おお つつき いっ しき。 【ナルト】ボルトの右目がついに判明!正体や意外な能力

今日の俳句 2008年5月

おお つつき いっ しき

儀式舞の名称。 世阿弥 ぜあみ の『風姿花伝 ふうしかでん 』に、祭式のとき、猿楽66番を演ずるのは長すぎるので、それを3番にしたのが式三番で、それは父尉 ちちのじょう 、翁 おきな 、三番叟 さんばそう のことだと書かれている。 近世になると祝言、儀礼として舞う狂言の『三番叟』のことを式三番というようになった。 また、長唄 ながうた では『翁・千歳 せんざい ・三番叟』のことをいい、常磐津 ときわず に『祝言式三番叟』がある。 民俗芸能では神楽 かぐら などのときに、神楽の曲目が始まるに先だって、儀礼として舞う舞を式三番といっている。 三河(愛知県)の花祭や田楽では太鼓を打ち始めるにあたって、太鼓の桴 ばち を清める舞を舞い、続いて神楽を舞うがその神楽を式三番といい、舞を三折りに舞うので式三番というのだと解釈している。 宮崎県東臼杵 ひがしうすき 郡椎葉 しいば 村不土野 ふどの の神楽では、祭場をしつらえ、イノシシの肉を切るまねをし、修祓 しゅうばつ 、降神 こうしん 、祝詞奏上 のりとそうじょう 、玉串奉奠 たまぐしほうてん の祭儀を行い、次に舞場の中央に太鼓を据えて太鼓の由来を語り、続いて一神楽 いちかぐら 、地固 じがため 、面殿 めんどの めしあげ、紋の神楽、テントコ、白羽弓通し、しょうごん殿、四人大神、ちんち神楽、みくまなどの儀式舞を行うが、この10曲を式三番といい、かならずしも曲数が3番とは定まっていない。 椎葉神楽では式三番を神事舞 じんじまい ともいっており、神聖視され、この間は囃子 はやし を入れず、せり歌も出してはいけなかった。 式三番が一種の儀礼の舞であったことが知られる。 [後藤 淑] 『後藤淑著『式三番考』(『続能楽の起源』所収・1981・木耳社)』.

次の

苗字1〜5000位

おお つつき いっ しき

儀式舞の名称。 世阿弥 ぜあみ の『風姿花伝 ふうしかでん 』に、祭式のとき、猿楽66番を演ずるのは長すぎるので、それを3番にしたのが式三番で、それは父尉 ちちのじょう 、翁 おきな 、三番叟 さんばそう のことだと書かれている。 近世になると祝言、儀礼として舞う狂言の『三番叟』のことを式三番というようになった。 また、長唄 ながうた では『翁・千歳 せんざい ・三番叟』のことをいい、常磐津 ときわず に『祝言式三番叟』がある。 民俗芸能では神楽 かぐら などのときに、神楽の曲目が始まるに先だって、儀礼として舞う舞を式三番といっている。 三河(愛知県)の花祭や田楽では太鼓を打ち始めるにあたって、太鼓の桴 ばち を清める舞を舞い、続いて神楽を舞うがその神楽を式三番といい、舞を三折りに舞うので式三番というのだと解釈している。 宮崎県東臼杵 ひがしうすき 郡椎葉 しいば 村不土野 ふどの の神楽では、祭場をしつらえ、イノシシの肉を切るまねをし、修祓 しゅうばつ 、降神 こうしん 、祝詞奏上 のりとそうじょう 、玉串奉奠 たまぐしほうてん の祭儀を行い、次に舞場の中央に太鼓を据えて太鼓の由来を語り、続いて一神楽 いちかぐら 、地固 じがため 、面殿 めんどの めしあげ、紋の神楽、テントコ、白羽弓通し、しょうごん殿、四人大神、ちんち神楽、みくまなどの儀式舞を行うが、この10曲を式三番といい、かならずしも曲数が3番とは定まっていない。 椎葉神楽では式三番を神事舞 じんじまい ともいっており、神聖視され、この間は囃子 はやし を入れず、せり歌も出してはいけなかった。 式三番が一種の儀礼の舞であったことが知られる。 [後藤 淑] 『後藤淑著『式三番考』(『続能楽の起源』所収・1981・木耳社)』.

次の

式三番(シキサンバ)とは

おお つつき いっ しき

そう言っても過言ではない程のメスが飛来している。 しかしこの程度造作もない。 ハフリの眼が輪廻写輪眼に変化する。 ーー 須佐能乎 スサノオ カカカッ 黄色い骸骨、万華鏡第三の瞳術である須佐能乎が現れ、メスはそれに突き刺さるだけで終わる。 「……この程度か?」 「どこまでが"この程度"なんだ?」 「ッ!?」 男がそう言った直後、鋭利な刃物で刺されたような激痛が走ったと思って腹部を見ると、メスが三本そこに刺さっていた。 「地、中から……?」 「そうだ。 貴様が須佐能乎を使うだろうと思って仕込ませてもらった」 ズシュッ 「ぐっ」 ハフリの腹部に刺さっていたメスは意思を持ってるかのように動き出し、男の手に収まる。 「オレの瞳術も大した物だろう?」 そう言いながら持っている血塗れのメスを舐める男。 ハフリは男の 奇行 ・・ を気にせず疑問を口に出す。 「お前、何者だ?」 「それはオレが聞きたかったが……。 まぁいい、答えてやろう。 オレはシン。 あらゆる移植物に拒絶反応が出ない特性を大蛇丸様に買われ、お前の足止めを任された。 大蛇丸様はお前の細胞を取り込めばオレはとんでもない存在になると言っていた。 さぁ、どうなると思う?」 「細胞を取り込む……まさか!」 ハフリは唐突に男、シンが先ほど自分の血を舐めていた事を思い出す。 同時にシンの全身の写輪眼も回転していき、その形を変えていく。 「ガァアアアアアアアア」 シンが雄叫びを上げ、数多の写輪眼は輪廻眼へと変化した。 「フフフ、フハハハハ!素晴らしい! この溢れる力、まるで神になったかのようだァ!!!」 「くっ!」 輪廻眼二十以上だとッ!瞳力に慣れられたらヤバい! ……四代目と あの三人 ・・・・ を バスッ 穢土転生をしようと印を結んだ時、突如間抜けな音が耳に響いた。 音の発生源は地面を突き破らず、文字通りの意味で生えた剣。 そして目の前に落ちた物。 それは腕だった。 「は?」 呆然と自分の両腕を見ると、右の肘あたりに真っ赤な切断面があった。 目の前にあるのは自分の右腕だった。 「くく、これで印は結べんなぁ?」 シンの嘲るような声が鼓膜を揺らす。 ……うで。 うでがない? 腕が、無い……? 「あぁあアアアアアアッッ!!?」 認識した途端に痛みが襲いかかってくる。 脳を蹂躙するそれは 何時か ・・・ 味わった物に似ていてーー 「な、なんだ?」 シンは動揺したような声を出す。 それも無理はない。 戦っていた相手の額にいきなり赤い目ができたのだから。 おまけに左右の眼も通常の輪廻眼になっていた。 ーー影分身の術 須佐能乎が印を組み、11人の影分身が生まれる。 そして影分身は本体の元に集まり、 「ーーーッ!」 ーー須佐能乎・ 十二単 じゅうにひとえ ハフリの言葉にならない叫びと共に、影分身の須佐能乎を重ねていく。 そうしてできたのは、まるでどこかのお姫様のような格好の須佐能乎。 これで終わりかと思われたが突如須佐能乎の鎧が僅かに開き、隙間ができる。 「ーーーッッ!!!」 ズズズッ その隙間にどこかからエネルギーが流れ込んで行き、全身から熱気のような物を 迸 ほとばし らせた状態になる。 「それは……尾獣のチャクラか! 面白い、このオレの二十六の輪廻眼とどちらが上か確かめてやる!」 ーー 伊都之尾羽張 イツノヲハバリ ! メリメリメリッッ シンの周囲の全てが多様な剣になり、彼の体を包み込んでいく。 「うおおおおお!!!」 「ーーーッッ!!!」 ハフリの尾獣チャクラを流し込んだ須佐能乎・十二単の剣と無限の剣に包まれたシンの振るう大剣が激突する。 ギャィイイインッッ ゴォオッ 激突音と衝撃波で志村一族の屋敷が崩壊していく。 しかし2人は全く気にせずに戦いを続ける。 暗い精神世界の底の方。 ハフリは六道の力を使う度にその世界の奥へ奥へと向かっていた。 ハフリは戦う自分とシンを他人事のように見ていた。 いや、もうすでに体を動かしているのが六道仙人の残留思念なので、事実他人事だった。 実は腕を切り落とされた時、ハフリの意識は無くなっていたのだ。 そしてハフリが六道の力を引き出した事で抑えの無くなった人格。 その人格は今のうちにハフリから体を 取り戻そう ・・・・・ と、ハフリの意識を自分のところに沈めていった。 意識が精神世界の奥底に近くなるとその人格、この肉体の 本来の持ち主 ・・・・・・ の記憶が流れ込んでくる。 それによってハフリは自分がどのように生まれたのか、何者なのかを知った。 ソイツは知っての通り二代目火影によって千手一族に代々伝わる仙骨から生まれたが、六道仙人のクローンであるはずのソイツは何故か女だった。 その仙骨は間違いなく六道仙人の物だったので、二代目火影は長い時間で仙骨が変質したのだと考えた。 彼のその推理はある意味正しかった。 もともとの仙骨、例えば六道仙人の弟の角であれば本人のクローンが生まれていた。 しかし、六道仙人の角は彼が自身に封印した十尾から漏れ出たチャクラを吸収し続け、変質した事で彼から最もかけ離れた部分になっていた。 そしてそれを元に生まれたクローンであるソイツはもはや十尾のクローン、つまりは六道仙人の母 大筒木カグヤのクローンだったのだ。 そして二代目火影が死に、容器の中で人と関わらずに過ごすうちにソイツは自我のようなモノを得た。 大筒木カグヤのクローンであるソイツは悪ではないものの本能的にヒトを敵と認識していた。 やがて世界を滅ぼすかもしれない赤子。 その存在は仙骨の中にあったもう一つのチャクラ、六道仙人のチャクラを目覚めさせた。 ソイツとは違って残留思念のような存在だった六道仙人はソイツを恐れ、消し去ろうとしたが主人格であったため出来ず、精神世界の奥底に封じた。 そして同じような自我が芽生えないようにその万能の力で肉体をカグヤのクローンから自分のクローンに変え、自身は封じ込めた人格の見張りに専念した。 その後、ダンゾウに発見されて志村ハフリとなったのが現在の人格であり、研究室の資料を調べて疑問を持ったダンゾウは精神に異常があってもいいように呪印で縛ろうとしたが、失敗。 報復で死亡したのだった。 そして現在、最初の人格の見張りをしていた六道仙人の残留思念に戦わせているため、その人格はオレを飲み込もうとしている。 もはや消滅は不可避。 正直、何故木ノ葉隠れのために自分を犠牲にしようとしているのかはわからない。 だが満足しているのはわかる。 今、自分は木ノ葉を守るために世界を危険に晒そうとしている。 世界を守るために母と戦った六道仙人なら絶対にしない行為だ。 つまりオレは六道仙人ではない自分を得たという事になる。 「九喇嘛、オレはようやく志村ハフリになれたよ……」 そしてハフリは奥底から這い上がってきたソイツに飲み込まれた。 「ふははは、オレの勝ちのようだな」 無数の剣の残骸の上でシンが笑う。 その足元には下半身を切り離されたハフリ。 もはやチャクラは使い切っており、伊邪那岐尊による復活はあり得ない……筈だった。 キンッ 突如ハフリの左眼が赤く染まり、その勾玉が9つになる。 「なにっ!」 そして次の瞬間にはハフリの体は消えていた。 その光景はまるでハフリの伊邪那岐尊。 シンはあり得ない状況にただ動揺する。 「あり得ん!ヤツの術はチャクラを大量に使うはずだ!」 「ーー正解、使ったのは私の方だ」 背後からの声。 思わずシンは全力でそこから離れた。 そこにいたのはハフリと同じ白髪、しかしその髪を肩まで伸ばした女性。 その眼は左が勾玉9つの赤い輪廻眼、右は白眼だった。 「貴様、何者だ……?」 「ふふふ、大体予想できてるだろうに。 まぁ、敢えて名乗るなら 大筒木 おおつつき 屠 はふり 、かな?」 「大筒木、だと? ……まぁいい、貴様の細胞ももらってやるッ!」 そう言って腕を剣に変えてシンは駆け出した。 が、 ーー黄泉比良坂 突如シンの目の前が黒く塗りつぶされたかと思うと、ハフリの顔が現れる。 「消耗していなかったら勝てたかもな」 ーー八十神空撃 仮 志村ハフリと戦って消耗していたとはいえ、それはあり得ざるべき光景だった。 微動だしない体制から放たれたその技によって一瞬で勝敗は決した。 全身の骨を砕かれ、内臓は尽く潰された。 完敗だった。 木ノ葉隠れは大蛇丸の"木ノ葉崩し"で甚大な被害を受けた。 少なくない数の忍が死に、多くのケガ人が出た。 三代目火影と"根"のトップ 志村ダンゾウも死んでいたため、相談役のホムラとコハルによってさまざまな手配がされ、二人は里の者たちの多くに尊敬されるようになった。 二人はそのあまりの被害の大きさから今回の事件の死者に特別に慰霊碑を建てた。 そこに刻まれた名前には"志村ハフリ"のものもあった。

次の