ゲッターズ飯田 無料。 ゲッターズ飯田の占い!性格が悪い星を持ってる人ってどんな人?

ゲッターズ飯田の占いって無料なの?無料で占いをしてる理由

ゲッターズ飯田 無料

自分の事しか考えられない人は性格が悪い星の人? いつでもどんな時でも、周りが見えずに自分のことばかり考えていて、周りの人たちにドン引きされてしまう、そのような方々が性格の悪い星の人です。 もっとこの場所では空気を読まなければならないのに、空気を読むことができなかった、そんな方々です。 そして、性格が悪い星を持っている人というのは自分では性格が悪いと言うことに気づいてないんだそうです。 大抵の場合、性格が悪い星の人の話をすると、性格がいい人が「もしかして私のことかも」と思ったりするようですね。 前述の通り、性格が悪い人と言うのは、自分の都合の良い事しか聞かないためです。 自分はまさか性格が悪いだなんて1ミリも思ってないのです。 性格が悪い星を持っている人は、性格を直していくのはなかなか難しいことです。 少しずつでも、自分は性格が悪いんだと認識し、それなりの対応を行っていくべきでしょう。 性格が悪い星の人はどうしたら性格が治るの? 性格が悪い星を治すには、どうしたらいいのでしょうか? 自分に足らない物見つけ、どうしたらまっとうに生きることができるのか考えてみるべきです。 なかなか、「自分は性格が悪い星かも」と気づくのは難しいかもしれません。 が、自分に甘えていてはだめなのです。 性格が悪い星の人についてじっくりと読み、自分自身にどれだけ当てはまるのか、日頃の自分の行いを検証してみるべきでしょう。 もしくは、自分ではなかなか気づきにくかったりするものなので、家族や信頼のおける方に、ズバリ聞いてみるのもおすすめです。 今後の人生のために本音で答えて欲しいとお願いすれば、きちんと答えてくれるものですよ。

次の

ゲッターズ飯田の一番弟子「ぷりあでぃす玲奈の五星三心占い」は当たるの?

ゲッターズ飯田 無料

もくじ• 5月に「緊急事態宣言解除」へ 5月14日、安倍総理が、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。 感染予防をしながらも生活をする「新たな日常」がスタートしたのです。 5月が目処になるというゲッターズ飯田さんの占い通り、新型コロナウイルスの収束が見えてきたように感じています。 しかし、夏以降、そして2020年の下半期についてのゲッターズ飯田さんの予言で、気になるポイントがありました。 関連記事: ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」• 世の中の価値観がガラリと変わる• ライブや儚いモノへの価値観が上がる• 土の時代から、風の時代へ ゲッターズ飯田さんの予言が的中し、大きく世界が変わっていく現在。 今後はどのように世界が動いていくのでしょうか。 2020年から「世の中の価値観がガラリと変わる」 2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。 世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。 この予言について、当初は海外からの文化の到来や大規模なイベント開催することでの「大改革」だと誰もが思っていましたが「全世界が共通の状態」となることで、日本と海外の違いが浮き彫りになり「日本はもっとこうあるべきだ」という思想が強くなっていったように思えます。 番組によっては「病院や社会システム」が壊れる・なくなるという言い方もしていました。 人と人との距離感や価値観が変わったことで、消えゆくものも今後はさらに増えていきそうです。 2020年から「ライブや儚いモノへの価値観が上がる」 ライブや儚いモノへの価値観が上がるのは、コロナウイルスによってライブが開催できなくなってしまったからという点と、そのことによってアーティストが「ライブ配信」をすることにシフトしていった点が上げられます。 全国の緊急事態宣言が解除された「アフターコロナ」の世界では、これまで手売りしていたようなCDも配信や配送という形で受け渡しをすることになり、エンターテイメントそのものの形がリアルからバーチャルな世界へと変わっていくような流れです。 もちろん、全てのリアルがなくなる訳ではないですが、今後拡大していくのはライブ・儚いモノになっていくのでしょう。 2020年から「土の時代から、風の時代へ」 ゲッターズ飯田さんの他にも多くの占い師が発信している 「土の時代から、風の時代へ」という言葉。 風というのは、西洋占星術の「風のエレメント」から来ています。 土の時代というのは、物質やお金などの形があるものに価値があるとされている時代です。 欲望で言えば、所有欲。 どれだけ多く物を持っているかで、裕福さが決まってくるような感じです。 一方で、風の時代というのは、土の時代で価値があったとされる物が「パラダイムシフト」し、大げさに言えば「全く価値がなくなる」ということ。 知恵や知識・コミュニケーション・愛・絆など、見えないけれど大切なものが、より価値が高まってきます。 例えば、仕事については、Youtuberやネット事業で「お金」は稼ぎやすい時代になっていますから、お金では買えない「やりがい」「安全性」「信頼性」を求めていくということかもしれませんね。 ゲッターズ飯田の「2020年下半期」占い• 夏に大事故が起きる• 団体から個人の時代になる• 2021年に向けてさらなる変化 2020年はあくまで「スタート」の年。 十二支も「子年」で、一番最初の干支。 ここから段々と新しい時代が始まっていくような流れになると言います。 ゲッターズ飯田さんは「2020年の変化」に続き「2020年下半期」についても、公式Youtubeやラジオで語っていました。 夏に大事故が起きる 日本は、夏の運気が悪く、事故や事件が起きやすい星回り。 2020年に限らず、毎年です。 大変革の年である今年はさらに注意が必要で、注意が必要となるでしょう。 夏の大事故という言葉を聞いて、多くの人は「新型コロナウイルス」「南海トラフ(大地震)」などを考えており、その他には「自然災害(台風や大雨)」「第2波」とも予想されています。 関連記事: 団体から個人の時代になる 新型コロナウイルスの影響もあって「みんなで乗り切ろう」「みんなで頑張ろう」というフレーズを多く耳にしました。 誰もが「収束(終息)」を願い、感染拡大を予防するために一致団結するという雰囲気に。 現在の価値観は「みんなで同じことをする」「みんなでルールを守る」というポイントが重要になり、少しの間違いも許容されないような状況です。 一方で「2020年下半期」に入ってくると「みんなと一緒に」というよりは、個人個人が「どう生きたいか」という点にフォーカスされていく流れになります。 一人一人の個性・個人・生きがい、自分に合った生活環境(ライフスタイル)に注目が集まり、リモートワークが可能となったことで、地方に転職する人も増えてきそうです。 フリーランス、フリーター、クリエイターなどが、より生きやすい世の中になるきっかけがあるでしょう。 2021年に向けてさらなる変化 2020年前半で「すごい変わった」と思う人が大半だと思いますが、2020年下半期に入ってくると、さらに 変化は加速していきます。 ゲッターズ飯田さんは、2021年に変化が起き、2022年が到来すると「華やかな時代」になってくると語っています。 5G、マイナンバー制度、働き方、リモートワーク、キャッシュレス、デリバリー、地方移住の増加、ネットカフェ難民の問題など、思いつくだけでも今は変化するタネが撒かれている状態です。 2020年下半期から大きく動いていく流れとなっていくでしょう。 2022年は「華やかな時代」に 2020年下半期、2021年は大きな変革期へ。 2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」で、安定感がありつつも変化が多い年となってくると予想されます。 2020年下半期は、そんな2021年の影響を受けて、より変化している実感があるようです。 ゲッターズ飯田さんの占いで、2022年は「華やかな時代」になると語っていましたが、2022年に開催される世界が注目するイベントやエンターテイメント分野、経済活動などを通して、熱狂するシーンが見られるのかもしれません。 ゲッターズ飯田とは.

次の

ゲッターズ飯田に占ってもらうには?有料鑑定予約方法や値段は?占ってもらいたい裏技「当たらない?」口コミ評判は?【2020年版】

ゲッターズ飯田 無料

もくじ• 新型コロナウイルスとは 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年12月に中華人民共和国湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎患者から検出されて以来、瞬く間に広がった新型の感染症。 新型コロナウイルスに感染したコメディアンの志村けんさんが死去したことで、日本人にとっても深く悲しい傷を残しています。 デマ拡散で人々が混乱した水星逆行 2020年2月17日から3月10日に到来した「水星逆行」によって、情報のやりとりが上手くいかないことが多くなる流れでした。 新型コロナウイルス感染について、デマが拡散される一方で、交通やシステム障害も目立っていたのではないでしょうか。 2020年6月18日から開始する「水星逆行」で再び混乱する暗示が出ているので、頭の片隅に覚えておくと良いでしょう。 特に、キーワードは「家庭」で、家族間のトラブルや恋人同士の行き違い起きやすい時期です。 独り暮らし場合は、家賃トラブルや周辺住人との揉め事が発生しやすので気をつけましょう。 春分ゲートで時代が大きく切り替わる 2020年3月20日に訪れた春分によて、時代が大きく切り替わっていきました。 新型コロナウイルスによって、変えていかなければいけない状況になったとも言えます。 春分ゲートの扉は閉まり、世界が大きく2つに分かれていきました。 それは「物質の世界」と「精神の世界」です。 これまでの時代から変化せずに「物質の世界」に残った人々は、ここから一生、物に固執して生きていくことになります。 一方で「精神の世界」に足を踏み入れた人々は、新しい時代の中で生きていくことになるのです。 占い師によっては「目醒め」「新しい時代」など違う言葉で表現されている人もいます。 この大きな流れは200年に一度、その始まりが春分だったのです。 ゲッターズ飯田の「2020年占い」を振り返る 2020年について、ゲッターズ飯田さんは「ライブ配信の年になる」と占っていました。 ライブ配信の年というのは、単純にライブ配信のことを指すのでなく、残らないコミュニケーションが鍵となってくるという意味合いです。 その象徴なのがリモートワークによるライブチャット「ZOOM」かもしれません。 これから、人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくことでしょう。 また、これまでは常識でなかった「無観客ライブ」や「リモート接客」なども注目されています。 いずれにしても、新型コロナウイルスによって、時代の価値観や常識が一気に崩れていくでしょう。 新型コロナウイルスの収束はいつ? 占い上、新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。 2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。 また「天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。 新型コロナウイルス終息後の世界 現在、収束のみばかりに気を取られがちですが 「終息後の世界」にも目を向ける必要があります。 家にいないといけないと室内でダラダラとしている人、今この状況下でやれることを一生懸命に探す人では、運命が大きく分かれるのは当然のこと。 200年に一度の流れが来ている今、終息を待つ人々は「新しい世界」「新しい時代」に向けて、足場を固めることが必要です。 何を始めて見れば良いかわからない人は、運の流れに合わせて行動をすると開運に繋がります。 関連記事: ゲッターズ飯田とは.

次の