ゆう メンタル クリニック。 アクセス/診察時間

心理士 募集

ゆう メンタル クリニック

Q NOMOCa-Standを導入された経緯は何ですか? 吉田さん:以前から会計業務の最終締め作業に時間がかかり、スタッフの帰社時間が遅くなることが問題でした。 さらに2018年より、夜間診療を開始したことにより、会計スタッフの締め作業での残業時間の軽減を早急に行う必要がありました。 導入メリットとしては、患者さまの会計待ち時間の短縮が望めること、特に夜間の会計スタッフの人員不足の解消、受付スタッフの業務軽減が図れることを 期待して理事主導で選択をしました。 Q 1日来院患者数は何人ですか? 吉田さん:300人〜400人です。 Q 業務負担はどれほど減りましたか? 吉田さん:会計業務がなくなりスタッフの業務負担が大幅に削減されました。 また、会計情報がデータとして残るので、会計業務の管理がしやすくなりました。 そして、締め作業の時間削減により、残業が30分程度削減されました。 Q 患者さまからの評判はいかがですか? 吉田さん:導入直後は、患者さんの流れが変わるので、混乱が生じましたが、 1ヶ月くらいで落ち着きました。 ただ、最近はスーパーや駅の券売機など、自動精算機は世の中にかなり広まっているので、高齢者でも十分活用していただけますね。 また、心療内科という性質上、スタッフとおしゃべりをしたい患者さんが多いかと思っていましたが、それほど抵抗なく受け入れていただけました。 Q スタッフからの評判はいかがですか? 吉田さん:会計業務の負担が減って楽になりました。 また、会計の締め作業の時間が短縮されたので残業が減ったことも非常にメリットであると感じています。 Q 当社の保守サポートに対するご意見はありますか? 吉田さん:サポートには大変助けられています。 連絡すればしっかり連絡が取れ、知識も豊富なのでとても助かっています。 また、導入時のルール決めも一緒に考え、提案をしていただけたのでNOMOCa-Standの浸透は早かったと思います。 導入するだけでなく、NOMOCa-Standをどのように活用するかの提案までしてくれたのが嬉しかったです。

次の

アクセス/診察時間

ゆう メンタル クリニック

自由度が高い医療を求めて クリニックという選択 秋葉原駅前、終日多くの人々が行き交う活気ある街中に「つらいとき、すぐに」をモットーとし、理事長原作の『マンガで分かる心療内科』でも知られる、ゆうメンタルクリニック秋葉原院はある。 2014年の開院時より、同院の院長を務めるのは松内孝憲氏だ。 松内氏は同院入職以前、500床程の精神科病院や療養型病院の精神科に勤務していた。 患者の大多数は、高齢者で認知症等様々な疾患は重症化しており、意思疎通ができず治療が進まない、結果は、良くて現状維持。 「人間の精神、人間というもの」に興味があり、精神疾患についてのアプローチの自由度が高いことに魅力を感じ、精神科医になった松内氏は、釈然としない病院勤務を続けていた。 そんな折、非常勤としてゆうメンタルクリニックで働いている同僚から、「マンガを利用している面白いクリニックがある」と聞いた。 webサイトを覗いてみると、マンガで精神疾患をわかりやすく説明するという、ユニークな発想に感銘を受けた。 「精神疾患について文章で説明しても患者さんは眠くなってしまいますが、マンガならば、誰でも抵抗なく読めます。 それに一見、笑えるマンガですが実は内容も良く描かれていました」 それがゆうメンタルクリニックへの入職のきっかけとなった。 入職を決めた際には、当時既に開院していた上野、池袋、渋谷、新宿の4院のいずれかに行く予定だったが、理事長・総院長から「秋葉原に新しいクリニックを立ち上げるので院長を任せたい」と打診された。 これまで保険診療のクリニックの管理者という経験がない松内氏にとって、新たな挑戦だった。 医療秘書・スタッフの充実と 医師の負担を軽減するシステム 院長未経験だった松内氏だが、経営については理事長と本部のサポートがあり、問題はなかったという。 同院の患者は軽度な神経症圏の若年層が多く、診療面では同氏がかねてより望んでいた、「患者と会話をすることにより、じっくり向き合う外来診療」が実現した。 「多くの症例に対して様々なアプローチで診察することに関して勉強になります。 具合が悪くて受診した患者さんが、良くなっていく姿を見られることが嬉しいですね」 また、同クリニックはスタッフ体制が充実しており、各院には心理士を毎日複数人配置。 看護師を含めスタッフの数が多く、働きやすさを感じているという。 「職場環境の面でいえば、当クリニックの一番の特徴は、医師一人に必ず一人の医療秘書がつき、パソコン操作と電子カルテを担当してくれることです。 自分で診察しながら電子カルテに打ち込むのは効率が悪い。 また、医師が電子カルテに集中して患者さんと目を合わせないのは良くありません。 特にメンタルクリニックでは、例えばうつ状態を判断するには患者さんの表情、服装や化粧、リストカットの痕等をそれとなく観察する必要があり、診療中は患者さんに集中できます。 医療秘書も訓練されているので、一人でするより詳細にカルテを作成できます」 患者が多い時には、非常勤の医師や他院の医師が応援に来てくれる。 主治医が不在の場合や応援の医師が対応する場合でも、医療秘書が記入した電子カルテ上で治療・処方内容の履歴がわかるため、スムーズに患者の診療に当たることができる。 すぐに診てほしいという患者にとってもありがたく、医師にとっても負担感が少ない体制である。 「他の医師が診ている患者さんを診ると、自分が思ってもみなかった良い治療方法や処方を実践していることがあります。 当クリニックでは、電子カルテや書類の取り扱いに詳しいスタッフも大勢いるので不明な点があれば聞きに行けます」 人間関係の煩わしさがなく 努力がきちんと評価される環境 同院には医局はない。 医師の出身大学も様々で、学閥や垣根もない。 また過剰な親密さもなく、一人ひとりの医師が独立心をもっている、と松内氏はいう。 「どの院でも個別の診察室があり、一人ひとりが独立した診療ができます。 人間関係の煩わしさがなく、この距離感が、居心地が良いと思います」 また、グループとしての基本的な方針や決まり事はあるが、医師個々人が尊重され、望む医療を実践できる環境でもある。 もし診療で悩んだり、患者との信頼関係構築に悩んだ場合は、理事長から具体的、個別の改善のアドバイスがあるが、通常何かを強制されることはない。 松内氏も院長としては「干渉しないことを心がけている」という。 一方、トラブルがあった場合はスタッフや本部が対応してくれるため、安心して目の前の患者の診察に集中できる。 「入院患者がいないため急な呼出しはなく、残業も多くない。 ストレスの少ない環境で、医師が自分自身の健康状態を保ちやすいと思います」 待遇面では、再診の患者が多いと評価され、残業代は5分毎に計算されるなど、努力がきちんと反映されるやりがいのある職場だ。 松内氏の場合は再診患者が多く、平日でも30~40人の再診、5人程の初診患者を診ているという。 ゆうメンタルクリニックでは、今後の発展に向けて各院で医師を募集している。 発達障害も年々診療方法が進んできています。 誰もが生きやすい社会づくりに向けて、メンタルクリニックと、そこで働く医師が果たす役割はますます大きくなっていくでしょう。 今すぐには実現できませんが、今後は休職している患者に対するリワークプログラム等も考えていきたいと思います。 思春期外来、更年期外来等ができる方が来てくれるのも心強い」と松内氏は語る。 精神医療で社会に貢献したい、自由な環境でやりがいを実感したい、という気持ちがある医師ならば、ゆうメンタルクリニックという選択肢を考えてみてはいかがだろうか。 非常勤も同時募集。 固定残業代は給与に含まない。 試用期間あり。 白内障のボリュームサージャンとして、より先端のスキルを磨き、進化するために• 多くの人の想いから生まれた、「地域まるごと健康づくり」を目指す郡山エリアの医療の要となる存在• 高度専門医療から慢性期・在宅医療まで。 「会津地域の最後の砦」という自負を胸に医療を中心とする地域の未来を創造する• 腎疾患治療・維持透析のレベルを向上し「一人の患者に最善を尽くす医療」を追求• 地域に役立たねば私たちの存在意味はない。 町を盛り上げることも医療者としての役割 専門を生かし補い合うことで地域に貢献する• 医師の要望に柔軟に応えるグループ法人だから家庭と仕事を両立させて働ける環境がある• 患者から得られた信頼が評価され やりがいと自身の成長を実感できるクリニック• 急かされず、自分のペースで患者に向き合う。 地域の認知症診療の先駆け的存在の病院で幅広い高齢者精神科医療に携わる• 医師が力を発揮できる環境を整備し、新たな在宅医療のモデルケース構築を目指す• 支えてくれるという安心感。 東京・神奈川で築いた組織の信頼感を生かし、望む未来に挑戦できる環境• 積極的な治療と質の高いリハビリテーションが早期退院を可能にするPostAcuteCare専門病院• 地域で完結する医療を構築し、高い専門性を追求しながら全人的診療を目指す• 医師がストレスなく、やりがいを持って働ける環境づくりから、充実した地域医療を構築する• 「日本の手本」を目指す超高齢化先進地域で医師として地域の未来づくりに携わる• 年間約700件の人工股関節置換手術を実施 人工関節に特化した先駆的クリニック• 長期療養・高齢者医療を通じて福岡の地域社会に貢献する.

次の

ゆう心のクリニック

ゆう メンタル クリニック

自由度が高い医療を求めて クリニックという選択 秋葉原駅前、終日多くの人々が行き交う活気ある街中に「つらいとき、すぐに」をモットーとし、理事長原作の『マンガで分かる心療内科』でも知られる、ゆうメンタルクリニック秋葉原院はある。 2014年の開院時より、同院の院長を務めるのは松内孝憲氏だ。 松内氏は同院入職以前、500床程の精神科病院や療養型病院の精神科に勤務していた。 患者の大多数は、高齢者で認知症等様々な疾患は重症化しており、意思疎通ができず治療が進まない、結果は、良くて現状維持。 「人間の精神、人間というもの」に興味があり、精神疾患についてのアプローチの自由度が高いことに魅力を感じ、精神科医になった松内氏は、釈然としない病院勤務を続けていた。 そんな折、非常勤としてゆうメンタルクリニックで働いている同僚から、「マンガを利用している面白いクリニックがある」と聞いた。 webサイトを覗いてみると、マンガで精神疾患をわかりやすく説明するという、ユニークな発想に感銘を受けた。 「精神疾患について文章で説明しても患者さんは眠くなってしまいますが、マンガならば、誰でも抵抗なく読めます。 それに一見、笑えるマンガですが実は内容も良く描かれていました」 それがゆうメンタルクリニックへの入職のきっかけとなった。 入職を決めた際には、当時既に開院していた上野、池袋、渋谷、新宿の4院のいずれかに行く予定だったが、理事長・総院長から「秋葉原に新しいクリニックを立ち上げるので院長を任せたい」と打診された。 これまで保険診療のクリニックの管理者という経験がない松内氏にとって、新たな挑戦だった。 医療秘書・スタッフの充実と 医師の負担を軽減するシステム 院長未経験だった松内氏だが、経営については理事長と本部のサポートがあり、問題はなかったという。 同院の患者は軽度な神経症圏の若年層が多く、診療面では同氏がかねてより望んでいた、「患者と会話をすることにより、じっくり向き合う外来診療」が実現した。 「多くの症例に対して様々なアプローチで診察することに関して勉強になります。 具合が悪くて受診した患者さんが、良くなっていく姿を見られることが嬉しいですね」 また、同クリニックはスタッフ体制が充実しており、各院には心理士を毎日複数人配置。 看護師を含めスタッフの数が多く、働きやすさを感じているという。 「職場環境の面でいえば、当クリニックの一番の特徴は、医師一人に必ず一人の医療秘書がつき、パソコン操作と電子カルテを担当してくれることです。 自分で診察しながら電子カルテに打ち込むのは効率が悪い。 また、医師が電子カルテに集中して患者さんと目を合わせないのは良くありません。 特にメンタルクリニックでは、例えばうつ状態を判断するには患者さんの表情、服装や化粧、リストカットの痕等をそれとなく観察する必要があり、診療中は患者さんに集中できます。 医療秘書も訓練されているので、一人でするより詳細にカルテを作成できます」 患者が多い時には、非常勤の医師や他院の医師が応援に来てくれる。 主治医が不在の場合や応援の医師が対応する場合でも、医療秘書が記入した電子カルテ上で治療・処方内容の履歴がわかるため、スムーズに患者の診療に当たることができる。 すぐに診てほしいという患者にとってもありがたく、医師にとっても負担感が少ない体制である。 「他の医師が診ている患者さんを診ると、自分が思ってもみなかった良い治療方法や処方を実践していることがあります。 当クリニックでは、電子カルテや書類の取り扱いに詳しいスタッフも大勢いるので不明な点があれば聞きに行けます」 人間関係の煩わしさがなく 努力がきちんと評価される環境 同院には医局はない。 医師の出身大学も様々で、学閥や垣根もない。 また過剰な親密さもなく、一人ひとりの医師が独立心をもっている、と松内氏はいう。 「どの院でも個別の診察室があり、一人ひとりが独立した診療ができます。 人間関係の煩わしさがなく、この距離感が、居心地が良いと思います」 また、グループとしての基本的な方針や決まり事はあるが、医師個々人が尊重され、望む医療を実践できる環境でもある。 もし診療で悩んだり、患者との信頼関係構築に悩んだ場合は、理事長から具体的、個別の改善のアドバイスがあるが、通常何かを強制されることはない。 松内氏も院長としては「干渉しないことを心がけている」という。 一方、トラブルがあった場合はスタッフや本部が対応してくれるため、安心して目の前の患者の診察に集中できる。 「入院患者がいないため急な呼出しはなく、残業も多くない。 ストレスの少ない環境で、医師が自分自身の健康状態を保ちやすいと思います」 待遇面では、再診の患者が多いと評価され、残業代は5分毎に計算されるなど、努力がきちんと反映されるやりがいのある職場だ。 松内氏の場合は再診患者が多く、平日でも30~40人の再診、5人程の初診患者を診ているという。 ゆうメンタルクリニックでは、今後の発展に向けて各院で医師を募集している。 発達障害も年々診療方法が進んできています。 誰もが生きやすい社会づくりに向けて、メンタルクリニックと、そこで働く医師が果たす役割はますます大きくなっていくでしょう。 今すぐには実現できませんが、今後は休職している患者に対するリワークプログラム等も考えていきたいと思います。 思春期外来、更年期外来等ができる方が来てくれるのも心強い」と松内氏は語る。 精神医療で社会に貢献したい、自由な環境でやりがいを実感したい、という気持ちがある医師ならば、ゆうメンタルクリニックという選択肢を考えてみてはいかがだろうか。 非常勤も同時募集。 固定残業代は給与に含まない。 試用期間あり。 白内障のボリュームサージャンとして、より先端のスキルを磨き、進化するために• 多くの人の想いから生まれた、「地域まるごと健康づくり」を目指す郡山エリアの医療の要となる存在• 高度専門医療から慢性期・在宅医療まで。 「会津地域の最後の砦」という自負を胸に医療を中心とする地域の未来を創造する• 腎疾患治療・維持透析のレベルを向上し「一人の患者に最善を尽くす医療」を追求• 地域に役立たねば私たちの存在意味はない。 町を盛り上げることも医療者としての役割 専門を生かし補い合うことで地域に貢献する• 医師の要望に柔軟に応えるグループ法人だから家庭と仕事を両立させて働ける環境がある• 患者から得られた信頼が評価され やりがいと自身の成長を実感できるクリニック• 急かされず、自分のペースで患者に向き合う。 地域の認知症診療の先駆け的存在の病院で幅広い高齢者精神科医療に携わる• 医師が力を発揮できる環境を整備し、新たな在宅医療のモデルケース構築を目指す• 支えてくれるという安心感。 東京・神奈川で築いた組織の信頼感を生かし、望む未来に挑戦できる環境• 積極的な治療と質の高いリハビリテーションが早期退院を可能にするPostAcuteCare専門病院• 地域で完結する医療を構築し、高い専門性を追求しながら全人的診療を目指す• 医師がストレスなく、やりがいを持って働ける環境づくりから、充実した地域医療を構築する• 「日本の手本」を目指す超高齢化先進地域で医師として地域の未来づくりに携わる• 年間約700件の人工股関節置換手術を実施 人工関節に特化した先駆的クリニック• 長期療養・高齢者医療を通じて福岡の地域社会に貢献する.

次の