ツツジ 挿し木。 ツツジの剪定と挿し木の方法、時期は?

ドウダンツツジの育て方!剪定や挿し木、植え替えの時期と方法は?

ツツジ 挿し木

栽培環境・日当たり・置き場 少なくとも午前中は日が当たる、腐植質に富んだ水はけのよい場所が適しています。 日陰では徒長して、花つきが悪くなります。 鉢植えは、通年屋外で管理します。 夏は半日陰に、そのほかの時期は日当たりのよい場所に置きます。 冬は、乾燥した寒風に当たらない場所へ移動させてください。 水やり 根が細く、地表近くに張るため土壌の極端な乾燥に弱い性質です。 鉢植え、庭植えともに夏の高温期には乾かさないように注意し、朝または夕方に水やりをします。 ほかの季節は乾いたら与えましょう。 肥料 鉢植え、庭植えともに、花後の5月から6月と、株の充実する9月下旬、休眠期の1月に、緩効性化成肥料や固形の油かすを施します。 病気と害虫 病気:大きな被害を及ぼす病気はほとんどありません。 害虫:ハダニ、ツツジグンバイムシ、ベニモンアオリンガ、ハマキムシ 春や秋の乾燥する季節にハダニやツツジグンバイムシが発生します。 最も大きな被害を及ぼすのはベニモンアオリンガで、新芽や蕾の内部に侵入して食害します。 用土(鉢植え) 赤玉土小粒4、鹿沼土小粒3、酸度未調整のピートモス2、バーミキュライト1の配合土など、水はけと水もちのよい、酸性土壌が適しています。 植えつけ、 植え替え 適期は、開花期を除く3月から6月上旬、または9月下旬から10月です。 庭植えは、根鉢の倍以上の大きさの植え穴を掘り、腐葉土やピートモスを混ぜて、深植えにならないように植えつけます。 鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えましょう。 ふやし方 さし木:6月から7月に、さし木でふやします。 充実して堅くなった枝を10cmほどに切り、鹿沼土小粒や市販のさし木用土などに、葉が触れる程度の間隔でさします。 風の当たらない日陰で乾かさないように管理すれば、秋には発根します。 主な作業 剪定:花後のなるべく早い時期、6月上旬までに行います。 翌年の花芽が夏にできるので、夏以降の剪定は、せっかくできた花芽を切ることになります。 ツツジは枝数が多く、芽吹きもよいので、花がら摘みを兼ねて剪定することもできます。 枝先から3cm程度に軽く刈り込み、枯れた枝や重なった枝を基部から切り、風通しをよくします。 特徴 古くから栽培されるツツジは、日本人に最も親しまれている植物の一つといえるでしょう。 ツツジの名は、一般的にはサツキを除く、半常緑性のヤマツツジの仲間(ツツジ属ヤマツツジ節)の総称として使われますが、落葉性のレンゲツツジや常緑性で...

次の

ドウダンツツジの剪定や挿し木の方法・時期は?種類や花言葉は?

ツツジ 挿し木

キリシマツツジは酸性土壌で、排水がよく、日当りのよいところを好みます。 葉は小型で先端は丸く、晩秋には赤褐色となり、とても美しいです。 オシベは5本、花色は緋紅色の鮮明なもの、淡紅色のもの、紫紅色のものなどさまざまです。 耐寒性はありますが、初期生育はよくありません。 立ち性で枝に弾力がなく積雪による枝折れの被害が大きいです。 肥料 庭に植えてある古木の場合、化学肥料などの濃厚な肥料を使うことは禁物です。 2月下旬から雪どけをまって施す寒肥と花後に施すお礼肥が一般的です。 鉢植えなどの場合は、大粒の緩効性化成肥料を施してもよいです。 病気と害虫 ツツジ類に発生し、被害を与えるものは色々ありますが、病気や害虫で木が枯死するような致命傷にいたることは少ないです。 しかし、庭植えの若い木で微量要素の欠乏や、根の障害で葉が黄化したものをよく見ます。 この場合、根を水でよく洗って鉢に植え替えし、土壌改良で根の活性化をはかることが大切です。 繁殖方法 キリシマツツジの繁殖方法は、一般に挿し木、株分け、取り木などがあります。 キリシマツツジはサツキなどの比べ、発根率、初期生育が悪いです。 関東地方の業者によると、キリシマツツジは人気が高いものの、販売品に育つまで時間がかかり過ぎるため、資金回転率が悪く、栽培できないとのことでした。 一方、短期間で大きな木を得る方法として、取り木(環状剥皮法)や幹挿しなどの方法があります。 能登町柳田盆友会の会員らは、幹挿しで素晴らしい成果をあげています。

次の

ドウダンツツジの剪定や挿し木の方法・時期は?種類や花言葉は?

ツツジ 挿し木

挿し木のやり方 挿し木とは、増やしたい庭木の枝を切りとり、土にさして根を出させる増やし方です。 挿し木には休眠期の枝を使う「休眠枝挿し」と、新梢を使う「新梢挿し」の2種類があります。 休眠枝挿し 株が休眠しているころに枝を採取する休眠枝挿しは、落葉樹のみ対応可能です。 休眠枝挿しは、春に芽が動く前の3月に挿し木をします。 休眠枝を挿し木に使う場合は、徒長枝や二番枝は使いません。 中間部分を用いて挿し木にします。 新梢挿し 新梢挿しは、落葉樹や常緑樹どちらも対応が可能です。 新梢が伸びて固まってきた、6月~7月ごろに枝を採取して挿し木します。 新梢挿しの場合は、徒長枝を使って挿し木することができます。 挿し木の方法 挿し木をする場合は、親木が若いうちにやりましょう。 木も人と同じように老木になれば、木の成長が遅くトラブルに対処しにくくなります。 若木から採取したほうが、根が出やすいのでおすすめです。 挿し穂は10~12cmの長さにとります。 土にさすときは、切り口に発根剤を塗りつけておきます。 接ぎ木の方法 接ぎ木とは、台木を用意して親木を接ぐ増やし方です。 木の増やし方で最も難しい方法ですが、一度成功すれば違う種類でもできるようになるでしょう。 失敗せず接ぎ木するには、台木の根が充分活動している必要があります。 根が動き水や養分を吸い取っている場合は、接ぎ木をしても失敗が少ないです。 逆に台木が活動をしておらず、接いだ穂木のほうが芽を伸ばすようだと、上手く接ぎ木ができず枯れてしまうことが多いです。 接ぎ木が必要な樹木は、挿し木が難しい品種です。 または挿し木ができても成長が遅く花や実がなるのが遅い場合は、台木を使ったほうが早くなります。 果樹でも接ぎ木はよく用います。 寒さや暑さ、病害虫に弱い品種は、それらに強い台木を使って接ぎ木することで、育ちやすくなるためです。 果樹の苗木は接ぎ木で増やしたものがよく売られています。 接ぎ木は、「芽接ぎ」「切り接ぎ」「呼び接ぎ」など種類があります。 芽接ぎ 芽接ぎとは、親木の芽だけを使って接ぎ木する方法です。 芽だけを接ぐため、台木に花色の異なる芽を複数接ぐことができます。 家庭では呼び接ぎに次いで失敗が少ない方法です。 芽接ぎに向いているのは、バラ、モモの木、桜、ミカンです。 バラはノイバラの実生を使い、モモの木は食用桃の実生、桜はオオシマザクラの実生か挿し木を使います。 ミカン科の植物は、カラタチの実生を台木に使いましょう。 芽をそぐ前に、台木つくりをしましょう。 芽を接ぐ部分の幹をT字形にそぎます。 上が広く下がすぼむようにそいでください。 芽接ぎは8月~9月に、枝の中間部分にある充実した芽を使います。 芽を切りとるときは「芽切りナイフ」を用いましょう。 木質部もわずかに削りながら芽を切りとります。 そいだ芽は、台木の皮をそいだ部分に接ぎます。 台木の皮を左右に開いて、そいだ芽を入れましょう。 接いだ部分は芽だけを出して、そいだ部分を乾かさないよう周りをビニール紐で結びます。 切り接ぎ 切り接ぎは、親木から穂木を切りとる方法です。 接ぎ木の中でも最も一般的に用いられています。 1本の台木に対し、1本の穂木を接いで増やすやり方です。 呼び接ぎ 呼び接ぎは、接ぎ木初心者が失敗しにくいやり方です。 台木と増やす親木を側に置いて、お互い枝をそいで着けさせます。 着いてから枝を切りとるので、枯れる心配が少ないでしょう。 台木と接ぐ木2本が密着するよう、近くに植え直します。 お互いの幹を木質部が出るくらいそぎ落としましょう。 親木は台木よりも少し大きくそいでください。 高い場所の枝で呼び接ぎをする場合は、接ぐ木の根を水苔で覆いビニール袋で覆って台に乗せます。 接ぐ木が倒れないよう、台木にしっかり紐でくくりつけましょう。 それぞれの枝をそいで接ぎ、紐でしばって密着させておきます。 台木と親木が着いたら、その下から切りとり1本の苗木をつくります。 種まきの方法 山に自生している樹木から種を採取すれば、そのまま親の性質を受け継ぐことができます。 しかし、苗として出回っているものは人工的に改良を加えているので、種まきで増やしても、親の性質をつがないことが多いです。 苗木として出回っているものは、種を交配させてより花が美しく咲いたものを、接ぎ木や挿し木で増やしているためです。 種から育てると親の性質は継ぎませんが、その代わり違った品種ができる楽しみもあります。 果肉がある種 果肉が付いている実を収穫した場合は、果肉をすぐに洗い落としましょう。 果肉がある樹木は、ビラカンサ、ナンテン、イチイなどです。

次の