妖精 の いたずら。 妖精達が悪戯をする理由

【絵日記】妖精のいたずら

妖精 の いたずら

によるパックの描写(左にいるのがパック)。 パック(: Puck)は、の・・。 地方によってはポーク、プーク、パックル、パグと呼ばれている。 どれも違った姿に描かれていることがこの妖精の変身能力を表している。 毛深い小柄な人間の姿か、半人半獣の牧畜の神のように、ヤギの脚を持つものとして描かれる。 だまされやすい人間相手にいたずらを仕掛け、しばしばのように人間を困らせまごつかせたりする。 また貧乏人、弱者、恋人たちの利益を図る面があると信じられている。 この点でよくパックは、自然の精霊 ロビン・グッドフェローと混同される。 では ピスカ、 プカ、では ポーク、では プカ、では プキィエ、、では プキスと呼ぶ。 ときおり、(Hobgoblin)やロビン・グッドフェロー(Robin Goodfellow)と同一視される。 好きな妖精としてに登場する。 に分類される。 パックから名づけられたもの [ ]• - 第15• パックの踊り - の『』第1巻の第11曲。 - のミュージカル。 - で放送されていた番組。 の『』に登場し、この番組のイメージにも合っているということからマスコットキャラクターとして登場していた。 参考文献 [ ]• キャロル・ローズ著『世界の妖精・妖怪事典』、p292 脚注 [ ]• 56 - 59 より ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「会社の妖精さん」動け、会社の外に羽ばたこう!

妖精 の いたずら

妖精は、木々や植物のそば、花壇、泉などに現れると言われます。 でも彼らと共鳴する人たちの元にも、よくやって来ます。 1.小さな光 妖精が現れる時に最もよく見られるサインは、小さな光です。 オーブのように球形だったり、瞬いていたり、目の端の方に、何かが動いているように見えることもあります。 妖精たちとつながっている人は、非常によくこの光を目撃します。 2.音 妖精の領域とつながると、まるであなたへの挨拶のように、どこからともなく、優しい音が聞こえて来ることがあります。 風の音みたいだったり、フルートやベルのようだったり、パターンはいろいろありますが、意味は同じです。 彼らが、あなたの呼びかけに答えているのです。 3.フェアリーリング フェアリーリングという名前は聞きなれないかも知れませんが、一夜のうちにキノコが生えて来る現象がありますよね。 特に、輪のようになって、キノコがいくつも生えて来る場合、西洋では妖精たちのダンスパーティーの跡と考え、これをフェアリーリング(妖精の輪)と呼びました。 また、キノコの代わりに花が咲いたり、芝生を踏みしめた形跡が残ることもあるそうです。 見つけたら、彼らはきっとまだそばにいますよ。 4.笑い声 妖精は、いつも明るく、いたずら好きです。 彼らがそばにいる時は、笑い声を聞くことがあったり、あなたもつい、何があった訳でもないのにクスクス笑い出したくなってしまいます。 妖精の羽でくすぐられているような、喜びの感覚がハートを満たします。 5.香り 道を歩いていて、ふと花の香りがしたり、草の匂いを感じることがあります。 妖精たちの世界は、植物界とのつながりがとても深いですから、彼らが協力して、あなたにサインを送るべく、香りを運んでくることがあります。 6.空気の変化 妖精の羽を羽ばたかせると、辺りの空気の様子が少し変わります。 ふわっとしたり、何かが飛んでいるようだったり、小さなつむじ風みたいに感じたり、言葉にはしにくい感覚があるのです。 単にエネルギーが変わると表現することも出来ますが、これも典型的な妖精のサインの一つです。 7.動物の様子が変わる たとえば道を歩いている時に、なんとなく目にしたカラスや野良猫が、急に様子を変えたり、あなたの傍の一点をじっと見つめるようなことがあったら、妖精が来ているサインです。 彼らは、植物同様、動物の世界とも非常に仲が深いですから、こうした現象もよく起きるのです。 8.お菓子がなくなる 実は妖精はビールや牛乳が好きなんですって。 いつの間にか少しなくなっていたり、賞味期限前なのに少々傷んでいたら、夜中にこっそり妖精がつまみ食いしていたのかも知れません。 また彼らは、お菓子を持って行ってしまうこともあります。 あったはずのお菓子が急にどこかに消えてしまったら、彼らの仕業かも知れません。 呼びかけてみましょう。 9.キラキラしたものがなくなる 妖精たちは、宝石やアクセサリー、カギなどを、時々人間から拝借します。 これは身に着けるのが目的ではなく、彼らは自然霊の習性として、キラキラした光が大好きなのです。 ただ眺めて楽しんでいるだけですから、お願いすれば返してくれます。 10.温かさを感じる 妖精のエネルギーがあなたのオーラの中に入ると、皮膚のすぐ近くに、ほわっとした温かさを感じることがあります。 ピリピリする感覚や、くすぐったくなる感覚かも知れません。 妖精たちは、通常、おなかや胸、肩のあたりなどに感じることが多く、頭の上からやって来ることはないようです。 11.花が変わった場所に咲く 他の花たちとは少し離れた場所に、ぽつんと咲いている花や、コンクリートの隙間から生えて来るような植物を、時々見かけますね。 そういった変わったタイプの子が育つには、妖精たちも協力しています。 もしあなたの家の庭や花壇でそんな現象を見かけたら、妖精たちはあなたの家にも来ています。 12.木が気になる 夜、公園などを散歩していて、空の星や木々などが彼らの方法で話しかけてくるような、静かな交流を感じることがありますね。 もちろん、彼らは実際にそうしています。 木々や植物は、私たちが考えるいわゆる妖精の姿とは違いますが、みんな自然霊です。 妖精とつながりがある人にとっては、どれもよく知っているサインではないかと思います。 動植物系が好きな人は、自分で気付かずに、既にこういう体験をしているかも知れません。 必ずしもティンカーベルみたいな姿で現れる訳ではなく、むしろチラチラする光、ヒュンと飛んでるような光(もしくは感覚)として感じることが多いと思います。 Follow me in social media:•

次の

妖精達が悪戯をする理由

妖精 の いたずら

逝去した人の霊魂。 【妖精】 ・(fairy)西洋の伝説・物語に見える自然物の精霊。 美しく親切な女性などの姿をとる。 ケルトやラテン系民族に多く、各国で名は違う。 「精霊」とは、 自然界の形ある全ての物に宿る魂や霊のことで、基本的に姿形はありません。 たとえば、山にも木にも石にも目に見えない魂や霊が宿っているということですね。 具体的には、水の精霊のウンディーネ、火の精霊のサラマンダー、風の精霊のシルフ、地の精霊のノームなどが有名です。 というと、「映画でサラマンダー見たことあるし、姿形見えるじゃん」と思うかもしれませんが、これは映画などでエンターテイメント性を高める意味で擬人化しているのですね。 まあ、宗教や国により意味は一定ではないということですね。 「妖精」とは、 自然界の物に魂や霊が宿った精霊のひとつなのですが、姿形がある物質的な存在です。 ただし、宿る自然界の物の中でも草や花など、比較的小さいものが多いようです。 また、姿形が存在するという意見のほかに、実際には姿形は存在しないという考えもあるみたいですね。 それから、妖精は高い知能と特殊な能力を持っており、遊んだりするほか、悪さやいたずらもします。 特殊な能力を持ち、悪さやいたずらをするといことでは、日本の「妖怪」に似ていますね。 とういことは、「河童」や「天狗」も妖精なのか? もしかしたら、「妖精」も「妖怪」も同じ存在なのかもしれません。 有名な妖精を紹介すると、昆虫の「フェアリー」、架空の霊長類の「エルフ」、それから架空の種族である「ホビット」「ドワーフ」「ピクシー」などがいます。 あと、白雪姫に出てくる小人も妖精、ピーターパンのティンカーベルも妖精です。 ちなみに、白雪姫の小人は「ドワーフ」で、ティンカーベルは「フェアリー」なのだそうです。 ということで、 「精霊」と「妖精」の違いをまとめると、自然界の何かに魂や霊が宿ったものという部分は同じですが、「精霊」は姿形がないのに対し「妖精」は姿形があります。 それから 「妖精」は特殊能力を持ち、悪さやいたずらをします。 【天使】 ・(ギリシア語のangelosは「派遣された者」の意)神の使者として派遣され、神意を人間に伝え、人間を守護するというもの。 セラピム(熾天使)・ケルビム(智天使)など。 エンゼル。 エンジェル。 (一部省略あり) つまり、人間と接触する神の使いが「天使」なのですね。 宗教によって多少の違いはあるものの、おおまかには神のお告げを伝えて人類を守ることが目的とされています。 天使には9つの階級が存在しており、有名な天使のガブリエル(生命)、ミカエル(し)、ウリエル(気象)、ラファエル(守護)などがいますが、彼らは下から2番目の階級である大天使です。 また、新約聖書の「ヨハネの黙示録」ではルシファーなど神に反逆した堕天使もいます。 ちなみに、堕天使とは悪魔のことです。 さらに「ヨハネの黙示録」では、天使が吹き鳴らすラッパにより世界に災厄がもたされたりしています。 天使も、全て正義の味方であるとは限らないのですね…。 日本の天使といえば、お稲荷さんの「キツネ」や鹿島神宮や厳島神社の「鹿」、熊野三山の「八咫烏(やたがらす)」が当てはまるのかもしれません。 日本では「神使(しんし)」や「眷属(けんぞく)」といわれています。 ということで 「天使」と「妖精」の違いは、「天使」は神の使い、「妖精」は霊や魂、ということで存在意義も目的も違います。

次の