引越 お得。 引越し見積もりのキャンペーン比較!特典やプレゼントがある業者まとめ

引越し見積もりのキャンペーン比較!特典やプレゼントがある業者まとめ

引越 お得

引越しはお金がたくさんかかかるので、少しでも安く引越しをしたいと考えている方は多いですよね。 また、 引越しのトータルの費用には賃貸物件の契約費用も含まれ、一般的に家賃の設定価格が底値になるのは8月です。 今回ご紹介する引越しの費用に関するカラクリと、料金の相場を月別・シーズン別に把握できれば、皆さんの引越しはもっと安くできます。 合わせて、「引越し費用を格安にする3つのポイント」もお教えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• そもそも依頼を受けてもらえるかわからない上に料金も非常に高額になるので、特別な理由が無い限りは、最繁忙期のタイミングで引越しをすることは避けたほうが良いです。 引越し料金が安い月と高い月 引越し業者には、依頼が少ない「通常期」と依頼が増大する「繁忙期」があることは先ほどご説明した通りです。 ここからは、さらに具体的に通常期・繁忙期それぞれの中で料金が安い・高い月と、その料金相場について見ていきましょう。 単身の引越し見積もりが最も安いのは10月、高いのは3月 1年を通して引越し料金の推移を見ていくと、単身者の引越しが最も安いのは10月で、およそ3万円台後半の金額が相場です。 次に安い時期は12月~1月の年末年始で、荷物が少ない人で3. 6万円~3. 8万円、荷物が多い人で約4万円の料金です。 逆に最も料金が高くなるのは引越しの繁忙期である3~4月で、特にピークである3月は6万円~7万円の費用が必要になるので、閑散期のおよそ2倍強の見積もりとなります。 単身の引越しで費用を抑えたいのであれば、8月から真冬にかけての時期を選ぶと良いでしょう。 家族の引越し見積もりが最も安いのは12月、高いのは3月 家族引越しも単身同様で年末に料金は下がり、最も安くなる12月では二人暮らしで7. 5万円、3~4人家族で8万円台前半ほどが相場料金です。 3月と4月の繁忙期には料金が最も高騰し、2人家族では13万円弱、3人家族以上では15万円よりも高い金額を予算として考えておく必要があります。 5万円~9. 5万円ほどで推移します。 この時期とピークの時期を比較すると実金額で10万円以上の差が出ることもあるので、家族引越しの費用を減らすには引越し時期の選択が非常に重要です。 賃貸物件の家賃や初期費用が安い時期は8月、高い時期は3月 引越し業者への支払い費用と同様に、賃貸物件の家賃や初期費用も時期ごとに相場が変動します。 最も賃貸物件の家賃が安い時期は初夏~8月頃まで、最も家賃が高い時期は3~4月中旬の春先までです。 これは、入居者が少ない時期と多い時期で、物件の価格設定が異なるためです。 以下のグラフを見てみましょう。 出典: 上記のグラフは月ごとの賃貸物件の成約数の推移を表しています。 年末から推薦入学などで早くも部屋探しを始めた学生が物件を決め始め、その他の学生や新社会人なども引越しをする3月末にピークを迎えます。 この時期はとにかく入居者の多いハイシーズンなので、大家や不動産会社も強気の価格設定をしており、家賃の相場は高いです。 春先を過ぎると、逆に新規入居者の波は落ち着きますので、夏にかけて閑散期となり成約数も落ち込んでいきます。 落ち込みのピークとなる8月は家賃の相場も底をつき、敷金・礼金といった初期費用も同時に安くなっていきます。 結論:引越しと入居に最適な季節は真夏の8月、次点で12月 ここまで、引越し料金と家賃の月別の相場料金を見てきましたが、引越し総額費用を最も抑えられるのは8月です。 引越しの総額費用のおおよそ6割~7割は賃貸契約の費用にかかり、初期費用が下がる8月は同時に引越し業者への支払い料金が安くなるタイミングも被っているからです。 また、この時期は大家・引越し会社ともに値下げ交渉がしやすい時期でもあります。 大家は入居者が減る時期になんとか空き部屋を減らそうと考えていますし、引越し業者も少しでも契約を取ろうとして金額のハードルを下げる季節です。 引越しにかかる二大コストを下げられるシーズンなので、ぜひ料金の交渉をしてみてはいかがでしょうか。 参考: 参考: 引越し時期を変更できない人でも費用が格安になる3つのポイント 「引越し時期を変更できない」という方にもおすすめな引越し費用を抑えるポイントは以下の3つです。 引越し費用の安い業者を比較サイトで探す• 引越し料金カレンダーから安い曜日を選ぶ• 賃貸を格安で契約して引越し費用の総額を安くする それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 1.引越し費用の安い業者を比較サイトで探す 少しでも引越しの見積もり料金を安くしたい場合、引越し比較サイトを使うのがオススメです。 引越しの見積もりには定価がなく、業者によって料金に大きな差が出ることがあるためです。 同じ荷物の量や移動距離で見積もりを依頼しても、「A社の見積額は3万円」「B社の見積額は5万円」「C者の見積額は6. 5万円」といった具合に、見積もり料金の差が大きくなることもあります。 引越し比較サイトでは、一度の登録で複数社に、引越しの見積もり依頼ができます。 サービスを活用することで、自分の引越しを一番安く請け負ってくれる引越し業者を見つけることが可能です。 また、引越し侍ではご利用頂いたユーザーのアンケートから、「」も掲載しています。 手っ取り早くどの業者が一番安いか知りたい!という方は、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。 2.引越し料金カレンダーから安い曜日を選ぶ 引越し作業の日程をなるべく平日に設定することで、引越し料金を安くできる場合があります。 なぜなら、 土日・祝日は会社や学校が休みのため、平日と比較して引越しの依頼が多く、その分料金も高めに設定されているからです。 サカイ引越センターの「お得な引越カレンダー」を見てみましょう。 引っ越し料金カレンダーの例 出典: 日付が赤くなっている日が「 特売日」として、 通常よりも安い価格で引越しができる日です。 このように、引越し料金が安くなる日が、平日に集中していることがお分かり頂けたでしょうか? つまり、 引越しの繁忙期でも、休日を避けて平日に引越しをすることで、料金を抑えることが可能です。 参考: ただし、単身者の場合は平日と休日の見積もり料金にさほど差異が出来ないこともあります。 その場合は、引越し作業を行う時間帯を業者にお任せするを選んだり、依頼の少ない午後以降の時間帯を指定すると比較的料金が安くなります。 3.賃貸物件を格安で契約して引越し費用の総額を安くする 賃貸物件の初期費用を抑えることができれば、引越しの総額費用を大きく削ることができます。 特に、以下の2つの物件を探すのがおすすめです。 … 入居してからの数か月間の家賃支払いが免除されている物件• … 初期費用で大きな割合を占める敷金と礼金がゼロ円に設定されている物件 引越し費用が安い・高いシーズンについてまとめ このページの内容をまとめると、以下の通りです。 単身・家族ともにの引越し料金が最も安いのは10月~1月の秋から年始にかけての時期で、高いのは3月• 賃貸物件の家賃や初期費用が安い時期は8月、高い時期は3月• 賃貸の初期費用なども含めた引越しのトータルコストが最も安く済むのは8月、次点で12月 引越しには数十万円ほどの予算が必要になります。 引越し料金や、物件の初期費用がなるべく安くなるタイミングを見極めて、お得な引越しをしていきましょう。 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

お引越しのことなら

引越 お得

引越し業者各社では新入学生や新入社員、単身赴任など、荷物が少ない人向けの単身者引越しのプランを各種用意しています。 8mのコンテナボックスで荷物を運ぶプランです。 業者によってボックスの公開サイズは微妙に差がありますが、おおむね同じ大きさで容量にして2立方メートル弱、ほぼ押入れ1段分の荷物を収容できます。 普通サイズのボックスのほか、容量を1. 2立方メートル前後に抑えた『小型ボックスのプラン』もあります。 メリットはボックスの容量単位でのサービスのため、下見・訪問見積もりが不要、一台のトラックにボックスを混載することによる低料金(1万6,000円前後)、ボックス単位の運搬のため荷物の紛失の心配がないことなどです。 反対にデメリットは、ボックスに入りきらない荷物があるとボックスの追加や別料金がかかること、ベッドやソファなどボックスサイズ以上の荷物は運べないこと、梱包資材の提供や回収が有料なことなどです。 そのほかにも少ない荷物に特化したプランを用意している業者があります。 容量・料金もさまざまですが、トラックサイズが1. 5トン~2トン(20立方メートル前後)で、人員は運転手さんと作業員の計2名のコストを抑えたプランが中心です。 メリットは『小型ボックスのプラン』より多い荷物に対応できること、業者によっては梱包資材の提供があること、デメリットは訪問見積もりが必要な場合があること、長距離は対応できない場合があることなどです。 一人暮らし向け単身パックプランの比較 日通(日本通運):単身パックL・S 日通は単身向けパックプランの草分け。 午前1便・午後2便・夜間1便の4つの時間帯が選択可能。 WEB割引、複数ボックス割引、エリア割引あり。 1ボックスあたり150万円の運送保険がついています。 また、『単身パックL』より小さいボックスの『単身パックS』もあります。 23立方m 料金目安:1万5,000円~ クロネコヤマト引越センター:単身引越しサービス 午前便・午後2便・夜間便の4時間帯が選択可能。 WEB割引、平日割引、早期申込割引、複数BOX割引あり。 単身引越しサービスよりボックスが小さい『単身引越しサービス(miniタイプ)』もあります。 積みきれない家具・荷物が出てしまった場合は、家財1つから依頼可能な『らくらく家財宅急便』も併用できます。 40立方m 料金目安:1万6,000円~(同一市内関東)1万3,000円~(同一市内その他) SGムービング:単身カーゴプラン WEB割引あり。 SGムービングのボックスパックは他社の小サイズパックとほぼ同じ容量。 1立方m)を使用して札幌・東京・大阪・福岡を急ぎで運搬する『単身AIR CARGOプラン』もあります。 08立方m 料金目安:2万3,000円〜 ハトのマークの引越センター:青春引越便 片道200kmを超える引越し専用のパックプランです。 午前便・午後3便・夜間便の5時間帯が選択可能。 5立方m)の『小鳩パック(2万1,000円~)』や航空機使用の遠距離便『小鳩スカイパック』もあります。 近距離限定では『小鳩プチトラパック』があり、時間指定や日・祭日指定のオプションは選べませんが、同一市内で1ボックス相当量が1万1,000円、2ボックス相当量で1万6,000円と、お得な料金設定になっています。 98立方m 料金目安:お問合せください 三八五引越センター:シングルパックL 午前便・午後便の2時間帯が選択可能。 3立方m)の『シングルパックM』もあります。 積みきれない家具・荷物が出てしまった場合は、家財1つから依頼可能な『シングルミニ』のオプションもあります。 鉄道コンテナを利用するため単身パックLの約3倍の容量で、全国8エリア間の150kmを超える引越しに利用できます。 ベッドやソファなどの大物家具や自転車も運送できます。 クロネコヤマト引越センターでは容量15立方m以内・距離50km以内でお客様希望の連続した5日間からクロネコヤマト引越センターが日時指定する『おまかせフリー割サービス』があります。 荷物が5立方m・距離10kmだとした場合、関東エリアで2万円台とかなり割安です。 また家具・家電の『クロネコおまかせレンタルサービス』も展開しています。 SGムービングは少量コース・1部屋コースなど単身者向けのプランを数多く設定していますが、女性単身者向けサービス『レディースムービング』プランもあります。 整理収納アドバイザーや女性サービス介助士らの女性スタッフで構成されていて、学生寮、女性専用マンションなどでも安心して利用できます。 同じく女性向け『レディースパック』を設定しているアート引越センターでは、『暮しの整理士』から整理・整頓のアドバイスが受けられる60歳以上限定の『シニアパック』や、学割料金でカーテンのプレゼントもある『学割パック』なども設定しています。 ハトのマークの引越センターの『楽々シニアプラン』はシニア向けに資材の準備から作業まで全て対応します。 また、専任の『引越管理士』が一日立ち会いをし、荷物の整理から不要品処分などの相談ができます。

次の

引越時期でお得になる!

引越 お得

「ひっこし」の正しい表記は? パソコンで「ひっこし」を変換すると、引っ越し・引越し・引越の 3 種類の漢字が出てきます。 どれも「ひっこし」と読んで良いようなのですが、その違いについて今回はちょっと詳しく調べてみました。 引っ越し 本来はこの表記がもっとも正しい「ひっこし」を意味しているようです。 この表記を基準としているためか、引越し・引越は「引っ越しに同じ」と出てきます。 引越し 現代ではこれも「ひっこし」と読んで問題がないのですが、「ひきおこし」という読み方に間違われる可能性もあるとされています。 引っ越しの送り仮名省略が認められた表記パターンです。 引越 同じく「ひっこし」と読んで問題のない文字として、送り仮名の省略が認められている表記のひとつです。 つまり、基本的には「引っ越し」が大元になっていて、その上で引越し・引越の表記も送り仮名の省略が認められた「ひっこし」であると言えそうですが、現代ではどちらが正しいということはなく、基本的にはどれを使っても問題ないようです。 とは言え、筆者的には送り仮名の省略の問題などを踏まえると• 引っ越し・引越し…引越しをするという動作そのものを表す言葉• 引越…引越という言葉、名詞としての使い方 …のような感覚で見ています。 引っ越し・引越し・引越の使い方 引っ越し 転居を知らせるハガキなどへの記載に良く使われます。 引越 予定表などへの記載に適しています。 カレンダーなどへの書き入れで「引越」「引越日」などが良く見られます。 よく間違われる言葉 引越しとよく似ているためどっちを使ったらいいのかわからず混同してしまう言葉がいくつかあります。 転居 同一の市区町村内で住む部屋を変更した場合(引っ越した場合)を「転居」と呼んでいます。 転出 他の市区町村または県外などへ引っ越した場合を「転出」と呼んでいます。 移転 個人の引越しではなく会社や企業の引越しで使われる言葉です。 税務署の届出書類にも「移転」という項目があることからもよくわかります。 宅配 主に段ボールに入る荷物が対象となる輸送サービスです。 荷物が少ない人は引越しにこれを利用する場合もあります。 宅配便 家具など大きなものも運んでもらえるプランが用意されています。 単身者の引越しにはよく利用されています。 これらよく似た言葉も、その意味を知ることで使い間違いは防ぐことができますよね。

次の