教えていただければ幸いです 英語。 修飾関係について教えていただければ幸いです。in

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教えていただければ幸いです 英語

<目次>• (納期をお知らせ下さい。 (どのように対応すべきか、できるだけ早くお知らせ下さい。 (ご変更へのご希望がございましたら、お知らせ下さい。 (ご私事賜りますよう御願い致します。 (ご訪問、楽しみにいたしております。 (お考えをお教え下さい。 (上記手配にてOKかどうか、お知らせいただければと思います。 (今回の要請を何卒、ご考慮くださいますよう、お願い申し上げます。 (事情説明をいただければ、幸いです。 (何なりと、コメント、ご提案賜れれば幸いです。 ) 英語ビジネスメールの末文表現……一般的な末文表現 日本人が書き手の場合、「宜しく御願い致します。 」の様に、何か最後に書かないとどうしても落ち着かないということが、よくあります。 その際、儀礼的だけれども、おかしくない、いくつかの末文表現を知っておくと、とても便利です。 (宜しく御願い致します。 (ご考慮くださいますよう、宜しく御願い致します。 (ご高配賜りますよう、宜しく御願い致します。 (お取引いただき、ありがとうございます。 (ご注文、お待ち申し上げております。 (また、御社とお取引させていただけます機会を心待ちにいたしております。 abc. (ご質問がございましたら、お気軽に***まで、お問い合わせ下さい。 (お困りの際は、ご遠慮なく当方にお電話下さい。 (重ねて、ご配慮御礼を申し上げます。 (ご助力ありがとうございます。 (この件についてのご考慮を感謝申し上げます。 (近いうちに、また、お役に立てますことを心待ちにいたしております。 ) 【関連記事】•

次の

ご連絡いただければ幸いですの意味は?メールでの使い方や英語も

教えていただければ幸いです 英語

ご指導願えますか• ご指導いただけますか• ご指導のほど、よろしくお願いいたします 「教える」と「指導」の意味は似ていますが、以下のような違いがあります。 教える 指導 意味 物事や知識を示すこと 物事を教え導くこと ニュアンス 最低限のマナーや知識を伝える 目標に向かわせる 「教える」は、「自分の知っている事や知識などを相手に伝える」という意味合いがあります。 一方「指導」の場合は、「目標に向うように、相手にやる気を出させる」という意味合いです。 「お教えいただけますか」よりも「ご指導いただけますか」と言う方が、「目標達成のために頑張りたい」という自分のやる気が伝わります。 では、「ご指導」を使った例文を以下で確認してみましょう。 ご教示(ご教授)のほどよろしくお願いいたします• ご教示(ご教授)いただきますようお願い申し上げます• ご教示(ご教授)いただければと 似た意味の言葉ですが、以下のような違いがあります。 教える 教示 教授 意味 物事や知識を示すこと 物事を教えること 物事を教えること 対象 物事全般 知識や方法といった広い範囲 学問や専門分野の狭い範囲 「教える」の場合は、基本的には何にでも使える表現です。 「」は知識や方法などを対象にした言葉で、「教授」は学問、芸術といった専門分野を対象とした言葉です。 ビジネスシーンでは、方法などを聞きたい場合には「」を、専門知識が必要なことを教えて欲しい時には「教授」を使うと良いでしょう。 「ご教示」や「ご教授」は、以下の例文のように使います。 Please tell me your schedule. (スケジュールを 教えてください。 (話したいことがあるから、いつなら大丈夫か 教えてくれ。 Please let me know if you can come with us. (一緒に行けるかどうか、 知らせてください。 If you have time, let me know. (時間に余裕があれば、 知らせて。 When something happens, please inform me soon. (何か起こった時は、直ぐに 教えてください。 You should inform her of his reply. (彼女に、彼からの返事を 伝えるべきだよ。 ) まとめ 「教えてください」は、 「相手に何かを教えてほしい」と依頼する時の表現です。 「教えてください」自体も敬語表現ですが、目上の人などに使う際は「お教えいただけますか」「お教え願えますか」などを使うと良いでしょう。 ビジネスシーンでは今回紹介したように、「ご指導」「ご教示、ご教授」を使うとより丁寧な表現になります。 ただし「ご教示」は知識や方法に対して、「ご教授」は専門的な知識に対して使う言葉なので正しく使い分けるようにしましょう。

次の

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

教えていただければ幸いです 英語

日ごろ「教えてはいただけないでしょうか」という敬語を使う場面はたくさん存在します。 ではどのような表現があるのか見ていきましょう。 敬語の種類 ここでそもそもの敬語の種類についておさらいしておきます。 そもそも敬語の種類は大きく分けて三種類あります。 相手に直接敬意を表す尊敬語、自分を下げることで相手に敬意を表す謙譲語、「です」「ます」といった語尾を使い聞き手に対し丁寧に表す丁寧語です。 そしてこの他にも美化語といったものも存在します。 「教えていただけないでしょうか」の主な使い方 「教えていただけないでしょうか」という言葉は目上の人に使う表現です。 先生、会社の上司、会社の取引先といった自分よりも目上の立場に存在する相手に対して使うのがいいでしょう。 メールでの使い方 何かを知りたいとき、人に尋ねなければならないとき、「教えていただけないでしょうか」という敬語はこのような場面で使うことが可能です。 では実際にどのように使うのか具体的な例文を用いて紹介していきます。 」 この表現はどのような状況でも使用することが便利な表現であることがこの例文からも見てとれます。 ちなみにこの「教えていただけないでしょうか」の言い換えとして「お教えいただけないでしょうか。 」というものも存在しています。 上司への使い方 会社で何か分からない時、誰に教えてもらうのか、それは会社の先輩でもある上司の存在です。 この項目ではビジネスシーンでの「教えていただけないでしょうか」という表現の使い方について具体的な例文を用いながら紹介していきます。 「お教えいただけないでしょうか」 先ほどにも登場した「教えていただけないでしょうか」の言い換えとなるこの「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現ですが、この表現は「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現よりもやや丁寧な表現です。 そしてこの表現は先ほどのメールではなく主に会話で使うときにふさわしい表現のひとつです。 」 このように上司に対して使います。 そしてこの表現はもちろん上司だけでなく、自分の身近にいる目上の人に使うことも可能です。 「ご指導いただけないでしょうか」 この「ご指導いただけないでしょうか」という表現も「教えていただけないでしょうか」という表現の言い換えとしては非常によく使われる表現です。 ですが、先ほどの「お教えいただけないでしょうか」という表現よりは自分よりもかなり目上の人に使うのが好ましい表現であり、会社の上司はもちろん、会社の社長、学校の先生といった相手に使うことが可能です。 」 この「ご指導いただけないでしょうか」という敬語表現は「お教えいただけないでしょうか」という表現よりも丁寧な表現で、あまり使われる場面が見られませんが、この「お教えいただけないでしょうか」という敬語表現を使うか、「ご指導いただけないでしょうか」という表現を使うかは個人の判断で決めましょう。 「教えていただけないでしょうか」を敬語表現するときの例文 この「教えていただけないでしょうか」という類似敬語表現は先ほども紹介した「お教えいただけないでしょうか」と「ご指導いただけないでしょうか」という表現にも存在しており、先ほど紹介したこの二つの「教えていただけないでしょうか」の類似敬語はメールや上司といった場合に限らず日常生活のいかなる場面での使用が可能です。 この項目では先ほど紹介した「お教えいただけないでしょうか」や「ご指導いただけないでしょうか」の他の表現について紹介していきます。 「ご教授いただけますでしょうか」 この敬語の原型は「ご教授ください」です。 この「ご教授ください」の意味は「学問といったものを人から教わること」に対して使われます。 そしてこの「ご教授ください」に似た表現として後々登場する「ご教示ください」というものもありますが、こちらは後々紹介いたします。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使うのは主に自分自身が学問といった専門分野を教えてもらいたい場合や、学問といった専門分野に従事している人に対して使う表現です。 そしてこの表現は「長期的」「継続的」にものごとに従事する場合に使うことが可能な表現です。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使った例文はこのようになります。 「ご教示いただけますでしょうか」との区別がややこしいので気を付けましょう。 「教えていただけないでしょうか」の別の敬語表現例 お教え願います 「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現であるこの表現もよく使われる表現のひとつで、「ご教授いただけますでしょうか」や「ご教示いただけますでしょうか」という表現と同じ意味で使われます。 ちなみに、この「お教え願います」という「お~になる」と尊敬の意味が含まれるもので、「ご教授ください」などといったものはやや謙譲語の意味が含まれるというのがこの二つの表現の違いです。 教えていただけると幸いです この「教えていただけると幸いです」という表現も「教えていただけないでしょうか」という敬語の類似表現です。 ですが、この表現があまり使われません。 実際、目上の人に対しては「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」という表現を使うことが多いからです。 ですが、覚えておくといい豆知識なので頭の片隅に入れておくといいでしょう。 これからの使い方は? いかがでしたか。 今回は「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文について紹介してきました。 この「教えていただけないでしょうか」という表現には「ご教示いただけますでしょうか」や「お教えいただけますでしょうか」というようにさまざまな言い換えが存在します。 もちろん、この「教えていただけないでしょうか」という表現以外にも数多くの敬語が存在します。 ひとつひとつの意味を理解し、状況に応じて使い分けることが大切です。 これから新社会人となる方もそれ以外の方も例外なく敬語という存在いつも側に存在しています。 敬語とは自分の常識を問われる知識のひとつです。 「教えていただけないでしょうか」という表現に限らず、正しい敬語使えるということこそ常識ある社会人に近づくための第一歩といえるでしょう。

次の