ウイイレ 2020 ベッカム。 【ウイイレアプリ2020】ベッカム(27歳)のレベマ能力値と評価(レジェンド)

【ウイイレアプリ2020】ベッカム(27歳)のレベマ能力値と評価(レジェンド)

ウイイレ 2020 ベッカム

ほんま。 28 レベマ Lv. 26 レベマ Lv. 24 レベマ Lv. 29 レベマ Lv. 24 レベマ Lv. 1 レベマ Lv. 28 レベマ Lv. 27 レベマ Lv. 23 レベマ Lv. 31 レベマ Lv. 24 レベマ Lv. 27 レベマ Lv. そちらを使用するとスカウトでレジェンド選手を獲得できます。

次の

【ウイイレアプリ2020】ベッカム(27歳)のレベマ能力値と評価(レジェンド)

ウイイレ 2020 ベッカム

ウイイレ2020おすすめ若手の選考基準 ・ウイイレ2020に収録される10代の若手選手(19歳以下)から選考する ・2019-20シーズンの成績 ・海外サイト「transfermarkt」の市場価値 ・僕の主観 今回は若手選手の紹介ということなので 10代の選手から選出していきます。 また、 2019-20シーズン途中までの成績であったり、 移籍情報や選手の市場価値をまとめた海外サイト「transfermarkt」をもとに選んでいます。 最終的には僕の主観で選考していますが、その点ご了承ください。 ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手 それではここからウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい注目の若手選手を紹介していきます。 まずはゴールキーパーからです。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ゴールキーパー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) イラン メリエ(19) フランス GK 75 リーズ W(イングランド2部リーグ) べケル エゼル(19) トルコ GK 73 未所属 フリスティアン フリュートル(19) ドイツ GK 68 バイエルン ミュンヘン(その他ヨーロッパ) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ゴールキーパーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 まず1人目はリーズ Wに所属するイラン メリエです。 2018-19シーズンまではフランス2部リーグのFCロリアンでプレーしていました。 各年代のフランス代表でプレー経験がある十分な実績を持つ若手選手になります。 また、移籍情報サイト「transfermarkt」では10代のゴールキーパーでNo. 1の市場価値をマークしています(2020年1月時点)。 2人目は未所属のべケル エゼルです。 現実世界ではフェネルバフチェからベルギー2部リーグのKVCウェステルローというクラブにレンタル在籍中です(記事執筆時点)。 各年代のトルコ代表でプレーしており、A代表に招集されたこともあります。 3人目はバイエルン ミュンヘンに所属するフリスティアン フリュートルです。 実際はドイツ3部リーグにあるバイエルン ミュンヘンのリザーブチームでプレーしています。 年代別のドイツ代表でもプレーしており、将来が楽しみな若手選手です。 ウイイレ2020マスターリーグの注目若手ディフェンダー 名前(年齢) 国籍 ポジション 総合値 所属クラブ(リーグ) ウィリアム サリバ(18) フランス CB 75 サン テティエンヌ(Ligue 1 Conforama) ベノワ ベディアシレ(18) フランス CB 74 モナコ(Ligue 1 Conforama) マックス アーロンス(19) イングランド RSB 74 ノリッジ YG(イングランドリーグ) イーサン アンパドゥ(19) ウェールズ CB 73 未所属 ライアン アイト ヌーリ(18) フランス LSB 63 アンジェ(Ligue 1 Conforama) ウイイレ2020マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手ディフェンダーは上記の5名です。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン ティティエンヌに所属するウィリアム サリバです。 2019年夏にはアーセナルやトッテナムといったビッククラブが争奪戦を繰り広げた注目の若手有望株です。 結局サリバはアーセナルが獲得し、2019-20シーズンはサン ティティエンヌにレンタル中です。 2人目はモナコに所属するベノワ ベディアシレです。 各年代のフランス代表でプレーする注目の若手選手で、現在はU-19フランス代表でプレーしています。 チェルシーやレアル・マドリードといったビッククラブが関心を示すフランス期待の若手選手です。 3人目はノリッジ YGに所属するマックス アーロンスです。 ノリッジユースからトップチームのレギュラーまで駆け上がったノリッジ期待の若手選手になります。 チェルシー、アーセナル、トッテナムといったプレミアリーグの強豪が獲得に興味を示す逸材です。 4人目は未所属のイーサン アンパドゥです。 現実ではチェルシーが保有権を持っていて、2019-20シーズンはドイツ1部リーグのRBライプツィヒにレンタルで在籍しています。 すでにウェールズ代表にも召集され、数試合プレーしている注目の若手選手です。 5人目はアンジェに所属するライアン アイト ヌーリです。 「総合値めちゃくちゃ低いじゃねーか!」と思った方もいるでしょうが、現実では10代の左サイドバックの中で世界最高額になります(2020年1月時点:1200万ユーロ)。 ウイイレ2020での初期総合値は低いためみなさんのマスターリーグで育ててあげてください。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はPSVに所属するモハメド イハターレンです。 PSVの生え抜き選手で、2019-20シーズンのオランダリーグで輝きを放っている1人になります。 各年代のオランダ代表でもプレーしている注目の逸材です。 2人目はべレス サルスフィエルドに所属するトリスタン アルマダです。 U-20アルゼンチン代表の選手です。 現実ではマンチェスター・シティが獲得を狙っているようでNEXTメッシとも言われています。 3人目はフラメンゴに所属するヘイニエル カルヴァーリョです。 2019シーズンにフラメンゴでトップチームデビューを果たしたブラジル期待の新星になります。 FCバルセロナ、マンチェスター・シティなどビッククラブが注目する逸材で、レアル・マドリードが獲得間近とされています。 4人目はレンヌに所属するエドゥアルド カマヴィンガです。 今季、リーグ・アンで輝きを放っている注目の若手です。 移籍情報サイト「transfermarkt」によると10代のセントラルミットフィルダーの中ではNo. 1の市場価値(2020年1月時点:3500万ユーロ)になります。 5人目はマヨルカ RNに所属する久保 建英です。 日本人としては日本人選手を獲得してマスターリーグで活躍させたいのではないでしょうか。 そこで当ブログでは2019年夏、レアル・マドリードに加入した日本期待の若手選手、久保建英の獲得をおすすめします。 それでは1人ずつおすすめポイントを紹介していきます。 1人目はサン パウロに所属するアントニです。 サンパウロの下部組織で育ち、今やトップチームの中心選手として欠かせない存在となりました。 アーセナルやミランといった複数の欧州クラブが獲得に興味を示すほどの逸材です。 2人目はラヌースに所属するペドロ デ ラ ベガです。 ラヌースの下部組織で順調に成長したデ ラ ベガは2018年9月にトップチームデビューを果たしました。 U-20アルゼンチン代表でもプレーしていて今後が楽しみな期待の逸材です。 3人目はバルセロナに所属するアンスマネ ファティです。 バルセロナの下部組織で育ったアンスマネ ファティは16歳という若さでトップチームデビューを飾りました。 その後、出場機会を与えられた試合では結果を残し、ここ数ヵ月で市場価値が爆上げしている若手選手です。 4人目はAZに所属するマイロン ボアドゥです。 AZの下部組織で育ったマイロン ボアドゥはAZ史上最高の逸材とも言われています。 各年代のオランダ代表でもプレーしていて、2019年11月にはすでにA代表デビューも飾っています。 5人目はマンチェスター ユナイテッドに所属するメイソン グリーンウッドです。 マンチェスター ユナイテッドの下部組織で育ち、現在はトップチームでプレーするまでに成長しました。 ウイイレ2020では初期総合値が低い気がしますが、今後の成長が楽しみな注目の若手です。 まとめ 今回はウイイレ2020のマスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめということでいろいろな若手選手を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 現実世界で活躍していたり、注目されている若手選手をまとめたので、ウイイレ2020の総合値については低い選手もたくさんいます。 その点お許しください。 今後、ウイイレ2020のマスターリーグをテーマに取り扱った記事をどんどん書いていくつもりなので興味がある方は当ブログを是非チェックしてみてください。 また、もやっていますので心優しい方はぜひともフォローしてあげてください。

次の

【ウイイレアプリ2020】アイコニックデイヴィッドベッカム(1999/05/26)の能力と使い方|ゲームエイト

ウイイレ 2020 ベッカム

・Live Update コンディション評価の変更 これまでレジェンド選手のコンディション評価は一律[C]となっておりましたが、一律[B]に変更いたします。 そのため、「今週からレジェンドの獲得を狙ってみよう!」と考える方も多いかと思います。 そこで今回は2020年1月までに出た黒玉レジェンドの総まとめとして、レジェンド選手の能力値を以下で紹介していきます。 ちなみに結論から言うと、• 1番おすすめなレジェンド: ヴィエラ• その他おすすめなレジェンド: マラドーナ・クライフ・マテウス・ベッカム赤ユニVerなど です。 目次 もくじ• これまでのウイイレでは、レジェンドのライブアプデはC固定。 そのため、正直ライブアプデCのレジェンドよりも ライブアプデAのFP(注目選手)の方が強く感じることもありましたよね。 実際オンライン対戦環境ではレジェンドよりもFPをメインとしたスカッドが多く、FPが登場したウイイレ2019からレジェンドの価値はやはり少し落ちてしまっていたように思えます。 そんな中 2020年2月13日のメンテナンスにて、レジェンドのライブアプデに関する修正が入ることに。 ・Live Update コンディション評価の変更 これまでレジェンド選手のコンディション評価は一律[C]となっておりましたが、一律[B]に変更いたします。 これからの レジェンドはライブアプデB固定になるので、これまでよりも試合時の調子が良い状態になりやすくなったということになります。 これによりその他の様々なレジェンドもスカッド候補に入ってくるでしょう。 今回はこの修正をきっかけにレジェンドに興味がわいた方もいらっしゃると思いますので、レジェンド能力値を以下でまとめています。 例えば今回含まれていない例外レジェンドだと、• 購入特典の「ロナウジーニョ(2019モデル)」や「若いイニエスタ」など• 2019年12月の最後に登場し、指定スカウドではギリギリ対象外のレジェンド「ベッケンバウアー」など• 金レアリティのレジェンド選手他多数 など。 これらのレジェンドについてはこの記事で今後追記するか、もしくは別途記事で詳しくまとめるかもしれません。 マラドーナのウイイレ2020能力値 5. 0 マラドーナは言わずと知れたレジェンド選手ですよね。 若いサッカー好きの方でもほとんどがその名前を聞いたことがあるかと思います。 現役の選手だとメッシ級の選手であり、能力値もレジェンドの中でもずば抜けて高いのが特徴です。 プレースタイルはナンバー10 使用感でいうと FPメッシにかなり近いです。 あとはマラドーナとメッシはプレースタイルの違いもあります。 今作のメッシは環境トップクラスに優秀なのでマラドーナについても非常に使いやすいこと間違いなし。 マラドーナはメッシよりもスタミナが少な目なのでスタメンで起用する場合は交代要員としてスーパーサブのCFを置いておくと良いでしょう。 クライフのウイイレ2020能力値 5. プレースタイル:2列目からの飛び出し• コンディション安定度:8• 決定力が高いのでOMF起用でもかなり優秀• スピードやパスなどの能力値も高め• スキル:ワンタッチパス持ち ということで、レジェンドの中では使用感抜群の選手と言えます。 ライアブアプデCだとしてもたまに見かけるぐらいFPとも競争できる能力値となっていますので、今回のライブアプデB固定によりさらに対人戦でも見かけることになるでしょう。 既に持っている方はOMFで是非起用してみて下さい。 カーンのウイイレ2020能力値 5. 0 カーンはバイエルンやドイツ代表で活躍したレジェンド選手です。 プレースタイル:守備的GK• コンディション安定度:8• スキル:低弾道パントキックは持っておらず• 身長188cm GK関連の能力値が非常に高く、その上でコンディション安定度がMAXの8という言うことなしのレジェンドキーパーとなっています。 レジェンドで1番強いGKはカーンで間違いないでしょう。 今作はFPガチャを引き続けているとFPキーパーがたくさん入手できる状態ですが、カーンはそれらのFPともスタメン争いのできる優秀なGKかと。 コンディション安定度がMAXなので、ライブアプデB固定の環境ではカーンはかなり強い予感がしています。 ロマーリオのウイイレ2020能力値 5. 0 ロマーリオはブラジルのレジェンドストライカーになります。 ポジションはCF、プレースタイルはボックスストライカー 身長169cmと小柄ながらもスピード・瞬発力・ボディコントロールがかなり高くぬるぬる動くようなドリブルが出来るのが魅力です。 あくまで体感ですが、ウイイレ2018ではまだFPがおらずロマーリオはかなり強力な存在だったかと思います。 ウイイレ2019・2020辺りだとCFはFPロナウド・FPムバッペ・FPメッシなどの最強FPを起用している方が多く、ここ最近はあまり対人戦でも見かけなくなっていました。 が今回のライブアプデB修正により今後見かける可能性のあるレジェンドの1人でしょう。 ロナウジーニョのウイイレ2020能力値 4. 5 キャンベルはアーセナルやイングランド代表として活躍したレジェンド選手です。 守備能力+フィジカルが高いというCBとして必要な能力値を兼ね備えているDFとなっています。 その上、スピード値がレベル1時点で84とCBとしてはかなり速いのもキャンベルの魅力。 このフィジカルの強さでこの速さというのは結構珍しく、まだFPクリバリを持っていない方にとってはアリな選択肢だと思います。 プレースタイルなしという少し珍しい特性となっています。 プレースタイルがない=ダメというわけでなく、プレースタイルなしというのもそれもまた1つのプレースタイルと言えるかもしれません。 特にCBのプレースタイルはそこまでこだわらなくてもいいかなって個人的には思っています。 5のレジェンド選手の紹介です。 最強クラスとまではいきませんが、ライブアプデB固定ということもあり好きなレジェンドならばスタメン起用でも全然おかしくないぐらいに優秀なレジェンドがそろっています。 フィーゴのウイイレ2020能力値 4. 5 ジーダはミランやブラジル代表で活躍したレジェンド選手です。 プレースタイル:攻撃的GK• コンディション安定度:6• スキル:低弾道パントキック持ち• 身長195cm 今作はFPガチャをある程度引いているとFPのキーパーすぐ充実していまうので、GKに関してはもうおなか一杯という方も多いかと思います。 デヘアやオブラクなど元々の能力値が高いGKに加え、例えば FPシリグなどFPになることで急激に強くなったGKも割と存在している環境ですよね。 なので、やはりレジェンドGKだと「カーンでようやくFPキーパー達とポジション争いできるかな?」ぐらいの立ち位置になってしまうでしょう。 中田英寿のウイイレ2020能力値 4. 5 ロベールピレスはアーセナルで活躍したレジェンド選手です。 プレースタイルはウイングストライカーであり、スピードのあるドリブラータイプになります。 その上で決定力やパス値が高いのがロベールピレスならではの魅力。 快速ドリブラー系の選手は「ドリブル命」というタイプの選手が多いのですが、ロベールピレスはパスやシュートなども高い精度となっているのが素晴らしい点ですよね。 またスキルも対人戦で特に役立つものが多く、• ダブルダッチ• コントロールループ• ワンタッチシュート• ワンタッチパス• スルーパス• ピンポイントクロス 辺りは非常に強力です。 起用できるポジションはLMFかLWGのみという制限こそありますが、使用感は非常に良い選手でしょう。 最後にまとめです!• レジェンドのライブアプデは2020年2月13日よりBに• そのためレジェンドはこれまでよりも使いやすくなった•

次の