仙台 市 特別 徴収。 市・県民税の特別徴収関係様式 / 個人市民税・県民税 / 各種税金 / くらし・教育 / 目的から探す / ホーム

住民税が0の人???先日住民税の特別徴収に関する通知が会社に来まし...

仙台 市 特別 徴収

毎年4月1日時点で、公的年金を受給されている65歳以上の方については、原則、公的年金の支給時に、年金所得に対する個人市県民税が、公的年金から特別徴収されます。 対象となる方 前年中に公的年金等を受給されていた方のうち、前年中の年金所得に係る個人市県民税の納税義務のある方で、4月1日現在65歳以上の方が公的年金からの引き落としの対象となります。 介護保険料が公的年金から引き落としされない方• 引き落としの対象となる公的年金の収入金額が18万円未満の方• 引き落としの対象となる公的年金から個人市県民税が引ききれない方• 引き落としの対象となる公的年金から所得税、介護保険料、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料が引ききれない場合 特別徴収(引き落とし)の対象となる税額 特別徴収(引き落とし)の対象となる税額は、公的年金等の所得額から計算した税額(年税額)です。 公的年金等以外の所得もある方は、• 公的年金等の所得額から計算した税額は公的年金から特別徴収(引き落とし)します。 給与や不動産所得などその他の所得金額から計算した税額は、これまでどおり給与からの特別徴収(引き落とし)または納税通知書により納めます。 納付の方法 新たに公的年金から個人市県民税を引き落としする年については、一年間に納める税額の半分を6月と8月の2回に分けて納税通知書により金融機関等で納めます(これまで口座振替をご利用されていた方は、6月と8月は口座振替となります)。 10月以降は、年金支給月(10月,12月,2月)に3回に分けて特別徴収(引き落とし)により納めます。 例)年金特徴の初年度及び翌年度の年税額がともに12万円の場合 年金特徴の初年度 納付月 6月・8月 10月・12月・翌年2月 徴収方法 普通徴収 特別徴収 算出方法 【税額】 年税額の4分の1ずつ 【各3万円】 年税額の6分の1ずつ 【各2万円】 年金特徴の翌年度以降 納付月 4月・6月・8月 10月・12月・翌年2月 徴収方法 仮徴収 本徴収 算出方法 【税額】 前年度の年税額の2分の1の 金額を3分の1ずつ 【各2万円】 (年税額-仮徴収税額)の 3分の1ずつ 【各2万円】 なお、公的年金以外の所得がある方の個人市県民税の納め方は、所得の種類に応じて以下のようになります。 公的年金からの特別徴収についてのよくある質問.

次の

個人住民税の特別徴収制度

仙台 市 特別 徴収

仙台市では、給与所得者の方々の利便性を向上させるとともに、税の賦課徴収の公平性を確保するために、給与所得者に係る個人市県民税の特別徴収をしなければならない事業主について、平成25年度から、特別徴収義務者として一斉指定することを宮城県及び県内他市町村と共同で推進しています。 給与所得者に係る個人市県民税の特別徴収とは 給与所得者の個人市県民税については、地方税法第321条の3等の規定により、所得税の源泉徴収義務を有する事業主が年間の税額を12分割にした税額を、毎年6月から翌年5月まで、毎月の給与からの引き落としにより納入していただくことが義務付けられています。 なお、引き落としいただく個人市県民税額は、仙台市からお知らせしますので、所得税の「源泉徴収」と異なり、事業主の皆様が毎月の徴収税額を計算したり、年末調整をしたりする必要はありません。 給与支払者が、特別徴収をする・しないを任意で選択することはできません。 特別徴収義務者の指定は、すべての市町村において義務付けされています。 特別徴収義務者に指定された場合に、「専従の事務員がいない等のため業務に対応できない」、「他市町村では特別徴収義務者に指定されていない」などの理由で、給与からの引き落としや市町村への納入を拒否することはできません。 新たに特別徴収をしていただく事業主 特別徴収の対象となる事業主で、まだ実施していない事業主が、一斉指定の対象となります。 納期の特例について 特別徴収した個人市県民税は、原則として給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに納めていただくことになっています。 しかし、給与の支払を受ける人が常時10人未満(臨時の職員やパートを含む)の特別徴収義務者は、特別徴収した個人市県民税を半年分まとめて、年二回に分けて納めることができる特例があります。 これを「納期の特例」と言います。 この特例を受けていると、その年の6月から11月までに特別徴収した個人市県民税は12月10日、12月から翌年5月までに特別徴収した個人市県民税は翌年の6月10日(土曜日の場合はその翌々日、日曜日・祝日の場合はその翌日)が、それぞれの納入期限になります。 この特例を受けるためには、事前に申請をする必要があり、承認された場合に、承認を受けた日の属する月から特例が適用となります。 詳しくは、市民税課特別徴収係までお問い合わせ下さい。 特別徴収の事務の流れについて 1 給与支払報告書の提出 1月31日まで 【事業主】 2 税額計算【仙台市】 3 特別徴収義務者の指定、特別徴収税額の通知 5月31日まで 【仙台市】 4 特別徴収税額の通知受領【事業主】 5 給与からの引き落とし 6月から翌年5月までの給料日 【事業主】 6 仙台市へ税額の納入 給料日翌月の毎月10日まで 【事業主】 特別徴収についてのよくある質問 関連リンク•

次の

個人住民税の特別徴収について(一斉指定) / 個人市民税・県民税 / 各種税金 / くらし・教育 / 目的から探す / ホーム

仙台 市 特別 徴収

平成29年1月1日以後に給与の支払を受けなくなった方に係る届出については、マイナンバーの記載が必要となります。 給与支払報告書で既に特別徴収の対象者として提出している場合はこの切替届出を提出する必要はありません。 前年度に納期の特例が承認された特別徴収義務者は、引き続き特例が適用になります。 特別徴収義務者が個人事業主である場合は、この申告書に記入して税務課に別途提出してください。 (給与支払報告書(総括表)のダウンロードはからお願いします) 関連ファイル• ( PDF 78)• ( EXCEL 48)• ( PDF 50)• ( EXCEL 18)• ( PDF 43)• ( EXCEL 25)• ( EXCEL 23)• ( PDF 50)• ( PDF 328) このページに関する問合せ 税務課 住民税班 電話:0184-24-6302 FAX:0184-27-1052.

次の