シルバー バレット サプレッサー。 HGUC 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサー|バンダイ ホビーサイト

《バレット・ザ・シルバー》

シルバー バレット サプレッサー

概要 [ ] ミネバ一派で運用されている。 タイプの新型機とされている。 機体カラーはダークグレー。 本機のベースとなったシルヴァ・バレトはが試験用モビルスーツとして使用していた機体であり、試験終了後はが管理していた。 本機はその中の1機をテストベッドとして改修した機体であり、ビーム・マグナムの使用を主目的としている。 頭部にアンテナが2本追加され、後頭部のアンテナのレイアウトが変更されている。 また、フェイス部も変更された。 脚部にあった元のニークラッシャーは取り外され、大型ニークラッシャーが追加されている。 右腕部はビーム・マグナムの使用で使い捨てることを前提としているため、元々の分離機構を生かして交換するようになっている。 分離機構の構造は改められており、ベース機が肘から先を分離するのに対し、本機は上腕全てを分離する。 交換にはリアスカートに追加されたクレーンを用いる。 バックパックはインコムやミサイル・ランチャーが取り外されており、予備の右腕が搭載され上部と側面にスラスターが増設されている。 腕の構造を利用して改修したためのように右肩関節から異常が発生することはなく、上腕部の破損で済むようになっている。 シルヴァ・バレトのベースとなったは有線式も無線式も準サイコミュで制御して腕部を分離して攻撃を行っていたが、本機も同じように使用できるかは不明。 登場作品と操縦者 [ ] 本編終盤に登場。 と対峙するの援護射撃等をしている。 装備・機能 [ ] 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵されている機関砲。 ビーム・マグナム 元はが装備していた専用ビーム・ライフル。 本機でも規格は同じため使用できるが、想定はされていないため1射ごとの使用の負荷で腕部が損傷する。 予備のパックは腕が予備含め5本だけなので必要としていない。 ビーム・サーベル 両大腿部に2基収納されている。 ビーム・キャノン 背部2門内蔵されている。 ジェネレーターと直結しており、前方に向けての発射も可能。 グレネード・ランチャー 両脇下部に計2発搭載されている。 ビーム・ハンド 右腕部の分離機構はビーム・マグナム使用後の交換用の機能として搭載されている。 予備の右腕はバックパックに4本搭載されている。 掌にはビーム砲が確認できるが使用できるかは不明(使用できたとしてもビーム・マグナム使用後は破損して使用不可になると思われる)。 左腕部は特に改修された様子がないため、改修前と同様に有線式ビーム・ハンドとして使用できる可能性が高い。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 、 原型機。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]•

次の

シルヴァ・バレト

シルバー バレット サプレッサー

価格は2,916円です。 付属品はビームマグナム、右銃持ち手、平手のみです。 付属のシールは脚部の色分けを補う物が中心です。 シルヴァ・バレトのパーツとユニコーンの一部が流用されているため余剰パーツは多め。 ライフルやサーベルグリップもありますがビーム刃はありません。 ガンダムNT終盤に登場し、バナージが乗るシルヴァ・バレト・サプレッサーがHGUCでキット化。 こちらは以前発売されたがベースになっています。 ただ変更されている部分は意外と多めで関節もシルヴァ・バレト同様ドーベンウルフ系のキットの流用ですが肘関節パーツが変わっていました。 シルヴァ・バレトの面影はありますが、カラーリングはダークパープルー中心のものに変更。 バックパックには大きな変更があり、ビームマグナムを運用するためスペアの右腕が4本収納されているのが大きな特徴となります。 また足首はベタ足からヒールタイプになり頭身バランスも変化しました。 色分けは成形色でまずまず再現されてはいますが脚部のパープルラインや一部のホワイト、ブラック部分などはシールで補います。 バックパックを外した状態。 足首がヒールタイプになった事により脚長に見えるようになりました。 腹部なども変更されているためよりスマートな印象になっています。 頭部アップ。 頭部はガンダムタイプの形状でツインアイはシールです。 アンテナやマスクなどにも変更が加わり色も相まってまるで悪役のような印象になりました。 シルヴァ・バレトの頭部と比較。 ヘルメットの分割も変わり、合わせ目が見えなくなっています。 胴体ですが、腹部の一部が細くなりより引き締まった形状になっています。 胸部は前後分割で合わせ目あり。 またフロントアーマーはディテールが増え若干コンパクトになりました。 リアアーマーには新たに腕部交換用のクレーンが装着されています。 まるで別物になったバックパック。 こちらはスラスターの間に右腕のスペアが4本収納されています。 サイドのスラスターは回転&突起部分の開閉が可能。 スペアの腕は全て取り外し可能ですが肘可動があるのは1本のみです。 腕部ですが肩アーマーもディテールが増えたものになり 合わせ目も出なくなっています。 左腕はツートンカラーになりあmしたがこれまで通り前腕に合わせ目が出ます。 また上腕はディテールが少し増えていました。 右腕は上腕がフレームむき出しのものに。 また左腕もそうですが肘関節が二重関節になり深く曲がるようになっています。 手首は平手もありますが、ドーベンウルフ系統の手首で軸に角度が付いているため 掌を前に向けず、普通の平手として使う場合ちょっと使い辛く感じる所もあります。 腰部のクレーンはそれぞれの軸でスイング。 レール部分は左右にスライドします。 脚部ですがヒールタイプになったことで長くなりました。 また膝の形状も変わり、突起が両サイドに寄った面白い形状です。 ただ太腿の装甲や膝の紫ラインはシール。 膝の黒と足首あたりの装甲の白もシールで補う形になります。 接地面が減り、バックパックも重いのでちょっと後ろに倒れやすい印象もあります。 自立は可能ですがそのうち股関節などの調整は必要になるかも。 足裏は肉抜きがなく合わせ目は段落ちモールド。 スラスターカバーも可動します。 可動範囲など。 肘が深く曲がるようになりましたが他は特に変わった印象はありません。 腰はBJで若干スイング可能で回転なども問題なし。 脚が長くなったので結構厳し目ですが膝立ちも可能。 接地はまずまずで開脚幅も十分です。 武装はビームマグナムのみですが 本体が大きいのでかなり小さく感じます。 スタンドは3mm軸のものが使えますが機体が重いのでしっかりしたものを使ったほうが良さそうです。 ビームマグナムはHGUCユニコーン系キットの流用です。 フォアグリップが可動しますがモナカなので合わせ目あり。 銃口は別パーツです。 マグナムが小さく見えますが両手持ちは問題なしです。 膝立ちでの狙撃ポーズも十分いけます。 やはりそびえ立つように装着されたバックパックが面白いです。 続いて腕部交換ギミックの紹介です。 まず上腕を外します。 クレーンをレールに沿って交換したい腕まで移動させ スペアの腕をクレーンに取り付け。 手首部分に引っ掛けてあるだけなので簡単取りはずしできますがポロリはありません。 そしてクレーンを回転させ上腕に装着します。 もちろんどの腕も交換可能。 ただ肘が可動する腕は四本中一本のみなので動かしたい場合はそちらの腕を取り付ける必要ありです。 余剰パーツにビームライフルがありそちらもそのまま持たせる事ができました。 ナラティブや一般的な18mサイズのMS(Mk-II)とならべて。 ナラティブも大きめでしたが今回はバックパックの大きさもあり、まるでHGとMGのようなボリューム差に。 色と脚部や腹部の違いでよりスマートな印象に変わっています。 以上HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー レビューでした。 シルヴァ・バレトをベースに一部のパーツを変更したキットとなっていますが 頭部&肩の分割や肘関節などノーマルのHGUCシルヴァ・バレトと比べると出来が良くなっています。 キットのボリュームもあり迫力もありますが そのため重さもあり、股関節などがフニャっとした印象があるのであまり緩いようならきつめにすると扱いやすくなると思います。 武装はビームマグナムのみとなりますが 右腕の交換ギミックがかなり個性的で クレーンを使い腕を交換していくという今までにないギミックは新鮮味がありとても面白いキットでした。

次の

メカニカル|『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト

シルバー バレット サプレッサー

同系列の機体ということでドーベンウルフからの流用が多いですが目立つ部分が違うので印象はかなり変化。 こちらは今回指揮官機のガンダムタイプとジムタイプの選択式。 簡単に交換出来ないのが厄介。 ガンダムタイプは目の下のグレーや顎の赤がシールで見栄えはいまいち。 ジムタイプに交換。 交換は組んだ後から貼るシールあるのに一旦バラす必要があるのでかなり面倒。 今回はガンダムを選択しましたがデザインはこちらの方がバイザーがクリアだったりシールも少なくて済むので格好良い印象。 各部位など。 胴体は脇腹などは流用ですが大部分が新規で特徴的だった腹部のメガ粒子砲もなし。 腰回り。 中央部は新規ですがサイドアーマーはドーベンと共通。 腕や足。 肩は新規ですが腕はエングレービングのシールがないだけでほぼ同じ。 脚部は脛下部以外は同じでした。 バックパック。 こちらもドーベンと全く同じで上部の爪は可動し、インコムコンテナも引き出し可能。 バインダーやバックパックの可動、ミサイルハッチの展開などのギミックも同じ。 オプション。 フル装備状態。 武装はライフルが大きく異なる物になり、ドーベンにはなかったシールドが追加。 ビームライフル。 こちらはジェガンと同型の物だそうで体がでかいこの機体だとちょっと貧相に見えます。 シールド。 こちらは砲身などがドーベンからの流用でビームランチャーを搭載した大型の物に。 取り付けは腕の裏側の穴に差すだけ。 ビームランチャーの砲身はスライド式で伸ばして展開することが。 前部のカバーも可動。 他にドーベンウルフにも付属したオプション、対艦ミサイルや、 有線式の前腕射出用のリード線と専用スタンド、、 隠し腕なども付属。 ドーベンウルフ(ユニコーン版)と。 共通点は多いもののやはり頭部や胴体、色が変わるとだいぶ違った印象に。 適当に何枚か。 関節の作りは共通で各部の形状も大きくは変わってないので可動もほぼ同じ。 新装備のシールドがそこそこ重量があるのに取付部が小さいのでちょくちょくポロリすることが。 肩部ビームキャノン。 武装も大体は共通なので出来ることもドーベンウルフとあまり変わらず。 漫画では完全なかませだったので色んな武装を使う暇がなかったですが対艦ミサイルなども一応付属。 有線式ハンド用のリード線をインコムに使えるのも同じ。 サーベル刃の色形も変わらず。 最後は有線式ハンドで。 終わり。 以上、HGUC シルヴァ・バレトのレビューでした。 ドーベンウルフからの流用部分が多いので細かい部分の色分けがいまいちだったりする点も同じで可動も関節の作りなどほぼ変わってないので出来に関してはそちらと大体同じでした。 ただジムの方を選択すれば問題無いですがコンパチ仕様にしても今時顎の色をシールで済ますというのは微妙に手抜き感があったので流用キットとしてもその辺はもうちょい頑張って欲しかったです。 UC版、発展機のシルヴァバレトと遠回りをしてきた感じですが、2月にはようやく本命のZZ版ドーベンウルフが出るということでそちらも楽しみです。 (プレミアムバンダイ) (あみあみ) METAL BUILD ソードストライカー 6月26日 16時~ CONVERGE EX サイコザク SHF ブラザーズマント ROBOT魂 ジム改宇宙戦仕様 SHF エボル ブラックホールF フェーズ4 SHF トニー・スターク -《Birth of Iron Man》 METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザー ねんどろいど 嘴平伊之助 ねんどろいど 斉藤恵那 IMAGINATION WORKS 孫悟空 METAL ROBOT魂 ガンダムヴィダール SHF 孫悟飯-少年期- DBアドバージ ポルンガセット【PB限定】 SHF 真骨彫モモタロス SHF ピッコロ SHF ワンダーウーマン WW84 S. ファイズ SHM リオレウス SHM ナルガクル DX超合金 YF-29フルセット 超合金魂 トライダーG7 ネクスエッジ 煌龍丸 ネクスエッジ 龍虎丸 GUNDAM UNIVERSE ゴッド GUNDAM UNIVERSE トールギス MB ゴールドフレーム天ハナ バージョン華 SHF アイアンマン マーク1 SHF IG-11(The Mandalorian) SHF ホール・オブ・アーマー【6次】 figma 兵馬俑 アルター 宮本武蔵 私服Ver. SHF 真骨彫 仮面ライダーイクサ SHF バルカン アサルトウルフ GUNDAM CONVERGE 20 DBアドバージ13セット タケヤ式置物トルメキア装甲兵 ねんどろいど アスナ創世神 SHF 仮面ライダーサウザー SHF 仮面ライダー001 SHF シャイニングウルトラマンゼロ ROBOT魂 ダンバイン SHADOW FINISH ねんどろいど 紺野純子 ねんどろいど 我妻善逸 SHF キャプテン・アメリカ CAP VS. ホットトイズ ホークアイEG ホットトイズ マーク85 ホットトイズ サノス ホットトイズ キャプテンマーベル アルター 穂乃果 ホワイトデー ALTAiR プロトアーサー.

次の