おすすめ 引越し 業者。 最新!引越し業者ランキング

【江戸川区】のおすすめ引越し業者|土曜引越センターは洗濯機も照明も無料で取り付け!

おすすめ 引越し 業者

料金目安 プラン名 区分 詳細 日通 1. 8万円~ 単身パックS 単身パック 荷物量に応じたS・Mの2サイズ 2万円~ 単身パックL 単身パック 要見積 単身パック当日便 単身プラン 近距離限定のトラックチャータープラン ヤマト 1. 5万円~ ミニ引越しプラン 単身プラン 標準的なチャータープラン 佐川 2. 1万円~ カーゴプラン 単身パック 標準的なBOX輸送プラン 3. ただ荷物量さえ少なければ何人家族でも利用可能です。 要は荷物がそれぞれBOXやトラック内のスペースに収まればOK。 また、表の相場はあくまで参考目安で、 利用者それぞれの引越し条件次第で大きく料金が変動します。 なので、比較的安い日通にしたってヤマトにしたって「 この業者の単身パックが安い!」ということは言えないんですね。 つまり、予定日(時期)、引越し先(距離)といった条件次第で各社料金が異なるため、自分の条件で見積もりを出してもらって比較して初めて安い単身パックが分かります。 単身パックの予約は埋まりやすい! 単身パック(BOXタイプ)での引越しを希望するなら 見積もり予約は早めにとっておくのがおすすめ。 というのも、単身パックは他の利用者のボックスと一緒に1トラックで輸送するので、他の予約との都合を考えてトラックを走らせる必要があります。 そのため、利用者1名にトラック1台貸切りの通常プランと比べて、業者側のスケジュール調整ががむずかしいので希望日での予約が取りづらいんですね。 加えて単身パック自体が人気のサービスなので、そもそも予約が埋まりやすい。 特に土日・月末月初・3月4月に引越し予定があるなら尚の事。 なるべく早く、予約に空きがある業者の単身パックを一括見積もりで探して比較、最安値の見積もりを出しておくことが肝心! 単身パックと単身プランの違いは意外と知られてない 一人で引越しをする場合にまず思い浮かぶのが「引越し単身パック」と「引越し単身プラン」この2つ。 パッと聞いただけで同じ意味だと捉えがちですが、両者は全然別物です。 料金も違ってくるし、運べる荷物の量も変わってきます。 この違いを簡単にまとめてみました。 単身パック 単身プラン 荷物 少ない 多い 料金 安い 高い ダンボール 有料 無料 単身パック:ボックスで輸送する カーゴ(コンテナボックス)に入りきる荷物の量の引越しが対象。 引越し業者が他の輸送荷物と混載して運べるため、その分料金が安くなります。 「単身パック」という名称は日通の商標登録となっているため、他の引越し業者、例えばヤマト運輸なら「ヤマト単身引越しサービス」など独自のプラン名を使っています。 BOXの図を見てもらえば分かるように、本当に荷物が少ない人だけが使えるサービスプラン。 単身プラン:トラックをチャーターして輸送する 単身パックでは入り切らない荷物量の人が使う一人向けの引越しプラン。 ただ、「単身」とついているだけで基本的にはトラックを1台チャーターするため、他の引越しと同等の扱い。 単身パックと違って、ダンボールが無料になったり、荷造りをしてくれたりするサービスも付いています。 つまり基本的には通常の引越しプランとそれほど大きな差はないということになります。 両者のメリットデメリットと選び方 両者の違いを知っておくことで、予算や手間、荷物量などに応じて、あらかじめ自分はどちらのプランなのかをざっくり把握した上で引越し業者と相談できます。 単身パックのデメリット:荷物量とダンボール調達 一覧にある通り、一番の違いは荷物量による料金の違い。 単身パックは距離数に対する料金がそれほど左右されないため、最安値料金で引越しできます。 1BOXで入り切るなら断然単身パックにしたほうが安く済みます。 ただし、これが単身パックのデメリットにもなり得ます。 例えば日通単身パックは荷物に上限はないけど、1BOXで入り切らない分は 追加料金が必要になるため、宅配便を使って別送するなどの方法も検討する必要が出てきます。 ダンボール数箱分くらいなら数千円で収まるので、基準となる荷物の絶対量が決め手に。 またダンボールは有料か自分で手配する必要も。 単身プランのデメリット:長距離引越し費用が高い これに対して、単身プランなら荷物量は気にせずダンボールも基本無料サービス。 荷運び、荷解きなどのオプションを付ければ手間や労力を気にせず引越し業者に全部任せてのんびり引越しを行うことも可能に。 ただ、その分料金は上がるし、 距離数が増えれば増えるほど更に割増になっていくのが最大のデメリット。 近距離の場合なら各社格安プランを打ち出していますが、長距離になるとやはりどうしてもそれなりの料金が掛かってきます。 単身引越しが安いのは単身パック?単身プラン?相場比較 単身パック 単身プラン 相場 約1. 5~4万円 約3~10万円 単身パックは他の荷物との混載輸送になるため、市内、県内を出て100kmとか300kmなど距離数が伸びても約3万円以内に収まることが多くなります。 これに対して単身プランはよほど荷物量が多くない限りは、距離数が一番大きく関わってくるため、それに応じて料金も変動します。 単身パックはボックス単位での料金となるため、仮に2BOXになった場合と単身プランと比較してどちらが安いのか?を判断しなければならず、業者によってこの料金は変わってきます。 どちらがいいのかは、荷物量、移動距離、サービスプラン(ダンボールや荷解き、清掃、廃棄処分など)の希望の有無で自分がどうしたいのかによって、また業者ごとにも変わるため、一概に定義付けはできません。 単身パックは全引越しプランの中で最安値になるので、どうしても安く済ませたい!という場合は、 荷物を売却したり処分したりしながら減らしていくしか方法はないと言えます。 ワンポイント アドバイス 引越し業者はたくさんあって、さらに「単身パック」「単身プラン」、さらには「単身サービス」「シングルプラン」「ミニ引越し」などプラン名が多すぎ。 価格はどこが安いのか、どのプランがいいのかを見極めるのは困難の極みです。 そんな場合は荷物量や移動距離、オプションまで含めた希望条件を踏まえて一括見積もりで一度に比較したほうが素早く分かるためおすすめ。 特定の荷物がある場合は利用できない これらを運んでもらうのは無理! 単身パックのBOXはどこの業者でも大きさがほぼ決まっています。 つまり、入り切らない荷物がある時点で使用は不可。 例えばベッド。 折りたためるものであれば大丈夫ですが、ベッドは大体170cm以上になりますよね。 また3ドアの冷蔵庫もギリギリ行けるかいけないか、ピアノや大型家具や家電がある時点で難しくなります。 ちなみに、原付きバイクなどエンジンが付いている乗り物、高価な美術品や有価証券、またペットも運んでもらうことはできません。 【料金事例付】単身パックを使った人の口コミ評判 普通でした• 引越し料金 41,000円• 引越し時期 7月• 引越し距離 同市内 引っ越し先が近場だったので、本来は自分達でできる距離でしたが、冷蔵庫、洗濯機がファミリー用のため、引っ越し業者にお願いすることにしました。 できるだけ費用を抑えたくて3件ほど電話しましたが、費用はさほど差がなかったため、対応の良さから日本通運を選びました。 しかし、単身パックだと電化製品が一人暮らし用だと思われていたようで10リットルの洗濯機、300リットル以上の冷蔵庫をみて、業者の方々に「まじかよ」というような発言をされたこと。 電話対応もよく、見積もりにスタッフが訪問して運搬物を確認するためにメモなどもしていたのに作業スタッフに引き継ぎされていなかったのか、そのスタッフの心情なのかはわかりませんが、聞こえてきてしまったのは非常に残念でした。 投稿日時:2019年04月25日 03:50 やや不満でした• 引越し時期 11月• しかし、運び出しは三人だったのに引越先に到着後のスタッフは1人で、家電とかがなかなか運べなかった。 梱包交代して頂いた食器が割れていた。 見積り段階でおまけしてくれると言っていたガスコンロや不要物の処理代が最終的に三万円ほど加算されていたのでおかしいが、スタッフに言っても確認してもらえない。 投稿日時:2019年04月25日 18:55 やや不満でした• 引越し料金 70,000円• 引越し時期 6月• あとは、自分の希望日時に融通をきかせることができれば、業者が引っ越しと引っ越しの合間での実施を了解したら少しだけど値引きしてもらえる。 しかし、自分では荷物は少ないと感じても、見積もりをしてもらうと単身パックでは厳しいのでプラン変更や一部の荷物処分を前提にされる。 単身パックの決め手はやっぱり荷物量。 これが8割以上の鍵を握ってると言っても良いですね。 ボックスに入れば格安、少しでも入り切らなければ通常便に… あとは距離数でも変動する場合があるので、やっぱりしっかりと見積もりを各社から取った上でどこにするのか決めたほうが無難です。 単身引越し費用が確実に安くなるおすすめの方法5つ! 単身で引っ越しする場合は「1人なんだし安くしてよ!」と業者に言いたいところですが、何もしなければ安くは収まりません。 値段を安くする方法を知っておくだけで、事前準備もできますので、管理人もよく使うおすすめの方法についてまとめておきます。 【1】安くなる時期を知っておく 引越しの超繁忙期は3月と4月。 年が明ける前に前倒しで引越しをする人も多いため、12月も相場料金は上がってきます。 それに比べて1月、6月、7月、11月は全体的に引越し件数が下がる傾向にあります。 月は選べないよ…という場合は、月末月初はせめて避けましょう。 特に月末は中旬と比べて1. 5~2倍に料金が跳ね上がる場合があり、これを知らなかった管理人は3万円台で済む引越しが8万円になったことがありかなりショックでした… 時期は特に大事と心得ておいてください! 【2】思い切って捨てるものは捨てる モノってなかなか捨てられないけど、バッサリ捨てて新調したほうが引越し料金と比べて安くなる場合もあります。 どうしても引越し料金に目が行きがちですが、捨てるものは捨ててしまったほうが結果安くつくことも。 断捨離する意味も含めて気分良くバーンと行くのはおすすめです。 【3】荷造り、荷解きは余裕を持って事前に行う 管理人も一度だけ使ったことがありますが、荷造り、荷解きを業者にお願いする おまかせパックなど使うと物凄く楽なので使いたくなっちゃうのですが、 これだけで2万円とか取られます。 あと、見積もりはできるだけ早めに取ってください。 引っ越し直前だと確実に料金は上がります。 【5】各業者の見積もり金額で値下げ交渉 【4】の相見積もりで出た「一番安い見積もり金額」を値下げ交渉の材料にします。 具体的にどういうことかっていうと 「この金額より安ければ考えるんですけどね~…」と他の業者に掛け合ってみると 「わかりました!もう少し頑張りますのでうちで!」って感じでどんどん安くなっていきます。 まとめ:少量の荷物を安く送るには1社の単身パックにこだわらない 単身パックはとどのつまり、 ボックスに荷物積めるだけ積んで運ぶから割安!という混載便サービス。 …たしかにお得感あるし、安さにも納得できますよね。 でも一定額じゃない。 そこが肝心なんです。 引越し料金は、その時その時、あらゆる要因で相場が変動します。 それはどの引越し業者の単身パックでも一緒。 「少量の荷物だし、~社の単身パックが一番安いはず!」 っていう考えは大きな誤解なんです。 つまり一旦、~社の単身パックを本命としておいて、できるだけ多くの業者の見積もりと比較してみてください。 見積もり比較した結果 一番安いのは 他社の通常プランかもしれないし、 ~社の単身パックかも。 いずれにせよ、見積もり比較さえやっておけば あなたが運びたい荷物量を一番安く運んでくれる引越し業者に必ず出会えます。 SUUMO引越し.

次の

引越し業者おすすめランキング1位はどこ?|利用者の口コミと評価

おすすめ 引越し 業者

不用品処分のできる北海道・東北地方の引越し業者 赤帽 吉野運送 北海道北見市にある吉野運送では、 「リサイクル」もしくは「廃棄処理」の2方法によって不用品の有料処分を行っている。 この業者ではよくある質問がわかりやすく整理されているため、初めての人でもスムーズにサービス利用ができることだろう。 しあわせ便引越センター 宮城県仙台市にあるしあわせ便引越センターでは、 荷物整理で出てきた粗大ゴミや不要な電化製品などの引取りを有料で行っている。 引越後のダンボールについてもこの業者で用意した物に限って無料回収をしてくれるため、業者とのコミュニケーションをしっかり図ることで後片付けもスムーズにできそうだ。 不用品処分対応中の関東地方の引越し業者 ホームワーク引越サービス この業者では、引越しのタイミングで不要になってしまった 家具家電、オフィス用品、生活雑貨、厨房用品といった幅広いアイテムを見積料無料で買取・撤去をしてくれる。 サイト内には高価買取品目も公開されているため、「売るか?捨てるか?」を悩んでいる人にも良き判断材料が得られることだろう。 東京引越しセンター 東京引越しセンターでは、 生き物・生ゴミを除く混載ゴミや家具家電などの不用品を有料で回収している。 また自動車の買取査定や廃車手続きも無料で行っているため、転居に伴い不要になったマイカーもこの業者を窓口にして処分ができると考えて良いだろう。 不用品を処分できる中部地方の引越し業者 はじめ引越サービス 単身引越し専門のはじめ引越しサービスでは、 生ゴミ意外であればどんな物でも有料で、どの業者よりも安く引取りをしてくれる。 また製造年月日から3年以内でコンディションの良い家電製品であれば買取も行っているため、品物によっては想定外の現金化に繋げられると言えるだろう。 栄光社 愛知県名古屋市にある栄光社は、オフィス移転・オフィス引越しの専門業者だ。 移転時に不要になったデスクやコピー機などは、栄光社で責任を持って回収・買取を行ってくれる。 また作業完了後はマニフェストも発行されるため、不法投棄などへの不安がある企業でも安心して利用ができることだろう。 不用品処分のできる近畿地方の引越し業者 ガード引越センター リサイクルキングという店舗を運営するガード引越センターでは、 引越代から買取額を差し引いてくれる良心的なサービスを行っている。 査定の付かないものについても処分品として引取りができるため、自宅に溜まったガラクタの扱いに悩む人にもおすすめ度の高い引越し業者になることだろう。 コーワ引越サービス 不用品処分専用ページを設けるコーワ引越サービスは、 店舗や事務所の備品処分から遺品整理まで行なう良心的な業者だ。 不用品回収料金の目安についても、品目や使用トラック別にわかりやすい事例を公開しているため、費用面の心配により専門業者による処分を躊躇する皆さんでも納得の情報が得られることだろう。 不用品処分のできる中国・四国地方の引越し業者 J. NET 広島市にあるJ. NETは、 粗大ごみ・不用品整理を含めたオプションサービスの充実で知られる引越し業者だ。 NETでは女性の単身引越し向けのサービスメニューも用意しているため、自分の力では買取店に持ち込めないような物の処分整理についても相談しやすい業者になることだろう。 追加料金についても一切かからないため、料金的な部分で比較検討する人にも不安要素の少ない業者と言えそうだ。 アイ引越センター 単身や家族だけでなく法人の引越しも行なうアイ引越センターでは、 不要になった備品や什器の買取も行っている。 特に住宅産業の法人引越しは得意分野としているため、移転に伴いたくさんの不用品が出る場合は相談だけでもすると良いだろう。 赤帽アクセスS98運送 一般廃棄物収集運搬業の許可証を持つ赤帽アクセスS98では、 家電リサイクル法の対象製品とスプリング入りマットレス、パソコンなどの不要品処分を行っている。 サイト内にある引越し見積もりフォームに不用品のボリュームや概要を入力すると、赤帽アクセスS98独自の査定基準で算定した概算料金を教えてもらえる。 不用品処分の可能な九州・沖縄地方の引越し業者 アーバン引越センター オプションサービスの充実したアーバン引越しセンターでも、 不要になった家具などの処分・引取りを行っている。 サイトの中には廃品処理に関する詳細は書かれていないため、見積り依頼フォームの「ご意見・ご質問欄」に処分を依頼したい品目などを書いてみると良いだろう。 アサカワ引越センター 不用品回収・粗大ごみ回収・遺品整理を得意とするアサカワ引越センターは、少し特殊な引越し業者だ。 軽トラックもしくは2トントラックから選択できる積み放題キャンペーンを利用すると、9,800円~24,800円で不用品の処分が行える。 アサカワ引越センターではゴミ屋敷などの片付けも行っているため、福岡にある一般の引越し業者と比べて不用品処分の依頼がしやすい存在になることだろう。 琉球トータル引越サービス 沖縄県宜野湾市にある琉球トータル引越サービスは、多彩なオプションサービスで知られる人気業者だ。 不要品の処分については、ボリューム関係なく家電でも何でも引取り・処分をしてくれる。 不用品処分できる全国チェーンの引越し業者 ここまで紹介した地方都市の業者には、 引越し・不用品処分サービスにおける料金が若干高い難点がある。 また地域によっては対応エリア外になることもあるため、上記の企業への依頼が難しい場合は、これから紹介する全国チェーンの引越し業者にも問合せや見積り依頼をかけてみて欲しい。 日通 業界最大級のネットワークで知られる日通では、 不要品(粗大ごみ)と家電リサイクル品の両方の引取りサービスを行っている。 家電リサイクル品の引取りをする際には、テレビ1台で2,916円、エアコン1台で1,404円ほどのリサイクル料金が必要となるため、システムとしては家電量販店などのサービスと同じと捉えて良いだろう。 ダック引越センター ダック引越しセンターの不用品引取りサービスは、地域によってサービス内容が異なるシステムとなっている。 首都圏対象のサービスを利用すると、不用品回収再生サービスのエコランドが紹介される。 これに対して全国対応サービスの場合は、7,500円以上の料金で引越し当日にダックで不用品を処分してもらえるシステムだ。 アーク引越センター オプションサービスが充実したアーク引越センターでも、 家具や家電製品などの不用品処分を行っている。 引越しのタイミングでアーク引越センターで大型家電を処分すれば、家電量販店などに問合せをする手間も省けることだろう。 サカイ引越センター サカイ引越センターには、同社内で運営されている不要品買取サービスがある。 取扱商品の中には衣類、ベビー用品などの衣類だけでなく、生活家電やAV機器なども並んでいるため、 少しでも価値ある商品を持っているならサカイ引越センターを利用して「処分してもらう前に売る」という方向で動いてみても良いだろう。 ヤマトホームコンビニエンス クロネコヤマトで運営するヤマトホームコンビニエンス内にも、不用品買取サービスがある。 この業者で買取ができるのは、 製造から6年以内の洗濯機や冷蔵庫などの家電類や家具類、雑貨が中心となる。 このサービスを利用すれば、クロネコヤマトとのやり取りだけで完結するため、忙しい引越しシーズンであってもスケジューリングのしやすい内容だと言えるだろう。 引越しの不用品は買取業者でも処分できる 費用のかかることの多い引越し業者の不用品処分に納得できない場合は、リサオクやトレジャーファクトリーのような買取専門業者を利用して「 さまざまなアイテムを現金化する」という方法も大変おすすめだ。 リサオク リサイクルショップのトレジャーファクトリーには、「トレファク引越」という少し変わったサービスがある。 このプランを使うと、買い取ってもらえた商品の金額を引越し料金から差し引いてもらえる。 また、 買取品については引越し当日の搬出となるため、「転居前日まで洗濯機を使いたい」といったケースでもスケジュール調整に悩むことはないと言えるだろう。 トレファク引越利用時には買取処分プランナーが見積もり訪問してくれるため、まずは不用なものをすべて見てもらった上で相談をしてみてほしい。 まとめ 今回、不用品処分サービスもおこなう引越し業者を紹介してきた。 業者ごとに特色があり、対応できる範囲も異なってくるので、ニーズに合わせて上手に選ぶと良いだろう。 また、まだ使えそうなものがあれば、買取に出すのもおすすめ。 捨てるしかなかったものが現金に換わるうえ、リサイクルにも貢献できる。 その際はぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてほしい。 参考:• 参考:.

次の

【福岡のおすすめ引越し業者8選!】実際に安くできた私の実例も交えてシンプルに解説

おすすめ 引越し 業者

引越し業者を決める前に見積もりを必ず取ろう 引越しの場合は条件によって費用が変動するので、業者を決める前には見積もりを取って検討することがポイントです。 また、見積もりはひとつの業者からだけでなく複数業者 参考目安は6社程度 取った方がよいでしょう。 過去に利用したことがある業者でも、プラン内容に変化が生じたり、時期によっても費用が変わる可能性があるため、見積もりを再度お願いするべきです。 見積もりを依頼した際の返事のスピードや内容なども、サービスの質を推し量るポイントとして参考にすることができます。 一括見積もりだと引越し業者を簡単に比較できる 見積もりを取る際には、一括見積りサービスを使うと、簡単に複数の引越し業者から見積もりを取れます。 複数の見積もり価格を比較すると、一番安い引越し業者が見つかります。 また、料金だけでなく口コミも比較して確認できるので安心です。 24時間いつでも簡単に引越し業者の比較が可能なので、忙しい方には助かるサービスでしょう。 おすすめの引越し業者一括見積もりサービス では、引越し業者の一括見積りサービスにはどのようなものがあるのでしょうか? どのような見積もりサービスがあるのかわからない方のために、おすすめの引っ越し業者一括見積りサービスとその特徴をご紹介していきます。 特におすすめのサービスを2つご紹介しますので、ご自身に合ったものを利用してみてくださいね。 SUUMO引越し見積もり 「SUUMO引越し見積もり」は、リクルートが運営する知名度抜群の住宅情報サイトSUUMO スーモ の引越し見積りサービスです。 大手はもちろん地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかります。 SUUMOの引っ越し見積りのポイントとしては 電話番号なしで申し込みが可能である点が挙げられます 名前とメールアドレスは必須。 一括査定にありがちな営業電話がたくさんかかってくるといった煩わしさがなく、メールであればご自身のペースでやりとりをすることができ、利用しやすいサービスとなっているため引越し侍と共にぜひチェックしてみてください。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最大50%安くなるSUUMOだけの特典やプランが充実• 大手から地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかる• 電話番号の入力は任意のためメールでやりとりを完結できる• サイト上で簡単に引越し料金をシミュレーションできる 引越し侍 引越し侍の料金一括比較サービスは、サカイ引越センターやアーク引越しセンターなど、大手の引越し業者を含む 全国300社以上の業者と提携しているため、一度にまとめて料金を見積もることができます。 日時や荷物を入力し料金やサービス内容を比較し、自分に合った引越し業者を簡単に選ぶことができるため、これから安心して引っ越しをしたい方は利用してみてはいかがでしょうか。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最短1分で引越料金の相場がわかってその場で予約可能• 大手から地域密着の業者まで、全国300社以上と提携• 予約or見積もり完了でキャッシュバックなどのキャンペーン有• プランやサービスを含め、情報は変更になる場合があるため、最新の情報は各業者のウェブサイトなどでご確認ください。 サカイ引越センター サカイ引越センターは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 創業は1971年。 専業の引越し業者の中ではトップクラスの売上を誇り、最大手といえます。 幅広いニーズに対応できる7つの引越しコースがあり、トータルサポートが必要な場合は『らくらくコースプレミアム』、荷造りや荷ほどきを自分でするかわりに費用を抑えたい場合は『せつやくコース』など、希望に合わせて選べます。 また、有料オプションで、引越しを機に処分したい家電や家具を引き取ってもらうことも可能です。 サカイ引越センターの口コミ どの作業員の方もテキパキと作業されていたし、新居を傷つけないように慎重に作業しているのがよく分かったので安心してお願いできました。 梱包が間に合ってなかったものも知らない間に旧宅からトラックに詰め込まれていてびっくりしたほどです。 たいへん満足しております。 引用元: 対応エリア 北海道から沖縄まで全国180個所以上に支店あり 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業40年以上の業界最大手で安心• 予算や希望に合わせて最適なプランを提案してくれる• 訪問見積を依頼するとお米1㎏プレゼント アート引越センター アートコーポレーション アートコーポレーションは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 引越しパックは単身と家族でわかれており、ニーズに合わせてさらに細分化されたコースを選ぶことができます。 また、学生がおトクな『学割パック』、女性スタッフが作業を行う『レディースパック』、60歳以上の方からの整理整頓に関する相談にも対応している『シニアパック』といった、特徴的なサービスも展開しています。 アート引越センターの口コミ まず、自分が思っていた金額よりも安かったこと。 当初の予定では、作業員の方が二人で対応する予定だったが、引っ越し当日3名の作業員がきてくれた。 その為、荷物の搬出及び搬入が非常に早く、移動(搬送)時間を含めても2時間以内で完了しびっくりしました。 お得感があり非常に満足しています。 引用元: 対応エリア 日本全国 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業50年以上、引越し業者のパイオニア• 引越し希望日前後で日程をおまかせすると料金が半額に• 郵便や新聞の転送など面倒な移転手続きを無料で代行• 引越し後1年以内の無料家具移動や段ボール引取無料など、独自のきめ細かなサービスが多数 お問い合わせ アーク引越センター アーク引越センターは、愛知県に本社をおく専業の引越し業者です。 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当することが特徴です。 引越しプランには、単身用や家族用といった一般的なプランもありますが、結婚して新生活を始める方に適した『おふたりのお引越しプラン』や、新居を建てた方に適した『建て替えプラン』、大型のものだけを運ぶ『大物限定プラン』などがあり、個人の細かいニーズに合わせたサービスを提供しています。 アーク引越センターの口コミ 時間通りに来ていただき、作業も素早く行っていただいてとても助かりました。 大型の家具をお願いしたのですが始める前にどのようにやるのか説明していただき丁寧に運んでくれたので安心してお願いできました。 とても自分たちでは運べない物だったので、業者の方に頼んでよかったです。 引用元: 対応エリア 日本全国に200拠点 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当• お客様の声などを活かし独自開発したオリジナルの梱包資材が多数• 独自の引っ越しお得日カレンダーを毎月更新 お問い合わせ ハート引越センター ハート引越センターは、東京都に本社をおく引越し業者で、設立は1992年です。 これまでに紹介してきた引越し業者と比べると若い会社ですが、営業所は北海道から九州まで全国の広い範囲にあります。 さらに、引越しは国内だけでなく海外まで手掛けています。 プランは『スタンダードプラン』『エコノミープラン』『パーフェクトプラン』『エクセレントプラン』の4つがあり、任せる作業内容によって選ぶことができます。 基本的な作業内容には、家具梱包、搬出入、輸送、セッティングがあり、プランによって小物梱包・収納とハウスクリーニングが含まれます。 さらにオプションとして、インターネット回線取次、電気工事、ペットの輸送などが追加可能です。 ハート引越センターの口コミ 他の引っ越し業者よりも値段が安かったのが選んだ決め手でしたが、従業員の方々は感じが良く熱心に作業してくださったり、当日悪天候の中一生懸命作業してくださいました。 段取りも良く、とてもコスパが良いと感じました。 引用元: 対応エリア 日本全国だけでなく海外への引越しも対応可能 電話問い合わせ有無 あり 特徴• LINE査定も依頼できる、独自の家具・家電買取サービスあり• 高齢者施設への引越しにきめ細かに対応する安心プランも• 法人の事務所移転による引越しも専門スタッフが対応 お問い合わせ 日本通運 日本通運は、設立から80年以上の歴史がある大手物流業者です。 輸送関係の事業を多く手掛けており、その中に引越事業も含まれています。 そのため形式上は兼業業者といえますが、全国に37支店230店舗をもつ大規模な事業であり、引越しプランも複数あるため、サービスの豊富さは専業と同等であるといえます。 プランはシンプルな分類がされており、まず大きく単身と家族の2種類にわかれ、単身の場合は主に荷物の多さ・大きさと距離で細かくサービスを選ぶことができる一方、家族の場合は箱詰めなどの任せる作業の範囲によってサービスを選ぶことができます。 さらにオプションサービスでは、不用品の引き取りや家事手伝いのほか、エアコン工事や盗聴器・盗撮器探査といった特徴的なサービスも利用することができます。 参考: ハトのマークの引越センター 全国引越専門協同組合連合会 全国引越専門協同組合連合会が本部の『ハトのマークの引越センター』は、全国の専門業者によって構成されている組織です。 組合員は175社あり、地域に密着したサービスに力を入れています。 また、オプションサービスも豊富です。 たとえば、家電やピアノ、車などの大型の荷物の移送を行っていたり、引越し後の掃除や荷物の預かりにも対応していたりと、利用者になるべく手間がかからないような手厚いサービス内容となっています。 参考: 赤帽 赤帽は、個人事業主で構成されている組織で、引越しのほか、定期配達や大きな貨物の配達など、運送関係に広く対応しています。 赤帽での引越しの特徴は、貸し切り便で荷物の積み替えがないことや、利用者の事情に合わせた柔軟な対応などが挙げられます。 たとえば、一部の大きな荷物だけ運んでほしいという場合や、住居周辺の道が狭く荷物の運び出しが難しいという場合などです。 また、昼間は忙しいため夜間に引越しをしたい、というケースも相談を受け付けています。 参考: 番外編|引越しx不用品の買取 トレファク引越し トレファク引越しは引越し作業と一緒にいらなくなった物を買取を行ってくれるサービスです。 転居先に持っていく必要がない物を引越しと同じタイミングで楽に処分できるので非常に便利です。 プランナーが自宅に訪問し、引越しと同時に見積もりを取り、引越し当日に引き取りを行います。 そのため、不用品は引越し直前まで使用できます。 家具、家電、楽器、アウトドア用品などあらゆる品物の買取に対応しているので、一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。 そのほかにも不用品を処分する方法は様々あります。 無料回収はもちろん、運がよければ買取価格がつくものもあるかもしれないので、処分方法はしっかり選ぶことをおすすめします。 不用品の様々な処分方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を合わせて読んでみてください。 引越し業者の相場を知ろう 引越し費用は時期や距離、荷物の量によって変動します。 自分の引越しのおおよその相場を知ることで、見積りを取ったときにその提示された引越し費用が適正であるかどうかがわかります。 例えば、引越し業者には引越しを専業でおこなっている業者と、兼業の業者の2種類あります。 どちらも運送業者であるという点では同じですが、兼業業者の場合は一般的な運送業務をメインで行っていて、申し込みに応じて引越しにも対応したり、会社の一部に引越し部門があったりするパターンが代表的です。 会社や事業の規模が異なるため、同じ種類の業者でも一括りにすることは難しいのですが、ノウハウの点では専業、価格を抑えるという点では兼業の業者に期待できます。 また引越し費用を安く抑えるポイントも知っておくとお得に引越しができるかもしれません! 引越し業者の最適な選び方 引越し業者はたくさん存在しているため、どういった基準で選べばいいのか迷ってしまうことがあります。 では、どういったポイントに注目していけば良いか選び方をいくつかご紹介していきます。 料金の安さで選ぶ 一番気になるのはやはりいくらで引越しができるのか?という部分ではないでしょうか。 業者により価格の差は明確に存在しているので、「とにかく安く引越しを済ませたい!」という方は選び方の重きを料金に置いて、一括見積りや業者同士の直接交渉等をうまく活用していくことをおすすめします。 オプションの豊富さで選ぶ 引越し業者ごとにあらゆるオプションサービスを用意している場合があります。 例えば、以下のようなものがあります。 エアコン取り外し・取り付け」• パソコン設定サポート• 不用品の買取• 造園サービス 他にも、荷物搬入前のハウスクリーニングや新聞手配、盗聴器発見などユニークなオプションも存在します。 ご自身の引越しの荷物や転居先の状況にあわせてオプションサービスが豊富な業者を選ぶことも考えられます。 知名度で選ぶ 引越し作業の丁寧さや実績を重視する方は知名度で選ぶことも大切です。 全国対応の大手引越し業者は作業員の研修の充実、転居先の保護などサービスが徹底しています。 安心感を求めるならこちらの選び方も大切です。 引越し業者の見積もり・手配はいつまでにすればよいですか? 引越し予定日の2ヶ月~1ヶ月前までに済ませておきましょう。 直前では予約が埋まってしまうため早めの見積りをおすすめします。 安い料金で引越ししたいのですが? 複数の業者への一括見積もりがおすすめです。 希望日に最も安い料金で引越しできる業者を簡単に見つけることができます。 詳しくは「」をご覧ください。 引越し業者の見積もりはメールでも可能ですか? 基本的にはメールまたは電話での見積もり連絡となりますが、一部の一括見積りサービスによっては電話番号の入力が不要な場合もあります。 インターネット環境も引越しに合わせて申し込みを 引越しと一緒に検討したいのがインターネット環境です。 フレッツ光は加入数1,730万回線を突破しているインターネット回線です。 ADSLよりも高速でネットサーフィンはもちろん、動画やゲームもサクサク快適に楽しむことができ、月額1,000円台からプランからのプランが用意されているため、非常にお得な料金で通信制限もないため思う存分高速インターネットを使うことができます。 引越ししてすぐにインターネットを利用したい方は事前申し込みをしておくことをおすすめします。 すでに契約している回線がある場合の解約 乗り換え 等の相談も可能で、キャッシャバックといったキャンペーンをうまく活用してお得に契約することができるため、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 カシモWimaxもおすすめ! カシモWimaxは家でも外でもネットが使えるモバイルルーターのサービスプロバイダです。 業界最安級の月額1,380円から利用でき、端末台や初月の月額料金も無料のためお財布に優しい料金設定となっています。 3年間利用した場合、最大で約6万円もお得になります。 光回線を繋ぐまでもないがネットは不便なく使いたいという方におすすめです。 参考: まとめ 今回ご紹介した中には、名前を聞いたことがある引越し業者もあるのではないでしょうか。 しかし、名前を知っていたとしても、これまで引越しをしたことがなかったり、毎回手伝ってくれる知り合いがいたりして業者を利用したことがない場合には、名前は知っていてもどのようなサービスを提供しているのかがわからなかったりすることもあります。 それぞれの業者を比較してみると、似たようなプランを用意していても細かいサービス内容に違いがあったり、業者によってはオプションサービスが特徴的であったりすることがわかります。 自分に合いそうな業者を見つけたら、一度見積もりをとったり、詳細を問い合わせたりしてみてはいかがでしょうか。

次の