という言葉も色々なシーンで使うことがありますし、自分でもこのような言葉については正しい理解をしていくことが大切になります。 ビジネス用語は分かりづらい言葉もかなり出てきますので、五月雨式と言葉について自分の知識的なものに不安がある方は、これを機会に正しい意味、そして使い方というものを覚えていくようにして下さい。 それでは最初に五月雨式のことについて説明していくことにします。 五月雨式ってなに? 皆さんも五月雨という言葉は聞いたことがあると思いますが、梅雨などに時期になると雨の日が続いてきますよね? 早く梅雨が明けてほしいなどといった気持ちにもなりますが、五月雨の場合もこの雨が降る様子を現わしている事がわかります。 また、もう一つの意味としては「断続的に物事が継続する」こういった様子を表すことにもなり、式という言葉をつけることによって人が行う行動を表現することになるのです。 なんとなくはイメージが出来る方も出てくると思いますが、まだ理解が出来ないという人もいますよね? ビジネス用語を覚えていく時にはその言葉がどういった事を指しているのかという事を正しく理解していかなければいけません。 意味なども見ていきながら確認していくようにしましょう。 ビジネス用語の1つ この五月雨式という言葉ですが社外メールなどを任されるようになると使う頻度も上がっていくビジネス用語となっています。 仕事をするようになると取引先などへの連絡方法もメールなどを使う頻度が高くなり、顧客とのやりとりの中では五月雨式のような言葉を用いながらのコミュニケーションが必要となってきます。 こうした際には相手に失礼のない言葉を選ぶことが大事ですし、正しい使いをしていかなければいけません。 間違った意味で覚えてしまったり使い方を誤ってしまえば意味の通じない失礼なものへとなる場合もありますので注意するようにして下さい。 こうした言葉を自分が意識的に覚えていくことによって、相手からの信頼というものを得られることへとなっていきますので自分の仕事以外にもビジネス用語については常に意識を高く持つようにして学習の努力というものは続けていくようにしましょう。 読み方は「さみだれしき」 まずはビジネス用語でも通常の言葉でも読めるようにしておかなければいけませんよね。 五月雨式の読み方は「さみだれしき」となりそれほど難しい読みではありませんのでしっかりと覚えていくようにしましょう。 この読み方にも気をつけていかないと自分が恥をかくことになったりと色々な問題が出てくる場合がありますのでご注意下さい。 ビジネス用語の場合ですが使い方などに加えて読みが難しいといったものを出てきます。 こうしたものは最初はわからなくても当たり前でもありますので入社した初期の段階ではそれほど気にすることもありませんが、自分の仕事も覚えてくるような時期には、読みなどに対しても意識を上げていくことが望ましいと言えます。 この時期になれば顧客とのやり取りなども考えられますし、自分だけで行動しなければいけない時も出てくるでしょう。 こういった時には誰からのフォローなどは受けられないといった状況になり、顧客はあなた自身に対して信頼に値するかどうかを見極めてくることもあるのです。 そういった理由も出てきてしまうので読みなどについてもしっかりと覚えていくようにしましょうね。 それでは次ですが、意味についてのお話しとなります。 五月雨式という言葉を理解していく上ではとても重要な部分にもなってきますのでご注意下さい。 五月雨式の意味 先ほどは簡単に五月雨式についてお話しをしましたが、少しわかりづらいと感じた方もいるかもしれません。 ここでは五月雨式という言葉についての理解を深めていくことでどういったビジネスシーンで利用していくかを考えてみることにします。 まずはこの意味ですがわかりやすい言葉で考えていくとこういった事になります。 「同じようが事がダラダラと続くこと」 このように考えるとだいぶ理解しやすくなってきますよね? 言葉を理解する時にはなるべくやさしい表現をしていく事が大事となり、ビジネス用語を覚える場合でも同じことが言えます。 言葉をネットなどで調べていくと意味を知ることは出来ますが、わかりづらい表現で書かれている事も多くなってきます。 その場合、その意味自体を覚えてみても正しい知識とはなってきません。 自分が実際に使っていく時にも何かしらの不安を抱えながら使用することになりますので心配でもあるはずです。 こういった覚え方を続けていけば、いつかは違った意味で捉えてしまうことにもなりかねませんのでご注意下さい。 その場合には相手に対して失礼にあたることも考えられますので、言葉の意味を覚える時にはなるべくやさしい表現に直していくようにして下さい。 一度自分でこの作業をやってしまえば、言葉の意味も使い方もかなり理解が出来るはずですし、正しい知識にもなってきますので実行していくようにして下さいね。 まず「五月雨」とは 先ほどの復習にもなってきますが、五月雨から優しい表現へと直しながら考えていくことにしましょう。 五月雨は主に雨が降り続くような状態を表していることがわかります。 雨が続けば憂鬱な気分にもなりますし、気持ちもいまいちパッとしませんよね? 五月雨式という言葉を使う場合でも、気持ちがパッとしないという状態になることを連想していくと上手な使い方が出来るようになりますのでポイントとして覚えておくようにしましょう。 梅雨時の雨のこと 梅雨は雨の季節でもありますのでジメジメとした日が続いてきます。 洗濯も乾きが悪いですし外に干すこともできません。 ここでも気持ちがパッとはしませんよね? 心の中では早く梅雨が明けてほしいなどといった事も考えるはずですし、五月雨式という言葉もこういった気持ちが関係してくると理解をするようにして下さい。 誰でも雨がダラダラと続けば気持ち的にもあまり良いとは言えません。 こういった感情を表す言葉となってきますので、この言葉を使う場合にも何かの状態が続くということを意識するようにしましょう。 それでは肝心の五月雨式で意味を考えていくことにしましょう。 五月雨式の意味 五月雨式ですが、これは先ほどのダラダラと雨が続くようなことを人が行う行動として表す言葉となってきます。 これには色々な意味合いで使われることになり、意味的なものも違ってくるのですが、以下に挙げるような状態であるときが五月雨式という事になりますので覚えるようにして下さい。 断続的に物事が続く状態 五月雨では雨が続くという状態になりますので、これに人の行動というものが加わってくると断続的に物事が続く状態ということになります。 何かをする場合でも断続的になってしまうことが出てきます。 例えば上司への報告書などで考えていくとわかりやすくなりますが、普通であれば報告書というものは一度で終わらすことになりますよね? それが五月雨式となると何度も報告書を小出しに出すという状態となります。 仕事などの状況によってはこういった事も出てきてしまいますのでどういった場合が五月雨式となっているかを正しく理解していくようにして下さい。 この場合で使い方などを考えていくと、このように断続的に報告書を出していった場合には上司もイライラとした気持ちとなり叱られるという事もでてきますよね? そのような状況になりそうな時には報告書を出す前にこういった言葉を言っておくと叱られることもなくなりそうです。 「仕事の都合上、報告書が五月雨式となってしまいますがご理解下さい。 」これは事前に言っておくことで上司を嫌な気分にさせない為のテクニックにもなってきます。 仕事をしているとこういった場面という時は出てくるはずですし、こういった言葉は上司に限らず取引先などへも使うことが出来ますよね? 何かしら相手がパッとしない気持ちにさせないように事前の対策として五月雨式を使うことが出来ますので、会話のテクニックとして覚えておくようにして下さい。 1度でまとまっていない 同じ様に考えていくと一度でまとまっていないなどの意味を考えることが出来ます。 五月雨式という言葉を使う場合にはこのような状況であると相手に理解してもらうことが必要ですので、自分もしっかりと意味を覚えていくようにしましょう。 この一度でまとまらないという事も仕事をしていけば状況として考えられるものとなりますよね? 欲しい情報などがあとから入ってきた場合や急なアクシデントなどが起きた場合には、報告なども変わってくる時があります。 このような時も五月雨式という言葉は利用することが出来ますので覚えておくようにしましょう。 五月雨式の意味をまとめると それではここで五月雨式と言葉についてまとめてみることにします。 まずは雨が続くような状態になってしまう行動をすることだという事を理解して下さい。 何かをする際に一度で終わらず断続的に続いてしまうような状態ですよね。 こういった事は自分の仕事内容や状況などによって発生してくる事ですので、1回で終わらない場合などには五月雨式の状態であると思うようにして下さい。 五月雨式という言葉を初めて聞く場合には、使う時がないのではないか?などと考える人も出てくるとは思いますが、案外とこういった状況になることは多く、自分でも正しい使い方を理解しておくと色々な場面で役に立ってきますので使用してみることも大事となってきます。 このビジネス用語ですが使い慣れてしまえば言葉選びの幅が広がり相手とのやり取りというものもスムーズになってきます。 難しい言い周りなどをするよりも効果的な時もありますし、相手にも気分の感情などがわかりやすく伝わることにもなりますので、自分でもビジネス用語などはチェックしていくことが大切になります。 それでは次に五月雨式の使い方を挙げていくことにします。 五月雨式の使い方 意味的なものはわかったけど実際に使う場面なども知りたい人は多いですよね? どういった場面で使うのかを理解していけば自分が同じような状態になった時にも五月雨式を使うことが出来ますし相手にもそれほど不快な思いをさせなくてすむかもしれません。 ビジネス用語は使い方を間違ってしまうと、相手側の気分を損ねてしまうことにもなりますので注意が必要となります。 五月雨式などの言葉を使用する際にも本当にこの場面で使ってもよいのかと考えてみることが大切です。 自分が覚えた言葉だからといって適当に扱ってしまえば知識不足として見られていまいますし、相手からの信用などを失うきっかけにもなります。 もしも、自分で使うことが不安な場合などには使用することを控えたほうがよいですしきちんとした使い方というものを覚えていかなけれないけなくなります。 一つの言葉に対しての不安などをその時になくしていくことで自分の成長にも繋がっていきますので、後回しにしていかないようにしましょう。 五月雨式ですみません 先ほどの報告書のように一度で出せない場合などにはこのような言葉を使っていくと良いことがわかります。 言われた相手もきちんと状況などが把握できる言葉をつけてあげると尚わかりやすくなってきますし、自分の気持ち的なものも理解してくれることとなってきます。 手間をかけさせていることを謝罪している この気持ち的なことは相手に対しての謝罪ですよね。 何度も手間をかけさせてしまう事に対しての申し訳なさという気持ちを伝える時に五月雨式という言葉は利用することが出来ます。 これを普通の言葉で言ってしまうと気持ち的にも感情がこもらなくなる時があり、相手にも伝わりにくいことが発生してきますので上手に活用していくようにして下さい。 ビジネス用語を覚えていくと自然と使って良い場面などがわかるようになりますので、その都度確認をしていくことも大事な行動になります。 この事について甘く考えていくと自分の首を絞めるような結果にもなりますのでご注意下さい。 五月雨式に納品をする こういった納品のパターンも仕事をしていく上では考えなければいけないこととなりますよね。 何かしらの作業が終了しないと納品が出来ない場合などには五月雨式に納めていくことになります。 こういった時にも相手には了承は必要となりますし、打ち合わせの段階などで相手に伝える必要が出てきます。 また、思いがけないアクシデントなどの場合も考えられますよね?何かしらの事故が起きた場合、必要な部品などが届かないことなども予想できます。 このような時にも納品は五月雨式となり、相手に対して何かしらの謝罪と説明をしていくことになります。 完成部分から納品を行う 何かしらのアクシデントが起これば納品も完成したものからでなければ出来ない状況となってきます。 相手側にもきちんと伝えることが大切になりますし、全ての納品を早急に出来るように手配もしなければいけませんよね。 こういった事は天災など色々なことが考えられますので、そのような事態となった時にはきちんと取引先へ伝えるようにして連絡をこまめにしていくことが大切です。 五月雨式でメールを送る メールなどでも状況説明などが必要になる時が出てきます。 その場合には五月雨式にメールでの報告をしなければいけない時もあり、こういった状況でも五月雨式という言葉を利用できることがわかります。 例えば上司への報告ということで考えていくと、商品開発などを行っている時には上司の確認や承認といった事が必要となってきます。 その場合の連絡方法や報告手段としてメールを使用していた場合には五月雨式でメールを送るということになります。 こういった場合には報告をする上司に対してメールが多くなる理由などを伝えておかなければいけませんよね? 仕事とはいえ何度もメールを送るという事は通常であれば失礼なことにもなってしまいますので、きちんと状況などを説明しておくことが大切です。 なんども続けてメールを送信する 私生活などでもありそうですが、メールを続けて送るという行動は自分がされても良い気分ではありません。 こういった時には何かしらの理由というものがあるはずですし、相手に対しての説明というものは絶対に必要となってきます。 この事を最初に伝えているかだけで相手の心情的なものも変わってきますし取引先の相手などであれば、かなりの失礼な行動となってしまいます。 なんども続けてメールをする必要が出てきたのであれば「五月雨式にメールを送ることになりますが、ご了承ください。 」などの言葉で相手に確認をした上で送ることが大切になります。 ビジネス用語を上手に使う人は状況説明も必ずしています。 なぜこのような状態になるのかを相手に伝えていくことでメールなどでも必要性を理解してもらう事が出来ますし情報も共有できますよね? それが自分の判断だけでやってしまうと相手からの信頼などを失うことにもなりかねません。 状況的なものがわからなければ対応のしようがないですし、メールの必要性ということも理解できませんよね。 五月雨式のように一度では終わらず何度も何かをしなければいけない状態の時には必ず相手方にも確認をしていくようにして下さい。 五月雨式でお願い致します 相手方に何かしらの対応をお願いする時などはこういった表現を使う場合があります。 何度も対応をすることが必要な場合などには、このような言葉をかけておくことも大切です。 また、部下などへ注意事項などでも出てきそうですよね。 随時対応が必要となるケースが仕事をする上では常に考えていなければいけませんし、取り扱う商品などによっては五月雨式の対応というものは必要となってきます。 ビジネス用語はわかりにくい表現も使いますがこういった場面で五月雨式を用いることは相手もイメージがしやすくなり良い言葉選びになってきます。 普通の言葉で言ったのでは想像が難しいという事であっても五月雨式では次々とやらなければいけないという事にもなりますので相手にも理解しやすいですよね。 このような事になる状況などが発生した場合には、相手にも早急に知らせる必要性がありますので対応が遅れないような的確なタイミングで話していくようにして下さい。 随時対応をお願いしている この場合の意味的なものは随時対応をお願いすることになります。 他の言い方ではしっくりとこなかったり頻繁に対応をすることが必要な場合などには五月雨式という言葉で表現した方が相手もわかりやすくてよいと言えます。 五月雨式に掃除をする 掃除をする場合などは一気にやってしまう時もあれば順序よく行う場合も出てきますよね。 そういった時には掃除を断続的にやっていかなければいけないので五月雨式という言葉を用いることも出来ます。 一つの場所が終わっても次々と掃除をする場所がある場合などには、わかりやすい表現にもなってきますので、五月雨式に掃除をするなどの表現は覚えておいたほうが良いと言えます。 少しづつ片付けを行っていく 会社などでも引っ越しなどをした場合には少しづつ片付けをしたりする場合が出てきます。 このような時に五月雨式という言葉を使うと大変にわかりやすいですので使い方として覚えておくようにして下さい。 五月雨式戦術 この言葉は少しわかりづらいかもしれませんが戦術というものは「ある目標を達成する為の策」ということ意味から、次々に方策を出していくということを表しています。 仕事などでもどういった状況になるのかが不明であったり、不安なことがある時には出せるアイデアを試していくという事も出てきます。 そのような時には方策を五月雨式に行っていくことも必要となってくるわけです。 普段はあまり使われない表現となってきますが、覚えておけば便利な言葉となってきますので使う機会があれば使用してみて下さい。 五月雨式を活用した手法 何かを達成するときには色々な手法を行っていくことも考えられます。 その為に必要なのは次々と行うことであり間が開いてしまっては意味のないものとなってきます。 この場合は考えつく手法を全部行うことにもなりますし、満足できる結果となるまで続けることも大切ですので、意味を間違わないようにして使うようにしましょう。 五月雨式を覚えておこう! 五月雨式という言葉を初めて聞く人もいれば、すでに仕事などで使っている方も出てきます。 ビジネス用語は覚えた時から使い方などを考えて実際に使ってみることが大切になりますので不安にならずに試してみることも必要です。 こういったビジネス用語は社会人となってから知る言葉が多くなりますが、最初のうちはわからなくて当然です。 自分の仕事を覚えるだけでも大変な努力が必要となりますので、入社したての頃にはそれほど意識をしなくても良いと言えます。 但し、ある程度の仕事を覚えてきた上で何かしらの役目を与えられてきた時期などには考え直すことが大切になります。 今回ご紹介した五月雨式という言葉にしても使えるシーンが沢山ありますよね? 謝罪をする場合でもイメージが湧いてくる言葉にもなりますので相手側にも自分の気持ちを上手に伝えることが出来ます。 また、五月雨式戦術のようなやる気を出させる言葉も覚えておくと役に立つ場合があります。 現場の士気をあげたい場合などにはこういった言葉を使っていくことも必要ですし、色々な意味でビジネス用語は役に立ってくれますので覚えていくようにして下さい。 良い意味でも悪い意味でも使われるので注意 五月雨式という言葉ですが、色々な意味を持っていることがわかると思います。 良い意味で使われることもあれば悪い意味でも使用します。 自分がこれまで五月雨式という言葉を使ったことがない場合には、使うタイミングなどを考えていくことも大切ですのでご注意下さい。 まとめ 今回は五月雨式という言葉について意味や使い方ということをお伝えしてきましたが、確認することはできたでしょうか? ビジネス用語はこの他にも沢山あり、その都度的確な言葉を選んでいくことが必要になってきます。 その理由としては社会人としての自覚などが挙げられることになってきます。 ビジネス用語を覚えることについてですが、社会へ出てみて初めて聞いたという方もいるはずですよね? 学生時代にはこのような言葉は日常で使うことがほとんどありませんので、就職をしてから何かしらの形でビジネス用語に触れたという方がたくさん出てきます。 ここまではほぼ同じスタートラインと言えるのですが、それが半年も経ってくると色々な変化が出てきてしまいます。 同じ仕事をやりながらでも出世コースへいく人といかない人とに分かれることになりますが、こういったビジネス用語を大切にしている人は社会での信頼という事にも関係してきますので人から任される仕事も増えていくことになるのです。 例えばメールなどにしても相手に失礼のない文章を考えるのには色々な言葉を知っていなければいけませんよね? そうした場合でもビジネス用語について何かしらの知識があれば自分にとっても有利になることが多くあるのです。 たかが言葉という感覚で時間を過ごしていれば確実に周りとの差が広がることにもなりますし、自分の成長というものも望めません。 使い慣れない言葉などが出てきた時には調べることと使い方をマスターすることが自分の将来へも大切になってくるのです。 今回は五月雨式という言葉をお伝えしてきましたが、何かしらの興味を持ってしまえば覚えることに対しても抵抗はないのではありませんか? ビジネス用語を真剣に向き合ってしまえば飽きも出てきてしまいますが、言葉を覚える楽しさを忘れないようにすれば自分にとってはかなりの出世へのきっかけにもなってくれるものとなります。 社会へ出てみて感じる色々な事は自分がこれから努力をしていかねばならない事も多くなり、ビジネス用語というものもその中の一つとなってきます。 メール文書も言葉を知らなければ相手に不快な気持ちにさせる可能性が高くなりますし、それによって会社に損害が出てしまうかもしれません。 自分が言葉に対する興味がなかった為に起ってしまうアクシデントはこれからはかなりの確率であるものだと考えるべきですし、それが現実ともなってきます。 今までは言葉というものに対して調べたりすることがなかった人でもこれからの人生では少し視点を変えて臨んでみてはいかがでしょう? 言葉の楽しさを知ることは自分の信頼というものへも繋がることになり、結果として将来への出世にも関わることになります。 こうした言葉を覚えていくような習慣をつけることは嬉しい未来の扉を開くことにもなるのです。

次の