ボーイング株価見通し。 ボーイング(BA)の銘柄分析(株価・配当など)

【BA】世界最大の航空機メーカーであるボーイング(BOEING)!今後の株価の見通しについて検証します。

ボーイング株価見通し

今週の株式市場 5月に入り、日米の株式市場は小康状態が続いています。 過去1か月間の日経平均株価とNYダウの動きを見ても、ほとんど動いていないことが分かります。 そのため、私のポートフォリオにおいて、今週は売り買いともにありませんでした。 【日経平均株価とNYダウの1か月間の動き】 ボーイング4月受注ゼロの衝撃 市場全体が小康状態の中、ボーイングが5月12日に4月の新規受注がゼロであったという事実を公表しました。 小型機「737MAX」の生産を停止した2020年1月以来ということなので、もしかしたら真新しいことではないのかもしれませんが、5月13日の日経新聞夕刊の小見出しで出ていたので、思わずびっくりしてしまいました。 その新聞記事では、 「 コロナで需要消失」 という見出しとともに 米航空機大手ボーイングは12日、4月の商用機の新規受注がゼロだったと発表した。 新型コロナウイルスの影響で旅客機の需要が消失した。 航空会社の業績悪化に伴い、注文済みの機体のキャンセルも200機を超えた。 受注ゼロは小型機「737MAX」の生産を停止した今年1月以来、3カ月ぶり。 月間の引き渡し機数は6機と3月実績の20機からさらに落ち込んだ。 経営が悪化した航空会社からキャンセルや機体の受領延期が相次いでおり、運航停止中の737MAXのキャンセル数は200機以上にのぼった。 同機は昨年3月の運航停止から1年以上が経過し、納期の遅れを理由に航空会社が売買契約を撤回しているもようだ。 運航再開は早くても7~9月期にずれ込むとみられ、5月以降もキャンセルが膨らむ見通しだ。 新規受注をキャンセルが上回る状況が続いており、2019年12月末に5400機を超えていた商用機の受注残は4月末に4834機と1割以上減少した。 ボーイングは4月末に全従業員の1割削減と主力機の3~5割の減産を決定したが、需要低迷が長引けばさらに踏み込んだリストラ策を迫られそうだ。 と報じられており、新規受注のみならず、受注したもののキャンセルも相次いでおり、受注残高の更なる減少も見込まれているとしています。 一財 日本航空機開発協会の「主要民間輸送機の受注・納入状況(2020年3月末)」によるとボーイングの受注残高(3月末時点)は 5,428機、3月の新規受注は 31機となっています。 日経新聞によると、4月の新規受注は ゼロ、受注残高は 4,834機ということなので、4月1ヶ月間で600機ほどキャンセルとなった計算になります。 新規受注と受注残高については、 一財 日本航空機開発協会にて毎月開示されていますので、これからはボーイングウォッチャーとして、定期的にモニタリングしていきたいと思います。 株価の動き これを受けて、多少株価の動きはありましたが、2月以降の動きを考えるとほとんど動いていない状況ともいえるかもしれません。 【BA ボーイング 過去1か月間の動き】 ボーイングの取得状況 憧れの的でした ボーイング株は憧れの的でした。 世界産業の中心である自動車産業は強者揃いで群雄割拠、さらに「100年に1度の大変革期」迎えると言われており、CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)の実現に向けて、従来の自動車向けの製造業のみならず、Googleなどのこれまで自動車とは関係なかった企業まで参入してきています。 一方で航空機製造に関しては、ボーイングとエアバスの2強状態。 中小型機については、もう少し競合がいるものの、それでも自動車産業とは比になりません。 絶対的な需要が少ないことも事実ですが、寡占状態というのは安心感を生み出します。 【BA ボーイング 過去5年間の動き】 私の取得状況 2018年1月から米国株式投資をスタート。 その頃の株価は過去1年から大きく上昇、300ドル~400ドルで推移、配当利回りも2%程度。 絶対的な配当実額を早く積み上げたい私は、高利回り銘柄への投資を優先し、ボーイングへの投資は控えていました。 3月に入って株価は下落トレンド入りし、そのあたりから再注目。 300ドルを割れたあたりから取得準備を開始し、待ちきれない私は280ドルを割った3/6に打診買いしました。 その後、3月6日から3月中旬の下落局面で5回に分けて取得、株価100ドルにて取得した際は、本当に清水の舞台から飛び降りる気持ちで指値したことを覚えています。 (約定日、取得株価、株数、取得金額) 3/6:276.7ドル、4株、1,106.77ドル 3/10:240.2ドル、3株、720.54ドル 3/12:209.4ドル、4株、837.76ドル 3/13:163.7ドル、8株、1,309.71ドル 3/19:100.5ドル、5株、502.47ドル いつも通り、取得開始が早かったですね。 その後は結果として、何となく株価が40ドル下がるたびに取得しているように見えますが、あまり考えずに下がったら買うという行動をとってきました。 現時点での時価総額は、取得総額の2/3程度に止まっている状況にあります。 今後の方針 高配当銘柄ではなくなりました 株価が下がったことから、高配当ポートフォリオの一つとして取得しましたが、今や無配銘柄です。 4/20に株式配当と自社株買い停止を発表、加えて会長とCEOの報酬も年内いっぱいは停止し、当面の会社資金繰りを優先する方針にあります。 キャピタルゲインを狙うしかない! 取得総額約4,500ドルに対して、時価総額は約2,900ドル。 平均取得単価は187ドル。 配当がなくなったいま、キャピタルゲインを狙うしかありません。 2~3年後の300ドル復活を待ち、その段階で取得単価の2倍の水準となるように地道に買いを続けていきたいと思います。

次の

新型コロナ:ボーイング、「787」の生産半減 日本勢も打撃 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ボーイング株価見通し

米ボーイングは21日、737MAX機の運航再開に向けた連邦航空局(FAA)による再認証を年央まで取得できない可能性があるとの見通しを発表した。 飛行制御システムを巡る審査などが理由という。 運航再開がさらに遅れる見通しとなったことから、ボーイングの株価は一時5.7%急落。 終値は3.3%安となった。 ボーイングは、新たな予想時期を航空会社やサプライヤーなどに通知したことを明らかにした上で「安全な737MAXの運航再開がわれわれの最優先課題であり、運航は再開すると確信している」とした。 さらに、来週発表する四半期決算に合わせ、追加情報を明らかにする方針を示した。 FAAも声明で、737MAXの「修正点全てが最高の認証基準を満たしているかを確認する徹底的で慎重な作業を行っている」とし、「認証作業が完了する明確な日程は、設定しない」とした。 ロイターは前週、規制当局が運航再開の承認を後ずれさせていると報じていた。 最近まで2月あるいは3月に承認が下りるとみられていた。 アメリカン航空グループ 、ユナイテッド航空 、サウスウエススト航空 は第1・四半期に承認が出るとの前提で、6月初旬の運航スケジュールに737MAXを組み入れていた。 これをさらに後ずれさせる必要が生じるとみられる。 3社はFAAによる認証完了後も、機体の準備や操縦士の訓練に時間がかかるため、運航再開までに30日以上かかる可能性があるとの見通しを示してきた。 *内容を追加しました。

次の

ボーイング株、今こそ定額購入を始める時か?

ボーイング株価見通し

もう少し状況を見守るのが賢明か。 ただし、これほどの規模の航空会社は世界にボーイングとエアバスのみ。 航空会社も簡単にメーカーを変えることができないので、737MAXの一件が落ち着けば復活するでしょう。 PERは一時60倍台まで上昇。 各証券会社の目標株価も350ドルから400ドルほどと出しているところが多くなっています。 737MAXの動向を見守りましょう。 Contents• 米国が誇る世界の翼『ボーイング』とは? ボーイングは、言わずと知れた世界最大の航空機メーカーです。 1997年にマクドネル・タグラスを買収し、アメリカで唯一の航空機メーカーとなっています。 ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分しています。 航空機のみならず、軍用機やミサイル、宇宙船などの開発や製造も担っています。 民間航空機事業では、ボーイング787、777、767、747が主力となっています。 また、防衛・宇宙・セキュリティ事業では、戦闘機や輸送機、垂直離着陸機やミサイル、無人機、衛生、宇宙探査機などの国の防衛に関わる重要な製品の研究開発・製造を行っています。 期待の新型機種 737MAX が相次ぐ墜落事故で運行停止に! 世界的な航空機需要の増加で業績が好調だったボーイング。 しかし昨年10月にライオン航空機、今年3月にエチオピア航空機と、墜落事故が相次ぎました。 どちらも期待の最新機種であるボーイング737MAXでの事故だったため、同機は運航停止となっています。 現在安全対策に向けた調査中ですが、再運航には2020年1月までかかるとの報道もあります。 このボーイング737は、1960年代に導入されたモデルで、航空機業界で最も使用されている機種です。 そのため、ボーイングの利益をけん引してきた重要な機種でした。 中でも今回運航停止になっている737MAXは最新型のモデルです。 約5,000機の発注があり、売上にして約6,000億ドルもの規模になります。 同機の預り金により、昨年の決算では初めて売上が1,000億ドルを上回りました。 今後考えられるリスクとして、MAX型の発注の鈍化や、追加調査、システム修正などによるコスト増、生産中止などが挙げられます。 また、米中の貿易合意の一環として中国側が輸入する製品にMAX型が含まれていましたが、それも除外を検討されています。 それでも株価の下落は限定的 それでも、事故についての一連の動きに対する株価の変動は限定的です。 航空機は、航空会社との長期に渡る契約に基づき発注されており、簡単に航空機メーカーを変更することができません。 また、航空機メーカーはボーイングとエアバスの2社に限られています。 長期的には業績への影響は限定的であると判断されたのだと考えるのが自然でしょう。 ボーイングの業績推移 先述の通り、航空機は航空会社との長期契約に基づいて発注されているため、比較的業績は安定しているのが特徴です。 また、アジアや中東などの新興国を中心に巨大な空港の建設などが相次ぎ、世界的にも航空機需要が旺盛なことから、ボーイングの業績も順調に推移していました。 しかし、737MAXの墜落事故を受け、出荷停止や、運航停止に伴う航空会社への補償費用などでコストが増え、 2019年期は大幅な減収減益を見込んでいます。 以下は2014年12月期以降の業績となります。 百万ドル Dec-14 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 売上高 90,762 96,114 93,496 94,005 101,127 85,266. 88 営業利益 7,473 7,443 6,527 10,344 11,987 4,209. 00 税引前当期利益 7,137 7,155 5,783 10,107 11,604 — 当期利益 5,446 5,176 5,034 8,458 10,460 3,282. 23 約100年の長い歴史の中でも業績がアナリスト予想を下回ったことがほとんどない超優良企業が大きな岐路に立たされている状況です。 737MAXは事故前までボーイングの商用機の受注の7割を占めていて、売上高の3割、営業利益の5割近くを稼ぐ主力機でした。 この出荷停止に伴い、4~6月の引き渡しは90機と前年同期(194機)の半分以下に落ち込んでいます。 航空会社への損失補償も4~6月期だけで49億ドルにも上っています。 ただしこれは、2019年10月~12月に737MAXが運航再開されると仮定して算出しているので、運航停止期間が長引けばさらにコストがかさむ可能性があります。 現在、米連邦航空局(FAA)による安全審査が行われていますが、時間がかかっております。 年内の運行再開は難しいのではという声もあります。 そのため、ボーイングとしても、業績見通しが出せていない状態です。 業績下落で割高な株価指標 それでは、こうした状況を踏まえ、株価指標はどうなっているのでしょうか。 まず、PERは20倍近辺で安定していたのですが、直近では60倍に跳ね上がっています。 PERは株価収益率のことで、業績に対して株価が割安かどうかを見る指標です。 PERが低いほど業績に対して株価が割安に評価されていると判断します。 ボーイングの株価が上がっていないのに、PERが大きく上昇しているのは、予想EPSが大きく下がっているからです。 Dec-14 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 EPS 7. 48 7. 53 7. 92 11. 92 18. 05 5. 74 ボーイングは30年間減配がなく、連続増配も8年の優良企業です。 配当利回りも2. 5%ほどと、日本企業に比べると魅力的な水準です。 しかし、ボーイングは今回の事故による一連の業績不振から今まで積極的に行っていた自社株買いを停止しています。 配当についてもMAX型の動向についての見通しがある程度示されるまでは更なる増配などはあまり期待できないかもしれませんね。 Dec-14 Dec-15 Dec-16 Dec-17 Dec-18 Dec-19 配当(ドル) 3. 1 3. 82 4. 36 5. 68 6. 84 7. 97 配当利回り 2. 現在、ボーイングは、収益の柱であった737MAXの墜落事故と使用停止処分により重大な局面にあります。 たしかに、今回の事故による業績の影響は大きく、航空会社への補償費用や減産の影響からボーイングは3年ぶりの赤字に転落しています。 しかし、世界の航空機はボーイングとエアバスが市場を二分しています。 受発注は航空会社との長期契約に基づき行われるため、航空会社としても、そう簡単に契約を取り消すことはできません。 ボーイングは元々安定経営の優良企業であり、米国政府の後ろ盾も手厚いです。 長期的に考えると、今回の事故による業績や株価への影響は一時的であり、押し目買いのチャンスであると考えられます。 ただし、現在737MAXについてはFAAの調査が長引いている影響から、運航再開のめどが立っていない状況です。 補償費用など追加コストの増加も懸念されています。 また、運航再開のめどが立たないことを理由に、サウジアラビアのフライアディールが737MAXの購入をキャンセルし、エアバスのA320neoを購入する契約をしたとも報じられています。 運航再開が決定するまではこうした新たな悪材料が発生する可能性もあるため、ボーイング株の買いにはまだ注意が必要と言えそうです。 もう少し状況を見守るのが賢明か。 ただし、これほどの規模の航空会社は世界にボーイングとエアバスのみ。 航空会社も簡単にメーカーを変えることができないので、737MAXの一件が落ち着けば復活するでしょう。 PERは一時60倍台まで上昇。 各証券会社の目標株価も350ドルから400ドルほどと出しているところが多くなっています。 737MAXの動向を見守りましょう。 以上、【BA】世界最大の航空機メーカーであるボーイング BOEING !今後の株価の見通しについて検証します。 …でした。

次の