電気 料金 一人暮らし。 一人暮らしの電気使用料って何KWh?平均値を知って節制しよう!

【楽天でんきの口コミ・評判まとめ】一人暮らしの場合の電気代は要注意

電気 料金 一人暮らし

それで「電気料金が安くなりますよ」ってところからいろいろな新電力サービスを調べるようになりました。 そうすると手続きとか簡単でほとんど何もしなくても電気料金が安くなることがわかりました。 ただ、よくある新電力会社のサービスは家族向けのサービス料金プランが多いということがわかりました。 いろいろ調べていくとわかりますけど、 多く電力を使う家庭ほどお得になるというものが多いです。 ただ、その中でも一人暮らし向けの電気料金プランがありましたので紹介したいと思います。 基本料金無料&従量料金一律のサービスは一人暮らしには割高 まず電力の料金体系が電力サービスによって違います。 料金体系でいうと「基本料金+従量料金」か「基本料金0円+従量料金」を採用しているところが多いです。 基本料金+従量料金 基本料金0円+従量料金 ・東京電力 ・関西電力 ・ ・ ・ ・ など ・ ・ ・ ・ ・ など 電力自由化がでよくある「 基本料金0円+従量料金一律」というサービスプランがありますが、 関西電力エリアの場合、大体一人暮らしくらいの電力消費では現在の電気料金より割高になってしまいす。 たとえば とかなどですね。 僕もシミュレーションをしましたけど、電力使用料にもよりますが、月150kWhとか一人暮らしレベルの電力使用量だと関西電力よりもほぼ全部が割高になっていました。 なので基本料金無料&従量料金一律のプランは基本一人暮らしには向いていないということです。 の電気料金従量料金単価 最低料金 最初の15kWhまで 341. 02円 333. 72円 従量料金 15~120kWhまで 20. 32円 20. 13円 120~300kWhまで 25. 80円 24. 27円 300kWhから 29. 29円 27. 当然一人暮らしで電気もそんなに使用しないですから大きな割引にはならないかもしれませんけど安くなることは間違いないですね。 一人暮らしや電気をあまり使わない家庭はこういったサービスのある電力会社を選ぶの良いかと思います。 電気とガスや電気と通信サービスをセットで利用する あとは電気とガス、電気と携帯や通信サービスをセットで利用する方法です。 電気とガスをセットで 上でも書きましたけど私が初めに電気を安くできるとわかったのがでした。 これはどういったものかというと「電気とガスを関西電力にまとめることで安くなりますよ!」というプランです。 なっトクでんきだけでも安くなりますけど、ガスもセットになるとこちらもお得です。 これも結構お得になるので関西もそうですが他の地域の方にもこういったプランがあると思うのでチェックしてみると良いと思います。 ただ、一つにまとめてしまうと他の電力会社やガス会社が安いとなったときに、変更するときちょっと面倒な感じがしますね。 電気と通信サービス あとは電気料金と通信サービスをセットにするものです。 おそらく今はほとんどの方が携帯やネットなどの通信サービスを利用していると思います。 代表的なところではソフトバンクやauなどがあるかと思います。 これらの会社も電力サービスを行っています。 ・ ・ ・ ・ そして、これらのメリットは例えばソフトバンクの通信サービスを利用していたらお得になるサービスがあるということです。 ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話やインターネットを利用している方であれば 1回線あたり月額100円の割引が最大10回線まで適用される「おうち割 でんきセット(M)」が付いたおトクなプランがあります。 なのでソフトバンクなどの携帯やネットなど通信回線が多いほど割引になります。 au電気もまた auスマホまたはauひかりの契約している方は電気使用量に応じてポイントがもらえます。 こんな感じで現在利用している通信会社とセットにしてしまうというのもお得だったりします。 電気料金の差って比較してみると年間で数百円とかの差にしかならないことがわかったと思います。 特に一人暮らしであまり電気料金を使わないということであればなおさら料金の差は小さくなると思います。 その 小さな電気料金の差を考えるよりも1000円以上お得になるキャンペーンを利用した方がよっぽどお得になります。 キャンペーンでいうと がたまにお得なキャンペーンをやっていたりします。 あとは電力・ガスの比較シミュレーションサイトの「」などで多くの電力会社のキャンペーンがあってお得になります。 エネチェンジでシミュレーションしてもらうとわかるのですが、おそらく電気料金自体は年間で数百円割高になっている可能性があると思います。 ですが、キャンペーンで10,000円とかのAmazonギフト券などがもらえたりします。 なので実質1年間で9,000円ほどお得になるということです。 このキャンペーンでもらえる特典は条件があって〇ヵ月継続することが必要な場合が多いです。 当然ですね。 キャンペーン目的で1ヵ月で解約されたら意味がないですからね。 ほとんどの電力会社が条件としては1年未満なので問題ないかと思います。 ただ、これが二年目になるとキャンペーンの10,000円などはなくなるので単純に電気料金だけなので割高になっていきます。 なので1年あたりでまた別の電力会社に乗り換えるとかっていうのも一つの方法です。 一人でマンション暮らしならずっとそこにいるわけではないので、そういった感じで短期スパンで考えてお得に利用するという方法もあります。 一人暮らしにおすすめな電力会社 個人的にお得だなと思う電力会社をまとめて紹介したいと思います。 内容 電力会社 申し込み先 エネチェンジのキャンペーンでお得に エネチェンジのキャンペーンでお得に 旧電力会社よりも確実に安くなる 単純に電気料金がお得になる可能性が高い 単純に電気料金がお得になる可能性が高い Huluの利用料金を負担してくれる 少しだけお得になるだけだけど電話料金などとまとめたい 少しだけお得になるだけだけど電話料金などとまとめたい 電力使用量などによっても料金は変わってくるのでチェックされると良いと思います。 まとめ 見比べてみていただいてどうでしたでしょうか。 auでんきはauユーザーでもそれほどメリットはなさそうですね。 あとはソフトバンクユーザーならどうするのか、時期にもよりますが初月電気料金無料キャンペーンなどを行っていることもあります。 それ以外だとなっトクパックのなっトクでんきもいいですし、 たのしいでんき・HTBエナジーも良さそうです。 あとは使用する目安の電力、解約金やキャンペーンなどを見てどれにするのか決めていくことになるかと思います。 ちなみになっトクパックだと電気とガスがセットでかなり安くなります。 なっトクでんきだけでも安いですね。 ただ、これを一緒にすると電気だけ変更したくなったとき手続きとか考えますね。 たのしいでんき・HTBエナジーは解約金が 電力供給開始日より1年未満のお客様都合による解約は、¥2,000 税別)が発生します。 ただ、 たのしいでんき・HTBエナジーもキャンペーンや特典が気になったりもしますし、とても迷うところです。 エネチェンジなどでキャンペーンを利用してお得にという方法もあります。 ここまでくると一人一人の考え方次第ということになってくるのかなと思います。

次の

月々の電気代の内訳は?費用の構成内容と電気料金に影響しやすい家電製品 | 電気料金比較ポータルサイト【エネポタ 】

電気 料金 一人暮らし

電気代が高すぎます… 一人暮らし、週2日休みで仕事の日は帰りが遅く 21:00-22:00帰宅で就寝は2・3時ごろなのですが 今月の電気代が1万を超えました 電気会社に連絡したところ、1日の電気使用量が日割で約8kwhと言われました TVは全くつけません。 ゲーム機はありますが、月1・2回触れればいい方です。 稼働している家電製品は冷蔵庫などを抜かせば寝る時に電気毛布 弱 と加湿器 月5日ほど稼働 くらいです 聞いていた一人暮らしの平均的な電気代を大きく超えてきたので、この暮らし方であれば普通なのか 1日8kwhは一般的にどのくらいの電気を使えばいくものなのかが知りたいです お分かりの方がいらっしゃればご協力お願いいたします 補足:契約プランは従量電灯B 40A 30Aと40Aの基本料の違いは600円弱に過ぎないから、これは問題にならない。 電気毛布も、ふつうに使っているなら電気代は月100円もかからない。 加湿器も同様である。 冷蔵庫の消費電力は、電気料金の第一段階と第二段階を分ける基準にもなっている。 1万円などには到底ならないので除外。 もっとも1000wやら2000wやらの加湿器を使っているならわからないが。 1万円にもなるということは、常時運転している家電があるか、よく使う電気食いがあるということである。 たとえば電子レンジの多用。 たとえばホットプレートの常用。 たとえばIH。 たとえば電気湯沸かし器(台所だけでなく風呂のお湯にも使う)。 たとえばエアコン。 蛇足ながら、俺の1月の電気料金は5500円ほど。 電気消費量が多い順に ・布団乾燥機 ・電気ポット ・電子レンジ・オーブン ・照明 ・PC・スマホ・タブレット ・電気毛布・敷布 ・茶葉粉砕機 ・他 布団乾燥機を1日1時間使ったら電気代が千円以上跳ね上がった。 100円~200円くらいは下がるかもしれません。 どこに問題があるか考えてみましょう。 >1kwh33円 kwhの単価は電力会社と使った量によって違います。 例えば東京電力だったら・・・ 第一段階料金 120kWh以下 ……19円43銭 第二段階料金 121kWh~300kWh ……25円91銭 第三段階料金 301kWh以上 ……29円93銭 です。 先ほど日割りで8kwhと仰っていましたので、月では248kwh・・・ 仮に東電の契約だったら25円となるので、どこの電力会社か分かりませんが33円はやはり高いですね。 但し、住んでいるところがアパートや賃貸マンションだった場合、高圧一括受電契約をしていたら高くなることもあり得ます。 その場合は入居者が勝手に電力会社を変えることはできません。

次の

【楽天でんきの口コミ・評判まとめ】一人暮らしの場合の電気代は要注意

電気 料金 一人暮らし

東北電力エリアの一人暮らしで、 最も電気料金を節約できるのは東北電力という意外な結果になりました。 東北電力エリアで一人暮らししている方は、東北電力の料金プランを見直してみましょう。 従量電灯Bからよりそう+ナイト&ホリデーに変更した場合、1年間で11%も節約できる可能性があります。 上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。 平日22時〜翌朝8時までの夜間料金と、平日は15. 59円と格安。 夜間や昼間にまとめて家事をする一人暮らしの方に向いているプランです。 昼間の料金は、140kWhを超えると1kWhあたり38. 62円かかるので注意が必要です。 契約が完了したら、平日の昼間に電気を使い過ぎないように注意して家事を行いましょう。 30Aの基本料金は972円となります。 2,HTBエナジー (たのしいでんき 東北なまはげプラン 従量電灯B5) 東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーと違い、HTBエナジーのたのしいでんき 東北なまはげプラン 従量電灯B5は 24時間の電気料金が同一となっています。 一人暮らしはもちろん、あまり電気を使わない家庭にも向いています。 上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な結果となりました。 ・1年間の電気料金は77,298円 ・1年間で4,139円節約 ・1年間で5. 33円と非常にお得になっています。 120kWh〜300kWhまでは23. 63円、300kWh以上になる場合は27. 32円と高額になります。 HTBシナジーは旅行代理店のHISと提携しているため、HISの店舗で申し込みができたり、相談することができるので、気になる方はHISの店舗に直接出向いてみるのもおすすめします。 30Aの基本料金は923円となり、東北電力のよりそう+ナイト&ホリデープランよりも少しだけお得となっています。 3,eコトでんき!(e コトでんき!B プラン W) eコトでんき!のe コトでんき!B プラン Wでは、24時間の電気量料金が同一となっています。 1年未満の契約解除の場合、手数料として3,000円かかるので注意しましょう。 ただし、 2016年12月末までに契約する場合は解約手数料がかからないので、検討している方は早めに申し込みをしましょう。 上記の条件でシミュレーターにかけて計算してみたところ、以下の様な電気料金となりました。 ・1年間の電気料金は77,381円 ・1年間で4,056円節約 ・1年間で5. ガスと電気料金の支払いで、Tポイントが貰えます。 Tポイントは、200円ごとに1ポイントなのでガスと電気代を合わせると結構貯まりそうですね。。 2016年12月末までに契約すると、1,000ポイントのTポイントもしくはおそうじ・お洗濯グッズが貰えます。 先ほど説明した解約手数料が無料になる特典もあるので、eコトでんき!と契約する場合はなるべく早く検討しましょう。 30Aの基本料金は972円となっており、東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーと同じ料金となっています。 結論を申しますと東北電力の一人暮らしの方の場合、上記のような条件で計算したところ、 最もお得になるプランは東北電力のよりそう+ナイト&ホリデーというプランです。 1年間で10%以上もお得になるプランはそうそうありません。 現在、東北電力エリアに一人暮らしをしていて、従量電灯Bのプランで契約している方は、是非この機会にシミュレーターであらためて計算してみてください。

次の