やっぱりステーキ フランチャイズ。 「いきなりステーキ」より優秀?「やっぱりステーキ」那覇・久茂地店

いきなり減速「いきなり!ステーキ」を通り過ぎると躍進する「やっぱりステーキ」が:【公式】データ・マックス NETIB

やっぱりステーキ フランチャイズ

4、5月の既存店売り上げは前年比で半分以下に落ち込んだが、コストを抑えた運営や地域に根差した展開で強みを発揮。 手ごろな価格で良質な肉を味わえる魅力は、テークアウトや通信販売でも人気で、売り上げ減に一定の歯止めを掛けている。 17日は東京初進出で51店舗目となる吉祥寺店がオープン。 知名度をさらに上げ、既存店の底上げを図る。 やっぱりステーキは2015年2月、那覇市松山に1号店を開店。 1食千円の格安ステーキの先駆けとして、地元客や観光客の人気を集めてきた。 グレードの高い肉を使った良質のサービスを支えているのが、券売機やセルフサービス、家賃の安い物件など、人件費や初期投資コストを抑制する独自の店舗運営システム。 コロナ禍でも負担を抑えることができ、商業施設内の一部店舗で臨時休業があったが、店舗の閉店は食い止めた。 17年にはフランチャイズ(FC制)を導入し、大分市に県外1号店を出店。 今年は2月以降、愛知、静岡、三重、福岡に計5店舗を出店し、50店舗を達成したが、出店エリアは地方の出店も多い。 店舗を運営するディーズプランニングの義元大蔵代表は「牛丼の吉野家のような、地元に根差した店を目指してやってきた。 観光需要は依然として厳しいが、地元客は戻りが早い」と地域密着の強みを語る。 経営戦略上、数よりも「沖縄独特の食文化を、県外でも身近に感じてもらいたい」との考えを優先する。 19日には沖縄ちゃんぽんと沖縄そばを提供する新業態「やっぱりちゃん」を「イーアス沖縄豊崎」に出店し、将来的に全国展開も見据えている。 (政経部・島袋晋作).

次の

「やっぱりステーキ」急拡大中 東京にも初進出

やっぱりステーキ フランチャイズ

【最新更新情報】9th津嘉山店に行った時の動画追加 沖縄には、2015年にできて1年でフランチャイズ店含めて、12店舗に成長したやっぱりステーキがあります。 全国的に有名ないきなりステーキは、2013年にオープンしてから全国に500店舗に増やし、沖縄にもできました。 しかし2019年に「お客様のご来店が減少しております。 このままではお近くの店を閉めることになります」という社長自筆のメッセージが全店舗に掲示されて話題となりました。 やっぱりステーキの動画を配信した時に、いきなりステーキとは違うの?という質問などがあったので、やっぱりステーキといきなりステーキの違いについてまとめてみました。 スポンサーリンク Contents• やっぱりといきなりの創業時期は全く違う いきなりステーキは、ペッパーフードサービスが運営するステーキ専門の飲食店チェーンです。 ペッパーフードサービスは、1970年に「ステーキくに」として創業し、ペッパーランチなどを展開しました。 そして、新しい業態として立ち食い形式で、お肉は量り売りをするという 「いきなりステーキ」を2013年12月5日に東京都中央区銀座4丁目にオープンしました。 やっぱりステーキは2015年に沖縄県那覇市松山に1号店となるお店を開店しました。 200グラムのステーキを1,000円で提供するカウンター6席の小さなお店でした。 お店の名前はもちろん「やっぱりステーキ」です。 やっぱりステーキといきなりステーキの肉メニューの違い いきなりステーキでは、量り売りでのステーキ提供が話題になりました。 リブロースステーキは300gから、トップリブステーキや、サーロイン、ヒレステーキなどは200gから選ぶことができます。 最も安価なステーキが、ミドルリブステーキで、1グラム当たり6. 6円で、200グラム1,320円(税抜き)になります。 やっぱりステーキはのメニューは量り売りというものはありません。 定番メニューのやっぱりステーキが、180グラム、270グラム、360グラムで選択できて、1,000円、1,480円、1,980円です。 赤身ステーキは更に安い単価で提供されていて、200グラム、300グラム、400グラムで、1,000円、1,480円、1,980円です。 その他にはイチボという、ランプ肉と言われるお尻上部のお肉の中で下側の柔らかい部分を切り出したお肉も提供していたりします。 ヒレステーキやサーロインステーキ、Tボーンステーキなどもあります。 やっぱりステーキの替え肉って何? やっぱりステーキで話題になった一つが 替え肉です。 ラーメンの替玉ならぬ、替え肉です。 200グラム、300グラムのお肉を食べたけど、 もう少し食べたいなと思った時に注文できるのです。 180グラム1,000円のやっぱりステーキの替え肉は、半分の量90グラムで半額の500円、200グラム1,000円の赤身ステーキの替え肉は、半分の量100グラムで500円です。 やっぱりステーキと赤身ステーキは替え肉の量を最初から注文すると、それぞれ1,480円で少しお得です。 しかし、やっぱりもうちょっと食べたいなというのに対応してくれるのは、嬉しいサービスです。 替え肉でおすすめなのが、イチボステーキと上ミスジステーキです。 上ミスジステーキは、150グラム1,280円、225グラム1,780円というメニューで、替え肉は100グラム600円なんです。 150グラム頼んで、替え肉をすると250グラムで、1,880円でいただけます。 イチボステーキは、150グラム1,000円で、替え肉が100グラム600円です。 来店コンセプトは似ているところも やっぱりステーキの来店のコンセプトは、「おひとり様でも気軽に来店」とうたっています。 席もおひとりさまでも、気軽に食べれるようにカウンターなどもあります。 とは言っても、狭いという印象はあまりなく、ゆっくりとステーキを堪能できる雰囲気があると、僕は感じています。 いきなりステーキは、創業当初は立ち食いスタイルが特徴的なお店で、気軽にお店に入れるというものでした。 2015年以降は一部店舗では、椅子席も導入されています。 沖縄に現在あるお店は、イオンモール沖縄ライカムのフードコート内にあるお店と、石垣島店です。 : フードコート内にあるお店はもちろんフードコートの席を利用できますし、石垣島店も、普通に座席があるお店となっています。 ライス、スープ、サラダが別料金とセット料金で食べ放題 いきなりステーキとやっぱりステーキのお客様としての違いは、やはりステーキ以外にお金がどうかかるかという点も大きいと思います。 いきなりステーキはステーキのみの値段ですが、 やっぱりステーキはステーキにスープ・サラダ・ご飯がセットになった料金です。 しかも、やっぱりステーキのスープ・サラダ・ご飯はセルフサービスで食べ放題です。 サラダと言っても、キャベツとマカロニサラダのみではありますが、セットでついてきて食べ放題なので十分だと思います。 ご飯は白米と、黒米があります。 やっぱりステーキのフランチャイズ店で全国展開 やっぱりステーキは、現在直営店が沖縄県内に1st~9thまでの9店舗で、EXPRESS店として、イオンタウン南城大里のフードコート内に1店舗。 フランチャイズ店が、沖縄県内に14店舗あり、沖縄県内に合計で24店舗展開しています。 そして、やっぱりステーキは全国展開もしていて、直営店が2店舗、フードコート内にあるお店が1店舗、フランチャイズ店が18店舗あり、合計で21店舗です。 県別で分けると、福岡県が福岡市、北九州市、飯塚市などに6店舗、愛知県が名古屋市内に3店舗、岐阜県が各務原市に2店舗、大阪府大阪市に2店舗、三重県は松阪市と四日市市に2店舗、静岡県が沼津の1店舗、宮城県が仙台の1店舗、大分県大分市に1店舗、鹿児島県鹿児島市に1店舗、山口県防府市に1店舗あります。 沖縄県内と全国のお店を含めて、45店舗展開しています。

次の

いきなりステーキが大量閉店。店舗数増のやっぱりステーキとの違い

やっぱりステーキ フランチャイズ

やっぱりステーキは15年2月に松山に1号店を開店。 200グラムのステーキを千円で提供する格安ステーキの先駆けとして、地元客だけでなく観光客からも人気を集める。 牛肉は米国産で、米政府の格付けで2番目に高い「USチョイスグレード」の肉を使用。 飲食店の原価率は6割程度とされるが、良質の牛肉にこだわるため、やっぱりステーキは8割程度と高めだ。 店舗を運営するディーズプランニングの義元大蔵代表は「良い肉をおいしく食べてもらうことが大切。 肉質は絶対に落とさない」と強調する。 券売機やセルフサービスを導入するなど人件費や初期投資のコストを抑制する独自の店舗運営で、格安ステーキを実現させた。 スープ、サラダ、ご飯がお代わり自由といった割安感に加え、1人用のカウンター席、10種類以上のソースをそろえており、細やかなサービスも人気の要因だ。 昨年からFC制を導入し、店名を「あっぱれステーキ」として県外進出を果たした。 昨年6月の大分市を皮切りに、9月に相馬市、12月に仙台市に出店。 今年4月には仙台に2店舗目を開店した。 沖縄の店舗でステーキを食べた県外の経営者から「低価格で高品質のステーキを提供できるなら地元でやりたい」との要望が多くあり、今後、16道府県での出店を計画している。 「安くておいしいステーキが食べられる」と評判が口コミで広がって、県外店舗はいずれも順調に売り上げを伸ばしているという。 義元代表は「FC制を取り入れたことで、店舗拡大のスピードが上がった。 沖縄発の大衆ステーキ店を全国に一気に広げたい」と意欲を示している。

次の