ラスコー 洞窟。 クロマニョン人が残した洞窟壁画 特別展「世界遺産 ラスコー展」 国立科学博物館のペア入場券を5組10名様にプレゼント

ラスコー洞窟の場所、行き方。観光で壁画を見ることはできる?

ラスコー 洞窟

概要 [ ] 鮮やかなで有名なや、の骨が発見された(クロ=マニョン岩陰遺跡、:、:rock shelter of Cro-Magnon。 では「クロマニョン洞窟」とも呼ばれる[])、が担ったの(ムスティエ岩陰遺跡群、フランス語:)などが含まれる。 ユネスコ世界遺産の登録に当たっては、多くのやの研究上最も重要なものの中でも、主に decorated cave に絞られた。 世界遺産の登録の際には、147の旧石器時代の、25の装飾洞窟、この一帯で発見されたおよそ10万点におよぶやなどに言及されている。 ただし、実際に登録されたのは以下に掲げるものだけである。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 3 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 登録リスト [ ] 洞窟壁画のある遺跡群 [ ]• (ポワソン岩陰遺跡)• (カプ・ブラン岩陰遺跡)• 洞窟壁画のない遺跡群 [ ]• の骨が発見された。 グラン・ロック洞窟• (マドレーヌ岩陰遺跡) 外部リンク [ ]• (公式ウェブサイト). 2010年3月30日. 2010年4月6日閲覧。

次の

特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」

ラスコー 洞窟

概要 [ ] 鮮やかなで有名なや、の骨が発見された(クロ=マニョン岩陰遺跡、:、:rock shelter of Cro-Magnon。 では「クロマニョン洞窟」とも呼ばれる[])、が担ったの(ムスティエ岩陰遺跡群、フランス語:)などが含まれる。 ユネスコ世界遺産の登録に当たっては、多くのやの研究上最も重要なものの中でも、主に decorated cave に絞られた。 世界遺産の登録の際には、147の旧石器時代の、25の装飾洞窟、この一帯で発見されたおよそ10万点におよぶやなどに言及されている。 ただし、実際に登録されたのは以下に掲げるものだけである。 登録基準 [ ] この世界遺産はのうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は公表のからの翻訳、引用である)。 1 人類の創造的才能を表現する傑作。 3 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。 登録リスト [ ] 洞窟壁画のある遺跡群 [ ]• (ポワソン岩陰遺跡)• (カプ・ブラン岩陰遺跡)• 洞窟壁画のない遺跡群 [ ]• の骨が発見された。 グラン・ロック洞窟• (マドレーヌ岩陰遺跡) 外部リンク [ ]• (公式ウェブサイト). 2010年3月30日. 2010年4月6日閲覧。

次の

「ラスコー洞窟」の壁画に残る多くの謎 壁画の位置や描いた動機

ラスコー 洞窟

フランス語ガイドが一番多いですが、英語のガイドも1日2回程度、用意されています。 今回は、フランス在住の友人たちと見学です。 私も仏語がある程度わかることと、友人は英語がわからないので、当然の流れで簡単に予約が取れるフランス語になりました(汗 日程が決まっている場合は、英語の回が多くないこともあり、早めの予約がいいかも? チケットはプリントアウトしておきます。 ちなみに、「Le Parc du Thot」という動物園とのセットチケットもあります。 私たちはラスコー4のみにしました。 現地到着 当日は朝10時頃の予約です。 駐車場は非常に広いですが、混雑すると遠い駐車場に駐車することになります。 やはり朝早めの予約がオススメです。 中には既に、たくさんの客が。 受け付けを済ませ、集合時間までは、お土産屋をぶらぶらしていました。 お土産コーナーは結構広く、ここはここで見ごたえがあります。 他の日本人観光客も結構見かけました。 いよいよ、ラスコー4見学! 集合時間になり、ガイドさんが付いての見学スタートです。 まず初めに、専用のタブレットが全員に渡されます。 このタブレットにはヘッドフォンがついていて、ガイドさんの音声が良く聞こえるようになってます。 動作確認が終わったら、まずはエレベーターで建物の屋上へ。 最初は、この地域の歴史や地形について、説明がありました。 早くもタブレットのARが活躍!ハイテクです。 その後、エレベーターを降りて、レプリカの部屋に向かいながら、立ち止まって時々説明あり。 そんなこんなで、いよいよ展示室です。 厳重な扉の先は、一切の写真が撮れませんのでご注意下さい。 レプリカはかなり広い! 中は結構広く、洞窟のひんやり感すら再現。 精密に再現されたレプリカを使って、「ここには牛の絵がある」「ここにはガゼルが」等々、ガイドさんが説明してくれました。 見学終了、最新技術を使ったラボへ レプリカ展示室を抜ければ、写真撮影が自由です。 ガイドさんともここでお別れとなり、ラボは自由見学となります。 最初に渡されたタブレットを展示物にかざすと、イヤホンで説明音声で流れたり、ARで映像が見られます。 いかにも最新技術を集結させた的な展示ルームでした。 このラボの展示もかなりのボリュームがあり、一つ一つ見ると結構時間がかかります。 ラスコーの歴史を学べて面白かったので、時間がある方はじっくりご覧になることをオススメします。 他にも映画室などもありました。 映像展示は、基本的に全編フランス語なので、私にはちょっと難しかったですね・・・。 VRゴーグルを被ってラスコーの中を探検できるゲームもありましたよ。 かなり酔うのと、操作が結構難しかったですが・・・。 その他、いかにもフランスらしいコンテンポラリーアートの展示もあり。 気付いたらお昼を過ぎるまで、じっくり楽しめました。 タブレットは全ての展示を見た後、最後に返却します。 ラスコー4見学の感想 確かに、すごくきれいに再現されている・・・とは思います。 でも、ところどころ、誰かが触ったところの色がハゲて下地の石膏がむき出しになっていたりで、 「やっぱり作り物だな・・・」 感が拭えませんでした。 こう言っちゃ身も蓋もありませんが、「本物を見た時の感動」はなかった。 何と言うか、日本で良く見る、コンクリート製の教会の結婚式場の、嘘くささ的な物に似ているかも。 (キリスト教徒でもないのに、それっぽい雰囲気を求めただけで作った建物、という) もちろん、一流の職人が時間をかけて洞窟を再現した、という点は、称賛すべきものです。 が、やはりホンモノではない。 私はまた行きたいかと問われたら、とりあえず暫くはいいですね。 友達に勧めるかと言われたら、「時間が余ってるならいいんじゃない?」と答えると思います。 テーマパークの感覚で行ったほうがいいかも!?です。 洞窟のレプリカだけなら(最新技術のラボ展示室を見ないなら)、「ラスコー2」のほうが入場料が少し安いです。 関連リンク.

次の