ゆ いま ー る 食堂。 【いまきん食堂】阿蘇・居酒屋

待ち時間ありきで行くべし

ゆ いま ー る 食堂

148. 293人 2017. 1現在 が住む多摩市は、緑豊かで市内には大小たくさんの公園があり、歩道と車道を分離した美しい街路が整備されているため、ゆっくりと散歩を楽しめます。 もうひとつの魅力は市立のコミュニティセンターが多数あり、市民活動が活発なこと。 さらに、大型ショッピングモール、文化施設、コンサートホール、スポーツ施設、公民館などが生活圏内に整備されています。 永山駅や多摩センター駅(いずれも京王線・小田急線)周辺はバリアフリーとなっている場所が多いので、車椅子で散歩や買物を楽しむこともできます。 また最寄り駅である永山駅は、新宿から電車で約25分と都心にも近いのが魅力です。 大切なペットと一緒に暮らすことも可能です。 ただし動物が苦手な方もいらっしゃいますので、同じ階に住む人びと全員がペット同居に同意することが条件です。 また、様々なをきちんと守っていただくことも必要です(詳しくはお問い合わせください)。 A棟1階のゆいま~る食堂では、毎日の食生活から健康づくりを支えます。 塩分控えめの日替わりカロリー定食 昼:770円、夜:770円 や、秋・冬限定メニューのビーフシチュー 920円 も好評いただいています。 家庭的な食事を予約なしに、自由にご利用いただけます。 居住者だけでなく、地域の方もご利用いただけるため、さまざまな人びとが交流できる場としても使われています。 ご予算に合わせてお弁当やオードブル等も承ります。 のお菓子等も販売しており、身体に配慮したこだわりの商品を購入することも出来ます。 【TEL:070-3362-1133】 多摩市には「」もあり、連携しながら地域全体をカバーしていきます。 いずれも多摩地域における高齢者医療・ケアに取り組み、「あいセーフティネット」の医療・介護サービスを展開するが協力医療機関。 介護が必要になったとき、ご自宅(居室)であいセーフティネットはじめ、地域の介護サービスが利用できるようにコーディネートします。 敷地内にあるでは、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう「通所」を中心に、「訪問」「泊まり」の3つのサービスを提供しています。 同じく敷地内にあるは、少人数で介護スタッフとともに共同生活しながら、入浴・排泄・食事など日常生活のサポートや機能訓練サービスを受ける施設です。 協力医療機関の1つ、は多摩地域の高次医療機関と連携し、予防からケアまで、外来、入院、通所など総合的なサービスを提供しています。 もの忘れ診断、リハビリテーション、頭痛外来、えん下外来にも力を入れています。 ゆいま~る聖ヶ丘A棟のうち6戸がグループハウスのユニット居室になっています 浴室・洗濯室は共用。 グループハウスは、24時間、生活コーディネーターが常駐するので、より見守りが欲しい方は安心してお暮らしになれます。 食事は自室でも、リビングダイニングや併設の「ゆいま〜る食堂」でもお召し上がりいただけます。 その場合、本契約を解約し、あらたに契約を結びなおします。 ユニット居室に住み替える場合は、居室が狭くなり、管理費が変更となります。

次の

いまきん食堂

ゆ いま ー る 食堂

148. 293人 2017. 1現在 が住む多摩市は、緑豊かで市内には大小たくさんの公園があり、歩道と車道を分離した美しい街路が整備されているため、ゆっくりと散歩を楽しめます。 もうひとつの魅力は市立のコミュニティセンターが多数あり、市民活動が活発なこと。 さらに、大型ショッピングモール、文化施設、コンサートホール、スポーツ施設、公民館などが生活圏内に整備されています。 永山駅や多摩センター駅(いずれも京王線・小田急線)周辺はバリアフリーとなっている場所が多いので、車椅子で散歩や買物を楽しむこともできます。 また最寄り駅である永山駅は、新宿から電車で約25分と都心にも近いのが魅力です。 大切なペットと一緒に暮らすことも可能です。 ただし動物が苦手な方もいらっしゃいますので、同じ階に住む人びと全員がペット同居に同意することが条件です。 また、様々なをきちんと守っていただくことも必要です(詳しくはお問い合わせください)。 A棟1階のゆいま~る食堂では、毎日の食生活から健康づくりを支えます。 塩分控えめの日替わりカロリー定食 昼:770円、夜:770円 や、秋・冬限定メニューのビーフシチュー 920円 も好評いただいています。 家庭的な食事を予約なしに、自由にご利用いただけます。 居住者だけでなく、地域の方もご利用いただけるため、さまざまな人びとが交流できる場としても使われています。 ご予算に合わせてお弁当やオードブル等も承ります。 のお菓子等も販売しており、身体に配慮したこだわりの商品を購入することも出来ます。 【TEL:070-3362-1133】 多摩市には「」もあり、連携しながら地域全体をカバーしていきます。 いずれも多摩地域における高齢者医療・ケアに取り組み、「あいセーフティネット」の医療・介護サービスを展開するが協力医療機関。 介護が必要になったとき、ご自宅(居室)であいセーフティネットはじめ、地域の介護サービスが利用できるようにコーディネートします。 敷地内にあるでは、今までの人間関係や生活環境をできるだけ維持できるよう「通所」を中心に、「訪問」「泊まり」の3つのサービスを提供しています。 同じく敷地内にあるは、少人数で介護スタッフとともに共同生活しながら、入浴・排泄・食事など日常生活のサポートや機能訓練サービスを受ける施設です。 協力医療機関の1つ、は多摩地域の高次医療機関と連携し、予防からケアまで、外来、入院、通所など総合的なサービスを提供しています。 もの忘れ診断、リハビリテーション、頭痛外来、えん下外来にも力を入れています。 ゆいま~る聖ヶ丘A棟のうち6戸がグループハウスのユニット居室になっています 浴室・洗濯室は共用。 グループハウスは、24時間、生活コーディネーターが常駐するので、より見守りが欲しい方は安心してお暮らしになれます。 食事は自室でも、リビングダイニングや併設の「ゆいま〜る食堂」でもお召し上がりいただけます。 その場合、本契約を解約し、あらたに契約を結びなおします。 ユニット居室に住み替える場合は、居室が狭くなり、管理費が変更となります。

次の

ゆいま~る多摩平の森|株式会社コミュニティネット

ゆ いま ー る 食堂

安心して第二の人生を過ごすために、サービス付き高齢者向け住宅を選ぶシニア世代もいます。 今回は、約築50年の団地を再生した、高齢者向け住宅「ゆいま〜る多摩平の森」をご紹介します。 築50年の団地5棟を再生した「たまむすびテラス」 (株)コミュニティネットの「ゆいま〜る」シリーズは、自立した高齢者を対象とした高齢者向け住宅です。 医療と介護が連携し、生活としての住まいを目指した「ゆいま〜る」シリーズは、団地再生型、駅前再開発型、過疎地再生型など、さまざまな物件の特性を活かしながら全国に展開しています。 以前マンション・ラボでも、高島平団地の空き室を活用した、「ゆいま〜る高島平」の事例を紹介しました。 今回ご紹介するのは、東京都日野市にある、ゆいま〜る多摩平の森。 ここはかつて、UR都市機構が整備・開発したマンモス団地、多摩平団地の一部でした。 築50年以上となり、ほとんどの団地は取り壊されて再整備されましたが、5棟の団地だけは、民間業者によりそのまま再生して多世代共生の場「たまむすびテラス」として生まれ変わりました。 書架コーナーから見た食堂。 長い廊下に本が並んでいます。 個性的だなと思ったのは、木のぬくもりのあるガラス張りのゆいま〜る食堂と書架コーナーです。 緑に囲まれて、気持ちよい空間になっています。 清水さん「食堂は、居住者だけでなく、近隣の方々にも開いているほか、イベント会場や集会室としても活用されています。 駅からも近いので、近隣のシニアやお子さん連れのママが食事にいらっしゃいます」 ゆいま〜るシリーズの特徴のひとつでもある食堂は、よくあるシニアマンション併設の食堂のように使用予約は必要ありません。 ただ、居住者はお元気な方々が多いので、自炊できる人がほとんど。 食堂を活用する居住者はまだわずかですが、こうした地域に開いた場があることで、今後の交流が期待できます。 清水さん「食堂へお総菜だけ買いに来る方もいらっしゃるんですよ。 まわりに開いた場を設けることで、そこからつながりが生まれていくようです。 この食堂では、地域住民も参加できる勉強会やイベントも開催されていますが、居住者が講師となって指導する藍染め教室もあります。 清水さん「せっかくある食堂ですから、地域の人にも使ってほしい。 たとえば、若者向けシェアハウス「りえんと多摩平」に住む若い女性が、編み物を習いたいということで、ゆいま〜る居住者の女性が個人レッスンをすることも。 シェアハウス棟に住む中央大学の学生は、多世代交流への意識も高く、地域交流を行いたいという申し入れから、シェアハウスに住む外国人留学生による語学教室が、ゆいま〜る食堂で開催されたそうです。 英語や韓国語が飛び交う楽しい勉強会になったようです。 96歳のAさんを囲んだ、お話を聞く会の様子。 なんと一人暮らしで、3食のお食事もすべてご自分でつくられているのだとか。 さすがです! マンションコミュニティでも、お元気なシニア住民の健康法の勉強会を催してみてもいいかもしれませんよね。 ゆいま〜る多摩平の森でも、居住者同士の交流イベントが活発に行われています。 たとえば、大正7年生まれ・96歳の居住者の健康の秘訣を聞く会では、なんと居住者30名が集まり、満席になるという大盛況。 健康で自立した生活を送る96歳の大先輩のライフスタイルを学ぶ、楽しい時間になったようです。 居住者は、もともとこの地域出身の方ばかりではありません。 しかし地域に役立つための活動を行っている居住者もいます。 居住者や、ぐりんはぁと利用者の中には、近隣小学校の子どもたちの下校の見守りを行う「スクールガードボランティア」にスタッフと一緒に参加している方もいます。 できることをする、というスタンスで行う小さな活動の積み重ねが、次第に地域に根を張っていくのではないでしょうか? ゆるやかな見守りと自由度のバランス 居住者のおひとりが、住戸棟の裏手の空きスペースを耕して菜園に仕上げました。 夏の間は収穫した野菜がお裾分けとしてみんなに配られたとか。 マンションでも、こんなフレキシビリティある活用アイデアがほしいですね。 ゆいま〜る多摩平の森では居住者のシニアの皆さんが、それぞれご自分の得意なこと、好きなことをしながら自分の居場所をつくっている。 しかも地域と何かしらつながっている。 そんな暮らしが実現しているように思えました。 こうした暮らしづくりを支えているのが、スタッフの皆さんなのでしょう。 居住者の自主性を最優先にしてながら、ゆるやかに見守る。 「してもらう」のではなく、一人ひとりの「やりたい」という気持ちを大切にしてサポートする。 これって、マンションコミュニティの作り方にもあてはまることなのかもしれません。 同じ敷地内に、世代ごとに違うコンセプトの集合住宅があり、ゆるやかにつながる多世代共生型集住というのも、これからの高齢化社会のマンションに必要なコンセプトなのではないでしょうか? 皆さんはどうお考えになりましたか? ゆいま〜る食堂にあるライブラリースペースの見学を行いました。 こちらの記事もご覧ください。

次の