髭 男 dism pretender 歌詞。 Official髭男dism『Pretender』は痛いほど切ないラブソング

Official髭男dism「Pretender」歌詞を考察!別れを切なくドラマかのように描いた曲!

髭 男 dism pretender 歌詞

こんばんは。 あんにんです。 先日、大ヒット映画 『コンフィデンスマンJP』観にいったのですが、 その主題歌がやけに耳に残っていたので、気になって調べました。 それは聴けば聴くほど心を揺さぶられる切ないラブソング。 でも、人生で一度は、 これほどまでに誰かのことを想えたら幸せだよなと感じるような、 等身大のまっすぐな感情が詰め込まれています。 髭男dismの新曲は恋の終わりを告げる切ないラブストーリー「Pretender」 2019年5月17に力公開されている映画 『コンフィデンスマンJP』 は、 大ヒットドラマ待望の映画化ということで、今期注目されている作品です。 その主題歌として抜擢されたのは、 いま大注目のOfficail髭男dismが書き下ろした 『Pretender』です。 髭男dismとは? 出典: まず気になるのが、 髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)という なかなかキャッチーなバンド名ですよね。 (お笑いのかと思った。 笑) 髭の似合う年齢になっても、誰もがワクワクする音楽を続けたいという思いが バンド名に込められており、通称 「ヒゲダン」と親しまれています。 男性4人組みのバンドで、2018年4月にメジャーデビューしたばかりです。 2012年の島根で結成されてから、地元を中心にライブ活動を続けてきました。 メジャーデビュー曲となった主題歌「」がドラマ版でも起用され、 一躍話題をよんだため、今回の映画版での起用もかなり期待が寄せられています! 耳に残る曲調と、ボーカルの切ない声色にハマっていく人も多いようです。 かくいう私自身も、映画館で一度聞いてばらく耳から離れませんでした。 これからますます活躍の幅を広げていく、注目の若手バンドのようです!! 『Pretender』の歌詞にグッとくる! 映画「コンフィデンスマンJP」のエンドロールで流れる 『Pretender』。 耳心地のいいミディアムナンバーにのせられた歌詞は、 ラブストーリーの終わりを綴ったものですが、 痛いくらいに切なくてリアルな描写なのです。 想像するほどに苦しくなるほどまっすぐな思いが込められているように感じます。 の公式ミュージックビデオは台湾で撮影されたそうで、 映画コンフィデンスマンの舞台が香港ということもあり、 映画の世界観とリンクしているようにも感じます。 ノスタルジックな背景のネオンが、余計に哀愁をかもしだしているようですね。 「Pretender」歌詞 「君は綺麗だ」 ここまでの心境の変化を受けて、4:09からのラストのサビのフレーズでは、 「それじゃ僕にとって君は何?」と自問自答します。 この一曲でヒゲダンの世界観に一気に引き込まれてしまいました! これからの活躍を追っていきたいと思います。 ms-diamonds-sea.

次の

Official髭男dism「Pretender」歌詞を考察!別れを切なくドラマかのように描いた曲!

髭 男 dism pretender 歌詞

Pretenderとシュタゲ(シュタインズゲート)の共通点を考察 歌詞の意味とシュタゲのストーリーがリンクしている Pretenderの歌詞とシュタゲにはかなり共通点があります。 まず一番にハッとするであろう箇所はここ。 この言葉、シュタゲを見ている人ならハッとする言葉だと思います。 しかも歌詞の中では 「出会える世界線 選べたらよかった」と歌っています。 これはシュタゲの中で主人公・岡部倫太郎が、ヒロイン・牧瀬紅莉栖が死んでしまう世界線からどうしても抜け出せず、救うことを諦める描写とモロにリンクします。 (幼馴染・マユリの命を救うためには、紅莉栖が死ぬ世界線に留まるしかなかった) 次にシュタゲとリンクするのは2番のこの歌詞。 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 出典: 紅莉栖とせっかく気持ちが通じ合ったのに、その向こうにはエンドライン(終わり)がある。 何度タイムリープして終わりを引き伸ばしたって、心の奥底で選ぶしかないと分かっている未来、そこに紅莉栖はいない。 その事実が泣きたいほど苦しい。 出展 Pretenderのジャケット Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 正直「完全に一致」ですよね。 この時点で、絶対シュタゲのこと意識してるな、と思いました! Official髭男dism藤原はシュタゲの大ファンだった! これまでの共通点でなんとなとくはわかっていましたが、Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンのようです! Pretenderリリースに際してのインタビューでこのように語っていました。 藤原「ちなみにPretenderの中で<世界線>という単語を使っているんですけれども、僕は「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」というアニメの大ファンでして、このフレーズはそこからインスピレーションを受けたところもあります。 そのアニメはタイムトラベルをする話で、世界線というものが並んでいて、もしもこうなっていたら、次はこうなっていたという前提で進んでいく世界というものがあるんですね。 それで「シュタインズゲート」の中では、主人公がその<世界線>を越えて、世界を変えたいという思いで奮闘していくんです。 だから僕にとって<世界線>という言葉はとてもロマンチックなもので大好きな言葉なんです。 」 出典 この<世界線>という言葉のロマンチックさ、楽曲によーーく現れている気がしますよね。 ちょっと悲しげで、でもロマンチックな感じというか。 個人的にはすごくシュタゲが見返したくなってしまいました(笑) ジャケットの052519の数字の意味 Travelerにも登場 pretenderのジャケットはシュタゲのダイバージェンスメーターだという話を先程しましたが、ジャケットには「052519」という数字が並んでいます。 (アルバムTravelerにもpretenderの前奏として052519という曲が挿入されていました) Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 この意味についても藤原さんがインタビューにて語っていました。 52519>なのでまだほど遠いですね(笑)。 」 出典 この数値もシュタゲの世界線変動に習ってつけたものだったんですね。 52519 052519 」がジャケットには描かれているということのようです。 君ともっと違う設定で、関係で、出会いたかったという気持ちがジャケットにまで表現されていたとは・・・エモすぎます。 まとめ 今回の記事をまとめると、• Pretenderの歌詞にはシュタゲとリンクしている部分が多数ある• Pretenderのジェケットには、シュタゲに登場したダイバージェンス・メーターが使われている• Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンだったことがインタビューから判明した!• 52519 052519 」という意味が込められている という結論でした!.

次の

「Official髭男dism」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

髭 男 dism pretender 歌詞

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の