クロスカブ。 ホンダ・カブ

ホンダ・カブ

クロスカブ

CT125ハンターカブ[44万円] vs クロスカブ110[34万1000円] 話題沸騰のCT125ハンターカブは、すでに多くのユーザーが予約しており、場合によっては納車までかなりの待ちが発生しそうな勢いだ。 ところで、検討中もしくは様子見の方々からは時々「高い」という声も。 実際のところどうなのか、比較対象になりそうなクロスカブ110と合わせて考えてみたい。 クロスカブ110は、スーパーカブ110をベースにオフロードテイストの外装を与え、ひと回り太い前後タイヤなどで走りを整えたもの。 CT125ハンターカブがスーパーカブC125をベースとしているのと同じく、カブ系オフロードの派生モデルと言える。 2車を比べてすぐに目につくのは、アップ/ダウンマフラーやディスク/ドラムブレーキといった違いだが、車体のディテールを見ていくと、かなり異なったマシン造りになっていることがわかる。 もっとも大きな違いはフロントまわりにある。 クロスカブはアンダーブラケットのみでフロントフォークを保持するユニットステアであるのに対し、ハンターカブはアッパーブラケットを持つ、いわゆるモーターサイクルタイプのフロントフォークを持っている。 これにより、フロントまわりの剛性が向上しているのは間違いなく、さらに副次的にはヘッドライトのハンドルマウント実現にも貢献しているはず。 クロスカブのヘッドライト位置にマウントするには、ユニットステアの場合にはフレームマウントとせざるを得ないからだ。 また、ハンターカブのエンジンに沿うように取りまわされたガードパイプやエンジンガードの存在も見逃せない。 クロスカブではこれらを装備しておらず、オフロードを走る場合にはグラウンドヒットなども想定して追加購入したくなる。 ホンダ クロスカブ 110 もちろん、前後ディスクブレーキ+ABSやアップマフラーといったハンターカブの装備も魅力的だ。 このあたりを踏まえれば、約10万円差は妥当でこそあれ、けっして「高い」とは言えまい。 もちろん、「そこまでのオフロード性能はいらないよ」とか、「クロスカブのスタイリングが好き」ということであれば、34万1000円で買えるクロスカブ110も十分に魅力的だ。 ハンターカブにはない「くまモンバージョン」の存在も気になる。 エンジンに関しては、排気量の違いに加えて、ハンターカブはさらに低速トルク重視の特性になっていると読み解ける。 最高出力は0. 8ps差にすぎないと思われるかもしれないが、走行フィールはけっこう違いそうだ。 このあたりは、実際に発売されてから比較試乗してみたい。 「ハンターカブは本当に高いのか」という問いに対しては「妥当もしくは安い」と言えそうだ。 クロスカブ110はカスタムで可能性が広がる 走行性能ではハンターカブに対して不利なクロスカブ110だが、約10万円の価格差を生かしてカスタムやツーリング費用に当て込むのも手。 下記に紹介する2台は、日本一周を果たした下川原リサさんのプライベートカスタムと、2019年の東京モーターサイクルショーのヤングマシンブースにて出展したアウトドア仕様カスタムだ。 日本一周仕様を見て気付くのは、サイドバッグの装着にはダウンマフラーが有利かもしれない、ということ。 また、ヘッドライトの上のキャリアにキャンプ道具などを積載した場合でも、フレームマウントゆえにハンドリングへの影響が最小限で済む。 さらに経済性も加味すれば、積極的にクロスカブ110を選ぶ理由も確かにある。

次の

ライトな旅カブはダブルシートがポイント! クロスカブ110とスーパーカブ110カスタム

クロスカブ

2013年6月14日に「クロスカブ」が新登場。 型式は、EBJ-JA10 2012年で生産終了となった海外向け輸出仕様のCT110(ハンターカブ)の実質的後継。 製造は、中国。 クロスカブの車体色は、2色 パールコーンイエロー、ファイティングレッド。 2014年12月12日にカラーチェンジ。 車体色は、3色 ボスグレーメタリック 新色 、パールコーンイエロー、ファイティングレッド。 2018年2月23日にフルモデルチェンジして「クロスカブ110」を発売。 型式は、2BJ-JA45 レッグシールドに換えてステアリングヘッドからボディへと続くフレームカバーを採用。 LEDヘッドライトを囲むパイプ製のヘッドライトガードを採用。 スリット入りのマフラーガード採用など。 車体色は、3色 パールシャイニングイエロー、マグナレッド、カムフラージュグリーン。 生産拠点を熊本製作所に移管。 2019年6月21日に「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加。 熊本県とのコラボレーションにより「くまモン」をイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。 車体色は、1色 グラファイトブラック。 2019年7月19日に「クロスカブ110」をカラーチェンジ。 車体色は、3色 カムフラージュグリーン、クラシカルホワイト、パールシャイニングイエロー。 2020年6月19日に「クロスカブ110」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」をマイナーチェンジ。 灯火器基準に関する法規対応を施したテールランプを採用。 車体色は、「クロスカブ110」が3色 カムフラージュグリーン、パールシャイニングイエロー、クラシカルホワイト。 「クロスカブ110・くまモン バージョン」が1色 グラファイトブラック。 ここでは、上の 黄色の部分の 2014年12月12日発売のホンダ クロスカブ EBJ-JA10 と 2018年2月23日発売のホンダ クロスカブ110 2BJ-JA45 の違いを比較しました。 車種名 クロスカブ クロスカブ110 モデルチェンジ区分 カラーチェンジ フルモデルチェンジ 発売年 2014年12月12日 2018年2月23日 仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル 全長 mm 1945 1935 全幅 mm 815 795 全高 mm 1150 1090 軸間距離 mm 1225 1230 最低地上高 mm 155 157 シート高 mm 784 784 車両重量 kg 105 106 乗車定員(名) 1 2 原動機種類 4ストローク 4ストローク 気筒数 1 1 シリンダ配列 単気筒 単気筒 冷却方式 空冷 空冷 排気量 cc 109 109 4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC) 内径(シリンダーボア) mm 50 50 行程(ピストンストローク) mm 55. 6 55. 6 圧縮比(:1) 9 9 最高出力(kW) 5. 9 5. 9 最高出力(PS) 8 8 最高出力回転数(rpm) 7500 7500 最大トルク(N・m) 8. 5 8. 5 最大トルク(kgf・m) 0. 87 0. 87 最大トルク回転数(rpm) 5500 5500 燃料タンク容量 L 4. 3 4. 8 0. 8 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 10W-30 クラッチ形式 湿式・多板・遠心 湿式・多板・遠心 変速機形式 リターン式・4段変速 リターン式・4段変速 1次減速比 4. 058 4. 058 2次減速比 2. 642 2. 642 変速比 1速 2. 9160 1速 2. 9 66. 7 ブレーキ形式(前) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング ブレーキ形式(後) 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング タイヤ(前) 2. 4 1. 6 ホイールリム幅(後) 1. 6 1. 6 ヘッドライトタイプ(Hi) HS1 LED メーカー希望小売価格 278,250円(消費税抜き本体価格 265,000円) 334,800円(消費税抜き本体価格 310,000円) フルモデルチェンジでの主な変更点• 最新記事.

次の

ホンダ クロスカブ・スーパーカブ カスタム&メンテナンス

クロスカブ

クロスカブ CC110のマフラーカスタム 走って楽しい。 聞いて楽しい。 見て楽しい。 それがマフラーカスタム。 サウンドが変わるのはもちろんのこと、パワー特性も変わります。 そしてその見た目の変化はクロスカブ CC110のカスタム度を大幅にアップしてくれます。 エンデュランス製アップタイプのオールステンレスマフラー ハンターカブをオマージュしたクロスカブ用のアップタイプマフラーはいくつかのメーカーから出ているが、このエンデュランスのマフラーはハンターカブとは違ってクランクケース後ろから立ち上がるタイプ そのためエキパイが太ももに当たらず、足が熱くならなくて良い タンデムステップも使えるが、実際タンデムするにはこのマフラーの位置は辛いだろうと思う や... その最たるはヘッドライトカスタム。 定番のHID化、LED化だけでなく、インナーのブラックアウト化やイカリング装着など、たくさんのカスタム方法が存在します。 クロスカブ CC110のヘッドランプカスタムをチェックしてみてください。 クロスカブ JA45 のヘッドライト換装用に買ったLEDヘッドライトです。 このサイズ 5. 75インチ のヘッドライトはハーレー用などとしてバリエーションも豊富です。 車両側のヘッドライト回路がブラックボックスで使えるかどうかを調べながらの先行発注だったので、一番安いものにするか悩みましたがワット数は小さめでイカリング DRL 付きのものを注文しました。

次の