ピンキー ヘップバーン。 【MV】ピンキーポップヘップバーン「MAD TIME LOVE」

【VTuber】ピンキーポップヘップバーンとは?輝夜月やMERAと関係がある?

ピンキー ヘップバーン

これは以前『』の記事で紹介した、にじさんじの人気VTuber「本間ひまわり」さんや、の人気Tuberである「周防パトラ」さんに迫る数字、といえばその凄さが伝わるのではないだろうか。 デビューから僅か9日間しか経っていないにも関わらず、激戦のVTuber界隈でこれだけのチャンネル登録者数を集めているのは圧倒的としか言えないだろう。 実はそんなピンキーポップヘップバーンさんをデザインしたのは、あの大人気VTuber「輝夜月」さんの生みの親であるMika Pikazo氏だ。 これがピンキーポップヘップバーンさんが高い人気をほこっている要因の一つである事は疑いようがないだろう。 ちなみに彼女自身も上記の動画の中で、「輝夜月パイセンと同じお母さんから生まれた」「ママ、生んでくれてありがとう」とMika Pikazo氏に感謝している場面 それ以外にも色々とあったが を見ることができる。 ギャップが可愛い! ピンキーポップヘップバーンさんは動画では当初ツンデレお嬢様キャラ(?)を演じているのだが、収録が終わった瞬間に「こんな感じでいいですか?」「叩かれたりしないですよね…」と、強気キャラはどこへやら。 不安そうにしているとても可愛らしい姿を見ることができる。 また、動画がウケるか不安なあまり「親しみやすく声真似でもした方がいいんじゃ…」と言った後に、あまりにもニッチ過ぎる『トサキントが死ぬ時の物真似しかできない』と告白するなど、僅か数分の動画にも関わらずギャップ悶えとネタに事欠かない内容になっている。 強気なお嬢様キャラから繰り出されるこれらのギャップが非常に可愛らしく、TwitterなどのSNSでも「かわいい」「笑った」と、早速ピンキーポップヘップバーンさんのファンになっているユーザーは多いようだった。 140時制限のTwitterで500文字以上の愛を語っている姿は完全に推しを目の前にしたオタクのそれであり、高飛車ツンデレキャラの影も形もなくなっている。 動画のギャップに加え、もこ田めめめさんを前にするとオタクと化してしまうギャップにやられたユーザーも多いのではないだろうか。 貧乳である事を気にしている! そんなピンキーポップヘップバーンさんが人気を集めているもう一つの要因として欠かせないのが、自身の関東平野のように平らな胸のことを気にしている可愛らしさだろう。 ピンキーポップヘップバーンさんは最初の動画でも「胸のポリゴンが足りてないみたいなんですけど」「ダイナマイトなボディ……ん?」「ママ、生んでくれてありがとう。 でも……極端(輝夜月さんの胸と比べて)」など、とにかく胸がない事を気にしている。 そのおかげでファンアートが増えたり、ファンから「ピンキー様は巨乳」と親しまれている皮肉 さらに上記の2番目の動画では胸を大きくするために豆乳を飲んでいる事や、「おっぱい体操」を日々行っていることを明かしている程だった。 特に動画後半に突如として「人間っていいな」の替え歌である、「巨乳っていいな」を巨乳のVTuber(モザイクあり)を背景に歌い始める部分は必見だ。 出典: ちなみに彼女のTwitterのプロフィール 2019年1月8日時点 にはたった一言、「巨乳です」と書かれている。 ここまで行くと少しだけ胸がないことが可愛そうになってくるのは筆者だけではないだろう。 Mika Pikazo氏チャンネル登録者が10人増えるごとに1cmバストアップとかしてあげて。 KOTODAMA TRIBEの「MERA」と関係がある? 出典: ちなみにそんなピンキーポップヘップバーンさんは、去年の冬に輝夜月さんが立ち上げた「THE MOON STUDIO」の「KOTODAMA TRIBE」の登場キャラクターである、「MERA」と容姿が瓜二つになっている。 この辺りは公式から一切発表がないため、現段階では「MERA」と「ピンキーポップヘップバーン」さんの明確な関係性を予想する事はできない。 だが多数の共通点がある事や、KOTODAMA TRIBEの企画自体が現在は「Ver. 5」と銘打たれている事から、今後は何らかの発表がある事は間違いがないだろう。 その辺りの詳細が判明次第、こちらの記事へ追記を行っていく予定だ。 以下にそんなピンキーポップヘップバーンさんのYouTubeチャンネルへのリンクを貼っておくので、興味のある方はぜひチャンネル登録をしてみて欲しい。 関連リンク 関連記事.

次の

「ピンキーポップヘップバーン」フェア:クローズド懸賞・オープン懸賞情報がいっぱい!「とらたぬ情報」

ピンキー ヘップバーン

これは以前『』の記事で紹介した、にじさんじの人気VTuber「本間ひまわり」さんや、の人気Tuberである「周防パトラ」さんに迫る数字、といえばその凄さが伝わるのではないだろうか。 デビューから僅か9日間しか経っていないにも関わらず、激戦のVTuber界隈でこれだけのチャンネル登録者数を集めているのは圧倒的としか言えないだろう。 実はそんなピンキーポップヘップバーンさんをデザインしたのは、あの大人気VTuber「輝夜月」さんの生みの親であるMika Pikazo氏だ。 これがピンキーポップヘップバーンさんが高い人気をほこっている要因の一つである事は疑いようがないだろう。 ちなみに彼女自身も上記の動画の中で、「輝夜月パイセンと同じお母さんから生まれた」「ママ、生んでくれてありがとう」とMika Pikazo氏に感謝している場面 それ以外にも色々とあったが を見ることができる。 ギャップが可愛い! ピンキーポップヘップバーンさんは動画では当初ツンデレお嬢様キャラ(?)を演じているのだが、収録が終わった瞬間に「こんな感じでいいですか?」「叩かれたりしないですよね…」と、強気キャラはどこへやら。 不安そうにしているとても可愛らしい姿を見ることができる。 また、動画がウケるか不安なあまり「親しみやすく声真似でもした方がいいんじゃ…」と言った後に、あまりにもニッチ過ぎる『トサキントが死ぬ時の物真似しかできない』と告白するなど、僅か数分の動画にも関わらずギャップ悶えとネタに事欠かない内容になっている。 強気なお嬢様キャラから繰り出されるこれらのギャップが非常に可愛らしく、TwitterなどのSNSでも「かわいい」「笑った」と、早速ピンキーポップヘップバーンさんのファンになっているユーザーは多いようだった。 140時制限のTwitterで500文字以上の愛を語っている姿は完全に推しを目の前にしたオタクのそれであり、高飛車ツンデレキャラの影も形もなくなっている。 動画のギャップに加え、もこ田めめめさんを前にするとオタクと化してしまうギャップにやられたユーザーも多いのではないだろうか。 貧乳である事を気にしている! そんなピンキーポップヘップバーンさんが人気を集めているもう一つの要因として欠かせないのが、自身の関東平野のように平らな胸のことを気にしている可愛らしさだろう。 ピンキーポップヘップバーンさんは最初の動画でも「胸のポリゴンが足りてないみたいなんですけど」「ダイナマイトなボディ……ん?」「ママ、生んでくれてありがとう。 でも……極端(輝夜月さんの胸と比べて)」など、とにかく胸がない事を気にしている。 そのおかげでファンアートが増えたり、ファンから「ピンキー様は巨乳」と親しまれている皮肉 さらに上記の2番目の動画では胸を大きくするために豆乳を飲んでいる事や、「おっぱい体操」を日々行っていることを明かしている程だった。 特に動画後半に突如として「人間っていいな」の替え歌である、「巨乳っていいな」を巨乳のVTuber(モザイクあり)を背景に歌い始める部分は必見だ。 出典: ちなみに彼女のTwitterのプロフィール 2019年1月8日時点 にはたった一言、「巨乳です」と書かれている。 ここまで行くと少しだけ胸がないことが可愛そうになってくるのは筆者だけではないだろう。 Mika Pikazo氏チャンネル登録者が10人増えるごとに1cmバストアップとかしてあげて。 KOTODAMA TRIBEの「MERA」と関係がある? 出典: ちなみにそんなピンキーポップヘップバーンさんは、去年の冬に輝夜月さんが立ち上げた「THE MOON STUDIO」の「KOTODAMA TRIBE」の登場キャラクターである、「MERA」と容姿が瓜二つになっている。 この辺りは公式から一切発表がないため、現段階では「MERA」と「ピンキーポップヘップバーン」さんの明確な関係性を予想する事はできない。 だが多数の共通点がある事や、KOTODAMA TRIBEの企画自体が現在は「Ver. 5」と銘打たれている事から、今後は何らかの発表がある事は間違いがないだろう。 その辺りの詳細が判明次第、こちらの記事へ追記を行っていく予定だ。 以下にそんなピンキーポップヘップバーンさんのYouTubeチャンネルへのリンクを貼っておくので、興味のある方はぜひチャンネル登録をしてみて欲しい。 関連リンク 関連記事.

次の

「ピンキーポップヘップバーン」フェア:クローズド懸賞・オープン懸賞情報がいっぱい!「とらたぬ情報」

ピンキー ヘップバーン

ピンキーポップヘップバーン 基本 好きなもの 、権、カイ女 苦手なもの 、 称 ちゃん、様、ちゃん 、 の総称 ins Pzo 配信歴• では「様」と呼ぶことをしている が、「ちゃん」と呼ばれることの方が多い。 この内ののように、「ピンキー・ポップ・ヘップバーン」と中点を付けて表記されることもある。 が名前で、がミで、ヘップはとのこと。 は、と同じく Pzoが手掛けているが、と較して胸のが足りてないことを気にしている。。 また、と Pzoが立ち上げた「 」の「A TRE」のひとりM()と容姿が二つである。 のは、「ピンキーポップヘップバーン」を使用しているも見受けられるが、は「PPH」である。 「ひらたい」やではない。 パーソナル とのこと。 後述するが、のちに『』案件をし新第1話の先行視聴をしている。 ()所属のであるの()であり、し、。 これに対してはの一連のをするとと漏らし、。 によると、最初は「ちゃんしか見たことありませ~ん」と大を言っていた(実際には「ばっか見てる」)らしく、後日「はです、尊敬です。 ちゃんはなんです」としていた。 にされたによれば年齢は歳。 ともに Pzoをとすることからのであるとも言えるが、厳密にはとのこと。 来歴 後2本となるではを。 これに対して、であるや()も自身のにをし、のを倒した。 また、や喋りが似ていると言われるはのことをの自分であるとするをしている。 このように直後から多くの有名にも注された。 には僅か2週間で登録者数10万人を突破。 正に理想的なを決めた形となった。 その経緯から 「 」のと同じような活動(中心)を行うかと思われたが、その後はほぼ違うを歩み他との、にも積極的に出演。 には初のを敢行、には&との、にはと自身で初。 またに出演した「Vサマ!」では、初の「P! T」ほか1曲を披露した。 に1歳となる配信を行い、番組最後ではからのが上映され思わず泣き崩れた。 また、活動開始後に友人となったには逆に号泣されるという一場面もあった。 にはを言していた『』との念願のを発表し、同から放送開始予定だった『』の第1話を先行視聴でレポートした。 には『』に出演し、と遂に初共演。 中でもそのがされる特別な演出が施された。 、歌唱で参加したコンピ「ON v. 2」が配信(とのも収録。 より発売)。 には「 」に出場する。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の