色気 イラスト。 『このファン』メリッサの新イラスト。お色気作戦は成功するのか!?

「キャラ別・男のイラスト色気表現」キャラクターの在りようをデザインする「設定」4類型

色気 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER2「男らしい体を学ぶ」より、男性らしい顔のパーツの描き方についての記述を抜粋してご紹介します。 ここでは、男女の顔の作りの違いと各パーツの特徴を解説します。 男性の顔 男性の顔は、角張ってゴツゴツし、各パーツが濃く描かれることが多いです。 目と眉は力強く、鼻は女性よりも大きく、鼻筋が通っています。 張ったエラとシャープな顎が特徴的です。 美形男子の眉は細め、格闘系は太く描きます• 鼻:鼻筋が通り、女性より大きめです• 口:引きしまった真一文字で、唇は薄めに描くのが一般的です 女性の顔 シャープな印象の男性と違い、丸みを感じさせる顔立ちです。 卵形の輪郭に大きなアーモンド型の目が特徴的。 鼻は男性よりも小さく低めで、口元は口角が上がり、唇はふっくらとしています。 頭蓋骨で見る男性の特徴 大きな特徴は額周辺と顎周り。 おでこは平らで眉骨が飛び出しており、顎はしっかりと発達して角張っています。 角度を変えて見た顔の表情 角度を変えて見ると、男性的な特徴が強調されたり、見えなくなる場合があります。 輪郭や目鼻立ち、口がどのように見えるかを把握しておきましょう。 横 横から見ると、平らな額と飛び出た眉骨、通った鼻筋、角張った顎は男性的です。 通常ではまつ毛はあまり描く必要はありませんが、美男子系のジャンルであればきっちり描きましょう• 美しい男性の横顔は、鼻、口、顎の先端が一本のライン上に並ぶように描くとよいとされています• 耳は目と同じ高さに描くとバランスがよくなります 斜め上 斜め上から見ると、頬から顎にかけたシャープな輪郭が特徴的です。 顔の中心線を通る鼻と口元が立体化され、表情がよく見えるアングルです。 縦のラインを意識して、鼻と口の中心部を描くようにします 俯瞰 髪の毛の部分が半分を占め、顔面の間隔が狭まって見えます。 髪の毛の流れやボリュームを意識して描くことが大切です。 眉と目、鼻と口の間隔がほとんどありません あおり 顔の中心線から目、鼻、口が弓状に外側に流れて見えます。 また、下から見た鼻の形は三角形、下顎骨(かがくこつ)はゆるやかな「W」のような形状をしています。 下から見ると、目は顔の球状に沿っているため、垂れ目に見えます 感情表現 口や目を描き分けることで、感情表現が豊かにでき感情の度合いに応じた描き分けができるようにしましょう。 笑顔 目を細めて目尻を下げたり、口は口角を上げたりすることにより、笑顔を作ることができます。 左:口角を上げるだけで微笑んで見えます 中:目をつぶり気味にして目尻を下げると嬉しさも表せます 右:目をやや細め、口を大きく開けることで笑っている表情が作れます 怒り 顔面に力が入った状態で、眉間にシワが寄り、歯を食いしばるなどの特徴が見られます。 左:無表情に近い状態ですが、口角が下がることで不愉快な感情を表します 中:眉頭をよせ、口角を大きく下げることで強い怒りを表現します 右:眉をつり上げ、歯を食いしばった状態は、怒りが爆発したイメージです 悲しみ 目と口角が下がった状態になります。 涙をこぼすことで大きな悲しみを表現できます。 左:目を細め、眉や目尻が下がり気味になることで悲しみを表現します 中:眉や口角を下げたまま、涙を流すことで強い悲しみを表します 右:開いた口を描くことで、感情が抑えられず声を出して泣いている印象になります.

次の

色気とは「妄想が叶えられるかも知れない」という期待感のこと

色気 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER3「キャラ別の色気表現」より、漫画やアニメでよく描かれる男性キャラ4タイプについて、抜粋して紹介します。 4つのジャンルを例にキャラ作りを考察する 創作物には説得力が求められますが、漫画やアニメにおける大切な要素として、設定に合ったキャラ作りを追求することが挙げられます。 読み手との共通認識が深まるからです。 ここでは、代表的な4つのジャンル、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル系」に登場する主要人物のキャラ作りについて考えます。 美形男子 少女漫画をはじめ、スポーツ漫画、学園漫画、青春漫画などで取り上げられる代表的なキャラが美形男子。 ボーイズラブ系でも見られます。 主な登場人物は、目鼻立ちがしっかりとした美男子で8頭身以上。 体型は、スリムもしくは細マッチョ系で、カジュアルでファッショナブルなイメージで描かれます。 美形男子では髪型は重要なポイント。 髪のボリューム、流れ具合、毛先の跳ねにもこだわりたい• シャツの袖をまくるなど、着こなしがカジュアルなのも特徴の一つ。 服装は重要なポイントなので、服やパンツのサイズにも注意。 男性ファッション誌を参考に描きましょう• シャツやズボンのシワもリアルな感じを出します• 帽子や髪型など、ファッションで個性を出しましょう• バッグや装飾品などの小物は、キャラに合わせて描き加えます ハードボイルド ハードボイルドでは、ギャングや刑事の攻防戦など、シビアな場面が多くなるため、登場人物も渋みのある人物描写が多くなります。 拳銃などの小物はもちろん、酒やたばこを持つ仕草などにもこだわりが必要です。 拳銃の取り出し方や構え、さらには帽子の被り方など、ちょっとした仕草にこだわることで男の渋味が増します• 素材の違いによるシワの出方などにも注意を払いましょう• たばこの持ち方、くわえ方にも渋みを持たせて描けるようにします• ネクタイを緩めたり、パンツのポケットに手を入れるポーズなど、粗野なイメージもまた男らしさといえます• ビシッと決めた服装よりも、ダブついた緩い感じの服装にすることで、強面ながらどこか憎めないイメージに 格闘系 格闘系の主人公の精神と肉体を鍛錬し、心技一体となって戦うその姿には純粋なかっこよさがあります。 躍動する肉体の美しさを描くなかで、男気や心の強さを表現しましょう。 精神面も鍛えられた凛々しい顔つきがより魅力的に• 格闘系の武器はおのれの肉体。 鍛えられた肉体を露出させ、肉体の動きを表現することが格闘系の大きな魅力です• 主人公キャラは、ボディビルダーのような敵キャラより細マッチョの傾向。 「抑えた筋肉+精神の強さの総合力」が高く、敵キャラは「究極の肉体>精神に隙」の設定がよく見られます• 髪型で顔を隠すことにより、表情の読めないクールなキャラに仕立てることができます• 中性的なファッションで個性的なキャラに仕立てていますが、一部筋肉が露出する服装にして、細マッチョ系の筋肉美を表現します• パンツをブーツインするなど、個性的な着こなしでもイメージ作りができます ナイスミドル系 主人公としてだけでなく、魅力的なサブキャラとしても登場するナイスミドル系。 体幹はしっかりしつつもやわらかい立ち居振る舞いが魅力的です。 そのため、体のラインにも意識して曲線を取り入れるようにします。 設定年齢に応じて、顔にシワや影を描き加えます。 顔にシワを増やさなくても、髪のボリュームを抑えて描くことで加齢することができます• ネクタイの柄や装飾品は華美にならないようにします• 姿勢や動きによってパンツにシワができますが、センタークリース(中央の折り目)を描くことでスマートな印象を与えます• ビジネスシューズに合うパンツの丈は、少したるむ程度が理想。 短すぎず長すぎないのが鉄則です• イタリア系のファッションなど、スーツの形状や色合いも派手な傾向.

次の

「キャラ別・男のイラスト色気表現」キャラクターの在りようをデザインする「設定」4類型

色気 イラスト

イラストレーションにおいて、男性キャラクターの美しさ、かっこよさ、セクシーさを表現するポイントは、骨格や筋肉の付き方、仕草、ファッションなど様々な点で女性と異なります。 物語においては、線の細い美少年から筋肉質な格闘家、年齢を重ねた中高年男性など、人生のステージや立場によって、採用されやすい男性キャラクターの類型がいくつかあります。 「」では、「男性の色気」という抽象的で感覚的な概念をイラストとして表現するためのテクニックを紹介。 男性の体の構造と女性との主な違い、男性らしい体つきのバランス、顔と体の各パーツや動きのあるポーズの描き方をはじめ、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル」といった類型ごとの描き分け方までカバーしています。 本記事では、CHAPTER3「キャラ別の色気表現」より、漫画やアニメでよく描かれる男性キャラ4タイプについて、抜粋して紹介します。 4つのジャンルを例にキャラ作りを考察する 創作物には説得力が求められますが、漫画やアニメにおける大切な要素として、設定に合ったキャラ作りを追求することが挙げられます。 読み手との共通認識が深まるからです。 ここでは、代表的な4つのジャンル、「美形男子」「ハードボイルド」「格闘系」「ナイスミドル系」に登場する主要人物のキャラ作りについて考えます。 美形男子 少女漫画をはじめ、スポーツ漫画、学園漫画、青春漫画などで取り上げられる代表的なキャラが美形男子。 ボーイズラブ系でも見られます。 主な登場人物は、目鼻立ちがしっかりとした美男子で8頭身以上。 体型は、スリムもしくは細マッチョ系で、カジュアルでファッショナブルなイメージで描かれます。 美形男子では髪型は重要なポイント。 髪のボリューム、流れ具合、毛先の跳ねにもこだわりたい• シャツの袖をまくるなど、着こなしがカジュアルなのも特徴の一つ。 服装は重要なポイントなので、服やパンツのサイズにも注意。 男性ファッション誌を参考に描きましょう• シャツやズボンのシワもリアルな感じを出します• 帽子や髪型など、ファッションで個性を出しましょう• バッグや装飾品などの小物は、キャラに合わせて描き加えます ハードボイルド ハードボイルドでは、ギャングや刑事の攻防戦など、シビアな場面が多くなるため、登場人物も渋みのある人物描写が多くなります。 拳銃などの小物はもちろん、酒やたばこを持つ仕草などにもこだわりが必要です。 拳銃の取り出し方や構え、さらには帽子の被り方など、ちょっとした仕草にこだわることで男の渋味が増します• 素材の違いによるシワの出方などにも注意を払いましょう• たばこの持ち方、くわえ方にも渋みを持たせて描けるようにします• ネクタイを緩めたり、パンツのポケットに手を入れるポーズなど、粗野なイメージもまた男らしさといえます• ビシッと決めた服装よりも、ダブついた緩い感じの服装にすることで、強面ながらどこか憎めないイメージに 格闘系 格闘系の主人公の精神と肉体を鍛錬し、心技一体となって戦うその姿には純粋なかっこよさがあります。 躍動する肉体の美しさを描くなかで、男気や心の強さを表現しましょう。 精神面も鍛えられた凛々しい顔つきがより魅力的に• 格闘系の武器はおのれの肉体。 鍛えられた肉体を露出させ、肉体の動きを表現することが格闘系の大きな魅力です• 主人公キャラは、ボディビルダーのような敵キャラより細マッチョの傾向。 「抑えた筋肉+精神の強さの総合力」が高く、敵キャラは「究極の肉体>精神に隙」の設定がよく見られます• 髪型で顔を隠すことにより、表情の読めないクールなキャラに仕立てることができます• 中性的なファッションで個性的なキャラに仕立てていますが、一部筋肉が露出する服装にして、細マッチョ系の筋肉美を表現します• パンツをブーツインするなど、個性的な着こなしでもイメージ作りができます ナイスミドル系 主人公としてだけでなく、魅力的なサブキャラとしても登場するナイスミドル系。 体幹はしっかりしつつもやわらかい立ち居振る舞いが魅力的です。 そのため、体のラインにも意識して曲線を取り入れるようにします。 設定年齢に応じて、顔にシワや影を描き加えます。 顔にシワを増やさなくても、髪のボリュームを抑えて描くことで加齢することができます• ネクタイの柄や装飾品は華美にならないようにします• 姿勢や動きによってパンツにシワができますが、センタークリース(中央の折り目)を描くことでスマートな印象を与えます• ビジネスシューズに合うパンツの丈は、少したるむ程度が理想。 短すぎず長すぎないのが鉄則です• イタリア系のファッションなど、スーツの形状や色合いも派手な傾向.

次の