プロゲステロン 頻尿。 妊娠超初期~妊娠初期の頻尿について知っておきたいこと

プロゲステロンが減る・増えるとどうなるの?生理や妊娠などの影響は?

プロゲステロン 頻尿

妊娠中期に入ると子宮は骨盤より上部に移動するので膀胱の圧迫も軽減し、頻尿が改善されることが多いです。 妊娠後期の原因は再び子宮による膀胱の圧迫 妊娠初期には子宮が急激に膨らむことで膀胱が圧迫されて頻尿となりますが、妊娠後期の場合は子宮が大きくなった上に位置が下がってくるために膀胱が圧迫されます。 これは分娩に備えて赤ちゃんが骨盤に下り始めているから起こることで、膀胱の圧迫につながって頻尿の原因となるのです。 妊娠時期中以外でも…その他の原因 妊娠していない時でも頻尿となる原因は、妊娠中でも共通しています。 それは、カフェイン摂取と体の冷えです。 カフェイン摂取 妊娠中は胎児への影響を危惧してコーヒーや紅茶といったカフェインの多い飲み物を控える妊婦さんも多いですが、実はカフェインには利尿作用があります。 もしカフェインが含まれている飲み物をたくさん飲んでいる妊婦さんがいれば、赤ちゃんへの影響も鑑みてカフェインの含まれていない飲み物を選択するようにしましょう。 体の冷え 夏よりも冬の方がトイレが近い気がする…と思ったことがある人は結構多いのではないでしょうか。 実は、体が冷えると尿意を感じやすくなります。 体を冷やさないように一枚多めに羽織を用意したり、冷たい飲み物は常温に戻したり氷を入れないで飲む、夏野菜など水分量が多い野菜は熱を通して食べるなどの空府が有効です。 病気が原因の頻尿も…見分ける目安 トイレに行く回数には摂取種る水分量などによっても違うため個人差がありますが、昼8回、夜2回といったように1日に10回以上トイレに行く場合が頻尿の目安と言われています。 妊娠中の頻尿は生理的な正常な現象なので問題がありませんが、なかには病気で頻尿となっている場合もあります。 一律な見分け方はありませんが、目安となる症状を確認しておきましょう。 頻尿の度合い• 排尿時と尿の異常 ひとつずつ詳しく見ていきましょう。 あまりに異常な頻尿度合い 5分おきに行きたくなる、トイレから出られないなど、あまりにも頻尿の度が過ぎているような場合は、他の病気が原因となっていることが考えられます。 異常な間隔で起こる尿意に疑問を抱いたら、主治医にその旨を相談するようにしましょう。 尿路結石や膀胱炎などの診断を実際に受けた妊婦さんもいらっしゃいます。 頻尿のせいで日常生活に支障が出た時点で病院へ行くようにという指針を設けている産婦人科もあります。 尿の濁りと痛みがあったら膀胱炎の可能性 頻尿と膀胱炎は症状も似通っていることが多く、判断がしにくいものですが、頻尿とは異なる兆候があります。 残尿感がおさまらない• 排尿時や排尿後につーんとした痛みを感じることがある• 尿に濁りがあったり血が混じっている• 上記のような症状があれば膀胱炎の可能性があるので、気になったらチェックをしてみましょう。

次の

エストロゲンとプロゲステロンの作用と効果

プロゲステロン 頻尿

生体内で黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロンである。 黄体ホルモンの主な働きは、の体、特にを妊娠の準備をするように変化させ、周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、までの間、妊娠を維持させる役目を果たすことなどである。 人工的に合成された、黄体ホルモン作用を持つを治療目的で投与する場合があるが、これらの黄体ホルモン類似物質は プロゲスチン または プロゲストーゲン と総称される。 プロゲステロンは錠剤として経口投与されると腸管からの吸収後、肝臓にて大部分が急速に代謝されてしまい、ほとんど効果をもたらさないため、多くの場合プロゲスチンが用いられてきた。 その一方で、近年では経膣座薬や膣ジェルなどの投与法を使い、プロゲステロンそのものを使用する方法も一般化しつつある。 分泌 [ ] プロゲステロンは、卵巣の黄体で合成される。 また、卵巣を除去した乳牛の血液中にもプロゲステロンは含まれる。 これは、副腎皮質からもプロゲステロンが微量ではあるが分泌されているからである。 また、プロゲステロンは代謝作用に必要不可欠な物である。 作用 [ ] プロゲステロンは血中から細胞に入ると、細胞内に存在するプロゲステロン受容体タンパク質に結合して複合体を形成する。 この複合体は核内のDNAの特定の部分に結合することで、多くの遺伝子の発現を変化させる。 この機構により、やの働きを調整したり、の発達や妊娠の維持などに関わる。 また体温上昇の作用もあり、女性の性周期のうち、黄体期に基礎体温が高くなる理由は、主にプロゲステロンの体温上昇作用のためである。 プロゲステロンは抗エストロゲン作用も持つ。 なお、女性のエストロゲンの分泌能力は健康であれば閉経までほぼ一定に保たれるのに対して 、黄体期に黄体から分泌されるプロゲステロンは30歳代に入ると減少を始め、以後、加齢に伴って徐々に低下する。 これに伴って、黄体期の基礎体温も低下してゆく。 また、プロゲステロンはを促進する作用も有する。 サプリメントとしてのプロゲステロン [ ] 特に米国においては、プロゲステロンを配合したクリームが多数発売され、としての一大市場となっている。 エストロゲンを投与されている際の過剰な子宮内膜の肥厚を抑制したり、、症状、生理不順や生理前後の肉体的、精神的不調の緩和などに効果があるとされている。 日本国内においてもこれらを輸入販売している業者が存在する。 しかしこのような市販のプロゲステロンクリームに関しては、科学的根拠に乏しいという批判がある。 前述のようにプロゲステロンは通常の経口投与などでは代謝分解されやすく、医療現場ではめったに使用されることはなかった。 プロゲステロンクリームのメーカーや、これを推奨する一部の医師は、クリームを肌に塗布することがこの問題点を克服する方法であると主張する。 また多数のメーカーが生産しており、医薬品のホルモン製剤に比べてFDAの監視も緩やかとなるため、品質やホルモンの含有量に必ずしも信頼が置けないという問題もある。 (その一方で、評価法によっては(赤血球を含むサンプルを測定し、数日間分のプロゲステロンの血中濃度の変化を積分する)、医師の処方箋が必要なプロゲステロン錠剤に匹敵する値が得られるとして、このようなホルモン剤を一般の人が自由に購入できる状況に懸念を示す研究者もいる ) この問題に関して、クリームの使用を薦める医師、メーカーなどは、• クリーム塗布後に吸収されたプロゲステロンは赤血球の膜に結合するため、これまでの血清を用いた検査法では見逃されてきた• クリーム塗布後の唾液検査では高いプロゲステロン濃度が検出され、こちらを真の値として用いるべきだ と反論してきた。 に関する検討であるが、実際に赤血球からの検出を試みた研究でもプロゲステロンはわずかしか検出されなかった。 に関して、クリーム塗布後の唾液による検査値は、健康な黄体期の女性の数倍にもなる高値を示し、むしろ高すぎて不自然である。 また唾液による高値が検出される間、血清のみならず、尿へのプロゲステロン分解物の排出も少ないことから、唾液を用いた検査結果を治療効果を類推するために用いるのは不適切であると思われる。 これらの非医薬品扱いのプロゲステロン製品の実際の治療効果に関して、メーカーや、著書などで使用を推奨する一部の医師が専門誌などに研究結果を発表したことは少ない。 幾人かの研究者が臨床試験を行っているが、否定的な結果が大多数である。 閉経後の女性に塗布し、血管調節、血中の脂質、骨代謝、心理的影響に関して診断した報告では、変化が無いという結果が示されている。 骨粗鬆症に対する効果が主張されることを受けて、Leonettiらは閉経後の女性達を被験者として検討を行ったが、1年にわたるプロゲステロンクリームの使用においても骨密度には変化をもたらさなかった。 近年になってからも骨粗鬆症の予防や治療、更年期障害の緩和の効果が検討されたが、偽薬との差を見出すことは出来なかった。 以上のように、市販のプロゲステロンクリームの薬理作用、治療効果は現状では立証されていない点が多く、特にメーカー側の説明は誇大ともいえる状況にある。 近年、医療の現場ではプロゲステロンを膣座薬や膣ジェルなどに加工したものが使用されており、一定の効果を上げている が、「自然なプロゲステロンを使用している」というキーワードで自らの製品を関連付けて宣伝するメーカーも散見される。 現状では、プロゲステロンクリームは医学的根拠に乏しいサプリメントであると言わざるを得ない。 医薬品としてのプロゲステロン [ ] 収載品は、プロゲステロン(結晶性の粉末)、プロゲステロン注射液(油性の注射液)の2品。 生殖補助医療(ART)の(Hormone Replacement Therapy; HRT)に用いられる。 これまでは天然型プロゲステロンの筋注製剤を用いたり、ウトロゲスタン膣坐剤などの海外製品を医師が個人輸入の形で入手、あるいはとして自作していたが、2014年9月26日に「ルティナス膣剤」(フェリング・ファーマ)の製造販売が承認された。 ARTにおける黄体補充の適応を有した日本初の膣内投与製剤となる。 専用のアプリケータ(使い捨て)を用いて膣内に挿入する。 同年12月販売開始となったが、未収載である。 関連 [ ]• 出典 [ ]• : progestin• : progestogen• 河合 忠、屋形 稔、伊藤 喜久、山田 俊幸 編集 『異常値の出るメカニズム(第6版)』 p. 329 医学書院 2013年2月1日発行• 河合 忠、屋形 稔、伊藤 喜久、山田 俊幸 編集 『異常値の出るメカニズム(第6版)』 p. 332 医学書院 2013年2月1日発行• Lee JR: Use of Pro-Gest cream in postmenopausal women. 352: 905; author reply 906, 1998• Lee JR. 原著 , 今村 光一 翻訳 、医者も知らないホルモン・バランス:中央アート出版. 1997年• Cooper A, Spencer C, Whitehead MI, et al: Systemic absorption of progesterone from Progest cream in postmenopausal women. 351: 1255-1256, 1998• Am J Obstet Gynecol 180: 1504-1511, 1999• Hermann AC, Nafziger AN, Victory J, et al: Over-the-counter progesterone cream produces significant drug exposure compared to a food and drug administration-approved oral progesterone product. J Clin Pharmacol 45: 614-619, 2005• Lee JR: Use of Pro-Gest cream in postmenopausal women. 352: 905; author reply 906, 1998• Lewis JG, McGill H, Patton VM, et al: Caution on the use of saliva measurements to monitor absorption of progesterone from transdermal creams in postmenopausal women. Maturitas 41: 1-6, 2002• O'Leary P, Feddema P, Chan K, et al: Salivary, but not serum or urinary levels of progesterone are elevated after topical application of progesterone cream to pre-and postmenopausal women. Clin Endocrinol Oxf 53: 615-620, 2000• Wren BG, Champion SM, Willetts K, et al: Transdermal progesterone and its effect on vasomotor symptoms, blood lipid levels, bone metabolic markers, moods, and quality of life for postmenopausal women. Menopause 10: 13-18, 2003• Wren BG, McFarland K, Edwards L, et al: Effect of sequential transdermal progesterone cream on endometrium, bleeding pattern, and plasma progesterone and salivary progesterone levels in postmenopausal women. Climacteric 3: 155-160, 2000• Obstet Gynecol 94: 225-228, 1999• Benster B, Carey A, Wadsworth F, Griffin M, Nicolaides A, Studd J. : Double-blind placebo-controlled study to evaluate the effect of pro-juven progesterone cream on atherosclerosis and bone density. Menopause Int. 2009 Sep;15 3 :100-6. Benster B, Carey A, Wadsworth F, Vashisht A, Domoney C, Studd J. : A double-blind placebo-controlled study to evaluate the effect of progestelle progesterone cream on postmenopausal women. Menopause Int. 2009 Jun;15 2 :63-9. Click here to read• Cicinelli E, de Ziegler D, Alfonso R, et al: Endometrial effects, bleeding control, and compliance with a new postmenopausal hormone therapy regimen based on transdermal estradiol gel and every-other-day vaginal progesterone in capsules: a 3-year pilot study. Fertil Steril 83: 1859-1863, 2005• 日経メディカル. 2015年1月13日閲覧。

次の

妊娠超初期~妊娠初期の頻尿について知っておきたいこと

プロゲステロン 頻尿

目次 30代~40代以降の女性は、膀胱や子宮、卵巣の病気が原因で頻尿になることがあります。 ここでは代表的なものを解説します。 過活動膀胱 過活動膀胱は、膀胱に尿が十分に溜まっていない状態でもトイレに行きたくなってしまう病気です。 日本泌尿器科学会によれば、男女合わせた罹患者数は800万人以上にも及び、身近な病気と言っても過言ではありません。 人によっては夜中に何度もトイレに行きたくなる「夜間頻尿」や、トイレが我慢できずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」もみられることがあります。 子宮筋腫 子宮筋腫は、女性特有の病気の中で最も頻繁にみられる病気です。 患者の多くは30代~40代。 腫瘍自体は良性なので命を脅かすことはありませんが、腫瘍が膀胱を圧迫することで頻尿を引き起こすことがあります。 子宮筋腫では、頻尿のほかに生理関連のトラブル(過多月経や月経困難症)や便秘、腰痛といった症状が現れることがあります。 卵巣腫瘍 卵巣腫瘍は、子宮の左右にある卵巣に腫瘍ができる病気です。 日本婦人科腫瘍学会によると、腫瘍は直径20cmを超える大きさになることがあり、膀胱を圧迫することで頻尿を引き起こします。 初期の段階では自覚することが難しく、腹部膨満からスカートがきつくなったことで、異変に気付くというケースがみられます。 また、閉経後にもかかわらず不正出血がみられた場合も、卵巣腫瘍の疑いがあります。 卵巣腫瘍の約9割は良性ですが、悪性腫瘍であることもあるので、疑わしい症状が出た場合は早めに対処することが理想的です。 このほか30代~40代女性の頻尿では、下記で解説する10代~20代女性にみられる原因が該当する場合もあります。 10代~20代といった若い女性に頻尿がある場合は、膀胱の病気のほか、生活環境やストレスなどが原因となっている可能性があります。 膀胱炎 膀胱炎は、膀胱に炎症が起こる病気です。 女性の約20%が経験するとされ、早ければ10代後半にかかることがあります。 女性に多いのは、細菌が膀胱に張り込む「急性膀胱炎」です。 頻尿のほかに、残尿感や排尿痛といった症状が現れるのが特徴となっています。 排尿を我慢することや不潔な性交渉などが原因となることが多いです。 心因性頻尿 心因性頻尿は、ストレスによる自律神経の乱れが原因となっている頻尿です。 過密なスケジュールや家庭環境、人間関係などが主な原因となります。 このほか、テスト前のように緊張状態が持続するときに、心因性頻尿として一時的な頻尿になることがあります。 身体的には問題がないので、就寝後の夜間頻尿はみられないのが特徴です。 また、リラックスした状態のときや朝の起床時にも頻尿はみられません。 水分の過剰摂取 ジュースやお茶といった飲み物を摂り過ぎることが、頻尿の原因になることがあります。 中でも利尿作用があるカフェインを含む飲み物は、頻尿を悪化させるので注意が必要です。 コーヒーや紅茶のほか、コーラにもカフェインは含まれています。 飲み過ぎに注意するだけでなく、飲み物の種類にも気を配るようにしましょう。 女性の場合、妊娠や出産が頻尿の原因となる場合があります。 妊娠による頻尿 妊娠初期である妊娠2~4か月ごろは、体の変化のひとつとして頻尿が現れることがあります。 受精卵が子宮に着床することによって子宮が大きくなり、膀胱を圧迫するためです。 また、妊娠を持続させるための女性ホルモン「プロゲステロン」による影響も頻尿の原因となります。 膀胱や尿道は、平滑筋という筋肉によってコントロールされています。 プロゲステロンはこの平滑筋の動きを弱めてしまうため、頻尿が生じるのです。 場合によっては、妊娠超初期の段階で頻尿が現れることもあります。 出産による頻尿 妊娠中、お腹の赤ちゃんの重みによって骨盤底筋にゆるみが生じると、出産後に頻尿になることがあります。 骨盤底筋とは、その名の通り骨盤の底にある筋肉です。 膀胱や尿道を支える働きがあるため、ゆるんでしまうと頻尿の原因になります。 骨盤底筋のゆるみによる頻尿では、重いものを持ったり、くしゃみをしたときに尿が漏れてしまうことがあります。 頻尿の原因によっては市販薬が有効活用できる場合もあります。 過活動膀胱や心因性頻尿などは市販薬での対応が可能です。 自分の症状に合わせて適した市販薬を選択しましょう。

次の