むげんだい な。 せんげん台駅(東武伊勢崎線 浅草方面)の時刻表

ゲンダイエージェンシー(株)【2411】:株式/株価

むげんだい な

2億円 『 英国王のスピーチ』(えいこくおうのスピーチ、原題: The King's Speech)は、の・・の。 に悩まされた()と、その治療にあたった構成国出身のである()の友情を史実を基に描いた作品。 ではなど4部門を受賞した。 あらすじ [ ] 1925年、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はに見守られ、父王の代理として演説を行った。 しかし、のために悲惨な結果に終わり、聴衆も落胆する。 エリザベスはアルバート王子を説得して、である出身のののオフィスをともに訪れる。 独自の手法でのに苦しむ元兵士たちを治療してきたローグは、に対するに反してをの「」で呼びつけ、自身のことは「ローグ先生」ではなく「ライオネル」と呼ばせる。 ローグの無作法に反発し帰りかけたアルバートに、ローグはの『』の台詞を朗読できるかどうか、賭けを持ちかける。 ローグはが流れるをつけさせ、アルバートには自身の声が聞こえない状態でその声をレコードに録音する。 途中で腹を立てて帰ろうとするアルバート王子にローグはしたばかりのを持たせる。 劇中で再現された、1934年のジョージ5世のクリスマス・ラジオ中継の様子 恒例の中継の後、父王ジョージ5世は、新時代におけるの重要性と共に、アルバートの兄:は次期国王に不適格であり、アルバート王子が王族の責務をこなせるようにならねばならないと語り、厳しく接する。 帰邸後、苛立ったアルバート王子はローグから受け取ったレコードを聴き、自分の滑らかな発声に驚く。 王子はローグのもとを再び訪れ、のをリラックスさせる練習や、の訓練、の練習などを繰り返し行う。 アルバートはローグに吃音症の原因となった自身の不遇な生い立ち(右利きでないことを罰せられ矯正された、乳母に虐待されたなど)や、吃音を揶揄されたこと、末弟の死去-を打ち明け、二人の間に友情が芽生えていく。 1月、が崩御し、デイヴィッド王子が「」として国王に即位する。 しかし、新王が結婚を望んでいた女性、夫人はアメリカ人で、歴があるだけでなく2番目の夫といまだ婚姻関係にあったため、王室に大きな問題が起こるのは明白であった。 その年のクリスマス、ヨーク公夫妻はで行われたパーティで、城の周辺の木が勝手に切り倒される光景と、国王とシンプソン夫人の下品な姿を目の当たりにする。 見かねたアルバート王子が兄王に、の長でもあるエドワード8世は離婚歴のある女性とは結婚できないことを指摘すると、王は吃音症治療は王位ほしさからなのかと責め、吃音をからかう。 エドワード8世の醜聞を聞いたローグは、代わりに国王に即位するべきだとアルバートを説得するが、王子は「それは反逆罪に当たる」、「あなたのような平民に言われる筋合いはない」と怒りローグの元から去ってしまう。 結局エドワード8世はウォリスとの結婚を諦めきれず、結婚するが、首相や元らの反対を受け、即位して1年も満たぬうちに退位し、アルバート王子が『』として即位する事態になる。 アルバートは国王の重責に、自分は今までしか務めたことがないとエリザベス妃に不安を吐露する。 一方では、率いる政権下のが台頭し、一触即発の機運となっており、大英帝国は国民の統一を促す国王を必要としていた。 しかし新国王の吃音症は依然として深刻なままで、王位継承評議会での宣誓は散々なものであった。 ジョージ6世夫妻は再びローグを訪ね、謝罪して治療を再開する。 に備えるジョージ6世は、ローグにはなんの医療資格も持たないことを知る。 は、ローグを国王から遠ざけようと試みるが、国王はローグを臨席させると譲らない。 国王となることに不安を覚えるジョージ6世の前で、ローグはに座ってみせて国王を挑発する。 激怒してローグを怒鳴り散らす国王は、自らの雄弁さに驚く。 戴冠式での宣誓は滞りなく進行し、ジョージ6世はその様子をで家族とともに観る。 さらに、それに引き続くニュースで、アドルフ・ヒトラーの演説の巧みさに強い印象を受ける。 やがて、ボールドウィン首相の後を継いだ首相のは失敗し、のドイツのを受けて、9月3日に英国はドイツに、が始まる。 同日、ジョージ6世は大英帝国全土に向けて国民を鼓舞する演説を、緊急ラジオ放送で行うことになる。 緊迫した状況の中ジョージ6世は、ローグと二人きりの放送室で完璧なをこなす。 放送室から出てきた国王は、報道用に堂々と原稿を読む姿を撮影すると、エリザベス王妃、そして・とともに宮殿のバルコニーに出て、待ち構える大衆に手を振る。 その様子をローグは満足げに見守るのだった。 キャスト [ ] のクイーン・ストリート・ミル織物博物館でカメラを操作する 自らもであった脚本家のは、30年以上この企画を温めていた。 これは、に関する記録がほとんど手に入らず、ライオネルの息子バレンタイン(Valentine)が保有していた治療記録は、ジョージ6世王妃(後の皇太后)から存命中の公表を拒まれたからである。 皇太后が2002年に101歳で死去すると、サイドラーは作業を再開する。 ライオネル・ローグの孫に当たるマーク・ローグ(Mark Logue)は、整理していた父の遺品の中に祖父ライオネルとジョージ6世との往復書簡が大量にあることに気付いた。 によるマークへのインタビューによると、撮影の約9週間前に製作スタッフが彼に接近し、ヨーク公の治療に関する資料を手に入れたという。 製作陣はその資料を基にして脚本の手直しにかかった。 監督のは、映画の重要な台詞のいくつかがローグのメモの直接的な引用であると述べている。 このローグの記録は2010年秋に The King's Speech: How One Man Saved the British Monarchyのタイトルで出版された。 公開 [ ] 2010年にアメリカの 、続いてにカナダのでプレミア上映された。 製作国のイギリスではが、オーストラリアではTransmissionが 、、、、、、、、ではがそれぞれ配給した。 日本ではが配給し、「英国史上、もっとも内気な王。 」というキャッチコピーが使われた。 また予告編映像にはとの「ロイヤルウェディング」が公開の2か月後に行なわれるため、「ウィリアム王子婚約発表に沸くイギリス、現エリザベス女王の父の真実の物語」のナレーションとともにウィリアム王子からジョージ6世までの家系図が使用された。 劇中でジョージ6世がストレスを軽減するために過激な台詞を叫ぶのをローグが奨励する場面のために、イギリスではによって"R-15"に指定された。 ロンドン映画祭にて監督のはこの決定を批判し、「なぜ下品な言葉遣いの映画が"15"で、『』や『』のような写実的拷問シーンを含むものが"12A"なのか」と問いかけた。 フーパーの批判の後でBBFCは"12A"までレーティングを引き下げ、大人と同伴ならば12才未満の子供でも鑑賞可能になった。 アメリカではが本作をR指定にしたため、フーパーは先と同様の批判を行ったが 、このレーティングは覆らなかった。 このR指定審査に関して、ロジャー・エバートは「全く不可解である」と批判し、「これはティーンエイジャーのための優れた映画である」と述べた。 2011年1月、プロデューサーのは、レイティングを引き下げて幅広い層の観客動員を得るために、いくつかの過激な台詞を削除した「再編集版」の公開を考えていると発言した。 だが、フーパーは、問題となっている単語を「ビー」音で覆う可能性に言及しつつも、映画を編集することを否定した。 また、やもそのような編集に反対した。 6点となった。 では41のレビュー中39がポジティヴなもので、平均点は100点満点で88点となった。 『』誌では5つ星満点が与えられた。 『』のは4つ星満点を与え 、2010年度ベストでは第2位に選んだ。 日本で2011年9月2日発売のDVDは初週5745枚を売り上げDVD週間ランキングで総合第1位となった。 実話との相違点 [ ] (1930年頃ロンドンにて) 劇中で描かれた出来事に関しては、創作上の都合で脚色・変更が加えられた。 キャシー・シュルツ(Cathy Schultz)は、映画は史実の出来事を数年間に圧縮していると指摘した。 映画では1934年に初めて会ったと描かれているヨーク公アルバート王子とローグであるが、史実で二人が最初に会ったのは1920年代であり、アルバートは1927年にでの演説を成功させている。 歴史家のアンドリュー・ロバーツ()は、ジョージ6世の吃音のひどさは実際よりも誇張されており、エドワード8世、ウォリス・シンプソン、ジョージ5世が、ドラマ的な効果のために史実よりもより敵対的に描かれていると主張した。 とアイザック・チョティナー(Isaac Chotiner)は、退位危機のときのの描写に疑問を呈した。 映画ではチャーチルはアルバートを支える立場で、エドワード8世の退位にも反対しているようには描かれていないが、史実では逆で、チャーチルは退位させようとする圧力に抵抗するようエドワード8世に奨めたとされている。 ヒッチェンズは、このような処置はチャーチルの偉業を闇雲に過大視しようとすることだと訴えた。 日本は舞台化二ヶ国目であり、主演、演出で、2012年8月から9月にかけて東京のおよび大阪ので上演された。 助演は、、、らで、特にローグ役を務めたの演技が評価された。 脚注 [ ] []• 2011年6月1日閲覧。 Walker, Tim 2011年1月20日. The Daily Telegraph. 2011年8月20日閲覧。 Spencer, Adam 2011年1月21日. 702 ABC Sydney. 2011年3月2日閲覧。 2012年2月25日• 2011年3月1日• Seidler, David 2010年12月20日. [[:en:Mail Online ]]. 2012年7月31日閲覧。 director 2011年4月19日 English. The King's Speech DVD. The Weinstein Company and Anchor Bay Entertainment. BBC: "" interview with Logue's grandson, 4 January 2011. Accessed on 8 Jan 2011• Creativescreenwritingmagazine. blogspot. com. 2011年2月15日閲覧。 Wotzke, Anders 2010年12月12日. Cut Print Review. Hoyle, Ben 2010年9月9日. The Times London: Times Newspapers : p. Friedman, Roger 2010年9月11日. Showbiz 411. 2010年9月14日閲覧。 Cooper, Sarah 2009年11月13日. ScreenDaily. com. 2009年11月14日閲覧。 Staff 2009年9月2日. Comingsoon. net. 2009年12月6日閲覧。 エムデータTVウォッチ. 2011年3月3日• シネマトゥデイ• BBC News website. 22 October 2010. Retrieved on 23 October 2010 on 3 January 2011. British Board of Film Classification. Retrieved on 23 October 2010 by WebCite on 3 January 2011. Goldstein, Patrick 1 November 2010. The Big Picture Tribune Company. Retrieved on 7 November 2010 by WebCite on 3 January 2011. Vancouversun. com 2010年11月16日. 2011年1月30日閲覧。 Rogerebert. suntimes. com. 2011年1月30日閲覧。 Child, B. The Guardian, 26 January 2011. Retrieved 2 February 2011• 2011年1月31日. 2011年2月5日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年1月30日閲覧。 Staff. 2011年2月26日閲覧。 2011年2月26日閲覧。 Empireonline. com. 2011年1月30日閲覧。 2010年12月20日. 2011年2月26日閲覧。 毎日新聞 2011年9月7日• Schultz, Cathy 2011年1月4日. 2011年1月4日閲覧。 Roberts, A. 2011年1月6日. Telegraph. 2011年1月30日閲覧。 Slate. 2011年2月9日閲覧。 Chotiner, I. The New Republic, 6 January 2011. Retrieved 9 January 2011• 飯塚友子 2012年9月1日. 2012年12月30日時点のよりアーカイブ。 2012年9月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 作中で言及される、18-19世紀の英国王。 晩年狂気に陥った。 - 作中で言及される、ジョージ6世の夭折した弟。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語)• (英語)• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

せんげん台駅(東武伊勢崎線 浅草方面)の時刻表

むげんだい な

2億円 『 英国王のスピーチ』(えいこくおうのスピーチ、原題: The King's Speech)は、の・・の。 に悩まされた()と、その治療にあたった構成国出身のである()の友情を史実を基に描いた作品。 ではなど4部門を受賞した。 あらすじ [ ] 1925年、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はに見守られ、父王の代理として演説を行った。 しかし、のために悲惨な結果に終わり、聴衆も落胆する。 エリザベスはアルバート王子を説得して、である出身のののオフィスをともに訪れる。 独自の手法でのに苦しむ元兵士たちを治療してきたローグは、に対するに反してをの「」で呼びつけ、自身のことは「ローグ先生」ではなく「ライオネル」と呼ばせる。 ローグの無作法に反発し帰りかけたアルバートに、ローグはの『』の台詞を朗読できるかどうか、賭けを持ちかける。 ローグはが流れるをつけさせ、アルバートには自身の声が聞こえない状態でその声をレコードに録音する。 途中で腹を立てて帰ろうとするアルバート王子にローグはしたばかりのを持たせる。 劇中で再現された、1934年のジョージ5世のクリスマス・ラジオ中継の様子 恒例の中継の後、父王ジョージ5世は、新時代におけるの重要性と共に、アルバートの兄:は次期国王に不適格であり、アルバート王子が王族の責務をこなせるようにならねばならないと語り、厳しく接する。 帰邸後、苛立ったアルバート王子はローグから受け取ったレコードを聴き、自分の滑らかな発声に驚く。 王子はローグのもとを再び訪れ、のをリラックスさせる練習や、の訓練、の練習などを繰り返し行う。 アルバートはローグに吃音症の原因となった自身の不遇な生い立ち(右利きでないことを罰せられ矯正された、乳母に虐待されたなど)や、吃音を揶揄されたこと、末弟の死去-を打ち明け、二人の間に友情が芽生えていく。 1月、が崩御し、デイヴィッド王子が「」として国王に即位する。 しかし、新王が結婚を望んでいた女性、夫人はアメリカ人で、歴があるだけでなく2番目の夫といまだ婚姻関係にあったため、王室に大きな問題が起こるのは明白であった。 その年のクリスマス、ヨーク公夫妻はで行われたパーティで、城の周辺の木が勝手に切り倒される光景と、国王とシンプソン夫人の下品な姿を目の当たりにする。 見かねたアルバート王子が兄王に、の長でもあるエドワード8世は離婚歴のある女性とは結婚できないことを指摘すると、王は吃音症治療は王位ほしさからなのかと責め、吃音をからかう。 エドワード8世の醜聞を聞いたローグは、代わりに国王に即位するべきだとアルバートを説得するが、王子は「それは反逆罪に当たる」、「あなたのような平民に言われる筋合いはない」と怒りローグの元から去ってしまう。 結局エドワード8世はウォリスとの結婚を諦めきれず、結婚するが、首相や元らの反対を受け、即位して1年も満たぬうちに退位し、アルバート王子が『』として即位する事態になる。 アルバートは国王の重責に、自分は今までしか務めたことがないとエリザベス妃に不安を吐露する。 一方では、率いる政権下のが台頭し、一触即発の機運となっており、大英帝国は国民の統一を促す国王を必要としていた。 しかし新国王の吃音症は依然として深刻なままで、王位継承評議会での宣誓は散々なものであった。 ジョージ6世夫妻は再びローグを訪ね、謝罪して治療を再開する。 に備えるジョージ6世は、ローグにはなんの医療資格も持たないことを知る。 は、ローグを国王から遠ざけようと試みるが、国王はローグを臨席させると譲らない。 国王となることに不安を覚えるジョージ6世の前で、ローグはに座ってみせて国王を挑発する。 激怒してローグを怒鳴り散らす国王は、自らの雄弁さに驚く。 戴冠式での宣誓は滞りなく進行し、ジョージ6世はその様子をで家族とともに観る。 さらに、それに引き続くニュースで、アドルフ・ヒトラーの演説の巧みさに強い印象を受ける。 やがて、ボールドウィン首相の後を継いだ首相のは失敗し、のドイツのを受けて、9月3日に英国はドイツに、が始まる。 同日、ジョージ6世は大英帝国全土に向けて国民を鼓舞する演説を、緊急ラジオ放送で行うことになる。 緊迫した状況の中ジョージ6世は、ローグと二人きりの放送室で完璧なをこなす。 放送室から出てきた国王は、報道用に堂々と原稿を読む姿を撮影すると、エリザベス王妃、そして・とともに宮殿のバルコニーに出て、待ち構える大衆に手を振る。 その様子をローグは満足げに見守るのだった。 キャスト [ ] のクイーン・ストリート・ミル織物博物館でカメラを操作する 自らもであった脚本家のは、30年以上この企画を温めていた。 これは、に関する記録がほとんど手に入らず、ライオネルの息子バレンタイン(Valentine)が保有していた治療記録は、ジョージ6世王妃(後の皇太后)から存命中の公表を拒まれたからである。 皇太后が2002年に101歳で死去すると、サイドラーは作業を再開する。 ライオネル・ローグの孫に当たるマーク・ローグ(Mark Logue)は、整理していた父の遺品の中に祖父ライオネルとジョージ6世との往復書簡が大量にあることに気付いた。 によるマークへのインタビューによると、撮影の約9週間前に製作スタッフが彼に接近し、ヨーク公の治療に関する資料を手に入れたという。 製作陣はその資料を基にして脚本の手直しにかかった。 監督のは、映画の重要な台詞のいくつかがローグのメモの直接的な引用であると述べている。 このローグの記録は2010年秋に The King's Speech: How One Man Saved the British Monarchyのタイトルで出版された。 公開 [ ] 2010年にアメリカの 、続いてにカナダのでプレミア上映された。 製作国のイギリスではが、オーストラリアではTransmissionが 、、、、、、、、ではがそれぞれ配給した。 日本ではが配給し、「英国史上、もっとも内気な王。 」というキャッチコピーが使われた。 また予告編映像にはとの「ロイヤルウェディング」が公開の2か月後に行なわれるため、「ウィリアム王子婚約発表に沸くイギリス、現エリザベス女王の父の真実の物語」のナレーションとともにウィリアム王子からジョージ6世までの家系図が使用された。 劇中でジョージ6世がストレスを軽減するために過激な台詞を叫ぶのをローグが奨励する場面のために、イギリスではによって"R-15"に指定された。 ロンドン映画祭にて監督のはこの決定を批判し、「なぜ下品な言葉遣いの映画が"15"で、『』や『』のような写実的拷問シーンを含むものが"12A"なのか」と問いかけた。 フーパーの批判の後でBBFCは"12A"までレーティングを引き下げ、大人と同伴ならば12才未満の子供でも鑑賞可能になった。 アメリカではが本作をR指定にしたため、フーパーは先と同様の批判を行ったが 、このレーティングは覆らなかった。 このR指定審査に関して、ロジャー・エバートは「全く不可解である」と批判し、「これはティーンエイジャーのための優れた映画である」と述べた。 2011年1月、プロデューサーのは、レイティングを引き下げて幅広い層の観客動員を得るために、いくつかの過激な台詞を削除した「再編集版」の公開を考えていると発言した。 だが、フーパーは、問題となっている単語を「ビー」音で覆う可能性に言及しつつも、映画を編集することを否定した。 また、やもそのような編集に反対した。 6点となった。 では41のレビュー中39がポジティヴなもので、平均点は100点満点で88点となった。 『』誌では5つ星満点が与えられた。 『』のは4つ星満点を与え 、2010年度ベストでは第2位に選んだ。 日本で2011年9月2日発売のDVDは初週5745枚を売り上げDVD週間ランキングで総合第1位となった。 実話との相違点 [ ] (1930年頃ロンドンにて) 劇中で描かれた出来事に関しては、創作上の都合で脚色・変更が加えられた。 キャシー・シュルツ(Cathy Schultz)は、映画は史実の出来事を数年間に圧縮していると指摘した。 映画では1934年に初めて会ったと描かれているヨーク公アルバート王子とローグであるが、史実で二人が最初に会ったのは1920年代であり、アルバートは1927年にでの演説を成功させている。 歴史家のアンドリュー・ロバーツ()は、ジョージ6世の吃音のひどさは実際よりも誇張されており、エドワード8世、ウォリス・シンプソン、ジョージ5世が、ドラマ的な効果のために史実よりもより敵対的に描かれていると主張した。 とアイザック・チョティナー(Isaac Chotiner)は、退位危機のときのの描写に疑問を呈した。 映画ではチャーチルはアルバートを支える立場で、エドワード8世の退位にも反対しているようには描かれていないが、史実では逆で、チャーチルは退位させようとする圧力に抵抗するようエドワード8世に奨めたとされている。 ヒッチェンズは、このような処置はチャーチルの偉業を闇雲に過大視しようとすることだと訴えた。 日本は舞台化二ヶ国目であり、主演、演出で、2012年8月から9月にかけて東京のおよび大阪ので上演された。 助演は、、、らで、特にローグ役を務めたの演技が評価された。 脚注 [ ] []• 2011年6月1日閲覧。 Walker, Tim 2011年1月20日. The Daily Telegraph. 2011年8月20日閲覧。 Spencer, Adam 2011年1月21日. 702 ABC Sydney. 2011年3月2日閲覧。 2012年2月25日• 2011年3月1日• Seidler, David 2010年12月20日. [[:en:Mail Online ]]. 2012年7月31日閲覧。 director 2011年4月19日 English. The King's Speech DVD. The Weinstein Company and Anchor Bay Entertainment. BBC: "" interview with Logue's grandson, 4 January 2011. Accessed on 8 Jan 2011• Creativescreenwritingmagazine. blogspot. com. 2011年2月15日閲覧。 Wotzke, Anders 2010年12月12日. Cut Print Review. Hoyle, Ben 2010年9月9日. The Times London: Times Newspapers : p. Friedman, Roger 2010年9月11日. Showbiz 411. 2010年9月14日閲覧。 Cooper, Sarah 2009年11月13日. ScreenDaily. com. 2009年11月14日閲覧。 Staff 2009年9月2日. Comingsoon. net. 2009年12月6日閲覧。 エムデータTVウォッチ. 2011年3月3日• シネマトゥデイ• BBC News website. 22 October 2010. Retrieved on 23 October 2010 on 3 January 2011. British Board of Film Classification. Retrieved on 23 October 2010 by WebCite on 3 January 2011. Goldstein, Patrick 1 November 2010. The Big Picture Tribune Company. Retrieved on 7 November 2010 by WebCite on 3 January 2011. Vancouversun. com 2010年11月16日. 2011年1月30日閲覧。 Rogerebert. suntimes. com. 2011年1月30日閲覧。 Child, B. The Guardian, 26 January 2011. Retrieved 2 February 2011• 2011年1月31日. 2011年2月5日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年1月30日閲覧。 Staff. 2011年2月26日閲覧。 2011年2月26日閲覧。 Empireonline. com. 2011年1月30日閲覧。 2010年12月20日. 2011年2月26日閲覧。 毎日新聞 2011年9月7日• Schultz, Cathy 2011年1月4日. 2011年1月4日閲覧。 Roberts, A. 2011年1月6日. Telegraph. 2011年1月30日閲覧。 Slate. 2011年2月9日閲覧。 Chotiner, I. The New Republic, 6 January 2011. Retrieved 9 January 2011• 飯塚友子 2012年9月1日. 2012年12月30日時点のよりアーカイブ。 2012年9月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 作中で言及される、18-19世紀の英国王。 晩年狂気に陥った。 - 作中で言及される、ジョージ6世の夭折した弟。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語)• (英語)• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

現代のもののけ姫Maco(渋谷真子)の車椅子の原因は?!年齢や出身プロフィール!

むげんだい な

2億円 『 英国王のスピーチ』(えいこくおうのスピーチ、原題: The King's Speech)は、の・・の。 に悩まされた()と、その治療にあたった構成国出身のである()の友情を史実を基に描いた作品。 ではなど4部門を受賞した。 あらすじ [ ] 1925年、大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はに見守られ、父王の代理として演説を行った。 しかし、のために悲惨な結果に終わり、聴衆も落胆する。 エリザベスはアルバート王子を説得して、である出身のののオフィスをともに訪れる。 独自の手法でのに苦しむ元兵士たちを治療してきたローグは、に対するに反してをの「」で呼びつけ、自身のことは「ローグ先生」ではなく「ライオネル」と呼ばせる。 ローグの無作法に反発し帰りかけたアルバートに、ローグはの『』の台詞を朗読できるかどうか、賭けを持ちかける。 ローグはが流れるをつけさせ、アルバートには自身の声が聞こえない状態でその声をレコードに録音する。 途中で腹を立てて帰ろうとするアルバート王子にローグはしたばかりのを持たせる。 劇中で再現された、1934年のジョージ5世のクリスマス・ラジオ中継の様子 恒例の中継の後、父王ジョージ5世は、新時代におけるの重要性と共に、アルバートの兄:は次期国王に不適格であり、アルバート王子が王族の責務をこなせるようにならねばならないと語り、厳しく接する。 帰邸後、苛立ったアルバート王子はローグから受け取ったレコードを聴き、自分の滑らかな発声に驚く。 王子はローグのもとを再び訪れ、のをリラックスさせる練習や、の訓練、の練習などを繰り返し行う。 アルバートはローグに吃音症の原因となった自身の不遇な生い立ち(右利きでないことを罰せられ矯正された、乳母に虐待されたなど)や、吃音を揶揄されたこと、末弟の死去-を打ち明け、二人の間に友情が芽生えていく。 1月、が崩御し、デイヴィッド王子が「」として国王に即位する。 しかし、新王が結婚を望んでいた女性、夫人はアメリカ人で、歴があるだけでなく2番目の夫といまだ婚姻関係にあったため、王室に大きな問題が起こるのは明白であった。 その年のクリスマス、ヨーク公夫妻はで行われたパーティで、城の周辺の木が勝手に切り倒される光景と、国王とシンプソン夫人の下品な姿を目の当たりにする。 見かねたアルバート王子が兄王に、の長でもあるエドワード8世は離婚歴のある女性とは結婚できないことを指摘すると、王は吃音症治療は王位ほしさからなのかと責め、吃音をからかう。 エドワード8世の醜聞を聞いたローグは、代わりに国王に即位するべきだとアルバートを説得するが、王子は「それは反逆罪に当たる」、「あなたのような平民に言われる筋合いはない」と怒りローグの元から去ってしまう。 結局エドワード8世はウォリスとの結婚を諦めきれず、結婚するが、首相や元らの反対を受け、即位して1年も満たぬうちに退位し、アルバート王子が『』として即位する事態になる。 アルバートは国王の重責に、自分は今までしか務めたことがないとエリザベス妃に不安を吐露する。 一方では、率いる政権下のが台頭し、一触即発の機運となっており、大英帝国は国民の統一を促す国王を必要としていた。 しかし新国王の吃音症は依然として深刻なままで、王位継承評議会での宣誓は散々なものであった。 ジョージ6世夫妻は再びローグを訪ね、謝罪して治療を再開する。 に備えるジョージ6世は、ローグにはなんの医療資格も持たないことを知る。 は、ローグを国王から遠ざけようと試みるが、国王はローグを臨席させると譲らない。 国王となることに不安を覚えるジョージ6世の前で、ローグはに座ってみせて国王を挑発する。 激怒してローグを怒鳴り散らす国王は、自らの雄弁さに驚く。 戴冠式での宣誓は滞りなく進行し、ジョージ6世はその様子をで家族とともに観る。 さらに、それに引き続くニュースで、アドルフ・ヒトラーの演説の巧みさに強い印象を受ける。 やがて、ボールドウィン首相の後を継いだ首相のは失敗し、のドイツのを受けて、9月3日に英国はドイツに、が始まる。 同日、ジョージ6世は大英帝国全土に向けて国民を鼓舞する演説を、緊急ラジオ放送で行うことになる。 緊迫した状況の中ジョージ6世は、ローグと二人きりの放送室で完璧なをこなす。 放送室から出てきた国王は、報道用に堂々と原稿を読む姿を撮影すると、エリザベス王妃、そして・とともに宮殿のバルコニーに出て、待ち構える大衆に手を振る。 その様子をローグは満足げに見守るのだった。 キャスト [ ] のクイーン・ストリート・ミル織物博物館でカメラを操作する 自らもであった脚本家のは、30年以上この企画を温めていた。 これは、に関する記録がほとんど手に入らず、ライオネルの息子バレンタイン(Valentine)が保有していた治療記録は、ジョージ6世王妃(後の皇太后)から存命中の公表を拒まれたからである。 皇太后が2002年に101歳で死去すると、サイドラーは作業を再開する。 ライオネル・ローグの孫に当たるマーク・ローグ(Mark Logue)は、整理していた父の遺品の中に祖父ライオネルとジョージ6世との往復書簡が大量にあることに気付いた。 によるマークへのインタビューによると、撮影の約9週間前に製作スタッフが彼に接近し、ヨーク公の治療に関する資料を手に入れたという。 製作陣はその資料を基にして脚本の手直しにかかった。 監督のは、映画の重要な台詞のいくつかがローグのメモの直接的な引用であると述べている。 このローグの記録は2010年秋に The King's Speech: How One Man Saved the British Monarchyのタイトルで出版された。 公開 [ ] 2010年にアメリカの 、続いてにカナダのでプレミア上映された。 製作国のイギリスではが、オーストラリアではTransmissionが 、、、、、、、、ではがそれぞれ配給した。 日本ではが配給し、「英国史上、もっとも内気な王。 」というキャッチコピーが使われた。 また予告編映像にはとの「ロイヤルウェディング」が公開の2か月後に行なわれるため、「ウィリアム王子婚約発表に沸くイギリス、現エリザベス女王の父の真実の物語」のナレーションとともにウィリアム王子からジョージ6世までの家系図が使用された。 劇中でジョージ6世がストレスを軽減するために過激な台詞を叫ぶのをローグが奨励する場面のために、イギリスではによって"R-15"に指定された。 ロンドン映画祭にて監督のはこの決定を批判し、「なぜ下品な言葉遣いの映画が"15"で、『』や『』のような写実的拷問シーンを含むものが"12A"なのか」と問いかけた。 フーパーの批判の後でBBFCは"12A"までレーティングを引き下げ、大人と同伴ならば12才未満の子供でも鑑賞可能になった。 アメリカではが本作をR指定にしたため、フーパーは先と同様の批判を行ったが 、このレーティングは覆らなかった。 このR指定審査に関して、ロジャー・エバートは「全く不可解である」と批判し、「これはティーンエイジャーのための優れた映画である」と述べた。 2011年1月、プロデューサーのは、レイティングを引き下げて幅広い層の観客動員を得るために、いくつかの過激な台詞を削除した「再編集版」の公開を考えていると発言した。 だが、フーパーは、問題となっている単語を「ビー」音で覆う可能性に言及しつつも、映画を編集することを否定した。 また、やもそのような編集に反対した。 6点となった。 では41のレビュー中39がポジティヴなもので、平均点は100点満点で88点となった。 『』誌では5つ星満点が与えられた。 『』のは4つ星満点を与え 、2010年度ベストでは第2位に選んだ。 日本で2011年9月2日発売のDVDは初週5745枚を売り上げDVD週間ランキングで総合第1位となった。 実話との相違点 [ ] (1930年頃ロンドンにて) 劇中で描かれた出来事に関しては、創作上の都合で脚色・変更が加えられた。 キャシー・シュルツ(Cathy Schultz)は、映画は史実の出来事を数年間に圧縮していると指摘した。 映画では1934年に初めて会ったと描かれているヨーク公アルバート王子とローグであるが、史実で二人が最初に会ったのは1920年代であり、アルバートは1927年にでの演説を成功させている。 歴史家のアンドリュー・ロバーツ()は、ジョージ6世の吃音のひどさは実際よりも誇張されており、エドワード8世、ウォリス・シンプソン、ジョージ5世が、ドラマ的な効果のために史実よりもより敵対的に描かれていると主張した。 とアイザック・チョティナー(Isaac Chotiner)は、退位危機のときのの描写に疑問を呈した。 映画ではチャーチルはアルバートを支える立場で、エドワード8世の退位にも反対しているようには描かれていないが、史実では逆で、チャーチルは退位させようとする圧力に抵抗するようエドワード8世に奨めたとされている。 ヒッチェンズは、このような処置はチャーチルの偉業を闇雲に過大視しようとすることだと訴えた。 日本は舞台化二ヶ国目であり、主演、演出で、2012年8月から9月にかけて東京のおよび大阪ので上演された。 助演は、、、らで、特にローグ役を務めたの演技が評価された。 脚注 [ ] []• 2011年6月1日閲覧。 Walker, Tim 2011年1月20日. The Daily Telegraph. 2011年8月20日閲覧。 Spencer, Adam 2011年1月21日. 702 ABC Sydney. 2011年3月2日閲覧。 2012年2月25日• 2011年3月1日• Seidler, David 2010年12月20日. [[:en:Mail Online ]]. 2012年7月31日閲覧。 director 2011年4月19日 English. The King's Speech DVD. The Weinstein Company and Anchor Bay Entertainment. BBC: "" interview with Logue's grandson, 4 January 2011. Accessed on 8 Jan 2011• Creativescreenwritingmagazine. blogspot. com. 2011年2月15日閲覧。 Wotzke, Anders 2010年12月12日. Cut Print Review. Hoyle, Ben 2010年9月9日. The Times London: Times Newspapers : p. Friedman, Roger 2010年9月11日. Showbiz 411. 2010年9月14日閲覧。 Cooper, Sarah 2009年11月13日. ScreenDaily. com. 2009年11月14日閲覧。 Staff 2009年9月2日. Comingsoon. net. 2009年12月6日閲覧。 エムデータTVウォッチ. 2011年3月3日• シネマトゥデイ• BBC News website. 22 October 2010. Retrieved on 23 October 2010 on 3 January 2011. British Board of Film Classification. Retrieved on 23 October 2010 by WebCite on 3 January 2011. Goldstein, Patrick 1 November 2010. The Big Picture Tribune Company. Retrieved on 7 November 2010 by WebCite on 3 January 2011. Vancouversun. com 2010年11月16日. 2011年1月30日閲覧。 Rogerebert. suntimes. com. 2011年1月30日閲覧。 Child, B. The Guardian, 26 January 2011. Retrieved 2 February 2011• 2011年1月31日. 2011年2月5日閲覧。 Box Office Mojo. 2012年1月30日閲覧。 Staff. 2011年2月26日閲覧。 2011年2月26日閲覧。 Empireonline. com. 2011年1月30日閲覧。 2010年12月20日. 2011年2月26日閲覧。 毎日新聞 2011年9月7日• Schultz, Cathy 2011年1月4日. 2011年1月4日閲覧。 Roberts, A. 2011年1月6日. Telegraph. 2011年1月30日閲覧。 Slate. 2011年2月9日閲覧。 Chotiner, I. The New Republic, 6 January 2011. Retrieved 9 January 2011• 飯塚友子 2012年9月1日. 2012年12月30日時点のよりアーカイブ。 2012年9月12日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 作中で言及される、18-19世紀の英国王。 晩年狂気に陥った。 - 作中で言及される、ジョージ6世の夭折した弟。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語)• (英語)• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の