もち 米 水 の 量。 お米に対する適切な水の量を徹底解説!計算式や指で計る方法など紹介

お米一合を炊くときの水の量(水加減)の基準

もち 米 水 の 量

年2回あるお彼岸の食べものといえば、やっぱり「おはぎ(ぼたもち)」ですよね。 お店にいけば気軽に手に入る和菓子です。 でも、どうしてわざわざ購入するのでしょうか? おそらく手作りのおはぎ(ぼたもち)は手間と時間がかかるというのが一番気になるのではないでしょうか。 あんこを作るのに時間がかかる、わざわざもち米を購入しなければならない・・・など、人によっては作る前にあれこれ考えてしまい、結局お店で購入するという方も多いですよね。 確かに、あんこ作りは時間と手間がかかります。 それに、あんこを包むのも手にベトベトもち米やあんこがついてしまう、っというのはあります。 実は、 ちょっとの工夫で手軽に美味しいおはぎ(ぼたもち)を作れるんです! その方法は記事内でご紹介していますので、お彼岸の時期だけではなく、普段も作れるおはぎ(ぼたもち)にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? この作り方では、生地が固くなりにくい方法もご紹介しています。 簡単に作れるおはぎの作り方 完成です。 [message]• info-circle コツ• ・もち米とうるち米は、20分ほど水に浸けてから5分程水切りすることで、炊いた時に米の中までしっかり水分を吸い込み、仕上がりがふっくらします。 ・米が炊けたら一度全体を混ぜ合わせ、15分程度蒸らすこと! ・もち生地は半分つぶします。 全部つぶしてしまうとおもち感が強くなり、粘りっ気が強くなってしまうので、歯応えを残す程度の「半分つぶす」ことをお忘れなく! ・翌日でも固くならないように炊く時に 砂糖を水と一緒に加えることをお忘れなく! 記事のはじめに「ちょっとの工夫で手軽に作れる」と書きましたが、簡単にまとめてみると、• 準備に手間のかかるあんこは市販のあんこを使用。 もち生地を包む時には手より大きいサイズのラップを広げ、その上にのせて包むように形を整えていけば手が汚れません!• 黄な粉をまぶす時は黄な粉の上に形を整えたもち生地をのせ、スプーンで黄な粉をかけるようにまぶすとキレイにまんべんなく黄な粉がかかります。 「市販のあんこを使う」という選択肢 あんこは市販のものを使えばすでに甘さが調味されているのですぐに使えます。 ただ、使用前に軽く熱処理してから使うことをお忘れなく! 小豆から煮て作るというのもとても素敵な調理法だとは思います。 ただ、やはり時間と手間がかかりますよね。 そんな時には市販のあんこを使えば楽に作業ができますよ。 選択肢は一つだけではありませんから! 〈手順5〉で炊けた米をつぶす時に使う麺棒ですが、私は麺棒にラップを被せて使っています。 一般的に知られているのは秋は「おはぎ」と呼び漢字で書くと「御萩」、春は「ぼたもち」と呼び漢字で書くと「牡丹餅」と書くというのをご存知という方も多いかと思います。 それぞれが季節のお花が由来というのもよく知られていますよね。 秋の「おはぎ」は「萩(はぎ)」から。 秋の七草にも数えられる萩の花が、小豆の粒と形が似ているということから、「お萩餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」として定着。 春の「ぼたもち」は、春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなんでつけられた名前。 小豆の粒を牡丹の花びらに見立てて「牡丹餅(ぼたんもち)」と呼ばれていたものが、やがて「ぼたもち」に変化したと言われています。 諸説ありますが、一番の違いとしては「 あんこ」にあります。 「 つぶあん」なのが「 秋のおはぎ」、「 こしあん」なのが「 春のぼたもち」となります。 また、大きさにも違いがあり、秋は萩の花のように小さく上品に俵型、春は牡丹の花のように大きく丸くと言われています。 あんこの種類が違う理由としては、あんこに使用される 小豆の収穫時期にあります。 小豆は種まきが春4月~6月、収穫が秋9月~11月。 秋のお彼岸時期は収穫したばかりの小豆で「おはぎ」を作ります。 収穫したての小豆は皮までやわらく食べられるため、粒あんとして使用します。 春まで保存した小豆は皮が固くなってしまうため、皮を取り除きこしあんとして使用するため、あんこの種類も変わってきます。 お彼岸についての詳しい情報は「」を参考にしてください。

次の

大人数で餅つきをします。もち米の量って?

もち 米 水 の 量

13:00 最後のもち米がつきあがる。 手の空いている人が片づけを初めておく。 餅つきの時、いつ、何をするか、画像にしてみました。 35キロのもち米は、12、13臼でつきあがりますので、 2. 5升~3升を1回でついていることになりますね。 餅つき 必要な人数 餅つきをする時は、いろいろ手伝ってくれる人数は多い方がいいです。 作業 人数 つく人 2 手返し 1 切り取る人 1 成形する人 2 並べる人 1 我が家の場合ですが、上記は同時に行います。 全員がなれていて、餅をつく人を1人、成形と並べる人を1人にしても、最低でも5人は必要になります。 まとめ 杵と臼で餅つきをする場合は、ひと臼つきあがったら、あとはとにかく人手が必要です。 途中で休みたいと思うなら、セイロを重ねるのをやめることです。 そうすれば次のもち米が蒸せるまで休めますよ。

次の

お米に対する適切な水の量を徹底解説!計算式や指で計る方法など紹介

もち 米 水 の 量

1合、2合と換算するお米。 米用の計量カップにすり切り1杯が一合なのはご存知の通り。 では米一合とはどのくらいの量なのでしょうか? 米一合は180mlです。 それをグラムにすると150g。 品種によっても多少異なりますが、1合を普通に炊飯すると約350gになります。 1合というと少ない感じがしますが、お茶碗1杯が約150gですから、350gのご飯は、お茶碗2杯分よりも多いくらい。 案外量がありますよね。 米一合は生の状態だと180mlで150g。 炊くと約350g。 そんなときも、1合の数値を覚えておくと、だいたい見当がつきますよね。 米一合は何人分?4人家族でどれくらい炊けばいい? 米一合は、1人お茶碗1杯の量を食べるとすると、だいたい2名分の量になります。 家族4人で食べきるなら、2合くらいが適当といえるでしょう。 ただし、これは1人がお茶碗1杯強食べると仮定した場合。 お子さんがまだ小さい家庭や、逆に食べ盛りの子どもがいる家庭では、必要な量は変わってきます。 2合は成人4人に必要な分と考え、家族の食べる量によって調整しましょう。 米一合を炊くときの水の量はどれくらい? 硬め、やわらかめ、いろいろ好みはありますが、米一合に対してちょうどよい平均的な水の量とはどれくらいなのでしょうか。 ちょうどよい水の量はお米の容量の1. 2倍と言われています。 2で216mlですね。 炊飯器の印に頼るのもよいのですが、一度きちんと量ってみると、もっとおいしいご飯が食べられるかもしれません。 また、鍋で炊く場合は、お米の容量と水の量が同量の場合も。 それぞれ説明書などで水の量をチェックしてから炊きましょう。 新米の場合は水分が多いので、少し水を減らします。 ただし、現在のお米は新米でも古米でも基準の水分量を守って出荷されています。 ですから、新米は水分が多いといっても、昔ほど差はないのです。 極端に減らすのではなく、3~5%ほど水分を減らすだけでOK。 なぜお米は炊く際に浸水させなければならないの? お米をといだ後は、数十分ほど水に浸す時間が必要ですよね。 ところで、お米はなぜ浸水させなければいけないのでしょうか? それは、お米の中にまで水を浸透させ、芯の残らないご飯をつくるため。 また、しっかり浸水させておくと、米粒同士の間にすきまができて対流が起き、炊いている時に全体に熱が行き渡ります。 炊きムラのないおいしいご飯を作るには、しっかりと浸水させることが必要なのです。 白米以外のお米についてはどうなの?.

次の