生チョコレート レシピ。 生チョコレートクリーム(シャンティ・ショコラ)のレシピ3選

生チョコ人気レシピ1位は?【殿堂&簡単】15選!クックパッドのつくれぽ1000

生チョコレート レシピ

チョコレートは先にある程度レンジで溶かしておいてもいいよ。 生クリーム・転化糖を鍋に入れ沸かす。 (転化糖が鍋底で焦げてしまわないように混ぜてから火にかけること) 2. 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 液体の量が多いので混ぜにくいが、あわてずゆっくり混ぜていく。 少しとろみがついてきたら( 乳化出来ていたら)密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 (転化糖が鍋底で焦げてしまわないように混ぜてから火にかけること) 2. 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 ミルクな 生チョコレートクリーム(シャンティ・ショコラ) 生クリーム35% 500 90 1. 生クリームを鍋に入れ沸かす。 沸かした生クリームをチョコレートに加え、少し置いておく。 ゴムベラを 真ん中から外側に少しずつ動かしながら回していく。 液体の量が多いので混ぜにくいが、あわてずゆっくり混ぜていく。 少しとろみがついてきたら ( 乳化出来ていたら) 密着ラップをして冷蔵庫で一晩冷やす。 一晩寝かせたもの( 12時間以上)をホイッパーで立てる。 1回シャバシャバになってから立ってくる。 チョコレートの乳化には欠かせないハンドブレンダー 手で混ぜていくのはしんどいし、本当に乳化しているのか不安になりますよね。 ハンドブレンダーがあれば、早くムラなく乳化できます。 ガナッシュ作りの時は本当に大活躍!.

次の

砂糖も油も使わない生チョコレートレシピご紹介

生チョコレート レシピ

ガナッシュクリーム(生チョコ)の基本のレシピ配合比率とは ガナッシュクリームの基本のレシピ配合比率はコレだ! ダークチョコレート:生クリーム=2:1 ミルクチョコレート:生クリーム=3:1 ホワイトチョコレート:生クリーム=5:1 です。 ちなみに生クリームは脂肪分35%、ダークチョコはカカオ分60〜70%、ミルクチョコは30〜35%、ホワイトチョコは20〜30%の場合です。 ガナッシュクリームの基本的な作り方・レシピ ガナッシュクリームのレシピの基本比率がわかったところで、基本的な作り方をご説明します。 生クリームを鍋に入れて沸騰させる。 溶かしたチョコレートに2,3回に分けて加えて、ツヤが出るまでよく混ぜる。 以上です。 めちゃ簡単です。 生クリーム以外にフレーバーとか水分を足す場合は生クリームと一緒に沸かせばOKです。 チョコレートの種類によってガナッシュのレシピ比率が違う理由 チョコには主に3種ありますね。 ダーク(スイート)チョコレート• ミルクチョコレート• ホワイトチョコレート この3種です。 それぞれのチョコレートによって使われている材料の比率が違うので、チョコレートと生クリームの比率が変わってきます。 生クリームとチョコレートに含まれる油脂分がきちんと 乳化する最低限の量を示しています。 ちなみに、最近話題のルビーチョコは分類としてはミルクチョコに分類されます。 ガナッシュクリームは乳化がいのち。 前述の比率というのはチョコレートの油脂分と、生クリームがしっかり乳化してつながる比率になります。 カカオ分が高ければ高いほど、生クリームの量が増えて、カカオ分が少ないほど、生クリームの量は減る、と覚えておいてもらえればいいと思います。 ですので、高カカオ分のチョコになる場合は3:2とか1:1とかの比率になったりする場合もありますね。 あとは、求めるガナッシュの仕上がりの固さに応じて、比率を加減します。 アレンジを加えつつも、基本の比率でしっかりと乳化するラインを守ってレシピを組むことでお菓子も安定します。 もしガナッシュクリームが乳化しなかったら・・・ カカオ分、チョコレート中の油脂分に対して水分が足りない、生クリームの量が足りないということですので、生クリームを追加します。 フルーツやリキュールなどの香りや味つけをする場合はピューレ、リキュールを増やすことでも対応できます。 また、乳化力を高める乳化剤として、添加できるのが液糖類です。 にも書いていますように、油脂と水分を乳化する助ける役割があるので液糖類を足して乳化をしやすくすることもできます。 すべてのレシピには基本配合があって、理論や根拠があった上で成り立っていますので、それを理解して、使いこなせれば、試作の際には味の組み合わせとバランスだけみれば数回の微調整である一定の合格ラインのレシピにはなっちゃいます。 豆知識的に覚えておいても、使えれば立派な知識ですから! 商品を考える際に思い出して使ってみてくださいね。 ちなみにガナッシュの語源・意味は・・・ ちなみにGanacheの語源は昔フランスではGanace =マヌケ、あほ などと人を罵る言葉だったそうで、ある日溶かしたチョコの鍋に若いパティシエが生クリームをこぼしてしまった。 それを見た先輩かシェフかが「Ganache!!! (あほ!!!)」と叫んだとか。 でもそれを食べてみるとなめらかで美味しいクリームだったことから、Ganacheとして名前をつけて商品にしたんだそうですよ。 これは本当の豆知識(諸説あり・・かもしれません) 今回はここまで。 失礼しますー。 人気記事 人気記事.

次の

生チョコ人気レシピ1位は?【殿堂&簡単】15選!クックパッドのつくれぽ1000

生チョコレート レシピ

「砂糖、ココアバター、植物油脂、全粉乳、カカオマス、乳化剤、香料」 原材料は、含まれている重量が多い順で記載されているので、砂糖が一番多く入っているということがわかります。 そして、ココアバターと植物油脂が2番目・3番目に来ています。 ということはつまり、市販のチョコレートはほとんど【砂糖と油】でできているのです 砂糖が多く含まれるチョコレートを食べることにより、身体を冷やしたり、糖が分解される時に身体の中のビタミン・ミネラルが大量に失われてしまいます その結果、 ・身体がだるい ・疲れがとれない ・やたら眠たい などの不調が現れます また、砂糖などの糖質を摂ることで血糖値が高い状態が続いていると、《AGEsという老化物質が蓄積》されていきます。 これが《AGEs》です。 5/ふげん 大さじ2/プレミアム大高酵素 大さじ2. 5 (作り方) 1.アボカドとレモン汁をフードプロセッサーにかけてなめらかにする。 (なければフォークやすり鉢などでなめらかになるまですりつぶす。 ) 2.残りの材料を全て入れ、全体が均一になり、なめらかになるまで混ぜ合わせれば出来上がり。 そのままでも召し上がれますが、バットに広げて冷凍すればアイスに、手で丸めてココアをまぶせばトリュフにも(ココアは食べる直前にかけてくださいね。 数に限りがありますので、お早めにお越しくださいませ.

次の