シンフォギア xv 1 話。 【1話~最終回】アニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』を無料で視聴する方法&作品情報|悠木碧

【1話~最終回】アニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』を無料で視聴する方法&作品情報|悠木碧

シンフォギア xv 1 話

神の力を以ってして、神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、サンジェルマンたちの理想の源(パワーソース)であるラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアが撃槍。 暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。 そして—— 追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。 かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。 閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。 当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。 いまだ見えない世界の行く末。 さらに、張りつめた空気はここにも。 都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。 ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。 甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。 それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。 返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。 過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。 聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。 はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。 暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。 そして——追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。 かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。 閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。 当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。 いまだ見えない世界の行く末。 さらに、張りつめた空気はここにも。 都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花響と小日向未来。 ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。 甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。 それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。 返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。 過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。 聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。 はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。

次の

【第1話から全話まで】『戦姫絶唱シンフォギアXV』見逃し動画無料フル視聴☆

シンフォギア xv 1 話

その後、響は父親の家を訪れ、話を聞いてもらうことになります。 やはり何かあったときに頼れるのは家族ですね。 響にとって、友達・夫婦のような存在としての安らげる場所は未来ですが、その未来が遠くに行ってしまったのですから、今は血の繋がりのある父親の所へ安らぎを求めに行ったのでしょうね。 Advertisement 月だとォ? 未来がシェムハ化したシーンでは、未来が「忌々しき月」と言っています…。 月による相互理解の妨げをぶち壊したいのでしょうか? 訃堂が「護国」の名の下に、共通言語の復活・世界の統一化などを目論んでいる可能性も否定できませんね…。 刻印起動 訃堂が「刻印起動」と言っていたシーンでは、そのパターンもあるのかと驚きました。 訃堂が「刻印掌握」と言っていたパターンのほかにもこんなパターンもあるんですね。 ちなみに、翼が操られて未来を連れ去るシーンで、クリスが「先輩?」と言っていましたが、これは水樹奈々さんゲスト回の「シンフォギアRADIO」を思い出しましたね。 高垣彩陽さんが5期のストーリー展開で、「先輩?」というシーンがあることを発言されていましたので、おそらくこのシーンのことだったのではないでしょうか。 ストーリー内容はもちろん、「先輩?」という発言内容・イントネーションも同じでしたので、筆者の脳内では繋がったシーンでした。 そこでマリア・弦十郎・八紘たちは、訃堂の家に乗り込んでいました。 管理者権限を変えられないように、事前に訃堂が細工していた可能性も否定できませんね。 それとも…? 八紘が死亡…? 訃堂が銃で翼を撃ったシーンでは、八紘が翼をかばっていましたね。 八紘が死亡したか重症程度で済んだのかまではわかりませんでしたが、逝った可能性が高そうですね…。 八紘が「父親」として娘を守った姿がかっこいいッ!八紘と翼は、血の繋がりこそないものの、八紘にとって翼は大切な「娘」なんですよねッ! これこそが風鳴の血を継ぐ防人の生き様ッ!このシーンは、まさかの展開に驚いたとともに、八紘から翼への愛を感じましたので、涙腺崩壊したシーンでした…。 翼がようやくこちら側に戻って来てくれましたので、ホッとした展開でもありましたね。 矛盾 訃堂はXV9話でついにボロを出していました。 以下のセリフに違和感を感じた方もいたのでは!? 「この国に必要なのは防人ではなく護国の鬼」 訃堂は、これまで「真の防人」という言いぶりだったにも関わらず、「防人ではなく」と言っています。 明らかに矛盾しているように感じましたね。 意味深 響と立花洸の会話シーンでは、「呪われているかも」「へいきへっちゃら」などのフレーズが登場し、「呪」と「祝」について意味深な展開が描かれていました。 このシーンについては後ほど掘り下げていきます。 まず、サブタイトルの「I am a father」については、訃堂・八紘・立花洸という3人の父親が登場していることを意味しているのでしょうね。 なお、S. 内での父親的立場という意味では、弦十郎と翼の関係も描かれたことになりそうです。 5期9話は、それぞれの父親像・親子の関係が浮き彫りになった回でしたので、なんだか考えさせられる回でもありましたね! 刻印が解けた理由を考察 ここからは、翼の刻印が解けた理由について簡単に考察しています。 5期2話で、翼がマリアに対して「歌が好き」だと言っているシーンなどもあったように、翼にとって歌は大切なものであり、特別なものだと思います。 そして5期9話で、 マリアが翼と「歌」の関係性をピンポイントに刺激していましたので、これが翼の胸に響いて、刻印が解けたのではないかと思いますね。 言い換えれば、マリアから翼への愛の力ッ!? なお、5期2話では翼がマリアに対して「歌」関連について問いかけていましたが、5期9話ではマリアが翼に対して問いかけるという逆の展開になっている点も熱いですね! Advertisement 「呪」「祝」を考察 語源・成り立ち 次は、響の父親が言っていた「呪」と「祝」の漢字が似ている点について考察していきます。 まずは漢字の成り立ちを簡単に確認しておきましょう。 どちらの漢字にも入っている「兄」は、神に祈りを捧げる神主などを表しています。 「祝」の左側にある「ネ」は、もともとは「示」の意味で、省略形として「ネ」になっています。 「祝」は、神への捧げ台・祭壇にて、神に対して祈り・祝詞を捧げる神主を表しています。 後に、「祝」は良い意味・「呪」は悪い意味で使用されるようになっていきますが、語源・成り立ちから見てみると、「呪」と「祝」は似ています。 シンフォギアXV5期9話での意味 これらをシンフォギアXV5期9話での描写にあてはめて考えてみましょう。 5期9話で、響は「呪」と「祝」が似ていることを父親から教わっています。 そうして響は未来を助けるために走り出していました。 また、漢字の右側にある「兄」が神に祈りを捧げる 神主だとすれば、5期9話までは未来を神の力たらしめている 訃堂のことを表し、5期10話以降では 響のことを表している可能性も考えられそうです。 このあたりは図表のほうがわかりやすいと思いましたので、以下の図表にまとめています。 また、 物事は良い意味と悪い意味の表裏一体というメッセージを感じ取ることができますので、アニメを通して人生の教訓を学んだような気もします。 そういった意味でも、5期9話は熱い回と言えますね! シリーズ9話とのリンク 5期9話は、1期から4期の9話とのリンクを感じる描写がありましたので、以下より掘り下げていきますッ! 無印 1期 9話 まず1期9話では翼が歌の活動を再開し、復帰ライブを開催しています。 また、翼がこんなことも言っていました。 「言葉は通じなくても歌で伝えられることがあるならば」 言葉だけでは通じない領域があったとしても、「歌」ならば伝えられる可能性があるというメッセージにも受け取れますね。 イメージとしては翼と歌の繋がりが大きくなった回と言えます。 XV9話では翼の刻印が取れて、ようやく本来の翼が復活し、神の力ではなく「歌の力」であるシンフォギア側を選択した回と言えます。 そう考えてみると、これらの描写はどこかリンクするものを感じますね。 G9話では響と未来が繋いだ手を離しているシーン、響が未来との思い出を回想しているシーン、響が未来を助けに行こうと考えているシーンがあります。 XV9話では響と未来の回想シーン、響が未来を助けるために走っていくシーンがありますので、リンクを感じます。 G9話は未来がF. にさらわれてシェンショウジンのギアを纏い、装者の前に登場した回でした。 XV9話はシェムハ化した未来が装者の前に登場したシーンを掘り下げ、シェンショウジンのファウストローブを使用していることが明らかになった回ですので、リンクを感じます。 G9話では結果的にはウェルが根回しして大変な事態になりましたが、当初のマリアはセレナとの思い出が重なったこともあって未来を助けています。 XV9話ではマリアが翼の刻印を解いて翼を助けていますので、どちらもマリアが誰かを助けた回という見方が可能と言えますね。 G9話ではマリアがフィーネの器ではないことを打ち明けて、マリア個人としての生き方を見せた回でした。 XV9話では、そのマリアが翼の刻印を解いて翼を助け、翼が訃堂の考えに賛同するのではなく翼個人としての生き方を見せた回ですので、どこかリンクするものを感じます。 G9話ではマリアが未来の前でAppleを歌っているシーンがあります。 XV9話では未来がシェムハ化したシーンの掘り下げがありましたので、G9話でマリアが歌っていたAppleと未来が付けているシェム・ハの腕輪の関係を連想しました。 G9話では月を映し出しているシーンがあり、XV9話では未来が月を見ているシーンがありますので、こちらのシーンもリンクを感じることができます。 GX9話では八紘が翼の部屋を10年間そのままの状態を保っていることが描かれ、八紘が翼に対して「父親」らしい言葉を掛けています。 その後、翼はイグナイトギアを発動させています。 XV9話では八紘が翼をかばい、死亡する直前に「父親」らしい言葉を掛けています。 その後、翼はアマルガムギアを発動させていますので、リンクを感じます。 GX9話では八紘の家でマリアが翼を気遣うシーン、翼が気付いていないことを気付かせるシーン、翼を奮起させるシーンがあります。 XV9話では訃堂の家でマリアが翼の刻印を解き、翼を奮起させるシーンがありますので、リンクを感じます。 内容は1つ目と同じですので割愛しますが、翼にとって転機となった回という見方もできますので、リンクを感じましたね。 AXZ9話は、月と読む「調神社」(つき神社)、神主の登場があった回です。 XV9話は、上の考察で見たように「呪」と「祝」の言葉の成り立ちが「神」に関連していましたので、リンクを感じますね。 AXZ9話では調神社にて切歌が「およー?」と言っているシーンがあり、XV9話では翼が「乱れ影縫い」を繰り出して装者の動きを封じているシーンで、切歌が「およ?」と言っているシーンがあります。 ちなみに、XV3話では切歌が「およよ~!」と言っているシーンもありましたので、個人的には反応したシーンでしたね。 Advertisement 関連する記事• 2020. 25 「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」にて、風鳴翼の誕生日記念キャンペーンが2020年5月25日0:00より配信開始!風鳴翼の誕生日記念ガチ[…]• 2020. 03 シンフォギアが映画化!劇場版の主役・制作スタッフはなんと〇〇だった!?【エイプリルフール】 本稿では、エイプリルフールネタとしてのシンフォギア映画化、[…]• 2019. 16 アニメ『戦姫絶唱シンフォギア』に登場する曲「私ト云ウ 音響キ ソノ先ニ」と「君ト云ウ 音奏デ 尽キルマデ」の違いと共通点について比較しています。 違い[…]• 2019. 17 「TVアニメ 戦姫絶唱シンフォギアXV キャラクターソング2」の表題曲「未完成愛Mapputatsu! 」 歌:暁切歌 CV:茅野愛衣 より、歌詞・曲タ[…]• 2019. 14 『戦姫絶唱シンフォギアXV』5期2話感想記事です。 『戦姫絶唱シンフォギアXV』5期2話の感想付きネタバレストーリーをご紹介した後、雪音クリスのくしゃみ[…]• 2019. 26 『戦姫絶唱シンフォギアXV 5期 』挿入歌「スフォルツァンドの残響」 歌:キャロル・マールス・ディーンハイム CV:水瀬いのり より、歌詞の意味考察・[…]• 2019. 04 『戦姫絶唱シンフォギアXV』5期5話感想記事です。 『戦姫絶唱シンフォギアXV』5期5話の感想付きネタバレストーリーをご紹介した後、クリスがエルフナイン[…].

次の

【海外の反応】戦姫絶唱シンフォギアXV 7話「過去最大級の興奮!うおおおおお!!!!!!!」

シンフォギア xv 1 話

放送に先駆け、6月27日に東京・TOHOシネマズ新宿にて、第1話プレミア上映会が開催された。 第1話上映後のトークショーには、立花 響役の悠木 碧さん、マリア・カデンツァヴナ・イヴ役の日笠 陽子さん、小日向 未来役の井口 裕香さんが登壇。 風鳴 弦十郎役の石川 英郎さんが司会を務めた。 それぞれが挨拶を終えると、早速、スライドを見ながら第1話を振り返っていくコーナーに。 ……と、その前に石川さんが「上映会で流れた音は音響スタッフさんの好意で特別に劇場用になったんです。 映画と同じくらいのクオリティです」と、今回の音響について紹介。 今夜だけのプレミアムな音響だったことが明かされると、客席から大きな拍手が巻き起こる。 一方、キャスト陣は「すごい!」と驚きながらも、楽屋に用意されたパソコンで見ていたそうで少し残念そうな表情を浮かべていた。 第1話の内容については、キャスト一同バトルの熱量に度肝を抜かれたようで、「いつものことですけど、最終回みたいでした(笑)」と悠木さん。 しかも、悠木さんはソロ曲、校歌、六人曲と、第1話だけでなんと三曲も歌ったのだとか。 タイトルに掛けて響がどれだけ愛され、「女の子を籠絡してきたか」を主張するが、日笠さんは「マリアは籠絡されてない!」と納得がいかない様子。 しかし、井口さんと悠木さんはすかさず「チョロかったよ」、「すぐにガングニールをくれた」とツッコミを入れ、ステージ上も客席も大きな笑いに包まれた。 また、『XV』は第1話に装者6人で歌う劇中歌『六花繚乱』が登場。 1話から6人一緒に歌って戦うのは、シリーズ初の試みとなる。 日笠さんは「今までのことが積み重なって、第5期は6人の曲でスタートというのがね……」と感慨深そうにしていた。 映像的な見どころで最初に大きな話題となったのは、「ギアブラスト」のシーン。 ギアの外殻がエネルギー化し、オーラ状になるというフォームだ。 見た目としては、ほぼインナー姿。 「切歌のあれは大丈夫なんですか!? 」と悠木さんも興奮気味だった。 もう一つ、話題に上ったのは響の変身シーン。 より派手になったアクションとカメラワークに、キャスト陣もひたすら「カッコいい!」を連呼。 日笠さんによれば、今後の変身シーンは「ちょっとエロスも感じられると思う」とのこと。 悠木さんは代表例として切歌の変身シーンを挙げていたが、一体どんな映像になっているのか!? 改めてストーリーについて尋ねられたキャスト陣。 井口さんが「南極を舞台にしましたね! びっくりでした」とコメントしたとおり、第1話は南極で戦いが繰り広げられ、しかも装者がいきなり大ピンチを迎えてしまう。 そこからの大逆転劇について、女性陣は「あれは最終回!」と口を揃えて頷いていた。 それほど劇的なクライマックスだったのだ。 石川さんは「戦いの前に、若干何かあったよね」と悠木さん、井口さんに目配せ。 悠木さんが未来の「私が誰かを困らせてたら、響はどうするの?」という台詞を引用すると、井口さんは「あんなにいけずなことを言うなんて・・・」と、未来の振る舞いを振り返った。 すると、「いけず」という言葉のチョイスに「昭和ギャグ」だと日笠さんがツッコミ。 悠木さんは「令和になったことで未来さんはあんなことになったのかもしれない(笑)」と二人の会話を受けつつ、「響からすると未来が悪いことをするなんて微塵も思わないわけです。 想定もしていなかったから、本当に考えてしまった」と響の心境を解説した。 「今回ずっと戦ってたから、未来が出てくるとホッとします」と日常シーンの尊さを語ったのは石川さん。 井口さんも「学校生活もそうだし、装者のみんなの冬服が見られたことも嬉しいです。 みんなが冬服を纏うのは初なんじゃないかと思うのですが」と続けた。 また、意味ありげに登場し「フィーネ」と呟いたエンキの存在、S. の一員として馴染んできたエルフナイン、そして敵キャラクターのヴァネッサ、ミラアルク、エルザなど、装者以外のキャラクターにも話題が及び、最後は石川さんが「いつ(弦十郎は)ギアを纏わせてくれるんですか」と自身の願望を吐露。 井口さんは「『シンフォギア』は夢を口にしたら、叶えてくださるから」と、この作品がいろんな人の夢を叶えてきたことを力説するが、我に返った石川さんは自ら「ないです!」とバッサリ。 客席から大きな笑い声が上がった。 続いては、「繋ぐこの手には未来を予測する力がある!」と題した企画コーナー。 ステージに用意された赤と青のボックスから1枚ずつ紙を引き、誰かの未来を予測するという内容だ。 赤いボックスには「役名」か「キャスト名」の書かれた紙が、青のボックスには「未来に起きそうなこと」が書かれた紙が入っている。 早速、企画がスタートし、赤のボックスから石川さんと保志さんの名前が書かれた紙を引く悠木さん。 果たして、この二人の未来に起きそうなことは何か? 日笠さんが青のボックスから引いたのは……「大いに悩む」。 「何で悩むんだろう!? 」と盛り上がる女性陣に対し、石川さんは「スタジオが狭いってことかな」とポツリ。 『XV』はこれまでと収録スタジオが変わったようで、以前より狭くなりキャスト同士の距離が近くなったのだとか。 「だからというわけでもないですが、第5期になって皆さんが家族みたいな感じになった」と石川さん。 3人も強く同意していた。 このほか、「井口裕香が/ペットを飼う」「エルフナインが/出演しない」「風鳴翼が/大胆な格好になります」「保志さんが/イメチェンする」など、様々な未来予測が提示された。 告知コーナーを経て、最後は登壇者が一人ずつご挨拶。 「第5期になりました。 装者の皆さんも頑張っています。 未来も応援しています。 今回は特に戦わない人達も精一杯、熱のこもった演技をしているので、その辺も楽しみにしていただきたいなと思います。 今期もよろしくお願いします」(石川) 「第1話で未来ちゃんが不穏なことを言っていましたが、この先どうなっていくのか……。 まだアフレコの途中なので私たちも知らないのですが、台本をもらって1話1話大切に演じていきたいと思っています。 『シンフォギア』がこうやって長く続いているのは皆さまのおかげですし、私の中でもとても大きな意味を持つ作品になったので、最後まで大事に演じていきたいです」(井口) 「不穏な感じで終わった『AXZ』から『XV』へ、どう繋がっていき、どんな答え合わせができるのか。 私は『XV』のキービジュアルが出たときに『私たち死んでる』って思ったんです(笑)。 流れ星になっていると。 本当に、どうなるんでしょうね……。 第5期も、第4期より熱くなるように魂を込めているので、その想いはきっと皆さんにも届くのではないかなと思います。 第5期はとにかく響がカッコいいです。 『この人はやっぱり性別・響なんだ!』と思うはずです(笑)。 私は惚れ直しました。 ほかのキャラクターも大活躍するので、楽しみにしていてください」(悠木) ラストはもちろん、恒例のコールで締め! 悠木さんの「シンフォギア」コールに、会場全体が「シリーズ名」を返すという本シリーズのライブ、イベントの伝統だ。 今回は、悠木さんの「シンフォギアァァァァァーッ!! 」という叫びに会場が大ボリュームの「XV!! 」で応え、イベントに幕を下ろした。

次の