昇進 祝い メール。 すぐわかる昇進と昇格の違い~挨拶の例文も紹介~|転職Hacks

お祝いの文例 ~昇進・栄転のお祝い~(社交メール)

昇進 祝い メール

〇〇です。 この度は部長へのご昇進、誠におめでとうございます。 入社して早々取引先とトラブルがあり、私一人ではどうにもならないと悲観的になっていた時にアドバイスをいただき行動を起こしてみた結果、大事に至らずにすみました。 その経験があったからこそ、現在チームリーダーとして自ら進んで行動に移す大切さを実感しております。 課長からのアドバイスに今でも感謝の気持ちでいっぱいです。 取り急ぎ、メールにてお祝い申し上げます。 なによりもまずは昇進祝いの言葉を率直に伝えます。 今でこそ笑い話になる失敗談や、第三者を交えての賛辞も心に響きます。 普段は口に出して言いづらい昇進祝いの言葉を伝えるのも良いでしょう。 〇〇様の人望、これまでのご経験や実績の賜物によるものと改めて敬服いたします。 今後は一層の重責を担われる事になりますが、くれぐれもご自愛の上、存分のご活躍をされますようお祈り申し上げます。 「平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 」 「日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。 」など使い分けましょう。 親しい関係ですと砕けた文書となりがちですが、ビジネス文書ですので相手企業側から見ても失礼ではない程度に配慮してください。 」という気持ちを例文を使いながら短文でまとめます。 昇進・昇格が決まった日、遅くとも翌日までには送りたいものです。 いつまでに送るものという明確な期日はありませんが、昇進祝いの言葉はなるべく早いうちに伝える方が新鮮です。 時間帯は上司のタイプにもよりますが、退社前か早朝の業務時間外に送る方がマナーとしては良いようです。 その他、自分が出張や休暇などで耳に入るのが遅れたというケースもあります。 余りにも日が経ちすぎると、お祝いだとしても却って失礼に当たるようですが、数日ほどでしたら当日に昇進祝いメールを送りましょう。 「本日〇〇より戻りました。 遅ればせながらお祝い申し上げます」「〇日間、休暇をいただいておりました。 改めて部長昇進おめでとうございます」などの例文を添えるようにしましょう。 お祝いの文書では、忌み(いみ)言葉の中でも、縁起の悪さを連想させるような言葉は好ましくありません。 例文に入っていたとしても、使わないようにしましょう。 普段では何気なく使っている言葉が数多くありますが、昇進祝いのメールではタブーです。 文章にすると自然にも思えるのですが、散る・終わる・失うなどは縁起が良くないとしてメールでは使われません。 これらの言葉を使わないよう意識することで、無意識のうちに相手に不満を持たせてしまうということも防げます。 〇〇です。 この度の、課長着任の昇進祝いのメールをいただき誠にありがとうございます。 まだまだ未熟ではございますが、ご期待に沿うべく一層励んでまいる所存です。 「部長が仰った、会社で通用する人材になるのではなく、社会で人のためになるように生きなさいという言葉はいつまでも私の指針となっております」「営業成績が〇〇%上昇したのも、顧客に媚びるのではなく、自信を持ってご紹介をするよう部長からアドバイスをいただいたおかげです」など、具体例を交えると心が伝わりますね。 〇〇株式会社 〇〇部〇〇様 平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。 就任に対しては、着任に置き換えます。

次の

栄転する上司に贈る昇進祝いのマナーとメッセージ例文

昇進 祝い メール

お祝いメール 昇格・昇進する人がいたら、お祝いメールを送りましょう。 吉報が届く前によく使うフレーズやNGワードをおさえておけば安心です。 <目次>• 異動・昇進のお祝いメールを送るタイミングは? 人事異動の知らせは、本人から直接連絡が届くほか、誰かが知らせてくれる場合もあります。 本人から「異動挨拶メール」が来れば問題ないですが、他の人が知らせてくれたなら、周囲の方に事実をきちんと確認します。 内示の段階なのに社外へ情報が漏れてはいけません。 「正式な発令が出たら真っ先にメールを送る」ことを心掛けましょう。 「ご栄転」の一言を添える ぜひ使ってほしい言葉があります。 それは「ご栄転」です。 「ご栄転」の意味は、今までより高い地位、役職に就くことです。 また、転任をいう尊敬語としても用います。 よって、次のような人に対して使うことができます。 昇格する人:担当格から主任へ、課長から部長へ• 職場が変わる人:東京本社から大阪支店へ、総務部から営業部へ つまり、たとえ役職がつかなくても、職場が変われば「ご栄転」を使うことができます。 お祝いメールは「見習いたいところ」を具体的に 「ご栄転おめでとうございます」のほかには、何と書いたらよいのでしょう。 文例を丸写しするより、相手がもっと喜ぶことがあります。 それは、相手の仕事ぶりについて「見習いたい」「尊敬する」点を具体的に書くことです。 喜ばしい内容のときは少し大げさに書いてもかまいません。 おめでとうの気持ちが伝わる文例 それでは、さっそく「おめでとう」の気持ちが伝わる、昇進祝いメールの文例を紹介します。 このたびはご栄転おめでとうございます。 心よりお祝い申しあげます。 いつもロールモデルにしています。 今後も益々ご活躍なさいますよう祈念しております。 上司の宮田をはじめ社員一同、吉報に大変喜んでおりますので、まずはメールでお祝い申しあげます。 応援する気持ちで書こう 企業に勤めていた時、私も何度か異動を経験しました。 正直がっかりした発令もあります。 でも、ある人が真っ先に「ご栄転おめでとう! あなたに白羽の矢が立ったのですね」とお祝いメールをくれました。 その言葉にどんなに救われたことでしょう。 今でも感謝の気持ちでいっぱいです。 自分のことのように相手を祝うメール、あなたも送ってみませんか? 贈り物を送る時には周囲に配慮を 昇進や昇格は、日ごろお世話になっている人へ感謝の気持ちを表す良い機会でもあります。 メールでのお祝い以外に贈り物の検討をする人もいることでしょう。 ですが、異動の場合は本人が望まない形であることもあるので、贈り物をしようと考えている時には十分に配慮しましょう。 また、職場の人間関係も無視できないので、周囲の人への気配りも忘れないようにしましょう。 【関連記事】•

次の

昇進のお祝いメールの文例集(7件)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

昇進 祝い メール

1.昇進とは? 「昇進祝い」や、「昇進による昇給」といった使い方からもわかるように、「昇進」は、社員にとってめでたいことで、企業の中で働く上での目標にもなるものです。 具体的には、「平社員から主任へ」「課長から部長へ」といったように、役職が上がることを指して「昇進」といいます。 「役付きになる」「肩書きが(良い方へ)変わる」というのが、「昇進」ということです。 企業における昇進の仕組み 社員を昇進させるかどうかは、勤続年数や会社への貢献度、求める仕事内容などによって決められます。 しかし、その肩書きにふさわしいからといって、社員全員が部長になることはできません。 会社の役職とそこに該当する人数は、多くの場合一定です。 つまり、上の役職の人物が退職したり、さらに上へ昇進しなければ、下の人が上がって行くことは難しいということです。 【社員を見える化し、一人ひとりに合ったフォローアップを実現】 人材管理システム「カオナビ」は社員のスキルや個性、過去の評価履歴などあらゆる人材データを一元的に管理できます。 人材データが 部門や部署に散在しており、ほしい時に確認できない• 人材データが社員一人ひとりの 適正配置やマネジメントに活かせていない• 昇進した人物を祝ったり、祝われたりするシチュエーションに遭遇することもあるでしょう。 昇進の言葉の使い方として、よく用いられるものの例をご紹介します。 「昇進御祝を贈る」 3.昇進と昇格の違い 「昇格」は、昇進と混同されることの多い言葉ですが、実際の意味は異なります。 昇進が役職が上がる際に使われる言葉であるのに対し、「昇格」というのは、格が上がる時に使われる言葉なのです。 格というのは、「一段、二段」や、「一級、二級」といった等級のことです。 職能資格制度とは? 企業内におけるこうした等級制度は、「職能資格制度」と呼ばれています。 職能資格制度は、社員の能力によって等級を定めるという制度です。 級が低いところから始まり、だんだんと等級が上がるにつれて、できる仕事が増え、能力値が高いと認められているということになります。 この等級は、上がることもあれば下がることもあります。 なお、職能資格制度を導入していない会社には、昇格はありません。 もちろん、等級は個人の能力、職位は社内での立場を示すものですから、等級が上がったからと言って職位が自動的に上がるということはありません。 しかし、「等級がかなり高いのに、未だに平社員というのはおかしい」という目安にはなります。 まずは昇格によって能力を認められ、等級があがり、その上がった等級の中から、マネジメント力を持っていると判断された人が昇格していくといった形が自然と出来上がって行くのです。 5.昇進の挨拶の文例 新しい役職を命じられた場合、昇進後の職場内にて挨拶の場が用意されるケースもあります。 昇進挨拶として適切な例文をご紹介しましょう。 昇進のスピーチの3つの要素• 役職の拝命に対する感謝• ビジョンや目標• メンバーに対するお願い 昇進の挨拶で、ぜひ盛り込みたい要素は上記3つです。 自己の実力だけでなく、周囲の協力によって昇進の機会を得られたことなどを説明し、感謝の気持ちを示しましょう。 個人的な目標を交えてもOKです。 謙虚な気持ちで協力を仰ぐことで、その後の円滑な職務の滑り出しを期待できるはずです。 前部署の在任中には(担当者名)様より格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。 この度の就任に際し、後任には(後任者名)が担当を引き継がせていただきます。 近日中にご挨拶の機会を頂戴できましたら幸甚です。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 6.昇進祝いとは? 贈り物やメッセージの例 会社に勤めていると、昇進祝いを贈ったり、贈られたりする機会があることでしょう。 昇進祝いに適した贈り物の品や贈り方、またメッセージの例をご紹介します。 昇進祝いのプレゼントの相場 昇進を祝う相手との関係や、昇進の度合いによって相場は異なりますが、平均3,000円〜10,000円程度と考えるとよいでしょう。 たとえば取引先へ贈る場合には、あまりに高価なものを贈ると相手に気を遣わせてしまい、相手の返礼が大変になります。 数千円程度に収まる範囲内で、相手の喜ぶものを考えましょう。 昇進祝いの贈り方 昇進祝いのプレゼントには、熨斗をつけましょう。 購入時に店舗にお願いすれば対応してくれます。 熨斗の書き方と見本• 水引紅白もしくは金銀の蝶結び• 表書き:御昇進御祝 この度は(役職名)へのご昇進、誠におめでとうございます。 (相手名)様が培ってきた実績の賜物によるものと改めて敬服いたします。 今後はますますお忙しくなると思いますが、ご自愛の上、 存分のご活躍をされますようお祈り申し上げます。 取り急ぎ、略儀ながらメールにてお祝い申し上げます。 7.昇進面接の役割とは? 昇進の判断をする際は、面接を行うようにしましょう。 なぜなら、「その人が何をしたか」「どのような実績があるか」というだけを根拠に昇進させてしまうと、「自分では動けるが、人の上に立って管理をするには向かない人材だった」ということにもなりかねないからです。 昇進して社内での地位が上がるということは、自分よりも下の社員に対するマネジメントをする必要が出るということです。 これは、個人の営業能力や業務遂行能力とは異なる才能が必要な仕事です。 そのため、面接で「どのような仕事をしたいのか」「昇格した後のビジョンをどのように考えているか」といったことを本人からヒアリングする必要があります。 昇進の面接で確認すべき事柄は、役職によっても異なります。 主任なら主任、部長なら部長に相応しいビジョンや考え方を持っているかどうか確認しましょう。 8.昇進と昇任、昇給の違い 昇進や昇格と似たような言葉に「昇任」「昇給」があります。 正しい意味を理解して、適切な場面で用いましょう。 昇任の意味 「昇任」は昇進とほぼ同じ意味を持ちますが、主に公務員に対して用いられます。 公務員制度では任命権者による任命によって役職に就くため、昇進ではなく昇任が一般的に使用されています。 昇任の流れの具体例 地方公務員の場合• 副主幹• 課長補佐• 部長 自衛官の場合• 将官 警察官の場合• 巡査部長• 警部補• 警視正• 警視長• 警視監• 警視総監 昇給の意味 昇給とは、給与が上がることを意味する言葉です。 通常は基本給を指し、賞与(ボーナス)や手当は含みません。 昇給の種類 昇給は大きく2種類に分類されます。 定期的な人事考課などのタイミングに昇給が実施されます。 たとえば勤続年数によって基本給が年次で上がるケースでは、年齢や勤続年数に比例して基本給も上がる右肩上がりの賃金カーブが維持されます。 たとえば、ベースアップ(ベア)1%が採用された場合、勤続年数に応じて基本給が25万円とされていた入社3年目の社員は、同じ年数でも25万2,500円の基本給となります。

次の