伊那 寒天。 かんてんぱぱ(伊那食品工業株式会社)

伊那寒天 S

伊那 寒天

寒天は体に悪いのかの疑問:副作用がある? 食べるといいことばかりに思える寒天ですが、適量を食べる分には体に悪いような副作用はありません。 ただ寒天自体にカロリーはないので、寒天のみを食べていると 栄養失調を招くことがあります。 「カロリーが摂取できない」という点が寒天が唯一体に悪い点かもしれません。 寒天は他の食材と組み合わせて、バランスよく摂ることが重要です。 食べ過ぎなければ、特に副作用はないと考えていいでしょう。 牛乳が苦手な方は、代わりに 豆乳を混ぜてみてください。 きな粉や黒蜜をかけて食べれば、手軽な和風スイーツに。 カロリーが気になる方は、砂糖をパルスイートなど 低カロリー甘味料に変えてもOK。 お好みで、みかんなどのフルーツを入れても美味しいですよ。 フルーツを入れる時は缶詰のものが手軽で使いやすいので、おすすめ。 お子様のおやつにも、ダイエット時の間食にもおすすめの寒天レシピです。 寒天の効果的な食べ方2:トマト寒天 見た目も色鮮やかなトマト寒天もおすすめです。 折角の寒天も塩分過多で体に悪いものになってしまいます。 そのままでも美味しく食べられますし、塩やはちみつをかけるのもおすすめ。 トマトと混ぜることで、 リコピンやビタミンCなど肌にいい栄養素も同時に効率的に摂取できます。 スイーツとしてだけでなく、サラダなどの料理にも合う、万能寒天レシピです。 寒天の効果的な食べ方3:寒天味噌汁 普段の食卓によく並ぶ味噌汁も、寒天を入れれば超健康食に早変わり。 作り方も簡単で、 水で戻した棒寒天をちぎって、味噌汁の中に入れるだけ。 いつも作っている味噌汁に寒天を足すだけなので、手間もかかりません。 寒天自体に味はないので、他の食材の風味を邪魔しません。 言われなければ溶けた寒天が入っていると分からないほど。 寒天の食感が欲しい場合は、火を止めた後に棒寒天を入れましょう。 固まらずにとろっとした寒天の食感を味わえます。 溶かしても、形が残った状態で食べても体に悪いということはありませんので、ご安心を。 味噌汁の抗酸化効果や、認知症予防効果と合わせて、寒天で 食物繊維たっぷりの超健康味噌汁が作れるのです。 寒天の効果的な食べ方4:寒天ご飯 寒天は ご飯との相性も抜群。 ご飯に 粉寒天を混ぜて炊くだけ。 いつもの水量より、少し多めに水を入れるのがポイント。 ご飯に光沢が出るだけでなく、かさ増しになるのでご飯の摂取量を減らすことができます。 更に効果を高めたい場合は、雑穀(麦、ひえ、あわなど)を混ぜ込んで炊いてみましょう。 もち麦ごはんとの相性もいいです。 より食物繊維を摂取することができ、寒天の効果をより感じることができます。

次の

ネットショップ│製菓・洋菓子材料の通信販売サイト press.prosperity.com

伊那 寒天

オゴノリが主原料の、使いやすい粉末タイプの業務用寒天。 本品約4gが角寒天1本分(約8g)になります。 フレッシュゼリーや水羊羹等様々なデザートの仕込みにご利用いただけます。 角寒天(棒寒天)や糸寒天は水につけて戻し裏漉しする必要が有りますが、パウダー状に加工した粉寒天は、直接水に添加できるので下準備がいりません。 ゼリー強度は1. 糖分を添加すると強度が他の寒天に比べて上がる性質があります。 粉の融解性が良く、最新鋭の設備が有る国内工場で生産された不純物の少ない衛生的な製品です。 基本的な使い方は本品を水に加えて攪拌しながら加熱し、4~5分沸騰させて粉寒天を完全に融解させた後、砂糖を添加し煮立たせます。 最後に60度ぐらいに加熱した果汁や牛乳を加えて撹拌し冷やすだけです。 お湯に直接添加するとだまになる可能性があるので、水に入れて加熱するのがポイントです。 液体500mlに対して本品4gが標準的な添加量です。 水に対する寒天の濃度が3%を超えると溶けにくくなるので、添加量には十分ご注意下さい。 同時に煮立てますと凝固力が低下する恐れがあります。

次の

Amazon

伊那 寒天

オゴノリが主原料の、使いやすい粉末タイプの業務用寒天。 本品約4gが角寒天1本分(約8g)になります。 フレッシュゼリーや水羊羹等様々なデザートの仕込みにご利用いただけます。 角寒天(棒寒天)や糸寒天は水につけて戻し裏漉しする必要が有りますが、パウダー状に加工した粉寒天は、直接水に添加できるので下準備がいりません。 ゼリー強度は1. 糖分を添加すると強度が他の寒天に比べて上がる性質があります。 粉の融解性が良く、最新鋭の設備が有る国内工場で生産された不純物の少ない衛生的な製品です。 基本的な使い方は本品を水に加えて攪拌しながら加熱し、4~5分沸騰させて粉寒天を完全に融解させた後、砂糖を添加し煮立たせます。 最後に60度ぐらいに加熱した果汁や牛乳を加えて撹拌し冷やすだけです。 お湯に直接添加するとだまになる可能性があるので、水に入れて加熱するのがポイントです。 液体500mlに対して本品4gが標準的な添加量です。 水に対する寒天の濃度が3%を超えると溶けにくくなるので、添加量には十分ご注意下さい。 同時に煮立てますと凝固力が低下する恐れがあります。

次の