アップル 株価。 【AAPL】アップルの株価・配当金の推移と銘柄分析

アップル株の購入方法/米国株・外国株の買い方/i

アップル 株価

MacやiPhoneシリーズで人気の米国株である アップル(Apple :APPL)株は、 1株から買えるので 株式投資初心者や主婦にでも 数万円から簡単に 購入することが可能です。 アップル株は日本株とは違い株主優待はありませんが、 配当は外国株でも珍しいもので、日本人でも人気の株となっています。 この記事ではアップルの 現在の株価(日本円)の状況とこれまでの 価格推移、 業績を含めてご紹介して行きます。 通常の マネックス・SBIのようなネット証券で購入することも可能ですが、最近は One tap buy(ワンタップバイ)などスマホで安い手数料で手軽に売買ができたりと株式投資の選択肢が広がってきています。 投資する人、本人にあった投資を見つけて投資することが重要です。 アップルは長期的に大きく上昇してきている大型株の一つよ。 Appleの事業とこれまでの収益状況 Appleの主な事業はコンピューターや通信機器とそれに関わるソフトの製造と販売です。 その中でも iPhoneとiPadの売り上げが多くを占めています。 Appleの製品はその操作のしやすさとデザイン性、そしてそれに伴うブランド力で高い利益率を出しています。 日本やアメリカをはじめとした先進国では高いシェアを取っています。 これまでのAppleの株価の推移 Appleは株式市場でどのような評価を得ているのでしょうか。 【引用先URL】 この1年間ではややもたついている感じがあったのですが、5月以降だけで30%以上の株価上昇を見せています。 これは株式上場以来の最高値を更新しています。 この上昇にはあとで紹介するニュースが元になっていると言われています。 次に5年間のチャートを見てみましょう。 【引用先URL】 2015年から2016年はパッとしませんが、長期的には見事な株価上昇を果たしています。 2018年8月2日には世界で初めて時価総額(株式の総額)が1兆ドルを突破しました。 【アップル、時価総額が初の1兆ドル超え 世界初】 iPhoneが2007年に初めて発売されて以来、アップルの株価は12倍になり、過去1年間でも約30%上昇していた。 ー Appleはいくらから買えるの? ほとんどの日本株では、単元株と言って100株単位とか1000株単位で買わなければなりません。 一方で Appleをはじめとしたアメリカ株は全て1株から買うことができます。 つまり215. 46ドル(2月20日終値)であれば、24,000円程度でAppleの株を買うことができるのです。 今後のAppleの将来性 実はAppleの製品のシェアは先進国以外では高くありません。 その理由はiPhoneやiPadの価格が高いため安価なアンドロイドのスマホが好まれるからだと考えられます。 だがこれはAppleの製品がまだまだ世界で売れていくことを予期しています。 なぜなら、高価なブランド品は経済が発展し、収入が増えた人に買われます。 今後、先進国以外の国々は経済が発展し、豊かな人が増えていくことになります。 お金を持った人たちは、そのステータスとしてiPhoneやiPadを手にするようになります。 Appleがそのブランド力を維持できれば、世界の経済成長の波に乗ることができそうです。 世界一の投資家が買っている アメリカに ウォーレン・バフェットという有名な投資家がいます。 彼は株式投資だけで巨万の富を築き、世界でも屈指の大富豪と言われています。 そんな バフェット氏は自身が運営する会社でAppleの株を買い集めています。 そして2018年5月時点でAppleの第3位の大株主になっています。 【バフェット氏、アップル株買い増し3位株主-IBM持ち株すべて放出】 バークシャーは昨年末の時点でアップル株をおよそ1億7000万株保有しており、バフェット氏が投資する銘柄のうち最大の保有高となっていた。 今回の追加取得に要した費用は110億-140億ドル(約1兆2000億-1兆5300億円)とみられる。 ブルームバーグがまとめたデータによると、バークシャーはステート・ストリートを抜き、アップルの3位株主に浮上した。 バフェット氏はこのインタビューで、アップルは「信じられないほど素晴らしい企業だ」と称賛。 「iPhone(アイフォーン)X(テン)やその他の機種が3カ月で何台売れそうかという推測に膨大な時間をかけるなど、私にとっては完全に的外れだ」と語った。 ー バフェット氏は強いブランド力があり、経営者がしっかりしている企業だけに投資をすることで億万長者になりました。 そんなバフェット氏が 今最も力を注いでいるのがApple株なのです。 Apple株の買い方について Apple株が買える証券会社については外国株を取り扱っているところになり 「 マネックス証券」・・国内では外国株取り扱い最多 「 楽天証券」・・国内最大手証券会社 となります。 手数料については、マネックスも楽天も同じ「 約定代金の0. 45% 最低手数料5米ドル ~ 手数料上限20米ドル」となります。 基本的にはどちらの証券会社もオススですが、外国株中心の取引であればマネックス。 国内株も幅広く取引される方は楽天がオススメと言えます。 有名な、国内株30、外国株30を取り扱っており、 もちろん世界的有名な「 Apple株」も投資することができます。 しかも1 回の取引で10万円以下なら手数料が他のネット証券より安くなる計算になるため、初心者や主婦に人気の投資となっています。

次の

アップル【AAPL】:業績(通期)/株価

アップル 株価

MacやiPhoneシリーズで人気の米国株である アップル(Apple :APPL)株は、 1株から買えるので 株式投資初心者や主婦にでも 数万円から簡単に 購入することが可能です。 アップル株は日本株とは違い株主優待はありませんが、 配当は外国株でも珍しいもので、日本人でも人気の株となっています。 この記事ではアップルの 現在の株価(日本円)の状況とこれまでの 価格推移、 業績を含めてご紹介して行きます。 通常の マネックス・SBIのようなネット証券で購入することも可能ですが、最近は One tap buy(ワンタップバイ)などスマホで安い手数料で手軽に売買ができたりと株式投資の選択肢が広がってきています。 投資する人、本人にあった投資を見つけて投資することが重要です。 アップルは長期的に大きく上昇してきている大型株の一つよ。 Appleの事業とこれまでの収益状況 Appleの主な事業はコンピューターや通信機器とそれに関わるソフトの製造と販売です。 その中でも iPhoneとiPadの売り上げが多くを占めています。 Appleの製品はその操作のしやすさとデザイン性、そしてそれに伴うブランド力で高い利益率を出しています。 日本やアメリカをはじめとした先進国では高いシェアを取っています。 これまでのAppleの株価の推移 Appleは株式市場でどのような評価を得ているのでしょうか。 【引用先URL】 この1年間ではややもたついている感じがあったのですが、5月以降だけで30%以上の株価上昇を見せています。 これは株式上場以来の最高値を更新しています。 この上昇にはあとで紹介するニュースが元になっていると言われています。 次に5年間のチャートを見てみましょう。 【引用先URL】 2015年から2016年はパッとしませんが、長期的には見事な株価上昇を果たしています。 2018年8月2日には世界で初めて時価総額(株式の総額)が1兆ドルを突破しました。 【アップル、時価総額が初の1兆ドル超え 世界初】 iPhoneが2007年に初めて発売されて以来、アップルの株価は12倍になり、過去1年間でも約30%上昇していた。 ー Appleはいくらから買えるの? ほとんどの日本株では、単元株と言って100株単位とか1000株単位で買わなければなりません。 一方で Appleをはじめとしたアメリカ株は全て1株から買うことができます。 つまり215. 46ドル(2月20日終値)であれば、24,000円程度でAppleの株を買うことができるのです。 今後のAppleの将来性 実はAppleの製品のシェアは先進国以外では高くありません。 その理由はiPhoneやiPadの価格が高いため安価なアンドロイドのスマホが好まれるからだと考えられます。 だがこれはAppleの製品がまだまだ世界で売れていくことを予期しています。 なぜなら、高価なブランド品は経済が発展し、収入が増えた人に買われます。 今後、先進国以外の国々は経済が発展し、豊かな人が増えていくことになります。 お金を持った人たちは、そのステータスとしてiPhoneやiPadを手にするようになります。 Appleがそのブランド力を維持できれば、世界の経済成長の波に乗ることができそうです。 世界一の投資家が買っている アメリカに ウォーレン・バフェットという有名な投資家がいます。 彼は株式投資だけで巨万の富を築き、世界でも屈指の大富豪と言われています。 そんな バフェット氏は自身が運営する会社でAppleの株を買い集めています。 そして2018年5月時点でAppleの第3位の大株主になっています。 【バフェット氏、アップル株買い増し3位株主-IBM持ち株すべて放出】 バークシャーは昨年末の時点でアップル株をおよそ1億7000万株保有しており、バフェット氏が投資する銘柄のうち最大の保有高となっていた。 今回の追加取得に要した費用は110億-140億ドル(約1兆2000億-1兆5300億円)とみられる。 ブルームバーグがまとめたデータによると、バークシャーはステート・ストリートを抜き、アップルの3位株主に浮上した。 バフェット氏はこのインタビューで、アップルは「信じられないほど素晴らしい企業だ」と称賛。 「iPhone(アイフォーン)X(テン)やその他の機種が3カ月で何台売れそうかという推測に膨大な時間をかけるなど、私にとっては完全に的外れだ」と語った。 ー バフェット氏は強いブランド力があり、経営者がしっかりしている企業だけに投資をすることで億万長者になりました。 そんなバフェット氏が 今最も力を注いでいるのがApple株なのです。 Apple株の買い方について Apple株が買える証券会社については外国株を取り扱っているところになり 「 マネックス証券」・・国内では外国株取り扱い最多 「 楽天証券」・・国内最大手証券会社 となります。 手数料については、マネックスも楽天も同じ「 約定代金の0. 45% 最低手数料5米ドル ~ 手数料上限20米ドル」となります。 基本的にはどちらの証券会社もオススですが、外国株中心の取引であればマネックス。 国内株も幅広く取引される方は楽天がオススメと言えます。 有名な、国内株30、外国株30を取り扱っており、 もちろん世界的有名な「 Apple株」も投資することができます。 しかも1 回の取引で10万円以下なら手数料が他のネット証券より安くなる計算になるため、初心者や主婦に人気の投資となっています。

次の

米アップル、「株価急騰」のウラで怖い「コロナショック」の最大危機(石原 順)

アップル 株価

米アップルの株を買いたい/外国株の買い方 「の株を購入したい!アップルの株主になりたい!でも外国株は買い方がいまいちよくわからない」 そんな声も多いApple株。 先日上場企業で世界初の 時価総額1兆ドルを突破して話題になりましたね。 iPhoneの新機種なども次々に発売され、そのたびに話題になって株価も動く、そんなApple株を買いたいという人も多いですよね。 そんなAppleですが、実は 3万円以下でAppleの株主になれる(Apple株を買える)のを知っていましたか? Apple株を購入したい方はなどの米国株取引を取り扱っているネット証券で1株から買うことができます。 米国株は1株単位で買えるので資金が少なくても買えます。 「外国株は難しそう」という先入観で手が出しにくいイメージもあるようですが、ネット証券の口座を持っていれば 日本語でできるし簡単に買うことができます。 アップル株って「買いたい人」は多いけど実際に「持っている人」って意外と少ないので、なんかかっこいいですよね。 このページでアップル株の購入方法をわかりやすく解説していきます。 日本で米アップルの株式はどうやって買うの? 有名な会社なので日本でもアップルの株を買いたいという方は多いですが、(英語)を見ても英語でよくわからないかもしれません。 ここからは日本で米アップルの株を買う手順を紹介します。 Apple株の買い方 - 日本でも米アップルの株式は買えます 日本でも米アップルの株式を買うことができます。 日本で米アップルの株式を買うには、米国株取引のできるネット証券などで口座開設をし、米国株取引でアップルの株を購入します。 Apple株の最低売買単位は1株なので、そんなに大きな資金がなくてもアップル株を購入してAppleの株主になれます。 もちろん、日本のネット証券なら 日本語で取引ができます。 英語ができない人でもアップルの株を買うことができます。 Apple株を購入したい方はまずを参考に口座開設をしましょう。 もちろん口座開設は無料で維持費などもかかりませんので安心して下さい。 米国株式の取引ができるネット証券 米国株式の取引ができる主なネット証券( Appleの株が購入できるネット証券)は以下の3つです。 米国株なら手数料・取扱銘柄数ともに一番おすすめ• 有名どころのネット証券で米国株取引ができるのは上記3社になります。 3社のうち個人的なおすすめはのページで解説したとおりマネックス証券ですが、使いやすさは個人差があるのでいろいろな口座を作って実際に取引画面や情報・株価チャートなどを見てみるとよいと思います。 ネット証券なら米国株取引の口座開設は無料で、口座を作ればツールなども使えてたくさん情報も得られるので、まずは口座開設の申し込みをしてみてください。 を行っているところなら、口座開設するだけでもお得ですね。 Apple株の買い注文を出す 外国株取引の口座開設ができたらApple株の買い注文を出しましょう。 Appleのティッカー(日本株でいう銘柄コード)は「AAPL」です。 買い注文画面でAAPLで検索し、何株買うかなどを決めて注文を出します。 AAPLというティッカーは「アップル」という名前に似ていて、数字4桁の日本株の銘柄コードより覚えやすいですね。 買い注文や売り注文のとき、株価を調べたいときやチャートを見たいときなど覚えておくと便利です。 AAPLというティッカーを覚えたら、を参考に注文をしてみてください。 米国株取引のページでAAPLまたはappleで検索すればApple株が出てきます。 あとは普通に買い注文を出すだけ。 米国株取引の口座を作ってしまえば簡単ですね。 念のため 米国株の口座開設の手順や銘柄の買い方へのリンクも載せておきます。 Apple株の解説と株価チャートの推移 アップルといえばiPhone、iPod、iPadやMACが有名な故スティーブ・ジョブズの会社ですね。 Appleはミルウォード・ブラウン社の世界の企業ブランド価値ランキングでアップルが連続首位をキープ。 新しいiPad発売のときには株価も史上最高値を更新しました。 世界的に有名な投資家ウォーレン・バフェット氏もどんどん買い増していて、彼の2018年3月期の保有銘柄の第1位はアップル株です。 参考: iPhone6が発売されたときの販売台数は3日で1000万台を突破(iPhone5のときは3日で500万台)。 そうなってしまえば収益は安定しますので、iPhoneのシェア拡大はAppleにとっては一時的な販売利益増だけではない長期的なプラスとなりますね。 また、iPhone5に関しては、JPモルガンのチーフエコノミストは「新型iPhoneは米国GDPを0. 33ポイント押し上げる」と言っていました。 それくらい大きな影響を持つiPhoneを抱えるAppleには長期的な期待ができそうです。 ちなみに・・・ Apple株を昔から持っていたらどうなっていたのか?という計算をしてみました(2017年7月・株価149. 5ドル)。 長期チャートで見ると2001年〜2004年前半まではだいたい1ドル台なので、中間の1. 5ドルと設定すると約100倍、 その時期に100万円分買って持ち続けていたとしたら、今は約1億円になっていたという計算になりますね(わかりやすく1ドル=100円計算なので実際は為替レートの変動などもあります)。 今からでもApple株を持っておけば新iPhoneの発売のたびに株価が大きく上がる可能性も大いに期待できますね。 Appleの株主優待や配当はないの? Appleの株主優待は残念ながらありません。 米国の企業は株主優待という文化はなく、その分より多くの配当をという文化のようです。 しかし、配当金は四半期ごとに(年4回)受け取れます。 配当もどんどん増えておいしいApple株 Appleは企業としても今後もさらなる利益が見込めそうです。 2012年7月から定例配当を開始し、四半期配当を2. 65ドルが支払われました。 そこから わずか2年未満で2度の増配があり、2014年5月には四半期配当として1株あたり3. 29ドルの配当が支払われ、同年6月には1:7の株式分割が行われ、Apple株を保有している人は1株につき6株を受け取りました。 7分割後の配当は1株0. 47ドルです。 そこから年だいたい1回ペースで4度の増配があり、2018年5月の四半期配当は0. 73ドル。 年間で1株あたり2. 92ドルの計算です。 配当の履歴はAppleのサイトのページで見れます。 英語ですが配当は数字だけなのでわかりますよね。 Amountというところが四半期ごとの配当金額です。 短期間での増配や株式分割と、なんだか過去に日本株で長期保有して大儲けをした人が多いソフトバンクやセブン&アイホールディングスをイメージしてしまいますね。 Appleは長期の株価チャートも右肩上がりで好調、ということもあり、期待できる銘柄ですね。 Appleの5年株価チャート(Yahoo! ファイナンスより) アップル AAPL. OQ の株価 アップル AAPL. OQ の株価はロイターのサイトでも見ることができます。 アップルの株価は200ドル手前くらいで推移していますが(2018年7月現在)、アップル株は1株から購入できます。 アップル株の最低売買単位は1株です。 つまり 2万円程度の資金があればあなたもAppleの株主になれるんです。 まわりにアップルの株主なんてあまりいないと思うので、話題の的ですよね。 外国株取引の口座を持っていれば、無料でより詳しいアップルの株価チャートが見れたり、アップルの株価や関連ニュース等もより早く知ることができます。 (ページ中盤に戻る) 外国株式の取引は難しい? やったことがないと難しく感じる外国株ですが、初めて株取引をしたときのことを思い出してください。 超難しそうなイメージだったけど、やってみた今ではそうでもないですよね。 外国株も同じです。 為替レートがどうとか難しく考えず、まずやってみましょう。

次の