肋間神経痛 何科。 肋間神経痛とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

肋間神経痛は、病院の何科にかかったらいいの?

肋間神経痛 何科

肋間神経痛とは 肋骨は左右に12本ずつあり、肋骨と肋骨の間を走る肋間神経が痛む状態を肋間神経痛といいます。 上半身の右側か左側のどちらかにみられることが多く、左右同時に起こることはほとんどありません。 肋間神経痛の原因 肋間神経が何らかのダメージを受けて、痛みを生じるのが肋間神経痛です。 明らかな原因があるものを症候性肋間神経痛といい、原因が分からないものを突発性肋骨神経痛といいます。 症候性肋間神経痛の原因には次のようなものがあります。 ・変形性脊椎症 ・胸椎椎間板ヘルニア ・脊椎腫瘍 ・肋骨の骨折 ・帯状疱疹 ・胸膜炎 ・大動脈瘤 ・心疾患 ・感染症 など 肋間神経痛の症状 深呼吸、咳、くしゃみ、大声を出すなどの行動で痛みが誘発されるほか、からだを前後・左右に曲げたり回したり、肋間神経を伸ばすようにしても痛みを強く感じることがあります。 帯状疱疹による肋間神経痛はヒリヒリ・ジクジクした表面的な痛みであることが多く、その他の肋間神経痛は電気の走るような痛みや、ジリジリとした持続的な痛みなど、肋間神経痛を引き起こす原因によって痛み方や痛みの起こる場所が違います。 肋間神経痛は何科にけばいいですか? 整形外科や内科を受診しましょう。 レントゲン検査を行い、骨に異常がないことが分かれば、内科で他の病気を調べるとよいでしょう。 皮膚に赤い斑点や水ぶくれがある時は帯状疱疹の可能性があるので皮膚科を受診してください。 肋間神経痛におすすめの薬は何ですか? 疼痛治療薬のプレガバリン(リリカ)が神経痛に効果があります。 プレガバリン(リリカ)は、2010年6月に帯状疱疹後神経痛に効果があるとして発売され、2010年10月には帯状疱疹後神経痛を含む末梢性神経障害性疼痛にも効果があると認められました。 肋間神経痛の治し方 肋間神経痛を引き起こす原因によって、治療は異なります。 ・もともとの原因疾患の治療 外傷や骨の異常が原因であれば整形外科での治療、心疾患や感染が原因であれば循環器科や内科などで専門的な治療が必要となります。 ・痛みに対する治療 痛みに対しては神経痛に効果のある疼痛治療薬や消炎鎮痛薬の内服、湿布が有効です。 病院で処方してもらうこともでき、市販でも鎮痛薬や湿布は購入できます。 効果がみられない場合や長引く場合には、神経に注射をして痛みを抑える神経ブロックを行います。 ・体の治癒力を高める 痛みに直接働きかけるのではなく、体の治癒力を高めるために当帰湯(トウキトウ)、疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)、痛散湯(ツウサントウ)などの漢方薬が使われることがあります。 ・その他 症状が軽い場合には自分でできるストレッチや運動を行ったり、十分な休養を取るのもよいでしょう。 カテゴリー•

次の

肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう)

肋間神経痛 何科

肋間神経痛はこんな病気 よく脇腹 時には背中から胸の前面まで の痛みを「肋間神経痛」という人がいます。 しかし「肋間神経痛」は疾患名ではありません。 肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びますが、この肋間神経が痛む症状を肋間神経痛といいます。 原因によって痛み方は違い、「急に電気が走るような痛み」や「ジクジクとした持続する痛み」などがあり、痛みの起こる場所は背中から脇腹、胸の前面やおへそ辺り、まれには足の付け根まで痛みを感じることがあります。 心臓・太い血管や肺などの内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みとの違いは、痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。 特徴的なのは、上半身の右側か左側のみに起こり、特殊な場合を除いて左右両側に起こることはありません。 原因は様々で解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかな原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。 症候性肋間神経痛の原因は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして肋骨骨折や肋骨の腫瘍が原因となる場合があります。 これらが原因の場合は身体を動かした時、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり廻したりすると痛みを強く感じることがあり、時には「息ができないほど痛い」こともあります。 脊椎や肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは、です。 帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通って皮膚に達して皮疹を起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。 帯状疱疹による肋間神経痛は、皮疹の有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」とした皮膚表面の持続的な痛みを感じます。 肋間神経痛の治療法 前述のように肋間神経痛は1つの症状ですので、原因によって治療法は異なります。 重症の肋骨骨折を除いて、外傷によって肋骨を痛めた時に起こる肋間神経痛は、消炎鎮痛薬の内服で治療できます。 脊椎の疾患が原因の場合は、MRI等の画像診断を含めて原因の重症度を診断したうえで、外科的手術が行われることがあります。 帯状疱疹の場合は、発症早期の抗ウイルス薬の投与と、肋間神経痛が強い場合は神経障害性疼痛専用内服薬が有効な治療法です。 神経ブロックとは、痛みの原因となっている神経に局所麻酔薬や、消炎作用の強いステロイドを注射して治療する方法で、多くはペインクリニック科で実施しています。 また、病変と症状の関連性が低い場合(病変が責任とは完全に否定できない場合など)患者さんの希望を含めた総合的な判断で手術が適応されます。 手術は外科医の説明に基づいて患者さんが同意して適応されます。 早期発見のポイント 外傷が原因である場合を除いて、身体を動かした時に今までになかった胸 脇腹 の痛みや、じっとしていても急に脇腹に電気が走るような痛みがあり、そしてその痛みが一時的なものでなく2、3日続く場合は、まず内科や整形外科を受診しましょう。 による肋間神経痛は、多くの場合で皮疹や痛みが起こる数日前から、背中からお腹にかけて皮膚表面にかゆみや軽いヒリヒリ感を自覚することがあります。 この時点で医療機関を受診しても診断が確定できないこともありますが、症状が強くなれば皮膚科を受診しましょう。 総じて「胸の痛み」という症状の中には心臓・太い血管や肺など内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みもあります。 特にやによって起こる痛みは、胸の前部でみぞおちから上で肩にまで広がることがあり、多くの場合は「胸が締め付けられる」感覚を伴います。 また大動脈瘤破裂では「背中がさける」ような痛みを自覚することがあります。 このような時は緊急を要しますので、ためらわずに救急車を呼びましょう。

次の

肋間神経痛とは・原因と症状・薬・治し方・何科で診察?

肋間神経痛 何科

ふとした時に胸が痛い、ズキズキと鈍い痛みがする、チクチクと鋭い痛みがある、脇腹の辺りが痛い、力を入れると肋骨がきしむように痛む、息を吸う度に痛みで息苦しい、咳やくしゃみをすると激痛が走る、左右のどちらか片側にだけ又は両側共に症状がある、こんな症状ありませんか? その症状はいわゆる「肋間神経痛」と呼ばれる症状の可能性があります。 肋間神経痛って何なのでしょうか? 当サイトをご覧になるということは、肋間神経痛って言葉は聞いたことあるけどあんまり良く知らない、という方が大半でしょう。 そんな方の為に当サイトは「肋間神経痛」について詳しく解説している情報サイトです。 これを機会に肋間神経痛について詳しく知って、日常生活に役立てて頂ければ幸いです。 sponsored link そもそも肋間神経痛とは、 肋間神経の支配する領域に痛みが現れている症状を指す言葉です。 病名として扱うものではなく、みぞおちから脇腹周辺にかけて、あるいは背中から脇にかけての痛みを現す症状名です。 極端に言えば、頭痛や腰痛などと同じ意味の言葉です。 程度に差はありますが、人によっては激痛で身をよじってしまうほど辛い症状が現れることもあり、日常生活に支障を来たすことも少なくないものです。 また、肋間神経痛を起こしているのが何かしらの病気が原因となっていることもあるので、気にせず放置しておくというわけにもいかないでしょう。 肋間神経痛には様々な原因が挙げられます。 また、複数の原因が重なることで起こっている場合もあるでしょう。 肋間神経痛の原因となるものにはどのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 様々な原因がある肋間神経痛には、治し方や対処法にも色々な方法が挙げられます。 それぞれ詳しく解説していきましょう。 また、何科の病院で診てもらえばいいのか分からないという診療科選びの悩みについてもお答えしていきます。

次の