石原さとみ 昔。 石原さとみのデビュー当時はブス?昔とどれくらい顔が変わった?整形は?|SollaStudio

石原さとみの昔と今が全然違う!輪郭までも!?唇、眉毛パーツ比較

石原さとみ 昔

Sponsored Link 石原さとみの昔と今の違いを画像で比較! 石原さとみは、「 世界の最も美しい顔100人」にも7年連続で選ばれているほど美人かつ可愛いことで知られています。 たしかに出演ドラマやCMを見ていても、男女問わず惚れ惚れしちゃうくらいの可愛さですよね。 同姓からしても、石原さとみのような顔に生まれていたら人生どれだけ違ったのかなって思っちゃいますよね。 ただ石原さとみのことを可愛いと思うようになったのは、ここ数年のことなんですよね。 10代の頃の石原さとみと今を比べてみると… 確かに顔のパーツ自体はもちろん可愛いですし、石原さとみだと認識できるほどなのですが、今とは ちょっと 違うというか… ゴメンナサイ… ちょっと 田舎臭い…?! 昔の石原さとみは、現在のような色気があって、見てる人を惹きつけるような魅力があるという感じではない気がするんですよね。 この完成した石原さとみを見てください。 可愛いの何者でもないと思いませんか?(笑) Sponsored Link 石原さとみの昔の画像は可愛いけど田舎っ子ぽい? 石原さとみの10代の頃の画像を振り返り、今と比べると垢抜けていないというのがしっくりくる言葉かと思います。 ホリプロ俳優養成所時代 石原さとみは元々、 現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の 俳優養成所ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー に所属していました。 本名の石神国子という名前で 映画「ホ・ギ・ラ・ラ」「船を降りたら彼女の島」に出演していたこともあります。 表情自体は今と全然変わっていないですが、昔の石原さとみはまだ今のような日本を代表する女優さんになるようなオーラはなかったように思います。 デビュー当時 石原さとみは、第27回 ホリプロタレントスカウトキャラバン 『ピュアガール2002』のグランプリを受賞 したくらいですから、石原さとみの当時の可愛さも、一際輝いていたことは言うまでもありません。 ただ今の石原さとみの可愛さと比べると雲泥の差がありますね。 当時の審査員の人たちはこの16歳の頃の石原さとみが、今のような日本を代表する女優になることを予想していたわけですから、スゴイですよね。 さすがとしか言いようがありません。 ドラマデビューした頃 石原さとみは、ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得した翌年の2003年に NHK連続テレビ小説の「てるてる家族」のヒロインに抜擢されました。 この頃には美少女感は前年に比べると徐々に増してきている感じがしますね。 2005年、石原さとみは NHK大河ドラマ「義経」でヒロインの静御前役にも選ばれました。 徐々に石原さとみが垢抜けつつあるのがわかりますよね。 石原さとみの眉毛が昔と今で違いすぎる? では石原さとみは、具体的に昔と今では何がどう違うのか顔のパーツごとに比べてみましょう。 まずは 眉毛ですね。 昔の石原さとみが田舎臭く見えたのは、しっかりと濃いこの眉毛が原因だった可能性は あると思います。 太い眉毛が悪いわけではないですが、石原さとみの場合は確実に今のような細く整った眉毛が似合っていますね。 実は昔と今の石原さとみの唇を比べてみると、昔のほうが分厚く、太いように見えるんです。 整形の方法の中には、唇を薄くする手術というものがあることをご存知でしょうか。 しかも縫合の傷跡が残らないことが多いそうなので、手術をしたかしていないかは簡単に判断できないというわけですね。 肝心の石原さとみの唇ですが、写真の角度によって太く見えることもありますが、同じような角度で写っている写真を比較すると、昔と今とで石原さとみの唇は変わっているようには見えないですよね。 全く同じ!!! ということで、石原さとみの唇は昔と今とで変わらないと判断しました。 石原さとみの目は昔と今で変わった? 次に石原さとみの 目なんですが、ここで気になったのが、二重の幅なんですね。 昔の二重幅に比べると、石原さとみの現在の二重幅のほうが少し大きくなっているような… 特に右側の目頭あたりが違うような気がしますよね。 ほんの少しの差なのですが、少し二重幅が変わることで、これだけ可愛さに差が生まれるというのは驚きですね(笑) Sponsored Link 石原さとみの鼻は昔と何が違う? 芸能界には、鼻の形がデビュー当時と比較して綺麗になったという芸能人も多いですよね。 石原さとみの 鼻が昔と今とで変わったのか確認してみると… これに関しては、横顔の鼻の角度は全く同じ。 そして正面から見ても鼻の角度は瓜二つということがわかりました。 石原さとみの鼻は今と昔で全く変わってないということですね。 石原さとみの輪郭は全然違う? 顔のパーツは一通り確認してきましたが、石原さとみの 輪郭はどうでしょうか。 この画像を見ると、石原さとみの輪郭はデビュー当時と比べて、その後はかなりシャープになっていることがわかります。 誰がみてもわかるくらい明らかにシャープですよね(笑) どちらの石原さとみもとっても可愛いですが、やはりシャープな顎ラインのほうが、女性らしさが増します。 このことから顎のラインに関していえば、石原さとみは昔と今ではかなり変わったといえると思います。 Sponsored Link 石原さとみの顔が昔と今で違いすぎるのはなぜ?整形? 顔のパーツごとに見てみると、眉毛と輪郭、目が少し変わったかなという程度でしたが、石原さとみの今と昔の顔全体の画像を比べてみると、大きく違うことがお分かり頂けたかと思います。 このように石原さとみが昔と今とを比べて綺麗になった理由は何だったのでしょうか。 痩せたから? 石原さとみが可愛くなった理由の1つに、 ダイエットがあると言われています。 石原さとみの身長は157cmなのですが、若い頃は今よりも体重が5kg~10kg 程度重かった可能性があります。 思春期に比べると、大人になるにつれて体重が減っていくというのはよくあることですよね。 体重が減るにつれて、体の余分な脂肪も落ち、顔もシャープになり、目も大きく見えるようになるということもしばしば。 石原さとみの場合、昔と今とでは輪郭が違うのは、痩せたことが理由でしょう。 見てください、石原さとみのこの 美ボディ。 セクシーすぎますね。 石原さとみは女子力を高めるために、食事に気を配ったり、運動も心かげているみたいですね。 美意識と思考過程の変化? 石原さとみの顔が変わったと言われる大きな理由として、石原さとみ自身の美意識が変わったからなんです。 石原さとみは2010年の年末仕事がたまたまない時期があり、そのときに ニューヨークへ留学に行きました。 その留学がきっかけで、以前から興味があった メイクをより好きになり、メイクに没頭するようになったのだとか。 石原さとみは、どの現場に行くときも専属メイクさんはつけずに、自分でメイクしているというのですから、あっぱれですよね。 石原さとみを一番理解している本人がメイクするからこそ、最大限の石原さとみの魅力を発揮できているのではないでしょうか。 またそれまではマネージャーなどの指示に従い、衣装やスケジュールに関して口出ししたことがなかった石原さとみでしたが、留学を通して自分というものを考え直すきっかけになったんですね。 人に見られる仕事ではあるけれど、どう見られたいかではなくて、自分がどうありたいかと考えられるようになった 留学が石原さとみの人生にとって、大きな転機となったんですね。 整形? 石原さとみがこれだけ可愛くなったことで浮上するのが、整形疑惑。 怪しいと思ってしまう気持ちもわかります(笑) 「WATER BOYS2 」での石原さとみの印象は特に可愛いと思ったわけではなかったのですが、留学に行ったあとの2012年のドラマ「リッチウーマン、プアウーマン」あたりから急激に可愛くなりましたよね。 ただ石原さとみの幼少期を振り返ってみると、子供の頃から既に可愛かったですし、これを見ると誰も石原さとみが整形したとは思わないでしょう。 かなりの美少女。 そして石原さとみの卒業アルバムを見ても、その可愛さはかなりのもの。 石原さとみが整形しているわけではないということがよくわかる画像だと思います。 まとめ 石原さとみの昔と今の画像がどう違うのかお伝えしました。 石原さとみは昔に比べて今は垢抜けて、日本の中でも一際輝く女優へと成長しましたね。 顔のパーツとしては、輪郭、目、眉毛が大きく変わった部分です。 ただし石原さとみは整形をした可能性は低く、石原さとみ自身の美意識に変化が見られたことや、痩せたことがこれほどにまで可愛くなった理由ではないでしょうか。 これからの石原さとみの活躍からも目が離せません!! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリー•

次の

石原さとみの昔と今を比較!整形は本当?顔の変化まとめ【画像】|NONMEDIA

石原さとみ 昔

タップできる目次• 石原さとみの昔と今が別人! 石原さとみさんの昔の顔画像が、現在と別人のようだというので、みてみたいと思います。 そんなに顔が変わったのでしょうかね。 デビュー前の顔が全然違う? 石原さとみさんの昔の姿をみてみましょう。 まずは、デビューのきっかけとなった、ホリプロのオーディションの姿です。 石原さとみさんは、1986年12月24日生まれの32歳。 15歳のとき、2002年のホリプロスカウトキャラバン、「ピュアガール2002」のグランプリとなり正式にデビューが決まった石原さとみさん。 そのときの姿がこちらです。 現在と比べるとこの頃の石原さとみさんは、化粧も薄くて、地味な印象ですね。 16歳の姿も別人? 2003年9月29日から2004年3月27日まで放送された、 連続テレビ小説「てるてる家族」のときの石原さとみさんです。 この画像の石原さとみさん、 現在よりも鼻が大きくて、目が小さく見えますね。 面影は残っていますが、まるで別人のようです。 あどけなさが新鮮ですが、現在のように洗練されたイメージは全くないですね。 ウオーターボーイズの時は太ってた!? 石原さとみさんは、2004年7月6日 から9月21日に放送されたウオーターボーイズ2に出演していた時期、結構太っていたのです。 こんな感じで 鎖骨がないですね。 そのためか、 顔も大きく四角くみえます。 正面からみた当時の石原さとみさんのお顔、とても余白が目立ちます。 丸かったですね。 現在とは顔の輪郭からして違います。 一言でいうと、垢抜けなかったな、という印象です。 今現在の石原さとみがかわいい! 現在の石原さとみさんの姿、昔と比べて本当に別人のように垢抜けたし、きれいになりましたよね。 ここまで綺麗になった現在の石原さとみさん。 整形疑惑が出るのも無理ない?実際とところ、どうなのでしょうか。 確かに現在の石原さとみさんは、ため息が出るくらい綺麗。 それでは、石原さとみさんの顔の変化が整形なのか、次から比較してみてみましょう。 石原さとみの整形疑惑をまとめて比較検証! それでは、前述の5つのポイントに沿って、石原さとみさんの顔の変化の原因は整形なのか、比較検証してみたいと思います。 目が大きくなったのは整形? さてさて、石原さとみさんの目、昔は小さかったよね、なんて言われています。 その 目頭切開疑惑の根拠となった比較画像がこちら。 これは石原さとみさんが、デビューしてまもないころの姿ですね。 確かに石原さとみさんの昔の目、しじみみたいに小さいです。 この比較画像をみたら、整形しただろ、と思いたくなる気持ち、とてもわかりますよね。 ところが、です。 他の画像で見ると、同じ デビューしてまもない頃の石原さとみさんの二重、そもそも目頭から二重になっていたのです。 16歳の頃ですね。 左側の16歳の石原さとみさん、向かって右の目(本人としては左目)が綺麗に目頭から二重になっています。 整形疑惑で取りざたされた画像も時期的にこの頃なので、整形で目が大きくなったということないでしょう。 ただ 写りの問題と、現在に比べて昔の方が、顔の余白が多いこと、さらにアイラインなどメイクやカラコンの有無によって、現在の石原さとみさんの方が目が大きく見えるのです。 また、顔の印象を大きく左右する 眉毛の変化は大きいでしょうね。 昔は極太まゆで黒かったですが、現在はブラウンで女性らしい印象の眉毛に変化していますからね。 涙袋が大きくなったのはヒアルロン酸注入? まず石原さとみさんの涙袋が昔に比べて大きく変化しているのではないか、と言われる根拠となったデビュー当時の画像と現在を比較してみます。 まあ、 パッとみた感じだと確かに涙袋が大きくなっている感じがしますが・・・デビュー当時の画像で、涙袋がバッチリ映った画像を探したところ、実は多数ありました! こちらグリコのパピコのCMです。 石原さとみさんの初めてのCMのお仕事で、2003年のもの。 当時16歳です。 海をバックに明るい日差しの中で撮影されたので、陰影がはっきり映っているのでしょうか。 石原さとみさんの涙袋はこの当時から、ふっくらとしていたのです! 写りの悪い画像と比較されて、涙袋にヒアルロン酸注入の疑いをかけられただけですね。 輪郭がシャープになったのはボトックスなの? さて、石原さとみさんの輪郭についてですが、みなさんすでにお気づきかと思いますが、調査したところ、 一時的に太っていただけなのです! ボトックス注入で輪郭をシャープにした訳ではありませんでした。 石原さとみさんのデビュー当時はまだ15歳でした。 お顔に肉がつきやすいお年頃です。 一時的に太って丸顔になっていたころの画像を比較されてしまったために、輪郭も整形で細くしたのではないか、との疑惑が持たれているのです。 この石原さとみさんの顔の変化をみて貰えばわかるように、そもそもの輪郭から、 太ったり痩せたりで変化しているだけのことなのです。 唇の厚みの変化の理由は? 唇の厚みが変わったなんて言われたりもしている石原さとみさん。 昔の方が唇が厚かったと思われたりしているみたいですが・・・。 この唇の厚さ、違って当然だと思いませんか?笑顔で唇が横に引っ張られれば、唇は薄く見えるだろうし、逆に口をすぼめていれば、ふっくらした唇に見えます。 このように同じような口の形をすれば、石原さとみさんの唇は昔も今も同じであることがわかりますね。 唇の整形疑惑は完全に白です。 鼻筋が通ったのはプロテーゼ? 鼻筋が通ったように感じるのはプロテーゼなのか、これは石原さとみさんの横顔を昔と今で比較したらすぐにわかりそうですね。 横顔画像で比較したいと思います。 左の画像は、石原さとみさんの映画デビュー作「わたしのグランパ」の画像です。 16歳の姿と、現在の姿、横顔で比較しても鼻はなんら変わりがないですよね。 ついでに言うと、二重も昔からはっきりとしていました。 ということで、石原さとみさんの整形疑惑のあるパーツについて、詳細に調査してみましたが、 整形したと思わせるような画像との比較が原因のようですね。 一時的に顔が丸かった時があったりしたため、輪郭まで整形の疑いをかけられていたようです。 昔の写りの悪い画像と比較され、 印象操作されていた感じがします。 石原さとみさんの顔の変化の原因は、眉毛の形が変わったことと、メイクによるもの、また痩せたことにありそう。 左の画像は、2003年の朝ドラ、「てるてる家族」のワンシーンです。 石原さとみさんの16歳の頃で顔が丸いですね、可愛いです。 右側には似た表情の現在の石原さとみさん。 どうですか? 眉毛が違うのと、昔の方が今より顔がふっくらしているくらいで、パーツの造りは変わっていないことがわかると思います。

次の

石原さとみは昔と何が違う?顔が垢抜けた3つの理由を細かく解説

石原さとみ 昔

タップできる目次• 石原さとみの昔と今が別人! 石原さとみさんの昔の顔画像が、現在と別人のようだというので、みてみたいと思います。 そんなに顔が変わったのでしょうかね。 デビュー前の顔が全然違う? 石原さとみさんの昔の姿をみてみましょう。 まずは、デビューのきっかけとなった、ホリプロのオーディションの姿です。 石原さとみさんは、1986年12月24日生まれの32歳。 15歳のとき、2002年のホリプロスカウトキャラバン、「ピュアガール2002」のグランプリとなり正式にデビューが決まった石原さとみさん。 そのときの姿がこちらです。 現在と比べるとこの頃の石原さとみさんは、化粧も薄くて、地味な印象ですね。 16歳の姿も別人? 2003年9月29日から2004年3月27日まで放送された、 連続テレビ小説「てるてる家族」のときの石原さとみさんです。 この画像の石原さとみさん、 現在よりも鼻が大きくて、目が小さく見えますね。 面影は残っていますが、まるで別人のようです。 あどけなさが新鮮ですが、現在のように洗練されたイメージは全くないですね。 ウオーターボーイズの時は太ってた!? 石原さとみさんは、2004年7月6日 から9月21日に放送されたウオーターボーイズ2に出演していた時期、結構太っていたのです。 こんな感じで 鎖骨がないですね。 そのためか、 顔も大きく四角くみえます。 正面からみた当時の石原さとみさんのお顔、とても余白が目立ちます。 丸かったですね。 現在とは顔の輪郭からして違います。 一言でいうと、垢抜けなかったな、という印象です。 今現在の石原さとみがかわいい! 現在の石原さとみさんの姿、昔と比べて本当に別人のように垢抜けたし、きれいになりましたよね。 ここまで綺麗になった現在の石原さとみさん。 整形疑惑が出るのも無理ない?実際とところ、どうなのでしょうか。 確かに現在の石原さとみさんは、ため息が出るくらい綺麗。 それでは、石原さとみさんの顔の変化が整形なのか、次から比較してみてみましょう。 石原さとみの整形疑惑をまとめて比較検証! それでは、前述の5つのポイントに沿って、石原さとみさんの顔の変化の原因は整形なのか、比較検証してみたいと思います。 目が大きくなったのは整形? さてさて、石原さとみさんの目、昔は小さかったよね、なんて言われています。 その 目頭切開疑惑の根拠となった比較画像がこちら。 これは石原さとみさんが、デビューしてまもないころの姿ですね。 確かに石原さとみさんの昔の目、しじみみたいに小さいです。 この比較画像をみたら、整形しただろ、と思いたくなる気持ち、とてもわかりますよね。 ところが、です。 他の画像で見ると、同じ デビューしてまもない頃の石原さとみさんの二重、そもそも目頭から二重になっていたのです。 16歳の頃ですね。 左側の16歳の石原さとみさん、向かって右の目(本人としては左目)が綺麗に目頭から二重になっています。 整形疑惑で取りざたされた画像も時期的にこの頃なので、整形で目が大きくなったということないでしょう。 ただ 写りの問題と、現在に比べて昔の方が、顔の余白が多いこと、さらにアイラインなどメイクやカラコンの有無によって、現在の石原さとみさんの方が目が大きく見えるのです。 また、顔の印象を大きく左右する 眉毛の変化は大きいでしょうね。 昔は極太まゆで黒かったですが、現在はブラウンで女性らしい印象の眉毛に変化していますからね。 涙袋が大きくなったのはヒアルロン酸注入? まず石原さとみさんの涙袋が昔に比べて大きく変化しているのではないか、と言われる根拠となったデビュー当時の画像と現在を比較してみます。 まあ、 パッとみた感じだと確かに涙袋が大きくなっている感じがしますが・・・デビュー当時の画像で、涙袋がバッチリ映った画像を探したところ、実は多数ありました! こちらグリコのパピコのCMです。 石原さとみさんの初めてのCMのお仕事で、2003年のもの。 当時16歳です。 海をバックに明るい日差しの中で撮影されたので、陰影がはっきり映っているのでしょうか。 石原さとみさんの涙袋はこの当時から、ふっくらとしていたのです! 写りの悪い画像と比較されて、涙袋にヒアルロン酸注入の疑いをかけられただけですね。 輪郭がシャープになったのはボトックスなの? さて、石原さとみさんの輪郭についてですが、みなさんすでにお気づきかと思いますが、調査したところ、 一時的に太っていただけなのです! ボトックス注入で輪郭をシャープにした訳ではありませんでした。 石原さとみさんのデビュー当時はまだ15歳でした。 お顔に肉がつきやすいお年頃です。 一時的に太って丸顔になっていたころの画像を比較されてしまったために、輪郭も整形で細くしたのではないか、との疑惑が持たれているのです。 この石原さとみさんの顔の変化をみて貰えばわかるように、そもそもの輪郭から、 太ったり痩せたりで変化しているだけのことなのです。 唇の厚みの変化の理由は? 唇の厚みが変わったなんて言われたりもしている石原さとみさん。 昔の方が唇が厚かったと思われたりしているみたいですが・・・。 この唇の厚さ、違って当然だと思いませんか?笑顔で唇が横に引っ張られれば、唇は薄く見えるだろうし、逆に口をすぼめていれば、ふっくらした唇に見えます。 このように同じような口の形をすれば、石原さとみさんの唇は昔も今も同じであることがわかりますね。 唇の整形疑惑は完全に白です。 鼻筋が通ったのはプロテーゼ? 鼻筋が通ったように感じるのはプロテーゼなのか、これは石原さとみさんの横顔を昔と今で比較したらすぐにわかりそうですね。 横顔画像で比較したいと思います。 左の画像は、石原さとみさんの映画デビュー作「わたしのグランパ」の画像です。 16歳の姿と、現在の姿、横顔で比較しても鼻はなんら変わりがないですよね。 ついでに言うと、二重も昔からはっきりとしていました。 ということで、石原さとみさんの整形疑惑のあるパーツについて、詳細に調査してみましたが、 整形したと思わせるような画像との比較が原因のようですね。 一時的に顔が丸かった時があったりしたため、輪郭まで整形の疑いをかけられていたようです。 昔の写りの悪い画像と比較され、 印象操作されていた感じがします。 石原さとみさんの顔の変化の原因は、眉毛の形が変わったことと、メイクによるもの、また痩せたことにありそう。 左の画像は、2003年の朝ドラ、「てるてる家族」のワンシーンです。 石原さとみさんの16歳の頃で顔が丸いですね、可愛いです。 右側には似た表情の現在の石原さとみさん。 どうですか? 眉毛が違うのと、昔の方が今より顔がふっくらしているくらいで、パーツの造りは変わっていないことがわかると思います。

次の