マイル旅行券 天気。 毎年恒例のANAマイル利用、1回の旅行で2度おいしい、日本...の旅行記

JALの少ないマイル(10000未満)の賢いマイル消化方法

マイル旅行券 天気

毎年恒例となっている、ANAマイルを利用した旅行ですが、今回は国内2地点と、アメリカに行ってまいりました。 特典航空券規定を最大限に活用したANA 6区間、うちANA国際線2区間はビジネスクラス利用、そしてアメリカ国内は航空券別途購入による3区間で、合計9区間の航空機搭乗です。 観光はアメリカの前後に日本2箇所(仙台・松島と、札幌)とアメリカ3地域(ニューヨーク、ラスベガス、アリゾナ州セドナとモニュメントバレー)を周遊、レンタカーを4地点で借り、セドナでは5km Runの大会にも参加という、のんびり滞在型の旅行とは正反対の駆け足8日間の旅行の始まりです。 その8日間の旅行には昨年に健康上の理由で自営業を畳むに至った両親を連れ、3名での一行です。 旅の始まりは日本国内の観光から。 地元の大阪・伊丹空港を出発、最初に訪れたるは、仙台空港です。 事前に特価1,000円!のレンタカーを手配しており、仙台の短い滞在時間を使って、日本三景の一つである、松島へのミニドライブ・観光です。 レンタカー代1,000円だけを払うというのに余りに気が引けた私は、普段は加入しない任意保険にも加入、合計2,400円のレンタカー代となりました。 日本の任意の2地点をアメリカ旅行の前後に組み入れられることを両親に説明したところ、父の希望で仙台、そして松島を選択しました。 父の身体が行動に不自由をきたすようになったことからレンタカーを降りて松島を少し見るだけで構わないとのことで、まずは松島訪問です。 ニューヨーク観光の目玉の一つ、ロックフェラータワーから望む夜景です。 話はズレますが、数年前まで日本の物価高は世界でも有数と言われていたように思えますが、いつのまにか言われなくなった気がします。 アメリカにも何度となく公私ともに旅行をしていますが、ちょっとまえまで至るところで値段にお手ごろ感を感じていたのがそうでもなくなりました。 食堂で食事をすると直ぐに20USDくらいになり、地下鉄もしかり、そしてこのタワーに登るだけで税込み40USD!!夜景は確かにキレイですが、いいかえれば単なる展望台かな。 あべのハルカスや、東京スカイツリーの料金が可愛く思えます。 ちなみに自由の女神は35USD、、、。 持ち物リストを見る• 飛行機(機内食グルメ込み)、観光、ドライブ、Run、、、スケジュールつめつめながら、これまで長旅に出たことのなかった父親でも楽しんで頂けた旅行でした。 私自身のRun趣味では3月に入ってからも毎週のように大会に出ていて、ついには台湾の知り合いが台湾でのRunの大会に私の分までエントリーしたことから、来週末(3月30日から)は、またもやマイルを使った海外旅行(往路はベトナム乗継ぎ!)に出ることになりました。 また、Runともども旅行記を纏めたいと思います。 ANAのビジネスクラスすごいですね…機内食もほんとに美味しそう…。 マラソンも年齢別金メダルおめでとうございます。 4回出ると丸くなるメダルもおもしろいですね。 お母様とハーフムーンメダルいい思い出ですね! またご家族との旅行記拝見できるの楽しみにしてます。

次の

どこかにマイルを攻略して家族旅行!4つの候補地から第一希望を当てました

マイル旅行券 天気

はじめに• 初心者攻略• キャラ・セーブデータ• 住民キャラ攻略 住民との生活• 住民キャラ一覧• amiiboで好きな住民を呼ぶ• 島づくり攻略 島の基本要素• 理想の島開発• 島での生活攻略 自宅・拠点• DIY・家具• レジャー• タヌポート• 危険な生き物• イベント• スマホの機能• 攻略データベース 収集• その他の要素• 製品・グッズ情報• 掲示板• ピックアップ攻略• : 含め609種コンプリート! はじめに• 初心者攻略• キャラ・セーブデータ• 住民キャラ攻略 住民との生活• 住民キャラ一覧• 働く住民• 訪問住民• amiiboで好きな住民を呼ぶ• 島づくり攻略 島の基本要素• 理想の島開発• 島での生活攻略 自宅・拠点• DIY・家具• レジャー• タヌポート• カブの売買• 危険な生き物• イベント• (4月1日~12日)• (4月23日~5月4日)• スマホの機能• 攻略データベース 収集• その他の要素• 製品・グッズ情報• 掲示板• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【デルタ航空】特典航空券の交換に必要な最低マイル数の目安を調べてみた!

マイル旅行券 天気

航空券だけじゃない!ホテル代もマイルで補填!ANA SKY コインの魅力 ANA SKY コインは,ANA独自の電子マネー。 1コイン=1円として,ANAが販売する航空券や旅行商品を購入することができます。 旅行商品とは,航空券とホテルがセットになったもののことですね。 さて,ANA SKY コインは,ANAマイルを最大1. 7倍のレートで交換することで入手できます。 これがどういう意味を持つかと言いますと,ANAマイルは通常,航空券にしか交換できないんです。 7倍,つまり1マイル=1. 7円となっちゃうわけです。 ホテル代もANAマイル(ANA SKY コイン)で賄って,交通費と宿泊費という旅行の二大出費を持ち出しゼロにするか,より価値の高いビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券に利用するか,場面によって使い分けても良いと思います。 これからこの記事で,交通費と宿泊費をANAマイル(ANA SKY コイン)で賄った実際の体験談を紹介しますので,こんな使い方もあるんだなーって参考になったら嬉しいです。 ANA SKY コインを使った宮古島3泊4日格安旅行!しかもホテルは,あのシギラベイサイドスイート アラマンダ! さて,行き先を宮古島にセットして,さっそくANA旅行商品の航空券+宿泊「旅作」で検索。 ホテルは奮発して,シギラベイサイドスイート アラマンダを選びました。 シギラベイサイドスイート アラマンダは,日常のあらゆることからゲストを解き放ち,心からのくつろぎと歓びを約束してくれるプレミア・プライベートリゾートです。 客室は全室スイート仕様という,なんとも贅沢な空間です。 広大な敷地内に6つのホテル・温泉やゴルフ場などがあり,さまざまなアクティビティを楽しむことができます。 大阪ー宮古島往復航空券+シギラベイサイドスイート アラマンダ3泊4日で総額16万円となりました。 残りの13万円をANA SKY コインで支払うことにしました。 このANA SKY コインはもちろん,8万ANAマイルを1. 7倍のレートで136,000コインに交換したものです。 結果, 現金をまったく持ち出しすることなく,大阪ー那覇ー宮古島の往復航空券と,シギラベイサイドスイートアラマンダ3泊の旅行を予約できたのです。 正しいマイルの貯め方を知って,年30万マイル貯めましょう! 8万マイルを136,000コインに…ってサラッと説明しましたが,そもそも8万マイルってとんでもない量です。 8万マイルあれば,夫婦2人分のハワイ往復エコノミークラス特典航空券に交換できますし,行き先が香港なら,2人でビジネスクラスにだって乗れる量ですよ。 そんな8万マイルも簡単に貯められるか!とお思いになったかもしれませんが,実は 正しいマイルの貯め方を知っていれば簡単に貯めることができます。 現に僕は夫婦で協力して,たった1年で60万マイル貯めることができました。 60万マイルあれば,8万マイル使うことは現実的ですよね? 普通の会社員でも専業主婦でも,一人30万マイルは十分貯められるんです。 興味のある方はぜひ一度,下記記事をじっくりと読んでみてください。 宮古島へのアクセスは飛行機で。 那覇乗り継ぎで約4時間,直行便なら2~3時間! 宮古島は,沖縄本島から南西へ約300㎞の距離にある離島です。 以前は那覇ー宮古島間をフェリーも運航していましたが,現在は運航停止となっています。 飛行機の場合,那覇空港を経由して本土ー那覇ー宮古島と乗り継ぐのが一般的です。 今回僕も,伊丹空港ー那覇空港ー宮古空港というルートで行きました。 伊丹ー那覇間を2時間15分,那覇ー宮古間を約1時間で運航,乗り継ぎ時間を考慮すると 約4時間で到着です。 また,1日1~2往復ではありますが,JALは羽田空港から,ANAは羽田・名古屋・関空・福岡の4空港から,宮古島行きの直行便も運航しています。 乗り継ぎがない分,関空ー宮古島で 約2時間半と,早く宮古島に着くことができますね。 宮古島と近隣離島は橋でつながっている。 島内移動はレンタカーがおすすめ! 宮古島内に電車はありません。 路線バスはありますが,本数はそれほど多くないので車での移動が便利です。 宮古島の周りにある池間島・来間島・伊良部島と宮古島の間に橋が架けられていて,車で島へ渡ることができます。 車ならかレンタカーということになりますが,安く自由にいろいろなところへ行きたいなら, 断然レンタカーがおすすめ! スカイチケットレンタカーやたびらいレンタカーといった,レンタカー比較サイトで検討しましょう。 せっかくなので,普段乗れない車を選ぶというのもアリですね。 僕も上記のレンタカー比較サイトで探して,3泊4日で写真のクライスラーチェロキーを24,000円(免責補償込み)でレンタルすることができました。 宮古島で過ごした最高の時間。 宮古島に僕が求めていたのは,南国リゾートらしいゆったりとした時間の流れ。 その日やりたいことだけをやる,という贅沢な時間の使い方をするのに,宮古島は最良の選択だと思います。 まず,宮古島の滞在ホテルに選んだシギラベイサイドスイート アラマンダは,控えめに言って最高でした。 アジアンテイストのスーペリアスイート(65~72㎡)で予約していたのですが,なんとびっくり!プールヴィラ ラグーンスイート(91㎡)へアップグレードしてもらえました。 ここは楽園か…と思ってしまったくらい,最高の景色です。 南国らしい雰囲気の部屋に,バスタブの奥にはプライベートプールがあるではありませんか。 プールヴィラ ラグーンスイートのあるヴィラは,周りがラグーンで囲まれています。 このラグーンにはウミガメが暮らしていて, 自由気ままに泳いでいる様子を,部屋のテラスからいつでも眺めることができるんです。 毎朝10時に餌やりタイムがあって,ウミガメとカルガモたちが一斉に集まってくる姿を見られますよ。 天気の良い日には,敷地内にあるでゴルフを楽しみました。 日本で唯一,すべてのホールから海が見える本格派リゾートコースで,上記写真のような景色を18ホールずーっと眺めながら,とにかく気持ちよくプレーできるんです。 また,乗用カートはフェアウェイ走行可能なので,普段よりも疲れませんでした。 そして,お腹がすいたら宮古そばで有名な丸吉食堂さんへ。 写真は宮古そば・大です。 あまりにも美味しくて,2日連続で食べたくらい。 天気の悪い日は部屋でのんびりと過ごしたり,雨があがったらドライブに出かけたりと,夢のような4日間を過ごすことができました。 ANAマイルを貯めて,宮古島に格安で行きましょう! 航空券代やホテル代を抑えて,格安で宮古島に行くために,まずはANAマイルの正しい貯め方をぜひ知ってください。 航空券やホテルの出費を抑えられる分,滞在中のアクティビティやレンタカー,食事代などに充てることができて旅の満足度はさらに上がることでしょう。 まずは下記記事を一度ぜひゆっくりと読んでみてください。

次の