カローラ セダン カスタム。 新型カローラセダンの純正カスタム「TRD」のおすすめを紹介!値段は安い?高い?

【楽天市場】カローラ 210系 セダン ツーリング カスタム パーツ フロントガーニッシュ ヘッドライトガーニッシュ FO022:ジーゼットエリア

カローラ セダン カスタム

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 「下取りは必ず一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。 ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 現在、新型カローラのカスタムを検討している方の中にはどの様なパーツが合うのか、悩んでいると言う方も多いのではないでしょうか。 新型カローラは、フルモデルチェンジを機にスポーティーな車種へと生まれ変わりカスタマイズの幅が大きく広がったため、概要を知りたいと言う方は少なくないはずです。 そこで今回は、トヨタ・新型カローラに合うカスタムパーツの紹介やコストを抑えてカスタムする事のできるパーツの紹介などを中心に、新型カローラとカスタムパーツについて解説をしていきます。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:スポーティー感を向上させるカスタムパーツ トヨタ・新型カローラは、2019年9月にフルモデルチェンジが行われたばかりのため、まだまだカスタムパーツの数は少ない状態と言えますが、新型カローラの 外観を変化させるカスタムパーツにはどの様な物があるのでしょうか。 現在、新型カローラには2つのメーカーから外観を大きく変化させるエアロパーツが販売されており、その中でも TRD製エアロパーツは新型カローラの スポーティー感をさらに向上させる事のできるカスタムパーツとなります。 TRD製エアロパーツは、同じく新型カローラに設定されているモデリスタ製エアロパーツよりも メッキ加飾が抑えられたデザインとなっており、ラグジュアリー感よりもスポーティー感が強いデザインとなっている事が特徴です。 特に エアロパーツ下部には、スピードメーターのレッドゾーンを連想させる赤色のラインが入っているためアグレッシブさが表現されている事も1つの特徴と言えます。 また、元々新型カローラのボディには昨今主流となっているメッキパーツなど高級感を演出するパーツの使用が抑えられているため、このエアロパーツを装着する事でボディカラーに アクセントを加えられる事も大きな特徴です。 新型カローラはフルモデルチェンジを機にスポーティー感の強いデザインに生まれ変わったため、 元々のコンセプトを更に強調すると言う意味では最も似合うカスタムパーツの1つと言えるでしょう。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:エアロパーツと一緒に組み合わせたいカスタムパーツ トヨタ・新型カローラのカスタムパーツには、スポーティー感を向上させるTRD製エアロパーツがある事が分かりましたが、更にこのエアロパーツと組み合わせてアグレッシブさを向上させる場合には、同じくTRDから設定されている アルミホイールの導入がオススメです。 前述した通り、新型カローラにはメーカー製カスタムパーツとして TRDと モデリスタの2社からカスタムパーツが販売されており、TRD製パーツは よりスポーティーなデザインとなっている事が特徴となります。 このエアロパーツと新型カローラのスタンダードグレード以上に 標準装着されるアルミホイールは、決して相性が悪い訳ではありませんが、 更にカスタマイズを行いオリジナリティーを出すには、TRD製アルミホイールの方が最適であると言う訳です。 新型カローラのボディデザインは、元々スポーティーな設計となっている事からこちらのホイール単体でも十分にカスタムパーツとしての役割を果たすことができますが、 統一感を持たせるという意味では、ぜひエアロパーツと組み合わせてカスタムを行いたいパーツであると言えますので参考にして下さい。 スポンサードリンク トヨタ・新型カローラ:高級感を演出するカスタムパーツ トヨタ・新型カローラのカスタムパーツは、TRD製パーツを中心としてスポーティー感を向上させる物があることが分かりましたが、そのほかにも 内外装の 高級感を演出するカスタムパーツも設定されています。 この中でも、 モデリスタセレクションとして設定が行われている LEDスマートフットライトは室内の高級感を向上させるためのカスタムパーツとなっており、フルモデルチェンジを行った事で車格が引き上げられた新型カローラにはピッタリのカスタムパーツと言えます。 これに加えて、トヨタ純正アクセサリーとして設定が行われている ウェルカムライトや インテリアイルミネーションも、ラグジュアリー感を大きく向上させる事ができるカスタムパーツとなっているためオススメです。 また、新型カローラの場合には車格が引き上げられたにも関わらず、 ルームランプやライセンスランプには白熱球が使用されているため、この部分を社外品のカスタムパーツとしてLED電球に変えるだけでも高級感を向上させる事ができますので、参考にすると良いでしょう。 この中でも、様々な国産車のカスタムパーツを設計・販売している セカンドステージからは、新型カローラの内装をよりスポーティーな物へとカスタマイズする事のできる、 カーボン柄センターコンソールパネルなどの内装カスタムパーツが販売されています。 新型カローラの外観は、 フルモデルチェンジを行った事でスポーツ指向の強い車へと生まれ変わったため、内装部分もスポーティーにカスタマイズしたい場合にオススメのカスタムパーツです。 また、セカンドステージからは車外のドアハンドル部分をメッキ化する事のできる アウタードアハンドルパネルも販売が行われており、メッキパーツの少ない新型カローラの外観にアクセントを加える事も可能となっていますので、参考にして下さい。 トヨタ・新型カローラ:低予算でも印象が大きく変わるカスタムパーツ トヨタ・新型カローラには、外観の印象を大きく変える事のできるエアロパーツや内装の質感を向上させるためのカスタムパーツが販売されていますが、これらはどれも 高額な物が多くもう 少しコストを抑えたカスタマイズ方法を探している方も多いと思います。 では、低予算でも印象を変える事のできるカスタムパーツにはどの様な物があるのでしょうか。 これには様々なパーツがありますが、最も 手軽に導入できるのもとしては ステッカーやエンブレムプレートによる加飾となります。 旧型モデルまでのカローラと言うと、ファミリーカーやビジネスカーとしてのイメージが強くステッカーやエンブレムプレートによるカスタムは、 不釣り合いとなってしまうケースが殆どでしたが、 新型カローラはスポーティーなデザインに生まれ変わったため、これらのアイテムでアレンジを加えるだけでも大きく印象を変えることができるのです。 トヨタ・新型カローラ:カスタムパーツのまとめ 今回は、トヨタ・新型カローラとカスタムパーツについて解説をしてきましたが、新型カローラは販売開始から間もない事もあり種類自体は少ないものの様々なカスタムパーツがある事が分かったと思います。 主なパーツとしては、 エアロパーツやホイールなど外観に関する物が中心となりますが、中には内装のカスタマイズが行える物もありますので、好みに合わせて選択する事をオススメします。 また、簡易的なカスタムパーツとしてステッカーやエンブレムプレートでコストを抑えながら新型カローラのカスタムを行う事もできますので、前述してきた例を参考にして下さい。 新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 新車が欲しい! 今の新車は、 低燃費のハイブリッド バックカメラやナビの性能はもちろん、 自動ブレーキに自動運転技術! ちょっと前のSF映画のようです。 でも、いざ買うとなると・・・• 「ほしい車は…高い…」• 「頭金とボーナス払いなしで…」• 「値引き交渉が上手くできない…」• 「ディーラーを回るのは大変…」• 「ディーラーの売り込みがイヤ…」• 「やっぱり最安値で手に入れたい…」 などなど、悩みはつきません。 あなたにピッタリの裏技を ご紹介します! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 「下取りは必ず一括査定サイトを使う」 これが最初のステップです。 ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。

次の

カローラアクシオ カスタムまとめ

カローラ セダン カスタム

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの 新型カローラセダン Corolla Sedan は、スポーツマインドを刺激する【TRD】のカスタムパーツを装着することが可能です。 もはや一般大衆車のカローラの面影はありませんでした。 そんなTRDのエアロパーツを装着した新型カローラセダン Corolla Sedan の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、TRD仕様は、どのような魅力&特徴を備えていたのでしょうか? 実車画像を使って、TRDのエアロパーツを装着した新型モデルの外装・エクステリアを徹底レビューしたいと思います。 新型カローラセダン TRD仕様のフロントマスクをチェック【外装の実車画像レビュー1】 2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan にTRDのエアロパーツを装着したカスタム仕様のフロントマスクは、このようなデザインになっています。 また、フロントスポイラーを装着すると、最低地上高が14mmほど低くなりこともあり、どっしりとした佇まい たたずまい になっているのも好印象でした。 空気の流れや安定性、走りやすさも考慮 また、この新型カローラセダン Corolla Sedan に用意されているTRD仕様のフロントスポイラーの注目ポイントの一つが、左右コーナー部分に施されているスリットです。 空気の流れや抵抗、安定性を考慮したデザインになっているのも、モータースポーツで培った技術を生かしたカスタムパーツを制作しているTRDらしいなと感じました。 新型カローラセダンのTRD仕様のサイドスタイルをチェック【外装の実車画像レビュー2】 一方、こちらは、TRDのカスタムパーツを備えた新型カローラセダン Corolla Sedan のサイドスタイルです。 また、サイドスカートを装着したTRD仕様は、標準仕様よりも地上高が7mmほど低くなっている事もあり、スポーティーさに磨きがかかっているように感じました。 カーボン調のサイドガーニッシュも用意 また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan のTRD仕様では、カーボン調をしたサイドガーニッシュも用意しています。 また、このクルマに装着されているサイドガーニッシュは、後ろ上がりになっており、スポーツセダンと呼ぶのに相応しい伸びやかさを演出していました。 迫力のある専用デザインのタイヤ&ホイール装着 このように迫力のあるサイドスタイルになっている新型カローラセダン Corolla Sedan のTRD仕様ですが、注目のアイテムの一つが専用デザインのタイヤ&ホイールです。 細いスポークが印象的な専用ホイールですが、繊細さとスポーティーさを兼ね備えたTRDらしいデザインになっていました。 タイヤ&ホイールの大きさも要注目 また、TRD仕様のタイヤ&ホイールのサイズも要注目です。 TRD仕様では専用のハイスペックタイヤを用意 また、新型カローラセダン Corolla Sedan の標準仕様とTRD仕様では、装着しているタイヤのメーカー&ブランドにも違いがありました。 また、リヤサイドスポイラーにあしらわれているレッドのラインが、良いワンポイントアクセントになっていました。 まとめ:TRD仕様に一般大衆車のカローラの面影はなし 2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン Corolla Sedan にTRDのカスタムパーツを装着したモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。 先代モデルと比較するとスポーティーさが増したこの新型モデルですが、様々なカスタムパーツを装着したTRD仕様は、スポーティーさと大胆さに拍車がかかった感じが…。 また、TRD仕様は、良い意味でカローラっぽさを感じないデザインになっていました。 ワイルドな風貌のスポーティセダンに乗りたいと思っている方は、スポーツマインドを刺激する外装・エクステリアになっているTRD仕様はピッタリなのかなと思いました。

次の

カローラ 210系 セダン カスタム パーツ アクセサリー 用品 社外 スプラッシュガード マッドガード FO027 :FO027:H3Yオートアクセサリー

カローラ セダン カスタム

カローラアクシオのホイールカスタム カスタムの王道「ホイール交換」。 好みのデザインをチョイスしてインチアップやカラーを変えることでカローラアクシオのイメージが大きく変わります。 純正流用も見逃せないのがホイールカスタムです。 今年の初めにアクシオインチアップ化を実行するべく様々なホイールを検討する事に。 新品は予算の絡みで無理なので新品に近い展示品と未使用品に絞りアクシオに行ける17インチの条件で自らパーツサイトや地元の中古パーツ店に足を運んだりしていた所、ある日パーツサイトで条件に合うホイールを2本見つけその内の1本が今回購入したホットスタッフコーポレーションのクロススピードプレミアム10メタルシルバーでした。 しかし... カローラアクシオのフロントリップ・ハーフスポイラー カローラアクシオをドレスアップしたいけど、そこまでガッツリやりたくない。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 EZリップが気になってたところ、フラっと寄ったアップガレージに カーボン柄のそれっぽいの(笑)があったので衝動買い。

次の