オトナ。 オトナの時計投資:高額デイトナは適正価格か?! 手が届かない人のクロノグラフの楽しみ方 | ガジェット通信 GetNews

オトナ女子

オトナ

どうも ライターの丸野裕行です。 コロナショックの影響で、爆上がりしていたスポーツロレックスが値下がりしはじめて、数ヵ月。 皆さん今後の時計投資の動向がどうなるのか、気になるところでしょう。 とはいえ、 スポーツロレックスの王者であるデイトナは、値崩れが起こりにくく、未だ人気を誇っています。 《マーク1ダイヤル》と称された初期ダイヤルの4ケタデイトナは個体数も少なく、稀少品として確固たる地位を確立しているわけですね。 しかし、 年代物のデイトナ以外の現行デイトナにだけ、価値を見出しているのも退屈ではないですか? 今回も、 ROLEXコレクターであり、副業としてビンテージロレックスへの投資ビジネスを行う神戸製薬株式会社代表の吉田斉彬(ナリアキラ)さんにお話をお聞きし、ロレックスを含めた時計の真の楽しみ方をお送りしたいと思います。 次に売るとき、いくら損しますかといえば、100万単位で損益が出ますよ、ということなんですね。 今、木村拓哉さんがしている アイスブルーというROLEXデイトナを買ったとすれば、700万超。 これだと売ったときの損金は200万円程度になります。 お金持ちの人ならいいですが、 実際に果たして資産としての役割を果たしているのか、と。 それに、損益というものは分散させた方がいいと思うんですよね」 丸「なるほど」 吉田さん「300万円のデイトナを買うよりも、 デイトジャストやデイデイトなどのレアなドレスウォッチを数本かった方がいいのではないかと思うわけです。 例えば、 ピンクゴールドとか文字盤が変色していい味が出ているものとか、 バックリーとかを数本買ったほうがいいのではないかと。 タイミングもありますが、 1本売っても100万単位の損は出ないし、今後ドレスウォッチの価値が上がって、ひょっとすると利益が出るかもしれない。 さらに毎日時計を替えられる楽しみが出てくるわけですよ。 デイトジャスト、デイデイト、オイスターデイトなどのスタンダードロレックスを見直してみませんか、ということなんです」 クロノグラフはハミルトンなどリーズナブルな時計でも楽しめる 丸「僕はスポーツモデルではなく、ドレス派ですね。 でも、 クロノグラフには興味がありますね、やっぱり」 吉田さん「 クロノグラフを楽しめるのは、何もデイトナだけではないわけです。 丸野さんが手に入れた ジャケモナは、手巻きのバルジュー7736を搭載したムーブメントが入っています。 今高騰中の数千万円級のデイトナの手巻きモデルと同じムーブメントなので、かなり楽しいのではないでしょうか?」 <写真:筆者が入手したジャケモナ1970s 市場価格で20万円弱になる> 丸「毎朝、 手間のかかる手巻きに愛情を注いでいますね 笑 」 吉田さん「ここに用意したのは、 ハミルトンのカーキアクションクロノグラフなんですけどね」 丸「 デカいですね」 吉田さん「まずフェイスがデカいし、目立つし、存在感があるし……これ自体、クロノグラフじゃないですか? この廃盤モデルを10万円とか20万円とかで購入できるので、このようなものでクロノを楽しんでみてもいいんじゃないでしょうか、と」 丸「なかなかいい時計ですね」 <写真:ハミルトンカーキアクションクロノグラフ(廃盤)> 吉田さん「このクロノグラフ時計の他にも世の中には ロレックスよりも性能のいいオメガやタグホイヤーなどもあるので、そちらで楽しんでみればいいのではないでしょうか? デイトナは、ちょっと正直なところ、市場価格が釣りあがりすぎです。 本来の適正価格比較ならまだしも、上がりきった時計を買うユーザーは損をするだけです。 もっと適正価格になって、たくさんのユーザーさんに楽しんでほしいですよ。 それに、もっと安くて楽しめるものがたくさんありますよ」 丸「ホント、そうですよね」.

次の

オトナの!|TBSテレビ

オトナ

貫井徳郎の大人気3部作、ドラマ化!! 超豪華キャストが復讐と正義の間で翻弄される男たちを熱演!! 誘拐・失踪・殺人 警視庁内には捜査課が表立って動けない事件を処理する「裏稼業」ともいえる存在がいた…。 警察組織が扱いにくい事件を捜査し、真相を追い求めるのが特殊任務担当の彼らの仕事。 ドラマのテーマは『復讐の是非』 ドラマ全体を通しての共通テーマは『復讐の是非』。 主役は、同じ大切な女性を殺された二人の男。 早くに両親を亡くし、親代わりにかわいがってきた妹を殺された男・武藤。 天涯孤独の身で、唯一愛した恋人を殺された男・鏑木。 シーズン1では、心のうちの復讐心に苦しみながらも、復讐を選ばず、妹のような犠牲者を二度と出さないように犯罪を追い続けようと決意する武藤。 シーズン2では、一線を越えた復讐に囚われていく鏑木。 また、特殊任務の指揮役であり事件解決のためなら手段を選ばない非情の男・環。 この3人の男の物語を軸に、特殊で興味深い誘拐事件や殺人事件を取り上げ、男たちの対照的な生き様を通して「復讐の是非」の表裏を描く。 深い友情で結ばれている武藤と鏑木は、復讐を巡って互いの決意の違いに葛藤し、怒り、苦しみ、そして悲劇的な結末を迎えることに…。

次の

オトナの時計投資:高額デイトナは適正価格か?! 手が届かない人のクロノグラフの楽しみ方 | ガジェット通信 GetNews

オトナ

貫井徳郎の大人気3部作、ドラマ化!! 超豪華キャストが復讐と正義の間で翻弄される男たちを熱演!! 誘拐・失踪・殺人 警視庁内には捜査課が表立って動けない事件を処理する「裏稼業」ともいえる存在がいた…。 警察組織が扱いにくい事件を捜査し、真相を追い求めるのが特殊任務担当の彼らの仕事。 ドラマのテーマは『復讐の是非』 ドラマ全体を通しての共通テーマは『復讐の是非』。 主役は、同じ大切な女性を殺された二人の男。 早くに両親を亡くし、親代わりにかわいがってきた妹を殺された男・武藤。 天涯孤独の身で、唯一愛した恋人を殺された男・鏑木。 シーズン1では、心のうちの復讐心に苦しみながらも、復讐を選ばず、妹のような犠牲者を二度と出さないように犯罪を追い続けようと決意する武藤。 シーズン2では、一線を越えた復讐に囚われていく鏑木。 また、特殊任務の指揮役であり事件解決のためなら手段を選ばない非情の男・環。 この3人の男の物語を軸に、特殊で興味深い誘拐事件や殺人事件を取り上げ、男たちの対照的な生き様を通して「復讐の是非」の表裏を描く。 深い友情で結ばれている武藤と鏑木は、復讐を巡って互いの決意の違いに葛藤し、怒り、苦しみ、そして悲劇的な結末を迎えることに…。

次の