オセロニア。 オセロニア 無課金でおすすめのキャラ10選

‎「逆転オセロニア」をApp Storeで

オセロニア

楔の消費数に応じて威力がアップする神雷で、より手軽にダメージを稼ぎやすい仕様となっている。 また、天楔・神雷ともに、ダメージソースの扱いとしては火炎と同系。 (実装時点では)罠にも防御にも竜鱗にもアンデッドにもどこにも引っかからない。 もちろんデバフの影響も受けないため、楔の数さえ出そろっていれば、安定した固定ダメージに期待できるのも魅力だ。 ちなみに楔は出現がランダムで、そのマスに駒を置いたら消滅してしまうものの、何をどうやっても相手が踏んで消せる楔は1個のみ。 そのため、順調に増やしていけば、毎ターン1000以上のダメージが見込める点も優秀と言えるだろう。 ・長期戦が苦手 ・ダメージが頭打ちになる ・楔は楔で上書き可能 楔はまだ駒が置かれていないマスに出現する特性上、中盤以降はどうしても不利。 長期戦を視野にいれたデッキ相手では、楔の数が足りず、神雷が使えないこともある。 また、これはガブリエルやリトスの囁きデッキにも共通することだが、ダメージが頭打ちになりやすい。 回復、吸収、暗黒が相手だと、せっかく与えたダメージがリカバーされてしまうし、かといってダメージは固定のため、竜や神殴りのようにコンボを絡めたオーバーキルが見込めない。 中盤までにテンポよく楔を大量生産し、「やられる前にやる」姿勢で押し切ることも重要となってくる。 「楔は楔で上書き可能」なのは厳密に弱い点ではないのだが、ミラー対決になった場合、スキルを使うタイミングが非常に難しい。 ゼウスのような一気に楔を作れる天楔は、高確率で相手の楔を上書きしやすく、相手の攻撃手段を大きく削ぐことが可能。 しかしこれに対して同じく楔スキルで上書きをされた場合、こちらが同じ目に遭ってしまう。 ミラー対決の場合、この上書きというのがよくも悪くもクセモノで、駒巡りと状況判断がとにかくモノをいう。 このあたりは実装されたばかりということもあり、使い込んで感覚を掴んでいく必要があるだろう。 重要なのは楔マネージメント! 長所・短所について挙げてきたが、プレイして痛感したのが「いかに楔を増やし、どのタイミングで神雷を使うか」ということ。 使う前は「とりあえず楔増やして殴るんだよな。 簡単簡単」と気楽なものだったが、実態はそんな単純なものではなく、「楔のご利用は計画的に」という、リアルのお財布事情に近いものが見えてきた。 神雷は楔がないと発動ができないし、最低でも3本の楔消費が求められるものがほとんど。 ある程度の楔を残しつつダメージを稼いでいくためには、現存する楔の数と、神雷が消費する楔の数をしっかり照らし合わせていくことが必須となるのだ。 このあたりは「給料入ってパーっと使ったら家賃払えなくなった」とか、「後先考えずに銃をぶっ放してたらリロード中にやられた」という点にも通じるものがある。 これを防ぐには天楔持ちを多めに入れるのも手だし、とりあえずスキルが発動するキャラで凌いでいくのも有効。 楔に関わらず何かできるキャラが「つなぎ」として役立つので、トール、エンデガ、ヴァイセあたりは穴埋め要因として非常に相性がよいと言える。 現時点での楔デッキは、「突出して強くはないが、しっかり考えればちゃんと戦える」という「ほどほど」なところだと思う。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 言わば「あればあるだけ食べちゃう」大食漢キャラが多いため、ここぞという場面で楔の貯蓄が切れやすいのだ。 低燃費でほどほどのダメージを出せる「丁度いい」神雷持ちが登場すれば、天楔デッキの評価がまた違ったものになると楽しみにしている。

次の

逆転オセロニア

オセロニア

友達と!全国のライバル達と!白熱のリアルタイムオンラインバトルが楽しめる!! キャラクターの駒を置いて、挟んで、ひっくり返して、ダメージを与えよう! 相手のHPを0にすれば勝利!手に汗握る攻防で「大逆転」を狙え!! 個性的なキャラクター達のスキルやコンボの組み合わせは無限大!自分だけのデッキを編成し、練り上げた戦略で勝利をつかめ!! 0以上 CPU64bit、RAM1. 0GB以上 推奨 【免責事項】 1 推奨機種および、推奨OSバージョン以外での動作につきましては、サポートの対象外となります。 2 お客様のご利用状況により、推奨機種であっても動作が不安定な場合があります。 【その他のお問合わせについて】 ご不明な点がございましたら、DeNAゲームサポート事務局 [ game-support dena. com ] までお問い合わせいただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 レビューを見て思ったことがあるので書かせて いただきます。 主に(駒投げやデッキ相性)など。 ランクマッチでは駒投げというものには必ずと言っていいほど遭遇し大抵負けます。 逆もまた然りです。 ですがS駒は大抵ATKが高く、それらを連続で打たれ続ける(それだけが理由ではない)ことによって負けに直結してしまう事を逆手にとりATKが低い駒を出させるようなスキルやATKを下げるデハフスキルを使うなどして勝つこともできます。 公式大会などで勝つ人はこれらは勿論のこと色々な研究をしています。 (定石など) これらはYoutubeを見るなどしていれば自然と耳に入ってくるものだし勝ちたい人なら当然身につけている知識です。 5連続で駒投げされたというレビューを見かけましたが自分は経験したことないです。 正直盛っているのではないかなと疑いました。 デッキ相性に関しては公式の生放送にもあった通り マッチによります。 酷いマッチだと勝率7割〜3割も幅があり、こちらが勝つには正直相手の下振れとこちらの上振れが噛み合う他ないと思います。 オセロニアには1日1回1かけらでひける単発ドリームというシステムがあります。 (通常はかけら5個) これを毎日続けて引いていれば普通に引くより5倍もお得ですし体感11連より当たる気がします。 確かにこの確率本当なのかと疑うほど出ない時も多々ありますがその分単発ドリームで回収しているという気持ちで爆死した時自分はモチベを保ってます。 自分は長くプレイしている事もあり今の環境駒は7割ぐらいは持っていると思います。 明らかに後攻が多すぎて負けの連続という点へ自分は全く感じないです。 (後攻ではHPがプラスされるなどされむしろ後攻有利なデッキもあるほど) ガチャの確率操作という点は常設しか出ないという不満点と繋がりますが単発ドリームでS駒を当てている事も加味した上で低評価レビューの方々は書いているのでしょうか? 自分は確率操作されているのではないかという疑問は全く頭になかったです。 拙い長文になってしまいましたがここまで読んでいただきありがとうございました。 いいゲームだと思います。 一時期は酷かったです。 それが今となっては運営さんがなんとかしようと動いてくださっているのが目に見えて分かります。 今の環境は好きです。 強すぎるキャラはランキング形式のオンラインバトルではナーフされ、シーズンを通して勝率の低いキャラは強くなるよう調整してくださいます。 ナーフの具合も丁度良く、弱すぎず、十分超駒としての魅力を残しつつの調整です。 YouTubeLIVEなどでは、「このキャラ強すぎない?」というコメントも積極的に拾ってくださるので、ああ運営さんも認識してくださっているんだなと安心できます。 例えばこのゲームは先行ゲーと言われていたのですが、今はエクストラHPがついたおかげで先行ゲーではなくなりました。 実際勝率はほぼ半々です。 これはプレイヤーの意見をしっかり聞いてくださっている証拠だと思います。 また、石配布の多さが異常です。 1ヶ月で余裕で100個はとどきます。 ガチャがわりとひけます。 そして、今でもその初期ガチャキャラを使うことができるのは、とても魅力的です。 このようなゲームにありがちなのが、どんどんキャラを強化し続けた結果、初期キャラが弱すぎて使えなくなる、ということだと思います。 しかし、オセロニアは初期キャラが今でも前線デッキに入るくらいその輝きを失っていません。 もちろん1部の初期キャラですが、愛着あるキャラをずっと使い続けることができるのは本当に嬉しいです。 そのうえ、キャラのイラスト、声が最高に綺麗です。 最近では新しいスキルを持ったキャラ達が多数追加されており、これからの環境が楽しみです。 デッキ相性、ジャンケンだ、などという方もいらっしゃいますが、オンラインバトルゲームである以上、この辺りは仕方ないと思っています。 その上、ランキング形式のオンラインバトルでは毎日補正がかかるため、わりと相手のデッキを予想しやすいです。 素直にその補正で有利なデッキでいくもよし、そのデッキをめたるデッキでいくのもよし、と対策することもできます。 一時期は本当に酷いゲームでした。 先行ひけば勝ち、このキャラ先に置ければ勝ち……だからこそ、私はオセロニアがここまで良くなって驚いています。 そしてそれほど運営さんが頑張って下さったことがよく分かりました。 今は初心者でも入りやすいよう、強いキャラを配布してくださることが多々あります。 私が人にすすめられるゲームです。

次の

‎「逆転オセロニア」をApp Storeで

オセロニア

楔の消費数に応じて威力がアップする神雷で、より手軽にダメージを稼ぎやすい仕様となっている。 また、天楔・神雷ともに、ダメージソースの扱いとしては火炎と同系。 (実装時点では)罠にも防御にも竜鱗にもアンデッドにもどこにも引っかからない。 もちろんデバフの影響も受けないため、楔の数さえ出そろっていれば、安定した固定ダメージに期待できるのも魅力だ。 ちなみに楔は出現がランダムで、そのマスに駒を置いたら消滅してしまうものの、何をどうやっても相手が踏んで消せる楔は1個のみ。 そのため、順調に増やしていけば、毎ターン1000以上のダメージが見込める点も優秀と言えるだろう。 ・長期戦が苦手 ・ダメージが頭打ちになる ・楔は楔で上書き可能 楔はまだ駒が置かれていないマスに出現する特性上、中盤以降はどうしても不利。 長期戦を視野にいれたデッキ相手では、楔の数が足りず、神雷が使えないこともある。 また、これはガブリエルやリトスの囁きデッキにも共通することだが、ダメージが頭打ちになりやすい。 回復、吸収、暗黒が相手だと、せっかく与えたダメージがリカバーされてしまうし、かといってダメージは固定のため、竜や神殴りのようにコンボを絡めたオーバーキルが見込めない。 中盤までにテンポよく楔を大量生産し、「やられる前にやる」姿勢で押し切ることも重要となってくる。 「楔は楔で上書き可能」なのは厳密に弱い点ではないのだが、ミラー対決になった場合、スキルを使うタイミングが非常に難しい。 ゼウスのような一気に楔を作れる天楔は、高確率で相手の楔を上書きしやすく、相手の攻撃手段を大きく削ぐことが可能。 しかしこれに対して同じく楔スキルで上書きをされた場合、こちらが同じ目に遭ってしまう。 ミラー対決の場合、この上書きというのがよくも悪くもクセモノで、駒巡りと状況判断がとにかくモノをいう。 このあたりは実装されたばかりということもあり、使い込んで感覚を掴んでいく必要があるだろう。 重要なのは楔マネージメント! 長所・短所について挙げてきたが、プレイして痛感したのが「いかに楔を増やし、どのタイミングで神雷を使うか」ということ。 使う前は「とりあえず楔増やして殴るんだよな。 簡単簡単」と気楽なものだったが、実態はそんな単純なものではなく、「楔のご利用は計画的に」という、リアルのお財布事情に近いものが見えてきた。 神雷は楔がないと発動ができないし、最低でも3本の楔消費が求められるものがほとんど。 ある程度の楔を残しつつダメージを稼いでいくためには、現存する楔の数と、神雷が消費する楔の数をしっかり照らし合わせていくことが必須となるのだ。 このあたりは「給料入ってパーっと使ったら家賃払えなくなった」とか、「後先考えずに銃をぶっ放してたらリロード中にやられた」という点にも通じるものがある。 これを防ぐには天楔持ちを多めに入れるのも手だし、とりあえずスキルが発動するキャラで凌いでいくのも有効。 楔に関わらず何かできるキャラが「つなぎ」として役立つので、トール、エンデガ、ヴァイセあたりは穴埋め要因として非常に相性がよいと言える。 現時点での楔デッキは、「突出して強くはないが、しっかり考えればちゃんと戦える」という「ほどほど」なところだと思う。 扱いの難しさはAの神雷持ちのコスパの悪さにもあって、A駒でもけっこうなダメージが見込めるものの、いずれも楔の消費量が多い。 言わば「あればあるだけ食べちゃう」大食漢キャラが多いため、ここぞという場面で楔の貯蓄が切れやすいのだ。 低燃費でほどほどのダメージを出せる「丁度いい」神雷持ちが登場すれば、天楔デッキの評価がまた違ったものになると楽しみにしている。

次の