夏至 スピリチュアル。 2020年の夏至はいつ? 子どもへの簡単な説明|日照時間・食べ物・世界の夏至祭まで まるっと解説

夏至のスピリチュアル的な意味とは?強いエネルギーで願いが叶う

夏至 スピリチュアル

【2020年版の記事】 今年の19年ぶりの夏至・日食の影響は既に出ているようです。 なお、症状の出方は人によって差があります。 1 眠気・睡眠欲 寝ても、寝ても、寝足りない。 いくらでも寝ていたい。 人の意識が変化するときに、起きて活発な状態だとなかなか変化がしづらいことがよくあります。 変化するために、寝てしまう・眠らされてしまうということが起きます。 ヒーリングセッションや富士山ワークなどでよくあることです。 ヒーリングセッションに参加をすると寝落ちしてしまう。 過去の富士山ワークで、ワンボックスカーに参加者を載せて走ると、走り出したとたんにみんな寝落ちして、次の神社に付くともそもそと起き出す。 そして、次の神社に出発すると、とたんに寝落ちする。 眠たい場合の対処としては・・・ 「ねる」 笑 19年ぶりの夏至日食だと考えれば、19年に一度のことですから、夏至前後の一週間は寝て過ごすのも一つの方法です。 2 断捨離 何か、片づけたくなる・売りたくなる。 理由はよくわからないけど、身の回りの整理を始めたりします。 私の場合は、車を売り!ます。 身の回りの片づけや整理も変化の為の準備になります。 だけど、それを行う理由を考えてみてもあまり思いつきません。 変化後の状態を変化する前には思いつかないので、理由なく片づけたくなったりします。 そんな時は、理由はともかく、片づけを始めてしまいましょう。 【2018年版の記事】 夏至とその前後には体調を崩すことがよくあります。 このころは梅雨時期にあたるため気温変化や湿度が原因と一般的に言われています。 確かに気温や湿度も原因の一つなのですが、スピリチュアルなエネルギー変化が原因にもなっているので、そのことについて説明します。 2018年の夏至は、6月21日19時07分です。 スピリチュアルな意味では、太陽のエネルギーが最も強くなる時期になります。 一年を通じて、冬至が太陽エネルギーが最も弱い時になり、夏至が最も強い時になります。 これを東洋思想の陰陽で表すと、 夏至:陽が極まる 冬至:陰が極まる 春分と秋分:陰と陽がバランスする となります。 夏至で、太陽エネルギー(陽)が最も強くなると、身体はそのエネルギー変化に対応しようとして身体を夏型に変化させます。 夏至の頃は季候もまだ春から夏への変化の途上にあるため、夏型の太陽エネルギーが強い季節に身体にようやく変化した時に、気温が下がって春の季候になってしまい、太陽エネルギーが弱くなったりします。 そうなると、太陽エネルギー不足という状態になり、それが体調の変化となった現れてきます。 人によって出方が異なるので正反対の症状になることもあり、自律神経失調症に似ています。 眠気:あくび、だるさ 緊張:夜眠れない、眠りが浅い 体調:風邪のような状態、アレルギー症状 痛み:頭痛、背中痛 精神的には、 やる気のなさ、集中力がなくなる、頭がスッキリしない、考えがまとまらない、などがあります。 西洋医学的な原因がある訳ではないので、医者に行っても原因が分らず、症状を抑える対処療法的な薬が処方されることがあります。 太陽フレアでも同じ様な事になりますが、2018年は太陽活動の静穏期になり体調に直接影響するような太陽フレアは発生していません。 ただ、太陽活動そのものが静穏期になるため、夏至の頃には太陽エネルギーの不足状態が起きやすい傾向にあります。 そういったこともあるので、やる気を出そうとしても出ない時期になりますが、これはあなたに責任があるわけではありません。 身体・精神面での変化の途上にあるから起きることです。 こういう時は、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 そうすることで太陽エネルギー不足の解消になります。 仕事の関係などで朝日を浴びることが難しい場合は、なるべく 太陽の光がある所に出掛けることです。 それも難しい場合は、 暖かい飲み物を飲む、 熱い風呂に入る、など温度の高いものを飲んだり入ったりすること。 また、精神的にはやる気が出ないので、 好きなことや 楽しい事、 面白いことに気持ちを向けることが良いです。 【2016年版の記事】 今年2016年の夏至で体調を崩している人も多いようです。 昨年2015年の夏至は、太陽フレアによる体調不良が出ていたのですが、 2016年の場合は、満月が夏至の前日にあるため、月と太陽のエネルギーが共に高い状態になります。 そのため、眠い、だるい、頭がボーっとする、考えるのがめんどくさいなど、高いエネルギーの時期特有の気怠さが出てきやすい状態です。 夏至と満月が連続するというのは珍しく、前回は2005年(この時は夏至の翌日が満月)なので11年ぶりです。 11年前の夏至がどんなだったのかをはっきりと覚えている人は、たぶんいないと思います。 なので、今年の夏至は初めて経験する状況であるかのように感じられます。 この次に夏至と満月が連続するのは、計算上では2024年になるので8年先になります。 また、先日から急に気温が高くなり、大気の状態が不安定で豪雨などにより湿度・温度共に高い状態ですから、さらに気怠く感じることになります。 こういう状態では、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 カテゴリー• 657• 359• 239• 105• 105• 2,726• 1,195• 771• 177• 128• 113• 233• 204• 999• 124• 328• 283• 22 アーカイブ アーカイブ.

次の

夏至と日食がガッチャンコ!2020年スピリチュアルデーの過ごし方!|暮らしの情報局

夏至 スピリチュアル

【2020年版の記事】 今年の19年ぶりの夏至・日食の影響は既に出ているようです。 なお、症状の出方は人によって差があります。 1 眠気・睡眠欲 寝ても、寝ても、寝足りない。 いくらでも寝ていたい。 人の意識が変化するときに、起きて活発な状態だとなかなか変化がしづらいことがよくあります。 変化するために、寝てしまう・眠らされてしまうということが起きます。 ヒーリングセッションや富士山ワークなどでよくあることです。 ヒーリングセッションに参加をすると寝落ちしてしまう。 過去の富士山ワークで、ワンボックスカーに参加者を載せて走ると、走り出したとたんにみんな寝落ちして、次の神社に付くともそもそと起き出す。 そして、次の神社に出発すると、とたんに寝落ちする。 眠たい場合の対処としては・・・ 「ねる」 笑 19年ぶりの夏至日食だと考えれば、19年に一度のことですから、夏至前後の一週間は寝て過ごすのも一つの方法です。 2 断捨離 何か、片づけたくなる・売りたくなる。 理由はよくわからないけど、身の回りの整理を始めたりします。 私の場合は、車を売り!ます。 身の回りの片づけや整理も変化の為の準備になります。 だけど、それを行う理由を考えてみてもあまり思いつきません。 変化後の状態を変化する前には思いつかないので、理由なく片づけたくなったりします。 そんな時は、理由はともかく、片づけを始めてしまいましょう。 【2018年版の記事】 夏至とその前後には体調を崩すことがよくあります。 このころは梅雨時期にあたるため気温変化や湿度が原因と一般的に言われています。 確かに気温や湿度も原因の一つなのですが、スピリチュアルなエネルギー変化が原因にもなっているので、そのことについて説明します。 2018年の夏至は、6月21日19時07分です。 スピリチュアルな意味では、太陽のエネルギーが最も強くなる時期になります。 一年を通じて、冬至が太陽エネルギーが最も弱い時になり、夏至が最も強い時になります。 これを東洋思想の陰陽で表すと、 夏至:陽が極まる 冬至:陰が極まる 春分と秋分:陰と陽がバランスする となります。 夏至で、太陽エネルギー(陽)が最も強くなると、身体はそのエネルギー変化に対応しようとして身体を夏型に変化させます。 夏至の頃は季候もまだ春から夏への変化の途上にあるため、夏型の太陽エネルギーが強い季節に身体にようやく変化した時に、気温が下がって春の季候になってしまい、太陽エネルギーが弱くなったりします。 そうなると、太陽エネルギー不足という状態になり、それが体調の変化となった現れてきます。 人によって出方が異なるので正反対の症状になることもあり、自律神経失調症に似ています。 眠気:あくび、だるさ 緊張:夜眠れない、眠りが浅い 体調:風邪のような状態、アレルギー症状 痛み:頭痛、背中痛 精神的には、 やる気のなさ、集中力がなくなる、頭がスッキリしない、考えがまとまらない、などがあります。 西洋医学的な原因がある訳ではないので、医者に行っても原因が分らず、症状を抑える対処療法的な薬が処方されることがあります。 太陽フレアでも同じ様な事になりますが、2018年は太陽活動の静穏期になり体調に直接影響するような太陽フレアは発生していません。 ただ、太陽活動そのものが静穏期になるため、夏至の頃には太陽エネルギーの不足状態が起きやすい傾向にあります。 そういったこともあるので、やる気を出そうとしても出ない時期になりますが、これはあなたに責任があるわけではありません。 身体・精神面での変化の途上にあるから起きることです。 こういう時は、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 そうすることで太陽エネルギー不足の解消になります。 仕事の関係などで朝日を浴びることが難しい場合は、なるべく 太陽の光がある所に出掛けることです。 それも難しい場合は、 暖かい飲み物を飲む、 熱い風呂に入る、など温度の高いものを飲んだり入ったりすること。 また、精神的にはやる気が出ないので、 好きなことや 楽しい事、 面白いことに気持ちを向けることが良いです。 【2016年版の記事】 今年2016年の夏至で体調を崩している人も多いようです。 昨年2015年の夏至は、太陽フレアによる体調不良が出ていたのですが、 2016年の場合は、満月が夏至の前日にあるため、月と太陽のエネルギーが共に高い状態になります。 そのため、眠い、だるい、頭がボーっとする、考えるのがめんどくさいなど、高いエネルギーの時期特有の気怠さが出てきやすい状態です。 夏至と満月が連続するというのは珍しく、前回は2005年(この時は夏至の翌日が満月)なので11年ぶりです。 11年前の夏至がどんなだったのかをはっきりと覚えている人は、たぶんいないと思います。 なので、今年の夏至は初めて経験する状況であるかのように感じられます。 この次に夏至と満月が連続するのは、計算上では2024年になるので8年先になります。 また、先日から急に気温が高くなり、大気の状態が不安定で豪雨などにより湿度・温度共に高い状態ですから、さらに気怠く感じることになります。 こういう状態では、頑張っても頑張れないので、休める人は思い切って休む。 休めない人は、無理をしないことが大切です。 カテゴリー• 657• 359• 239• 105• 105• 2,726• 1,195• 771• 177• 128• 113• 233• 204• 999• 124• 328• 283• 22 アーカイブ アーカイブ.

次の

金環日食の光は浴びてはいけないスピリチュアル的な本当の理由 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

夏至 スピリチュアル

Contents• 夏至とは?スピリチュアルな時? 夏至というものは、現在広まっている定気法では太陽黄経が90度のときで 6月21日ごろになります。 暦ではそれが起こる日となっていますが、実は、天文学ではその瞬間を夏至とし、それを含む日を夏至日(げしび)と呼びます。 62日)後で6月22日ごろ。 実は、特定の日を指すだけではなく、 期間としての意味もあり、この日から次の節気の小暑前日までとなっています。 西洋占星術では、夏至を巨蟹宮(かに座)の始まりとなっています。 前述したように夏至は陰から陽へとエネルギーが切り替わる時期なので、「静」から「動」に自分を変えて助走をつけていくことが大切です。 夏至前後の行動は実現性を高めるといわれていて、目的を持って行動している人に運が来ます。 ポジティブに活動的になることで、前に進む力が育ち、陽の力を取り入れることができて、夏至のパワーがサポートしてくれます。 これはなぜかとういうと、夏至は一年の中でも昼間の時間が長い日ですが、それと同時に太陽のエネルギーも強くなる日だからです。 夏至は陽が極まり、冬至は陰が極まる。 春分、秋分は陰陽のバランスが保たれているのです。 蟹座の影響を受ける 夏至は 蟹座に太陽が近付く日となるため、太陽のエネルギーにプラスされて蟹座の影響をより強く受けることになります。 また、蟹座が持つ「家庭」を司る性質によるので、より一層身内意識が高まると言われているため、 家庭内や自分の内面に対して意識を向けてみるといいでしょう。 夏至は恋愛運が高まる日ともいわれていて、運命の人が見つかる可能性も大といわれています。 世界各国ではこの日を祝い、お祭りやイベントなどが開催されています。 特に北欧では冬の期間が長い為、夏至を迎えると喜ばしい季節の到来として盛大にお祭りが開催されます。 スウェーデン の「夏至祭 ミッドサマー 」は最近映画で有名になりましたよね。 夏至の日は家族で集まり、邪気や悪魔を祓い、幸運を呼び込む国もあります。 創造のエネルギーのピーク 創造のエネルギーというのは、生みの苦しみを持つ方も多いです。 ただ、この夏至の期間であれば、今より良いものを生み出すことができる時期になります。 なにかクリエイティブな作業や、仕事をしている人はそれらが非常にはかどり、創造力が高まる時期です。 また、 新型コロナウイルスに関する未知の付き合い方の創造など、より一歩進むことができる時期でもあります。 夏至前後で起こるとされる体調不良や変化は?行うべきこと 夏至前後はエネルギーが溢れる時期ではあるものの、急激な状況の変化により、体調や気分が変化していくとも言われています。 ここからは夏至に起こる体調の変化について紹介していきます。 眠気・不眠 これらはなぜ起きるのかというと、必要以上にエネルギーを誰かに渡しすぎてしまい、自分のエネルギーを守ることができない人に起きやすくなっています。 いつも以上にあくびが増えて眠い状態が多くなったり、夜はなかなか眠りにつけない、あるいは、エネルギーが足りない人は、秋分、冬至にも同様の症状が出る人もいます。 この時期に行うべきことは、エネルギーの蓄積になります。 不安・イライラ この夏至の時期は、陰と陽のエネルギーが変わるときは情緒不安定になりやすいといわれています。 感情のコントロールが難しい状態になる人も多いと言われていて、このような症状に気付いたら誰かといるよりも一人でゆっくりと休むことが一番です。 陽の時期だからといって、誰しもがこの時期にエネルギーが溢れ出すことはありません。 集中力が低下し、うつ病の兆候も 体が重く、判断力が弱まる方も少なくありません。 夏至が影響を起こす体調不良は、風邪だけではなく「うつ病の初期症状」に似たものが多いといわれていて、だるさや、吐き気、頭痛などを起こすこともあります。 でも、陰陽バランスの変化で起きている症状だからエネルギーを回復するための行動で、よくなることも多いです。 スピリチュアル的に夏至に行うべきこと 瞑想・願い事をする もしも、エネルギーが湧いてこないという方は、夏至に瞑想をすることで心を穏やかにし、インスピレーションを受け取りやすくなります。 夏至の体調不良も瞑想によって改善することができるので、不安やイライラなどは今後の未来への目標だったり、ドキドキ・ワクワクすることに変えて、願い事にしてみましょう。 夏至は「太陽・地球・銀河」が真っ直ぐに並ぶため願いが叶いやすいとも言われています。 上半期を振り返り自分の道を決定する 夏至以降の新しい目標を決めましょう。 夏至は自分の考えを見直すにも最適な時期です。 一つのタイミングとして、自分がこれからやってみたいことに挑戦する道を作ってみたりと、自分自身の内面と今後のやり方などを、改めて見つめてみると良いでしょう。 体調を整える・エネルギーを取り入れる 夏至は半身浴やヨガ、整骨院へ行くなど体調を整える時期にも適しているといわれています。 体調を整えるということは、メンタルや精神も整えることが大切で、もしも悩みがあるなら、この機会にじっくりとをしてみることもおすすめです。 まとめ 春夏秋冬の「転換期」には体調や心・精神に変化が起きやすく、季節の変わり目を色んな意味で感じるべきときです。 ただ、全員が全員そうというわけではないし、全てが変わり目に影響されるわけではなく、エネルギーが湧いてくる人もいれば、そうではなく、体調の変化に戸惑いを感じる人もいます。 あくまで「夏至」は、必要なモノを内側に、必要でないモノを出しつつ調整する力強さを高めてくれる役割をしてくれる日です。 疲れ気味の人はゆっくり休養をとるのはけっこうおすすめで、エネルギーの貯蓄も大切なことなんです。 悩みや不安がある方は、この時期にをしながら、デトックスをしてみませんか? ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の