オークワ メルペイ。 【メルペイフィーバー】まちのお店フィーバーをオススメしない理由

『イオン』で使えるスマホ決済(PayPay・メルペイ)と支払い方法【キャッシュレス】|キャッシュレスJAPAN

オークワ メルペイ

目次 PayPay ペイペイ とメルペイならどっちが便利でお得? 日本でも主流なスマホ決済サービスの「PayPay」と「メルペイ」ですが、 一体どちらを使っていくのがベストなのでしょうか? もちろんそれぞれ一長一短あって一概に「こっちの方が良い!」とは言い難いですが、 結論高還元を狙って決済したい人はPayPayを使うのがおすすめで、メルカリを頻繁に使っている方ならメルペイがおすすめです。 しかし、必ずしもどちらか一本に絞る必要はなく、 普段は還元率の高いPayPayをメインに使って、メルカリに関係した支払いを行う場合にメルペイを使おう といった具合で使い分けしていけば良いでしょう。 では、以下より両者の違いをより具体的に比較していくとしましょう! PayPayとメルペイのスペック 還元率• 通常0. 2020年6月30日(火)23:59まで• 2020年6月30日(火)23:59まで• 「ソフトバンク」「ワイモバイル」ユーザーならさらにお得な決済が可能• 月ごとの利用金額をグラフで管理できる• 支払いだけでなく友人間で送金や割り勘もできる 支払い方法• PayPay残高で支払う• で支払う• クレジットカードで支払う 使える代表的なお店• SSL Secure Sockets Layer が用いられている• クレジットカードの登録に本人認証サービス 3Dセキュア が推奨されている こんな人におすすめ!• キャンペーンを通してより高いポイント還元を受け取りたい方• 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」ユーザーの方• を利用している方 還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン 現状なし 特長• メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能• 随時お得なクーポンがメルペイで使える• お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能 支払い方法• メルペイ残高で支払い• メルカリポイント メルカリの売上金 で支払い 「iD支払い」が使える代表的なお店• 二段階認証による不正防止の対策が可能• 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる こんな人におすすめ!• メルカリでたくさん売上金が発生している方• 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方• iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方 PayPay ペイペイ とメルペイの違いをそれぞれ徹底比較 PayPayとメルペイの違いに関する結論を表にまとめると以下の通りです。 サービス名 ポイント還元率• 通常のポイント還元なし• 最大1. ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ 対応カード・銀行口座 クレジットカード• 現状未対応 銀行口座• 約80以上の銀行口座に対応 クレジットカード• VISA• MasterCard 銀行口座• 約60以上の銀行口座に対応 利用上限金額 支払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 これらを以下より順番に紹介していきます。 PayPay ペイペイ とメルペイの「ポイント還元率」の違い メルペイとPayPayのポイント還元率の違いは以下の通りです。 メルペイ PayPay• 通常のポイント還元なし• 最大1. 【キャッシュレス・消費者還元事業とは?】 2020年6月までの間、政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。 PayPay ペイペイ なら最大1. 以前は支払い基準を満たせば常時誰でも1. PayPayを使うならヤフーカードを使うのがおすすめ! あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済していきたいのであれば、 を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。 は、唯一PayPay残高へチャージできるクレジットカード。 なので、 PayPay残高へチャージして最大1. なお、PayPayのお得なキャンペーンでは「PayPay残高以外の支払い方法は対象外」とされることが多いので、 PayPayをお得に使い倒すならいつでも残高にチャージできる がベストでしょう。 PayPayでとにかく高いポイント還元率を維持したい…。 と考える方は、PayPayにを登録してみてください。 現状メルペイはポイント還元率が定められていない 一方、 メルペイでは通常の支払いで得られるような一定のポイント還元がありません。 PayPayはPayPay残高やから支払えば最大1. しかし、メルペイはメルカリで得た売上金を使って支払えるので、メルカリを頻繁に利用している人にとっては、 ポイント還元以上にメリットが大きい場合もあるでしょう。 PayPay ペイペイ とメルペイの「キャンペーン」の違い 次に、PayPayとメルペイのキャンペーンの違いを比較していきます。 付与上限は期間中・一回あたりで共に10万円なので、 当たれば1万円の支払いが最大10万円になって返ってくる計算となります。 メルペイで開催されているキャンペーン 現状メルペイで開催されているキャンペーンはありません。 お店のジャンル コンビニ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ローソン• セブンイレブン• ミニストップ• ポプラ• ローソン• ナチュラルローソン• ローソンストア100• セブンイレブン• ファミリーマート• ポプラ• セイコーマート• ミニストップ 飲食店・居酒屋• 松のや• 吉野家• かっぱ寿司• 上島珈琲店• 白木屋• 上島珈琲店• かっぱ寿司• しゃぶしゃぶ温野菜• 松のや• 白木屋• 千年の宴• 目利きの銀次 家電量販店• Joshin• ケーズデンキ• エディオン• ヤマダ電機• ベスト電器• マツヤデンキ• エディオン• ケーズデンキ• Joshin• パソコン工房• ビックカメラ• ソフマップ• ヤマダ電機• ベスト電器• マツヤデンキ ドラッグストア• 薬王堂• コクミンドラッグ• サツドラ• サンドラッグ• スギ薬局• ウェルシア• マツモトキヨシ• ウェルシア• ハックドラッグ• キリン堂• クスリのアオキ• ココカラファイン 両者共にほとんどのお店で決済可能ですが、比較的PayPayの方が 大手チェーン以外の小規模店舗でも使えるお店が多い傾向にあります。 なお、PayPayで使えるお店を探したい場合、PayPayのアプリを開いて「使えるお店」から周辺の利用可能店舗を検索できます。 また、メルペイは「」と「」でそれぞれ使えるお店が異なっているので注意しておきましょう。 PayPay ペイペイ とメルペイの「支払い方法」の違い 次に、メルペイとPayPayの支払い方法を比較していきましょう。 PayPayの支払い方法は「PayPay残高」「Yahoo! JAPANカード」「その他のクレジットカード」の3種類です。 メルペイの支払い手順 メルペイでの支払いは「コード決済」と「iD決済」の2種類があります。 メルペイの「コード決済」を使って支払う メルカリアプリを開いて「メルペイ」をタップし、「コード決済」を選択します。 次に設定したパスワードを入力し Touch IDなども設定可能です 、QRコードを表示させましょう。 支払い時は「メルペイで」と伝え、上記の支払い画面を店員さんに読み取ってもらい決済を完了させましょう。 メルペイの「iD決済」を使って支払う メルペイ内で「iD決済」の設定完了後、店員さんに「iD あいでぃー で」と伝え、ApplePayに追加したメルペイを表示させて支払い画面を決済端末にタッチすれば完了します。 PayPay ペイペイ とメルペイの対応カードや銀行口座の違い メルペイとPayPayの対応カード・銀行口座の違いは以下の通りです。 クレジットカード 銀行口座• 未対応• 約80以上の銀行口座に対応• VISA• MasterCard• 約60以上の銀行口座に対応 PayPayとメルペイのいずれも様々な銀行口座からの残高チャージに対応していますが、 メルペイに限ってはクレジットカードを登録して支払うことができません。 なお、PayPayはやVISA、MasterCardを登録して支払いできますが、 以外のクレカで支払ってもポイント還元はつきません。 なので、PayPayにクレカを登録するなら、できるだけに登録して支払いましょう。 メルペイやPayPayで銀行口座を登録するならジャパンネット銀行がおすすめ! なお、メルペイとPayPayで銀行口座を登録するのであれば、その両方に対応しているネット銀行である へ登録するのがおすすめです。 は毎月最初の1回は入出金共に0円となってますが、2回目以降も3万円以上の入出金であれば、 いつでも何回でも手数料無料となります。 なので、 「メルペイとPayPayの両方を使っていきたいから、その両方に同じ銀行口座を登録しておきたい…。 」 と考える方は、是非で口座開設してみてください! PayPay ペイペイ とメルペイの支払い上限の違い メルペイとPayPayの支払い上限の違いは以下の通りです。 アプリ名 利用上限金額 PayPay残高で支払う場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 利用者の「信用スコア」によって決まる PayPayは「PayPay残高」で支払えば 過去30日間まで利用上限額が200万円、そして 過去24時間で50万円と定められていますが、本人認証を済ましていないクレカだと利用上限額が 5,000円までとなるので注意しておきましょう。 なお、メルペイの「メルペイスマート払い」に関する上限は、利用者一人一人のメルカリでの商品のやり取りなどに基づいた 「信用スコア」によって決められており、 人によって上限金額が異なる場合があります。 詳しくは以下の記事で紹介しているので、気になる方は是非チェックしてみてください! PayPay ペイペイ とメルペイの違いのまとめ サービス名 ポイント還元率• 通常のポイント還元なし• 最大1. ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ• ファミリーマート• ローソン• セブンイレブン• 100円ローソン• ナチュラルローソン• ミニストップ• セイコーマート• ポプラ 対応カード・銀行口座 クレジットカード• 現状未対応 銀行口座• 約80以上の銀行口座に対応 クレジットカード• VISA• MasterCard 銀行口座• 約60以上の銀行口座に対応 利用上限金額 支払い用銀行口座を登録済みの場合• 1ヶ月あたり300万円 支払い用銀行口座が未登録の場合• 過去24時間:50万円• 過去24時間:50万円• 過去30日間:200万円 本人認証設定済みクレジットカード• 過去24時間:2万円• 過去30日間:5万円 本人認証未設定クレジットカード• 過去24時間:5,000円• 過去30日間:5,000円 以上、メルペイとPayPayはそれぞれ違った特徴がありますが、少しでも ポイント還元をゲットしながら決済していきたい人はPayPay、そして メルカリを頻繁に使っている人や、あと払いサービスを利用していきたい人はメルペイを使っていくのが良いでしょう。 PayPayはを残高チャージに使っていけば、最大1.

次の

【1月31日まで】メルペイがポイント50%還元、ただし注意事項有り

オークワ メルペイ

電気屋が多いから、何か家電を買い替えしようかしら! この様な意見を多くの方は持つかもしれません。 結論から言うと、「まちのお店フィーバー」はオススメしません。 というより、オススメできません。 「まちのお店フィーバー」をオススメしない理由は、1回あたりの還元上限500Pに見合ったお店がほとんどないからです。 詳しい理由は、具体例を交えてご紹介していきます。 また、「まちのお店フィーバー」をオススメしない理由を聞いても、「まちのお店フィーバーを使いたい」という方に向けて、「まちのお店フィーバー」のオススメ店舗もご紹介します。 そして最後には、同じメルペイフィーバーの中でも「まちのお店フィーバー」ではなく、「飲食店フィーバー」と「ドラッグストアフィーバー」をオススメする理由をご紹介します。 さて、本題に入る前に「そもそもメルペイフィーバーって何?」「飲食店フィーバーやドラッグストアフィーバーの詳細を知りたい」という方は、以下をご覧ください。 まちのお店フィーバーをオススメしない理由 「まちのお店フィーバー」をオススメしない理由はこれに尽きます。 冒頭でも述べましたが、1回あたりの還元上限が500Pに見合ったお店がほとんどないからです。 これは言い換えると、1決済で使える金額が1000円以内のお店がほとんどないという事です。 全29店舗の内12店舗が電気屋です。 半分近くが電気屋です。 例えば、「コジマ」で約3万円の「AirPodsPro」を購入したとします。 50%還元なので1万5千円返ってくると思われがちですが、500円(P)しか返ってきません。 何故なら、1回あたりの還元上限が500Pだからです。 この例からも分かる通り、「まちのお店フィーバー」はオススメできません。 電気屋以外で使えば、いいのではないか? 電気屋以外でも基本的にオススメできません。 電気屋の他には、本屋・ゲーム屋・おもちゃ屋・アウトレット系のお店など、1回の支払いで1000円を超えてしまいそうなお店ばかりです。 ただ、1つ例外として「スーパー」は唯一オススメできます。 その詳細をご紹介します。 まちのお店フィーバーのオススメ店舗 「まちのお店フィーバー」のオススメ店舗は、スーパーの「サミット」「ライフ」「オークワ」の3店舗です。 理由は、スーパーは1回あたりの還元上限500Pに見合ったお店だからです。 スーパーは日常品を安く仕入れる事ができるのでオススメです。 また、スーパーは1つの商品が1000円を超える物はあまりありません。 その為、商品を何個か買って会計が1000円を超える場合は、1つずつ会計するなど1000円以内に抑えればいいのです。 (メルペイフィーバーの期間中の還元上限は3000Pの為) ただし、小分けにして会計をする場合は、時間や日にちをずらしてくださいね。 お店の人の迷惑にならない程度にしましょう。 飲食店フィーバーとドラッグストアフィーバーをオススメする理由 同じメルペイフィーバーの中でも「まちのお店フィーバー」ではなく、「飲食店フィーバー」と「ドラッグストアフィーバー」をオススメします。 何故なら、「飲食店フィーバー」と「ドラッグストアフィーバー」の方が1回あたりの還元上限が500Pの条件に見合っているからです。 また、「Pontaカード提示で最大1万ポイント」や「マツモトキヨシdポイント20倍キャンペーン」など、他のキャンペーンと組み合わせて使う事ができるお店が多いのも魅力です。 詳しくは以下の2つをご覧ください。 【まとめ】まちのお店フィーバーをオススメしない理由 今回は、「まちのお店フィーバー」をオススメしない理由をご紹介しました。 「まちのお店フィーバー」をオススメしない理由は以下の通りです。 1回あたりの還元上限500Pに見合ったお店がほとんどない• 同じメルペイフィーバーの中だったら、「飲食店フィーバー」と「ドラッグストアフィーバー」の方が他のキャンペーンと組み合わせて、お得に使えるから メルペイフィーバーは、どのフィーバーも合わせて期間中の還元上限が3000Pです。 どのフィーバーでも還元上限が同じなら、よりお得なフィーバーを使った方がいいですよね? 今はメルペイフィーバー以外にも、様々なキャッシュレスキャンペーンがあります。 その為、どのキャンペーンが自分にとって一番お得なのかを考える必要があります。 そのサポートを私のブログでできたらなと思っています!.

次の

『ドンキホーテ』で使えるスマホ決済と支払い方法まとめ【キャッシュレス】|キャッシュレスJAPAN

オークワ メルペイ

2020年3月は、「スーパーマーケット」ジャンルの対象店舗で使える、最大20%割引のクーポンが毎週末に配信されます。 サミット、オークワ、天満屋ハピータウン・天満屋ハピーズ・ハピーマート、フレスタ、リカーズ、コムズ、フードマーケットマム、大黒屋、サンフレッシュブルーム、マツゲン、エースワン・エースマックス、サンプラザ、東急ストアが対象店舗となります。 クーポンを使った場合の割引率は、が20%割引、それ以外の方は10%割引となります。 ちなみに、auスマートパスプレミアム会員は、月額499円(税別)がかかりますが、初回加入時から30日間は無料です。 auユーザーだけでなく、ドコモ・ソフトバンクなどのユーザーでも入会できます。 20%割引を活用すれば、月額料金のもとを取ることも簡単にできるので、クーポン対象店舗での買い物を予定している方は、に登録してみても良いかもしれません。 ちなみに、各対象店舗で使える各種割引クーポン(公式アプリクーポンなど)や、ポイントカード(お店独自のポイントなど)なども、原則として併用可能ですので、上手に活用するとかなりおトクになります。 また、2020年3月29日までau PAYで実施されている20%ポイント還元キャンペーンも適用されます(クーポン割引前の金額に対して20%ポイント還元)。 クーポンは、各対象店舗ごと、各週末ごとに新しいクーポンが配信されます。 ・対象のスーパーマーケットで最大10%ポイント還元 ・指定対象店舗で最大50%ポイント還元、毎週日曜日はどこでも20%ポイント還元 ・Visaのタッチ決済利用で1,000円分タダ ・イオンカード新規入会で20%還元.

次の