高校教師 最終回。 ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?

須藤かずみのそして誰もいなくなった「加山雄三版高校教師」最終回

高校教師 最終回

視聴者を置き去りにした前回に続き、意表をついたオープニング。 すなわち、カットバックです。 すでに、学校に到着した業者作成の試験用紙を奪い取った、山内えみ子、須藤リカ一派が、屋上に向います。 「進学はじめエリート組」と「そうでない組」の組み分けがされることになり、最初のテストです。 山内たちはテストに反対して試験用紙を奪ったのですが、ヒートアップした須藤のみが学校屋上からばらまこうとします。 それを追いかける加山雄三の「どうしてこんなことになったのだ・・・」とナレーションと共に、画面は数日前にカットバックします。 とにかく、白雪学園が「倒産」しないためにも、進学率を上げたり、良い就職をする生徒を増やすために、校長、PTA会長が、前述のクラス分けを断行します。 当然、反対する加山ですが、PTA会長に料亭に呼び出され、学校の経営が思わしくないことを告げられた上、 「キミは失業体験があるそうだが、五年後にまたそうなってもいいのかね」 と、痛いところをつかれて渋々クラス分け試験に賛成してしまいます。 この過程で、苦しい立場の加山は「私は辞めません。 教師ですから」というセリフがありますが、エンディングにつながるキーセンテンスです。 そこで、最初の騒動に戻り、須藤を止めようとするPTA会長の娘たちエリート組みともみ合いになり、加山も止めようとしますが、須藤は、すごーく「作りの甘い プラスチック製のような・・・」手すりが壊れて落下します。 見どころはここから、最初は「仮面ライダー」や「二時間サスペンス」のように人の形の模型が落ちますが、途中で、須藤のアップが入ります。 背景は学校の窓が流れています。 そこで、須藤は苦悶とも絶望ともわからない表情が画面を中心で写し出されます。 の落下シーンに激似です。 その少し前に、勝部演之が生徒たちに階段で突き落とされるシーンもそうだったのですが・・・、これはヒッチコックのパクリ、というより、早すぎるデ・パルマです。 最近のテレビでの転落シーンでも、これくらい小技は使ってほしいものです。 事件の首謀者、山内は退学。 加山は、先の発言をしたにもかかわらず辞職します シナリオ的には先のセリフが生きています。 雨の中、山内は須藤の落下場所に花を供え、加山はそれをみて「もう教師ではない」と苦渋に満ちた顔で、別れて学校を去っていきます。 既に倒産して自殺も考えていた加山の苦渋の表情は、晩年の田宮二郎のそれに匹敵します。 しかし、「能天気」な加山は、ノイローゼにはならず、倒産に関するマスコミ取材を避けるという意味で渡米したり、生徒役の須藤と愛人騒ぎを起こしたりと、最終的には精神的な余裕がありました。 そして財前は死に、若大将は生き残りました。 本番組の魅力は、山内はじめ「東映不良」組の生徒と実生活でも破産して「失業して転職した教師役」がピッタリの「東宝」の加山を組ませた点です。 内容的には、暗い話が多いですが、UQ的には計算された野島版「高校教師」より好みです。 役名 坂本紀子・・・山内えみこ 山内絵美子 東映出演作でブレイク後出演。 石立鉄男 さんとのデュエット曲もあります。 で活躍しています。 亀山三千代・・・四方晴美 チャコちゃんでブレイク済み 加藤和美・・・須藤リカ 須藤かずみ このあとウィークエンダーでプレイクする も・・・後にご自分が自殺未遂騒動を。 前述のとおり加山の愛人騒ぎ 週刊誌ネタなので真偽は不明 浅野秋子・・・愛田純 東映映画でブレイク 小倉弘子・・・春日まち子 影が薄かったです。 出番も少なかったし・・・。

次の

ドラマ「高校教師(1993年版)」の最終回ラストシーンの生死の解釈について

高校教師 最終回

【2020年 第31回】1日目から全力! 最終回となったセンター試験。 やはり今回も、多くの人の期待に応える問題となりました。 殺伐とした倫理。 Kの過去に一体何が… 倫理の第1問は、高校生KとRの会話から始まります。 K: 昨日の番組見た? 科学の進歩はすごいね。 一番印象的だったのは、将来人工知能搭載の人型ロボットが人間の代わりに働く社会になるって話! R: 見たよー。 ロボットが色々やってくれたら、人間はもっと自由になるね! K: だねー! あと、ロボットに頼って暮らすようになると、人間同士の関係が疎遠になって、感情的なつながりが希薄になっていくって話もあったなぁ。 R: あったあった。 ロボットと友達になるだなんて、たぶん無理だろうしね。 つらいときはいつでも慰め合うような深い結び付きがあってこその友達だもの。 K: え? そんな傷を舐め合うような関係が友達なの? むしろ、批判し合いながら精神的に自立した強い個人を目指して一緒に高め合うのが友達でしょ? R: いや、人間は根本的に弱いから友達と助け合ううんでしょ。 でも、そのためにはまず、お互いの気持ちから何から全部わかってるくらいの関係でないと。 K: ぷっ、プライバシーもないってこと? その距離感は少しおかしくない? R: それくらいじゃないと、いつでもすぐに助け合おうとは思えないかなって。 K: えーっ、 いつでも助けてもらおうなんて甘えだよ。 一人でも強くならないと。 R: ……さっきから強く強くって、求めすぎだよ! 失恋や挫折で傷ついたときに、友達に泣き付くくらいの弱さがあったっていいじゃない! K: なるほどねぇ…… だだやっぱり、弱いからって助けや支援を常に当てにするのは依存の状態なんだと思う。 それだと個人として成長できないよね? R: んー、成長は大事だけど、でも、自分が強くなる代わりに、他人の弱さを気に留めなくなって一人平然としているのなら、それこそロボットみたいじゃない? K: そっかぁ。 人間は不完全で弱いから、お互いの欠点を批判して高め合うためだけじゃなく、支え合って一緒に生きていくためにも、友達が必要になるんだね。 R: うん。 でも、こっちの言い分も、ちょっと極端だったのかも。 弱さを認め合うのも大事だけど、友達と共に成長していくことも忘れちゃいけないね。 確認ですが、これは ライトノベルではなくセンター試験です。 Kのウザさが際立ちます。 一体、Kの過去に何があったのでしょうか……。 頭をゴチン! 「日本史B」の問題に、インパクトのある風刺画が掲載されました。 北アメリカ最大のプロバスケットボールリーグであるNBAの初期の歴史において、試合は低い得点になることが頻繁で、結果として、必ずしも面白いものではなかった。 その試合結果は19対18でピストンズの勝利だった。 こうした試合は当時のファンたちをいらつかせ、得点を増やすために各シュートを24秒に制限するという新しいルールを導入する主たる動機となった。 この単純な変更は、試合をより面白くし、リーグを救ったのである。 この文章は、NBAファンにはたまらない文章だったことでしょう。 りらっパンダ リスニング試験では、昨年は1ページ目からリスニング四天王を召喚して話題となりました。 今年のリスニング試験の1ページ目は…….

次の

高校教師 第十一話(最終回)

高校教師 最終回

視聴者を置き去りにした前回に続き、意表をついたオープニング。 すなわち、カットバックです。 すでに、学校に到着した業者作成の試験用紙を奪い取った、山内えみ子、須藤リカ一派が、屋上に向います。 「進学はじめエリート組」と「そうでない組」の組み分けがされることになり、最初のテストです。 山内たちはテストに反対して試験用紙を奪ったのですが、ヒートアップした須藤のみが学校屋上からばらまこうとします。 それを追いかける加山雄三の「どうしてこんなことになったのだ・・・」とナレーションと共に、画面は数日前にカットバックします。 とにかく、白雪学園が「倒産」しないためにも、進学率を上げたり、良い就職をする生徒を増やすために、校長、PTA会長が、前述のクラス分けを断行します。 当然、反対する加山ですが、PTA会長に料亭に呼び出され、学校の経営が思わしくないことを告げられた上、 「キミは失業体験があるそうだが、五年後にまたそうなってもいいのかね」 と、痛いところをつかれて渋々クラス分け試験に賛成してしまいます。 この過程で、苦しい立場の加山は「私は辞めません。 教師ですから」というセリフがありますが、エンディングにつながるキーセンテンスです。 そこで、最初の騒動に戻り、須藤を止めようとするPTA会長の娘たちエリート組みともみ合いになり、加山も止めようとしますが、須藤は、すごーく「作りの甘い プラスチック製のような・・・」手すりが壊れて落下します。 見どころはここから、最初は「仮面ライダー」や「二時間サスペンス」のように人の形の模型が落ちますが、途中で、須藤のアップが入ります。 背景は学校の窓が流れています。 そこで、須藤は苦悶とも絶望ともわからない表情が画面を中心で写し出されます。 の落下シーンに激似です。 その少し前に、勝部演之が生徒たちに階段で突き落とされるシーンもそうだったのですが・・・、これはヒッチコックのパクリ、というより、早すぎるデ・パルマです。 最近のテレビでの転落シーンでも、これくらい小技は使ってほしいものです。 事件の首謀者、山内は退学。 加山は、先の発言をしたにもかかわらず辞職します シナリオ的には先のセリフが生きています。 雨の中、山内は須藤の落下場所に花を供え、加山はそれをみて「もう教師ではない」と苦渋に満ちた顔で、別れて学校を去っていきます。 既に倒産して自殺も考えていた加山の苦渋の表情は、晩年の田宮二郎のそれに匹敵します。 しかし、「能天気」な加山は、ノイローゼにはならず、倒産に関するマスコミ取材を避けるという意味で渡米したり、生徒役の須藤と愛人騒ぎを起こしたりと、最終的には精神的な余裕がありました。 そして財前は死に、若大将は生き残りました。 本番組の魅力は、山内はじめ「東映不良」組の生徒と実生活でも破産して「失業して転職した教師役」がピッタリの「東宝」の加山を組ませた点です。 内容的には、暗い話が多いですが、UQ的には計算された野島版「高校教師」より好みです。 役名 坂本紀子・・・山内えみこ 山内絵美子 東映出演作でブレイク後出演。 石立鉄男 さんとのデュエット曲もあります。 で活躍しています。 亀山三千代・・・四方晴美 チャコちゃんでブレイク済み 加藤和美・・・須藤リカ 須藤かずみ このあとウィークエンダーでプレイクする も・・・後にご自分が自殺未遂騒動を。 前述のとおり加山の愛人騒ぎ 週刊誌ネタなので真偽は不明 浅野秋子・・・愛田純 東映映画でブレイク 小倉弘子・・・春日まち子 影が薄かったです。 出番も少なかったし・・・。

次の